FF14 ファンフェスティバル 2019 in 東京

2019-03-05 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

お昼ごろの話。
スマホがぴこんと通知音を発し、普段なら気にもしないのだがなぜか画面を見る。ゆかぺろが何かを言っているが、すぐに事態をのみこめない。

「チケット取れた?」

極蛮神に勝ったときみたいに手が震えて誤操作連発しながらEMTGの画面を開き、チケトレ当選を確認。
混乱している。
視界がぼやける。かっちょわるい。
この期に及んでぎりっぎりの滑り込みで、2019ファンフェスにいけることになりました。

適切な言葉が見つからない。嬉しいのだが。にわかに信じられないあまり、手違いや勘違いでぬか喜びになるのではないかという心配ばかりした。
このあとしばらくは混乱の極みにあり、仕事にならなかった。
さらにその後、2週間ばかり進捗がなくって苦しんでいた仕事(開発用の環境構築やってる)の状況が冗談のように開け、活路が見え、次々と問題が解決できてソフトウェアが動作し始めたりした。
メンタル的なことは関係なくたんにつぶすべき場所をつぶし終えただけのことなんだが、いろいろとびっくりする日だった。

チケットトレードということは、世の中の誰かがこれを手放したということだ。
その空いた席を譲ってもらったのだ。単に余らせたのならいいけれど。
とにもかくにも数奇なことで、あたしの手に、半ば諦めていたチケットが転がり込んできた。どこかのだれか、あんがと。

ナメプも大概にしろと言われそうな話なんだけど、あたし実は今回、そもそも初回のチケット争奪で負ける気してなかったんですよ。
半年も前からセールのときに追加でFF14を購入してて、実に4アカウント、床ペロのも合わせると全部で5アカウントを持ってファンフェスのチケット抽選に望んでいたわけです。
負けるわけないでしょ。むしろ余ったらどうしようねくらいでいたところ、見事に全滅。当選メールがゴミ箱に入って消えたのを疑うくらい信じられなかった。
なんぼFF14が右肩上がりの人気で、何枚目かの拡張ディスクが出るよというタイミングでなお各種記録の更新を続けるタイトルであるとはいえ、二年前のファンフェスの倍を超えるキャパに5アカウントで負ける想定はしないわ。いや実際のとこ見事にかすりもせずに負けたんだけど。
んで混乱し悲しみのあまりあたしは、

落選当日の夜にこんなナメたサコッシュを某suzuriで販売しはじめる。まあ一言で言うと荒れており、その後おおよそ昨日までのあいだ、ずっとしょげて、卑屈になり、凹んで、ウジウジしていた。何もかもが心底からは楽しくなかった。パリのファンフェスもそれなりに楽しんで見ていつつも、心のどこかでは「ああこれの東京を今年は見られないんだ」という感覚が常に行き来し、たかだかファンフェスくらいのことで、そうですとも、たかだかファンフェスくらいのことで腐っていた。
前回のチケトレでも落選していたし、もう目はないだろうねという感覚だった。

この当選があと2日遅かったら、ファンフェスの日程発表と同時に取っていたホテルの予約をキャンセルするつもりでいた。ここ数日はいい加減現実を受け入れて、2年後にあるだろうファンフェスを目指して頑張ろうよって自分に言い聞かせている真っ最中、事は起きたという次第なんである。

5アカウント用意して負けて、敗者復活戦でチケット取得?デタラメにすぎる。
さすがにこんな話ロドストには書けないので、せめてこっちに記録を残しておく。
はあ。よかった。なにか頑張ったわけじゃなくて運が良かっただけだけど、よかった。

DockerのDNSかなんかの不具合で詰まる

2019-01-31 | 未分類 | コメントはまだありません

Dockerでbuildするぞーみたいなときに、どうもネットワーク周りのエラーで処理が完了しない。あたしの手元で起きた症状は、pipインストールするにもパッケージを落としてくることができず、リトライを繰り返して死ぬというもの。

Step 4/14 : RUN pip install –upgrade pip && pip install -r /app/requirements.txt
—> Running in d75750d3ae36
Retrying (Retry(total=4, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by ‘NewConnectionError(‘: Failed to establish a new connection: [Errno -3] Temporary failure in name resolution’)’: /simple/pip/

(docker buildのログ抜粋)


Failed to establish a new connection.
あーもうはいはいってくらいあちこちで見かけるやつだが、Dockerでこれって一体?
調べてみると、どうも一部ではよく知られた話っぽくて、対処法もある。

DockerのLinuxコンテナ内で名前解決エラーに困っていたら、もくもく会参加者に助けられた話 – Qiita
https://qiita.com/tatamiya/items/d40dab5bb7b23be3548f

うちの場合は、daemon.jsonというファイルを探して(Windowsだと二箇所以上にあるかもしれない。ProgramData\Docker\configと、Users\YOU\.dockerの二箇所)、以下を追記した。

{"dns": ["8.8.8.8", "8.8.4.4"]}

んでDockerをリスタートして、おわり。無事ビルドできるようになってめでたしめでたし。

8.8.8.8ってなってんだけどなー

じつはもともとDockerの設定はこうなってるんだけども、それとは別にjsonへの追記がいるってことなのね?このへんちょっとピンときてない。

タイトル先行で書き始めて、フィールドワーク始めるなりあてが外れで大コケしてんだよ。なんだあのツノの白黒した奴らはよう。

数年前に人から聞いて以降、個人的に実践して快適な冬のお布団生活を送っているんでちょいちょい人に伝えるようにしています。
その道の人でもないあたしが睡眠のとりかたとかいうと超怪しいんだが、じつはそんなに怪しくない。ダラダラくだらないことをかいて最後の一行だけ中身でしたみたいなクソ記事を書くつもりはないので、ここでいきなり結論を書いておく。これはクソ記事です。ちがった。
毛布は体の下に敷くんですよという話をしたかったんです。おわり。

