カテゴリー: 考え事

Home / カテゴリー: 考え事

紙箱の迷路の話

2018-12-10 | halipe.co, 考え事 | コメントはまだありません

小学校の一時期、ボール紙とビー玉かなんかでつくる、箱を傾けて玉を転がす迷路を作るというのが(個人的に)流行っていた。
様々な角度のコーナーやカーブにジェットコースターのループ。パチンコ台の羽みたいにくるくる回るやつとか、箱を下から小突いてジャンプさせないと超えられない障害物など、大抵は誰かの思いつきを直輸入してたと思うけれども、そんなんを駆使しては新作迷路の開発に勤しんでいた。
ティッシュやらお菓子の外箱と少しの針金、木工用ボンドがあたしの遊び道具だった。

学校の図画工作の授業でそんなのをやったのね。
あたしは学校で習った何かが気に入ると家でも延々やり続けるような子供で、お面の作り方を習えばお面を作り続けていたし(ロビンマスクのヘルメットはかなり気に入っていた)、木製のナイフを作るのも延々やっていた。あのまま進んだらそういう職業の人になっていたのかもしれない。
お面の職人なんてなかなかかっこよい進路だったんじゃないか。

この性向が趣味のプログラムに反映されているんじゃないかなという気はしている。なんか学ぶ、出来た喜びでモチベーション上がっちゃってそこのイテレーションだけガンガン回す、みたいなの。

なんでこんな話を急に思い出したのかというと、ロケハンちゃんとかでやってることがまるっきり同じ構造なんじゃないのとふと思ったわけです。学校ではなく職場や、行き帰りの電車で見た記事なんかが導入になることだけが違いで、いそいそとあれこれ試しておもちゃを作っているのがあの頃と何ら変わらない自分の姿なんではないか。

作った迷路にしろ、お面にしろ、それで遊ぶのはあたしひとりだったし、あたしの(どのくらいいたかは覚えてないがごくわずかの)友だち誰一人としてあたしの迷路やお面を見たことのある人はいない(と思う。見せた記憶がない)。人に見てもらうという発想が欠落してたので、作ってはひとりで遊んで、次を作ってというのをただやっていた。
いま作っている場所はWebの上だから誰かが見に来ることもあろうし、使ってくれたら嬉しいなというのはある。あるんだが、なんかどっかで、作った迷路で遊んでたように、あたしがただ楽しいから作ってるだけなのかもなーと。

近況

2014-09-02 | えとせとら, 考え事 | 2件のコメント

お仕事終えて帰ってくると、ご飯を食べ、ヨメと少し話をし、昼間の業務とは別に降ってきた仕事をやっつけるべくプログラムをひたすら書く日々を過ごしております。
あと一ヶ月くらいは最低コレみたいだ。
というわけでゲームやってませんおわり。

一瞬FF14ちゃんログインして、夏祭りのイベントだけはやった。花火がきれいなー。
あとはヨメが楽しそうに遊んでるのをたまに眺める感じ。
こんだけ完全なるブランクがあいてしまっても、あたしはちゃんと学者ちゃんやれるであろうか。まあ白よりはいいか。

エラーページ

2014-05-16 | 考え事 | コメントはまだありません

このブログ、よくエラーページ出すんですよね。
何だろう調べるのめんどくさいなーと思ってたんですが、レンタルサーバで割り当てもらってるメモリが足りないっぽいことがわかりました。
ははあ。
そのうち引っ越しをします。AWSあたりに。
めんどくさい(´・ω・`)

ハゲと整形

2014-05-08 | 考え事 | コメントはまだありません

ネカマのブログで急にその話題はないだろとも思うんですが。

カツラはまあ帽子みたいなもんだから3歩譲って服飾文化の一端であるとしても、植毛とか言うアレはどうなのか。
かたや、整形というものがありますな。あー顎をピャキーンとしたいがためにシリコン袋入れたりとかのアレ。
で。
今までは思ってなかったんですが、ふと
「本来の姿に手を加えて誤魔化している」
というところで同じだなあと。
まあ表現としては手直しでも修正でもいいですけど、厳密に自前オンリーでない状態でもって世の中に紛れ込んでいるわけです。
リーなんとかとかアデなんとかとかでフッサフサにして歩いてるおじさんとかが「○○ってアイドルが整形で~」的な言説を垂れ流していた場合、
「いやお前がそれ言うかw」
となるのだなあ、味わい深いなあと思った次第でございます。

