カテゴリー: Final Fantasy XIV

Home / カテゴリー: Final Fantasy XIV

君らぜんぜん全く完璧に分かってない

2014-07-02 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

公式のフォーラムから一部引用。
スレッド: コンテンツファインダーのギスギス感がつらいです・・・

CFでタムタラに行ったら、剣術士と格闘士が外人でした。
2人ともヒャッホーイ系でどんどん敵に突っ込んでいく。
あげくに敵を1匹残したまま2人で先へ走っていく始末。

これは、ご褒美といいます。精進が足りなすぎ。アメーバピグでもやってろと言いたい。
定型文でコミュニケーションが取れないのなんて考える前にわかってるべき。
だいたい、英語なんぞは、

  • YES / NO
  • OK / NG
  • GOOD / BAD
  • COOL / DAMN
  • GO / WAIT / STOP
  • TANK?
  • DODGE
  • USE FLASH

このへんだけ言えれば最低限のとこは満たす。幾星霜の過日、UOやEQとかのころは外人さんものんびりしてたから、やあ美しいお嬢さん、私と一緒に旅に出ないかねみたいな口上もあったもんですが、いまじゃhi,thxしか言わないなんてザラだ。君が向こうのことをそう思っているように、向こうも君のことを性能にムラのあるNPCくらいにしか思ってないよ。

ごく個人的な話で恐縮ですが、外人さん恐怖症気味だったうちのヨメにも外人PT突っ込ませてみたところ、そのハチャメチャぶりがすっかりお気に召してしまい、ケラケラ笑いながら楽しく遊ぶまで進化しました。
彼女は英語全く話せませんし、何言ってるかも8割がた理解はしてません。雰囲気と挙動でいろいろを察して遊んでるみたい。ニュータイプか?
まあそんなわけで、うわー何考えてんだ馬鹿だなー!しかたねえなもー!とか言って遊ぶくらいのほうが、効率効率ってカリカリするよりかは、幾分か毛根に優しいんじゃないのって思うんですよ。
オーラムナイト級(これは後日書こうと思う)の勇士に出くわした場合は別だが。

工面算段ってなんですか?

2014-06-13 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

くめんと聞くとクメンヒドロペルオキシドを思い出してしまい、懐かしいです。
さてFF14のはなし。
kumen
説明を見ると「5ターンの間、レシピのレベルを下げる」と書いてある。
レベルを下げるとな。
何を言ってるのかさっぱりわからない。
そもそも、クラフターのパラメータについてはかなりぼんやりした理解しかしてないので、クラフターシミュレータつかったりしてはいるものの、基本的には出たとこ勝負でパリーンしたりしています。
でもたまには考えたい。

死にスキルではなさそうな雰囲気がプンプンしている工面算段がどういうアレなのか、試してみました。
だいたいHQのAFを着ている裁縫師が山繭糸を作るというシーンです。
作業精度312、加工精度298。マテリアとかはロクにはめてませんし、AFは一箇所、クエストで貰ったNQのままです。
メシ抜きです。

まずはなにもしないで普通に作ってみます。

模範作業	44
加工		104
上級加工	156

工面算段IIだとどうなるのか

模範作業	93
加工		138
上級加工	208

なんだこれ圧倒的じゃないか。
いままでピンときてなかったので、かなり分の悪い運任せで素材作ってました。もったいない。
インナークワイエットで段階的に加工精度が上がっていくことも合わせて考えると、いくらか希望も見えてくるという話です。

AE(Area Effect)スペルを把握したい

2014-06-02 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

「士気高揚の策」や「野戦治療の陣」など、今こそ使う!みたいな系統のスペルがいくつかあるわけですが、こいつは効果範囲を把握しておかないと無駄が増えそうです。じっさい、全員にバリアかけられないなどの無駄は増えてます。
それぞれがどのくらいの効果範囲を持っているのかは把握しておきたい。

士気高揚の策

(自分の周囲15m)

同じような役目の、幻術士/白魔術師のスペルはというと、

  • メディカ:自分の周囲15m
  • メディカラ:自分の周囲20
  • ケアルガ:30m以内の対象の周囲6m

こんな具合。メディカとおなじ感覚で使えるということですね。

野戦治療の陣

(30m以内の指定地点の周囲8m)
あんがい広い。

シャドウフレア

(25m以内の指定地点の周囲5m)
使ってみるとけっこうこじんまりしているという印象。あんまり大きくても無駄に巻き込んだりしますし、タンクの周囲をカバーするには十分な広さ。

リムサ・ロミンサの某所にて、確認してみます。
野戦治療の陣と、シャドウフレアの範囲の比較。
zenkei_small
青いほうが陣で、赤いグラウンドターゲットがシャドウフレア。かなり違うんですねー。

やれることとやれる範囲

2014-05-30 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

学者(巴術士)のレベルが50になり
かつ生産や採集も一部レベル50になり
AFで固めたいところだが素材集めすらままならず
蛮族クエスト(たのしい)も解禁になり
たくさんのダンジョンを鼻歌交じりで歩けるとは未だに豪語できず
エトセトラエトセトラ。

何をどの順番でやろうとか、コレについてはノートにまとめないと頭にはいらないとか、色々やろうとするとデイリーのなんとかかんとかも全てはやれない。
よくもまあこれだけのコンテンツを用意したものだと感心しながら遊んでいます。

なんというか、たんに「消化」しちゃうにはもったいない質と量です。
初期になんとなくやっちゃったクエストとか、もっかいやりたいと思うことすらあるもの。そうなると新キャラ作成になり、へんてこな終わりのないループ開始になるので、さすがにやりはしませんが。

採集と生産のチュートリアルが終わりそう

2014-05-28 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

ギャザクラのレベルが50に到達し始めました。
園芸はあまりにも辛かったので(鎌振ってシャリ、とか眠くなりますでしょ)、途中からデタラメな歌を歌いながらやってました。よしだは◯◯だとか、グリダニアを火の海にするでふっちとか、園芸が終わらないよーとか、ブースト(サバイバルマニュアルの効果時間)が終わらないよーとか、そういう内容の歌です。
口からでまかせなので内容に大した意味は無いですたぶん。

はたと気づいたのはLV49になってから。
なんであたしは正直一路に鎌振ってんだ?
聖コイナク財団の調査地へ向かい、ギルドリーヴで瞬く間にLV50達成。忘れてたなー。
処置に困るローズウッドとリンゴの山を、どうするかは追って考えることにします。リンゴはまだ、ジュース絞ることで使い道あるけれども。

日曜日の終了時点で、ギャザラーは釣り以外、クラフターは錬金と調理以外がカンスト状態。
ついでに学者もLV50。めでたい。AF装備かわいい。
これらの装備の調達大会が始まろうとしています。未知のホニャララとかの下調べをし始めていますが、いやはや険しそうな道程が見え隠れ。
競うものでもないしすでに後発でございますので、なるべく自力で一張羅を揃えていけたらいいなと思っております。なるべく。