カテゴリー: Final Fantasy XIV

Home / カテゴリー: Final Fantasy XIV

スト5起動してCFNの動画色々見て勉強しよう、とかやっても、これ見ても真似ごとすら出来ないという現実がメンタルを強打して、すぐアプリ終了しちゃうくらいには落ち込んでいた。

ツイートでは元気なんだけど。
週イチで徒歩5分の整形外科にいくんだけど、折った次の週にまず医者に言うたのが、
「めっちゃ手がむくんでて怖い。手指があんまり動かない」
という点。ただでさえ肉体の操作下手なのに、もっと下手になったら目も当てられない。
あちらの回答は実にシンプルで、
「動かしてないと浮腫む。毎日風呂のときに動かせって言っただろ」
というもの。いやいやあんた怖くてギプス外せないし、風呂はこの1週間で2度しか入れてないよ。いいから外して風呂入って手を動かせ。ああそうですか。
その後はギプスの中で指を動かしてみて徐々にむくみが減るのを確認し、そーっとギプスを外して腕を動かしたりしている。だんだん動くようになってきた。
もともと折った直後もご飯茶碗もって夕飯食べてたくらいなので、接合部分になんかしない限りは問題ないっぽい。
ただ、痛みのあまりこわばったままになっている筋肉が何箇所かあって、こやつらを安心させてあげないと五十肩みたいになっちゃいそうで怖い。

んでこんなふうにあれこれ手を動かしているうちに、ゲームパッドを持つくらいはできるようになってきた。手首をひねる動作が痛みを伴うためにすごく怖くて、わりとおっかなびっくりではあるがゲームやれる。
これが8/11の話。パッチ5.3のリリース日。
えっっっFF14のパッチ5.3、リアルタイムで遊べる・・・!

FF14 パッチ5.3 クリスタルの残光

あそべるんだけども、この時点ではまだ手首が下を向いてはくれない。痛い。
横にはできる。ろくろ回しの姿勢は取れる。
あたしは右手にマウスG600と、左手にRazer Nostromoを配置して遊ぶゲーマーなのだけれども、これはまだ使えない。
めったに使わないXboxのパッドを出してきて接続。XHBは10分ほど試したことがある程度で、ほぼ未経験といっていい。
敵の選択、各種スキル、移動から何からをパッドに押し込んでFF14をやってみる。まずは暗黒。
シンプルに無理。スキル使うのはともかく、詠唱みてスタンを取るとかの挙動に手間取りすぎる。
これではヒーラーも当然のごとく事故るのでやめとこう。
マッチング待たない利点があまりにも大きいのこの2ロールを諦めざるを得ないとは。
んじゃスキル回しを勉強中だった黒魔にしよう。火力でないだけなら、床なめて全滅を誘発するよりはよっぽどマシだ。IDはFACEでいくからそれで問題ないだろうし。

結局5.3クリアは黒魔のままやったものの、操作に必死でスキルのアイコンをずっと見てたから画面で何が起きてるかはほぼ記憶にない。どんなIDだったか、どんなボス戦だったかも見事に覚えてない。
リアルタイムでやれるにはやったが、やったと言えるんだろうかと思うくらい。

従来の操作に戻る

パッド握って数日で(折ってから10日くらい経過)手首が下を向けられるようになり、キーボードを両手で打てるようになってきた。キーボードに手を乗せるときは右手を添えてそーっと持ち上げたりはしている。多分大丈夫なんだけど、痛むことへの恐怖があまりにも根強くて勇気が出ない。痛みがこんなに精神に響くものだとは想像してなかった。

従来の操作方法に戻したとたんに湧き上がる自信。面白い。慣れ親しんだHUDに戻すと、するするとタゲの切り替えができるし適切にスキルが打てる。タンクやってもちゃんと動ける。通常移動についてだけはパッドのアナログスティックに長があると感じたものの、オートランやスプリントの挙動が慣れなくて事故も多かったから、やはりあたしにはキーボマウスが合っていると感じる。

全治3ヶ月と言われたときはわりと深く絶望していたんだけど、奥さんにも色々と心配かけてるんだけど、なんとかなりそう感はある。
一人暮らしだっったらどんなにか不便で不安だったかな、と思う。

たった一週間動かさないだけで、体はこんなに硬化してしまうというのはたいへん勉強になった。職業がら体を動かすことが少ないわけで、これもきっと色々よくない。
喉元過ぎてもちゃんと覚えておき、固まっちゃわないように気をつけて暮らしていかなくては。

余談

昨夜、少しスト5起動してトレモをやってみる。
操作の精度は大幅に下がっているが、もともと対して高くないから問題ない。左手に力を入れるのが怖いという理由で、左の打鍵が軽いのはむしろ良い方向に働くことを期待している。いままでガード時とかに力が入りすぎていて、押下した状態をやめるのが遅かった。レバーのときにもあったクセなんだけど、軽くボタンを押すクセをこの機会につけていきたい。

豪鬼・ユリアン・アビゲイル(2)

2020-06-27 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

2周目。

  • 豪鬼    数あるキャラのうちではやりやすい、やはり場数
  • ユリアン  反撃確定できずに苦労
  • アビゲイル 反撃確定できずに苦労

情報量ゼロだ。進歩がないので仕方ないのだが、反確をまなんで練習しないと、このルーチン意味ないかもしれない。

FCぽるを脱退しました

2019-09-03 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

そのFCで何やろうか、というビジョンはけっこう大事なのかもしれない。
わりと今まで誘われたりお神輿になったり流れで参加したりとか、能動的でない経緯で集団に属することが多かったのだけれど、自分から入ってみるとこれはこれで難しさがあるなあという、一種の学びを得た感じ。
UOや大航海、FF11のときもそうなんだけど、ソロや野良が気楽って人種なのを忘れていたというのも大きい。そういう人が集団にうまく溶け込むにはどうすべきかという視野が完全に抜けていて、なんでここにいるんだろうって3ヶ月かそこら思い続けることになってしまった。
本人がよくわからんで在籍してるFCなんて迷惑者か空気なんで、こりゃまずいということで挨拶して脱退してきた次第。
せっかく入れてもらったのに、本当に悪いことをした。