なお、髪にしろ顔や身体の形にしろ、自前主義こそが至上とは思いません。まあ素の状態でもって整っていることはそれ自体が素敵であり奇跡であり価値があるとは思いますが、そんなもん当事者や状況によってどっちがどう良いか、価値があるとされるか、もてはやされるかなどは変わるものでございますので、そのへんにたいするなんかすげー意見があるのかっつうと、ないです。
TVに出てる美女のおっぱいが本物かシリコンかなんて、どうせあんたが触る機会なんて永久にないんだから気にするだけ無駄じゃん、て。
あっちはあっちで、そういう行動に出てまでもしのぎを削らざるをえない世界で生きてるわけだしね。

こんだけ書いといてなんですが、どうでもいいと思って書いた、どうでもいい話でした。

ぴよぴよの人と遊ぶ話

2014-04-24 | Final Fantasy XIV, 考え事 | 4件のコメント

生まれて初めてMMOをやります、ゲームのセオリー的なことはほぼ知りません、みたいな、ちょっと我々の世界観からは想像もつかない人種というのが、実は存在しています!!
まあ存在してんのは当たり前なんだけど。
○○ってことは△△ってことでしょ?と、長い年月の間に培われてきたゲーム分野の経験値が、我々には積み上がっています。いますね?
序盤こんなホニャララなわけないからどっかにクエあるでしょ、とか、こいつ火ってことは水でアレすればいいんでしょ、とか、色々とベースになってるものがある。
で、この手のベースがまるで無いひとがヨメの知人におり、さいきんFF14に参加しましたので、ちょっと遠目にみてたりしています。
ノンアクティブ/アクティブとかも概念ないので、「何故か急になにかから襲われたこわい逃げよう」みたいなロジックで動いてるんですよ。マップの端まで逃げる。どのくらい逃げたらターゲット切れるかとか、そういう概念ない。敵がなんか技使うっぽいシーンでも、なんで地面光ってるのかなーくらいにしか思わない。
ゲームの世界で使われてる記号をそもそもしらないと、こうなるんですね。
面白いです、見てて。

ひるがえって考えてみますと

「効率とか考えずにまったりと~」
ご存知のとおりあたくしはこの「まったり」という言葉を使う人種は信用ならんと常日頃から思っているわけですが、「まったり」はともかく「効率を考えずに」のくだり、ここには、いささかの語弊があると言いますか、かなり属人的なパラメータなのだなと感じさせられたわけです。上の例にある人を見ててそんなことを考えたのね。
効率を(それほど)考えないことと、そもそも効率のよい行動を知らないこととの間にはけっこうな谷間が口を開けており、その行動が効率を求めているかいないかは当人にとってのものであって、他人から同様に見えるわけではないんですよね。あたりまえのことなんですが。
「○○ちゃん遠回りし過ぎだよ~」
「わたし効率とか考えずに遊んでるんだし」
みたいな話はよくあるけれど、双方の視点が同じなわけないんだから仕方ないんですねー。
つい言っちゃうんでしょうけど言ってもだいたい無駄って話。
ハァ?と思われる向きは、バカの壁を読みましょう。コミュニケーションロスの多い人生を送っている理由がまるっと書いてあります。

いちいち他人様の遊び方にケチつけんじゃねえよ、ってのと、もしアドバイスしてあげたいときは、アドバイスを求められた時にしましょうね、というのを改めて心に留めおきたい。
親切に何かしてあげるというのが、人に親切にしてる素晴らしい私は素晴らしいといった充足を得るためにやってるところってかなりあると思っています。つまり自慰行為であるとあたしは認識しているわけです。あたしがそういった行動をとっている場合も含めてですよ。
で、他人様の自慰行為を見て楽しい気分になるというのは特定シチュエーションに限られますので、そういった行動に移られる際には、やりすぎてキモくないかなと自身を俯瞰することも忘れたくないものだなと、そんなことに思いをいたすメンテ日だったりするのであります。

ご清聴ありがとうございました。