カテゴリー別アーカイブ: 考え事

視点が変わるのをたのしむ

料理するのが嫌いではないですが、料理を料理としてではなく、実験の一つとして見ている部分があるのではないかと思っています。
もちろん食べて美味しかったら嬉しい。
が、家事と言うよりは儀式とか実験とか、なんというか、生活に根ざした動作ではなく、少々非現実を味わう時のような、大げさ感のある、そんな、うーんうまくいえない。
もしあなたがテレビで料理番組を見ていて、やおらビビデバビデブーとか叫ぶ料理研究家がいたとしたら、それはあたしか、あたしと似た様な種類の人間だと思います。
#今のところそういう実績も予定もありません

「えーっ、それ作れるの?」
という驚きが、大抵の場合、あたしの導火線になっています。
人間がお酒を作ることができると思っていなかった。
人間がパンを焼くことができるとは思っていなかった。
変な日本語喋ってますよね。
パンや酒を造るのは人間がやっていることです。

が、ここに意識の壁があって、そういうことができる人間というのは、あたしの住んでいる世界とは隔絶した変な空間にいる連中がやることであり、あたしにとってのパンとか酒とかというのは本来、作れるか作れないかという意識以前の世界にあるものでした。神様とか機械あたりから、あたしにはよくわからん何処かから急に湧いて出るものでした。
魚って切り身で泳いでるんでしょという勘違いを笑えない距離感だと思います。

同じにんげんだもの、巧拙あるにせよ、あたしにできないことはないはずである、そう思うことができるようになった途端、色々な食物を見る視点に変化が生じました。
「なんとかすればあたしにも作ることが可能な何か」って視点に立てると、そのへんで買ったお菓子ですら興味深い。
おまけに、よく考えてみれば仕掛けはそんなに難しいものでないものが多い。
なんでこういうものたちに対して、自分じゃ不可能な何かを感じていたんだろうね。
変な万能感を捨てきれずにいる部分があったり、どうでもいいことに自分で制約や限界を設定していたりするところがあって、とても不便な思いをしています。

人間が作っているものなんだったら、作り方があるはず。
作り方がわかれば、あたしにも作れるはず。
さすがに自宅で鉄扉やLSIやヘリコプターを作ろうとか、そういうことを言ってるわけじゃない。
国や時代が違えば、そのへんの人が普通に作っていた料理やお菓子を作ろうというだけのこと。
きっとこんなかんじの思い込みはまだまだいくつもあたしを覆っていて、世界を見る目が曇っていて、すぐ身近にある様々に気づいてさえいなかったりするんだろう。
気づくのがだいぶ遅かった感はありますが、死ぬ直前とかじゃなくてよかった。

バカは壁

「◯◯ってなあに?」
と親に訊くと、辞書を見たかと言われる環境で育ちましたが、それほど辞書に親しんでいる感がありません。たぶんよく考えもしないで人に聞いては、そのまま忘れてきたんでしょう。
生まれてこっち、ずーっと忘れっぽく、ずーっとぼーっとしています。
ヨメはしょっちゅう呆れています。
月に一度以上の頻度で、温かいお茶を入れた水筒をかばんに入れ忘れ、テンション低いまま一日を過ごし、帰って呆れられるまでをテンプレとして暮らしています。

「人に訊く」のは「辞書を見たか」という障壁というかコストを伴うのだなと覚えたあたくしにとって、今は便利な時代になりました。
いまは、
油ってなに?
逆に水って?
水といえば逆浸透膜って?
と、延々々々ずーっとクリックし続け、新しいタブで開き、ページをあちこち行き来してはナレッジの海を泳ぎ続けて遊べるようになったわけです。GoogleとWikipediaがあたしを賢くしました。
クリックはコストというほどのなにかを伴わないので、気楽です。たいていは忘れてしまいますが、いくつかは記憶に定着してくれています。

お脳のはたらきが鈍く、物覚えが悪いという自覚はあるんです。
勉強ができる方とはとても言える子ではありませんでした。
で、ここ最近でぼんやりと思ってたんですが、あたしはつまるとこ、自分は馬鹿であるという一点をダイナモにして生きているのではないだろうかと思うようになりました。
バカでものを知らないので、バカでなく、物知りさんになることへのモチベーションを保っているんだと。劣等感というのも考え方によっては有用なんだなあ。
これを生かして結果を手にしたいものだと思います。でないとバカのままです。

とかいうのを、集合論とかの記事読んで脳細胞焦げている時に、現実逃避の一環として考えたりしています。
はあわからん。バカだからか。でもバカであることがモチベーションなのだし。読もう。はあわからん。
こういうループ。
考え続けてれば、そのうちするっと頭に入る瞬間が来るんだよね。

ごちゃごちゃ言う

増田とあるから、はてなで拾ってきた文と思う。

他人が直観に基づいて判断し行動することを小理屈で阻止するやついるだろ。
あんたが今レスつけてる増田はその手合いだよ。
大方自分のやってることに後ろめたい部分があるからごちゃごちゃ言うのよ。

あーあった、これだ。

就活に失敗して思うこと
就活云々のテーマそのものは今のところ自分には縁遠い感じだけども、ぶら下がってるコメントの一文が光るものに見えた。
あちこちで拾ってきた、ちょっとした一言を書き留めたりしてるのだけれど、けっこうな量になってきた。メモ帳に書いてると無くしちゃうから、こっちに残しとく。