FF14におけるおねーさんのプレイスタイル

所感から。
ベーシックな戦闘そのものの仕組みは、FF11にやや分があるように感じます。どっちかつうと韓国あたりで量産されてるポチポチ連打ゲーのニュアンス強いですよね。もっとレベル上がって難しいコンテンツになると頭使うようになるのかもしれませんが、操作の仕方そのものは同じだと考えますと、ゲーム性というところでは天井見えてくんのかなと思います。
ボタンを押す。足元にエフェクトが出たら逃げる。みたいな。
※あたし別にFF11の戦闘システムが素晴らしいとは言ってません

ミニオンやら変な乗り物やらがワラワラ出てきているさまを見ますに、FF14って「戦闘は正直どうでもいい」デザインになってんじゃないの?と思っています。キャラクターや装備品の描画、風景については文句のつけようがないレベルにあり、よくもまあここまでやりましたねと言っていい。
なので「気に入った服装で散歩してスクリーンショットをとって悦に入る」のがメインコンテンツなのであろうと考えておるわけであります。

「何かをする」というより「居る」というところに重心をおいてみると良さそうであると。
コンテンツを「攻略」したい向きにはFF11という最適のコンテンツを揃えたサービスが稼働していますし、サービスのベクトルが同じなわけないのよ。そんな経営判断しないわ。
FF11を熱心にやってた皆さんは、さっくりFF14をやり尽くしたあとでヴァナ・ディールに戻ったというような話をよく聞きます。まあそりゃ苦労して手に入れたレリックとか、なかったコトにしづらいよね。

ガチで強い敵とやりたいならFF11、カジュアルにピコピコしたいならFF14、そんなところなんでしょうね。
でもなけりゃ始めたその日のうちに飛空艇乗ったりさせないわ。
カジュアル。あたしにはそんくらいでちょうどいいです。
ガチというとウン十人で大規模Raidとかですが、ピンとこない。昔からピンときたことがない。あっそうなんだすごいねーとは思うんだけど。
多分これは、あたしが昔から「暮らす」ということにひらすら重心を置き続けているからなんでありましょう。
だから酒場で座っておしゃべりしてたり、変わったプレイスタイルの人に会いに行ったり、港町でござしいて居眠りしてたりしたんだろう。

わたくし学者になりました

巴術士やってます。
好みは学者です。FF11のときに本をパラパラやってる姿が気に入ってまして。
got_scholar
はーやっとだー。

なんか、カーくんいなくなって妖精さんが見えるようになりました。電波ですね?

やっとなんですが、カーバンクル様が一手に攻撃を引き受け、そのあいだにわたくしめがちんたら呪文を使うというスタイルは大変に好みであり、楽であり、つまりちょっといまさら離れがたいものがあるわけです。

どっかに下手でもネオチしても文句言わずに働いてくれて、かつあたしがログインするときに都合よくポップする盾はいないものか。
あんなひらひら飛んでる妖精さんじゃなくて、カーバンクル的なので十分いいんですが。
もしくは蛇とか。左手で持つの。束で。

さておき使用感とか全然なので、使ってみてどんなもんか体感しないとです。
DoT大好き人としては、そのへんに期待をしたい。クルセードスタンス使えるってことは、そっちにシフトしてて問題ないつうコトだわな?設計上は。

でぶチョコボ

界隈騒がしいなーとおもってたら、なんかすごいかわいい乗り物が追加されておる。
なんだこれ。いいなほしいな。
あたしがいいとおもうくらいなので、ヨメはきっと欲しがって歯噛みしているでありましょう。

帰宅。
もってた。ヨメ。
コレクターズ・エディション買ったからついてきてるんだよーだって。
むむ。ともあれよかった。

FF14:エオルゼアにもおねーさん爆誕

ごぶさたしとります。スクエニに払う金など持ちあわせておらんと思ってましたがさっくり払ってみました。

そろそろ一ヶ月くらいになるのかな、FF14を始めています。
目下のところ面白い。FF11は言うに及ばず、おおよそだいたいあたしが今まで見てきた、MMOにかぎらず、RPGというジャンルの中では珠玉と言っていい出来なんじゃないか。

グラフィック、音楽、効果音、キャラクターの動きや演出など文句ありませぬ。
なんだ、やればできるんじゃん。
最初「それでもぼくは続けるよ!」とか言われていたあの頃があまりにもひどく、フォローのしようもなかった大大焼け野原だったあれを、よくもまあここまできちんと再構築したものだと思います。
設計の良さを感じる箇所も随所にあって、いちプログラマの視点で見ても面白い作品になっています。ジョブとクラスの関係性のあたりなんて、デコレータの考え方っぽい。
ゲームの基盤の造りは非常に美しいなと思わされます。

また、メインストーリーは仕方ないとして、サイドストーリーや各種クエストの演出や筋書きなどがほんとうに楽しい。クエスト中のNPCの会話なんてクリック連打で飛ばしちゃったりしがちですが、わりとじっくり読んでます。楽しいです。

そういった美点の数々で話がおしまいであれば何も面白くない。
よのなか珠には傷があるのです。
UI。ユーザ・インタフェース。操作そのものや情報配置云々。
さいあく。
これが30年もゲームやってきた企業の作るユーザインタフェースとはとてもじゃないが信じられない。マウスとキーボードを交互に使うことを強制される、情報の配置がとっちらかっていてコンパクトでない、結果あれこれとパーツを並べ、敵の顔なんて覚えてない。
HPなどのゲージ類と足元に光るエフェクトに注視しているから、敵の姿見てる余裕とかあんまりないのよね。
ゲームパッド使うと楽なのかもしれないんですけど、ゲームパッドとキーボードを切り替えて使うなんてあたしには無理な芸当です。

あたくし例によって、プラモっぽいFFっぽいピカピカの防具とかにあんまり憧れを感じませんので、よろよろ各地をうろつきながら自家製の装備一式で暮らしております。
なんだかヨメがタルタル(今回名前違うらしいが覚えられない)のくせに盾やると吠えてましたので、あたしは学者でもやってみよかなと思っています。
巴術士が楽しいので、こちらもうっかり続けそう。

Ridill鯖でHali Pecorinoという名前で遊んでいます。ミスラみたいなのです。
似た名前のちっこいのはヨメです。おこめだかおもちだか、そんなの。
申し合わせたわけでもないのに、ふたりして苗字をペコリーノにしてるあたりは思考が似ているのでありましょう。

#HAWKEN、Banished、Diablo3は沈黙しています