下に敷いて、更に一枚を上にもかぶせると完璧なのだがこんな贅沢をしてもいいのだろうかという気にもなるので、せめて下に敷いておくんなさい。
用件はほんとこれだけ。もう帰っても大丈夫です。

以下おまけ

なにかっつうと、(地球の)ステップ地方に住まうテントぐらしのみなさんのうち、全部かは知らんがテント内に毛布やら織物やらをわーっと敷き詰めて暮らしてるじゃないの。乙嫁語り読んでる?ああいうかんじ。
地面が冷たいんで、その冷気を遮断するために断熱性の高いアレコレを敷いて、テント内を快適に過ごすための知恵なんであると。

ではその「毛布は敷いて寝ろ」というのをだ、アジムステップのテントを例に話をしたらじつにFF14っぽくてよいではないかとでかけたわけです、1/7の朝ですよ。メンテ前の朝。
再会の市に飛ぶとたくさんのテントが軒を連ねています。さっそく中に

まさかの板張り

……。
あたしの見通しの甘さをあざ笑うがっつり定住型の板張りテント。
お邪魔しました。そうかそうか、そっすよね、移動式の暮らししてるとは限らないっすよ。いやーなるほどねー

石垣の上に建ってた

というわけで堅牢な土台をこさえた上に造っていらっしゃると。なるほどー。
肩透かしをくらったままでは帰れないので、シリナさんとこにも行ってみます。
あっちはほれ、なんとなく移動とかもしそうじゃないですか。

こんなでかいの動かすか?

地面の上に直にテントを建てていますし。ほら、これは土が冷たいパティーンだから、きっと毛布とか敷いてるんじゃないかな。
ワガママ言ってすまんけど敷いててくれ。

はい残念

しない。こいつらも一ミリも動かない。というわけでアジムステップのみなさんは居場所は固定されていて、なんとなくそこらで羊を追って暮らしているんだという感じなんですね。あたし個人がモンゴルらへんに詳しいわけでもなくてイメージだけでSS撮りに出かけたらこうなったってだけで、きっと設定的にはおかしくもないのであろう。あれ、別に寒さは関係なくて、ステップ気候は降水量が少ないだけだった気もする。板の間にゴロゴロ寝てても平気な気候なのか。

みなさんもアジムの民のように毛布を敷いて寝よう!ではアディオス!って書きたかった。収まりいいじゃん。でもそうはならなかった無念。
そういえば、魂を焦がして生きてるなんとかさんたちの集落はどうだろう。無駄足だとは思うけどいちおう見てみよう。

ほぼほぼ吹きっ晒し

そっすよね。魂焦がして生きてるから寒くないっすよね。すいませんでした。

とはいえ、ちょっと騙されたと思って敷いてみてください。毛布がおすすめ。なんかこうね、でっかい毛むくじゃらのケモノに乗っかって寝てるような感覚になってですね、幸福感けっこうあるのがとくに、あたしとしては強くおすすめできる点だと思っております。

初心者の館

2019-01-07 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

新年だから初心に帰ろう!みたいな理由じゃなくて、あ、ちがいます。
明日から始まる青魔道士のために装備用意しとこー、あれサスタシャとかで拾える装備もうもってないな、館のはどこだ、ないなあ、みたいになってました。遺失物なんちゃら管理人とかで買えるかと思いきやなくて、困った挙げ句にエールポートへ。懐かしい。ゴブリンが爆弾投げてる。

きっと再購入するボタンみたいのあるでしょーとおもったらなくて、調べるのも面倒になったもんだからお題をもう一度やってみることにします。

初挑戦だった

やったこと……なかった……。
ヒラとタンクだけやってあったっぽい。おかげで装備を再取得できたから結果オーライではある。
そうなのよ、ミラプリのなんちゃらのとこにも装備入れてなくて、たぶんあれの実装前に整理しちゃってたんだわな。
おまえらなんてファイジャ一発で消し飛ぶんだが!?とか愚痴りながら最後まで粛々と進めて装備ゲット。お疲れ様でした。

言語切り替え四方山話(3)

2018-12-30 | Final Fantasy XIV, halipe.co | コメントはまだありません

続きというよりはおまけで、アレコレやってるときに見つけたもの。
地名の取得はログアウトしてランチャーから言語の切り替えがいるんですけど、ムービーの言語はゲーム内での切り替えができる。

愛用の紀行録(だっけ?)とかでムービー見るときに、英語版だとアルフィノどんな声なんだろう~?とか、どんな言い回しなのかな~?みたいなのを気軽にチェックできちゃう。
熱心なキャラ萌えの人とかは多分ご存知のことと思いますけど、あたし2.4だかの頃からFF14やっててやっと最近知ったのだわ。

40fpswwwwひっくwwwとか言うんじゃない。
モニタ二枚であれこれ起動してとかやってると、どうしても60fpsの維持は難しい。4Kモニタ欲しいなあ―って思うけど、グラボの買い替えもセットになるから二の足踏んじゃうよねみたいな。