たぶん立ち位置の獲得をするには、めちゃくちゃ速攻するか長期に渡って醸成するかの二択になる(あたしはちょっとずれたポジションにいるほうが向くので、普通に振る舞ってると単に埋没して死ぬ)。
次にどこかに行くときがあったら(ちょっと社会性ほしい感じがあるので探すとは思う)、この辺よく考えて回答持ってないとだめだね。
そんなこと考えないと入れないようなものだったっけ?っていうのも一方であるけど、なんか今のあたしにはテーマが必要みたいだ。頭かてえ。

あたしとヤミセンとアシエンは実は

2019-06-11 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

こにちは、アトモスの苔です。
以下はメモ書きです。あたし忘れっぽいので、今のとこの浅いおもいつきだけでも書き留めとこうと思って。

Shadowbringersまで秒読みになり、E3でまた新しいムービーがでてきたりしてワクワクしています。あんたと同じです。楽しみですね。
あたしはアーリー開始から翌週の木曜日まで一直線にお休みを取りまして、金曜だけ社会人のフリして出社しまして、そんでまた遊び倒す所存であります。

ソル帝氏いわくハイデリンとゾディアークは「最古にして最強の蛮神」とのことですので、全自動蛮神殺すマンのはりさんは大物の二柱も狩り得る相手と認識してテンションが上っています。

バージョンいくつかわからんがすっげえ未来、極ゾディアーク戦そして極ハイデリン戦を終えた、その頃にはもう”光の戦士”じゃないだろうあたしが見るのは、真・女神転生のニュートラルルートみたいな光景だったりするんでしょうか。
個人的にはアリゼーと泳げない兄とニャンがそばにいたら、それでいいです。

さて、罪喰いは光の反乱に呑まれたひとの成れの果てとのことでした。ということは、ヴォイドの妖異と言われてる魔物の皆さんもそういうことなんでしょう。業が深いっす。牙狼〈GARO〉の世界っすね。

んで気になってるのが調停者だのなんちゃらだのと名乗るアシエンの皆さんなんですけど、ここにきて5.0以降のヒカセンは彼ら及びヤミセンと共通点を持つことになるんですよね。
クリスタルかなんかを媒介に魂をあちこちに移動させ、平行世界さえを行き来できる。よしP曰く、我々はアルバート達のように自死せずともそれを行う力を得るようですが、この能力はアシエンらも持っているものじゃないですか。
今までの霊災が関係しているのかどうかはわからんけんども、アシエンもいつかの時代の”ヒカセン”だったんじゃないすか? いつか我々は彼らを滅ぼすか、もしくは救うことになるんじゃないすか?とふと思ったんです。
あたしロアとかちゃんと読み込んでる方じゃないんで思いつきで言ってるだけですけどもね。
以前、アシエンやらとは決着がつくとよしP言い切ってましたので、その日を楽しみに待つことにします。
おわり。

近況もついでに書いとこう。
ながらく勧誘よけにつけてたFCタグを外して、よそのFCに混ぜてもらうことになりました。Aurora de Polarisさん。穏やかな面々が楽しそうにしています。
ご挨拶にとしばしの雑談をする機会をいただきましたところ、急にスイッチが入り暗黒騎士への愛をドバドバ語りだしてしまい引かれていないか心配しています。いや引かれたと思うわ。

FF14 ファンフェスティバル 2019 in 東京(Day1)

2019-04-01 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

前日。
チケット取れる取れない以前に、日程発表された途端におさえてあったホテルに向かいます。待機列どう形成されるのかなーとか、規模感どんなもんだっけーみたいなのを見ようということで、荷物を置くなり幕張メッセへ。
456ホールブチ抜きの開催というのはどういう大きさを指すものなのかを体感し、あらためて唖然。2日間で¥15,000を要するたった一個のゲームタイトルのイベント、15000人を納める会場というのはこんだけの箱が必要なのか。
たまに出入りするスタッフらしき人がいたり、リハーサルっぽい音が漏れてきます。しばらくぼんやり過ごしたあと、お茶やらごはんやら。

この通路は風の抜けが大変によろしく

当日。寒いのなんの。眼の前は海くらいのロケーションなのでとにかく風がよく吹く。最低気温6度にわりとそれなりの風が加わって春どこいった状態。レッグウォーマーを持たずに出たのを後悔してました。

7:30くらいから並び始めてなんとか会場へ。ステージの最前は優先入場の人が座る椅子が並んでいて、パンピーはその後ろで立ち見になります。ステージ正面5列目なのでまあまあそれなりの位置取りができたと思う。
あたしにとっては基調講演だけは外してはならんのです。KeikoさんのピアノやPrimalsももちろん楽しみなんだけども、ファンフェスという行事において最重要の地位を占めるのはやはり基調講演。あの場に居合わせるという体験をもってファンフェスというのです。いられてよかった。
これを見るために前乗りし早起きし背中にホッカイロを貼って寒い中並んだのです。こんかいはかなみんが一緒だったので話し相手もいた。だいぶマシだった気がする。

(さらに…)