Tag Archive : SFVキャラ対策

/ SFVキャラ対策

あれれ豪鬼きつくない?

2021-06-10 | ストリートファイターV | コメントはまだありません

トレモでよく豪鬼あいてにやってたせいか苦手意識は薄いんだけど、実戦してみるとやっぱよく負ける。
うーんこの差はなんだと不思議に思います。やられてたら苦手意識が出そうなもんなのに。
試合内容ケロッと忘れちゃうからかもしれない。

で、思い返すとヒザや中足からコンボ始まって強化昇竜で〆になる痛いやつとか、斬空波動についボタン押しちゃって被弾>中Kからのコンボ、赤星で投げスカされて死とか、百鬼からの5択とか、わりとやられているシーンは思い出せてきました。
で、だいたいトリガー後の状況でやられているなということも分かってきました。
あいつの問題の大半はトリガー引いたあとにありそうだ。

じっさい、Vゲージ最大、Vタイマー無限でやってみるともうきつい。ほんと一生ボコられ続ける。実戦だとタイマーはすぐ切れるからこうはならんけど、しのぎ方だけでも手になじませておかないとトリガー中に倒しきられ続けてしまう。
とにかく斬空がきつい。せめてこれだけでもなんとかならぬか。

とりあえずCFN見に行く

LP高い方から上から順に。
で、ぜんぜん問題のシーンが出てこない。まるで斬空打たない。どうなっとる?????
このランク帯の人々は斬空対策が万全なのが前提になっているから、打つとむしろリスクになるとか、そういうかんじ?
検索するLP帯を下げていくと徐々に出てくるけど、そんなでもない。
おかしいな、あたしめっちゃ打たれるんだけどw

とりあえず先人の知恵を借りる

いおりチャンネルの【SF5AE】10分でできる豪鬼対策【SFVAE】

まず斬空の話してくれてて助かる。
斬空は、ジャンプ攻撃も当たらないくらい遠くから打つ斬空がコンボになるやつなので、そもそもその距離にいないのが対策とのこと。キャラの間に20マスある状態が、斬空の適正な間合いであると。なるほど。
これ以外の距離から撃たれる斬空は豪鬼不利であると。なるほど。
目の前で撃たれるやつとかあるが、あれこっち有利なのか。暴れて良いと。
んで適正距離の場合は垂直で中Kでもやりましょうとのこと。

中P中Pで押される件

ワンガードバクステ。はい。

百鬼

近距離で百鬼いきなり出されるやつは出してきやすいポイントがある。中P中Kガード後は百鬼がきやすい。

豪鬼相手は遅らせグラップをする必要があまりないとのこと。まじか、めっちゃ投げられまくってるんだけど。
なので、そのぶん百鬼を警戒するなどの意識を強めにしろと。
投げを捨てるという話のアレなのかもしれない。

斬空

CPU戦で絵を見てみる。CPUはCPUであるがゆえにベストの間合いできちんと飛ぶ。
これがVT斬空1F目。

-18F。このあとヒザが来て引き続きゴリゴリくる。
そもそもそこにいないのが正解であるということは、常時「今どの間合い?」ってのをメモリに載っけておかないとだめなのね。
当たり前のことらしいが難しい。

羅漢豪掌(VS→P派生)

ガード+10Fだった。これガードできてたらめちゃめちゃ美味しいじゃん。

なるほど

結局このへんは、こういう発想にたどり着けるかこういうナレッジに素早く触れるかのどちらかがないとぼられ続けて死ぬ。
情報は散逸しがちではあるものの探すとなんとか見つかる。ありがたいことです。

試す

至近距離の斬空のときに限り大ボルトを出してみる。
取れますね、必ずじゃないけども。意識そっちに向けるから他の諸々がすっ飛ぶとは思う。

6/9 [Lv8CPU10先] キャミィ

2021-06-09 | ストリートファイターV, 未分類 | コメントはまだありません

CPUとの10先をやるのはどうか

キャミィ 3-10で負け

星取 ✕✕✕○○✕✕✕✕✕○✕

ひっどい。
昨晩のトレモでは戦い方が分かった感があったのだが、まるでダメだった。
キャミィもケンに似た無法をやる。小Pガード+1から昇竜だの、起き上がりに昇竜重ねだのを平然とやってくる。イラッとして冷静を欠いたのは否めない。
どうせ飛ぶんでしょということでコマ投げもかなり少なくしたが、結局通ったのは一回だけで他はすべて垂直からコンボで返された。調整をした人は多分、ケンをやったのと同じ人物だ。
なんで、個々の技に対する練習相手としてはいけるけど、対人の前段階として置くのは違う。

こっから挽回なるか?とおもったがそんなことはなかった

とりあえず分かったことだけまた列挙

  • 固め連携の途中でガードを解くのでそこでダメージを取りやすい
  • アクセルスピンナックルがガード+2/ヒット+7なの覚えてなかった
  • CPUは人間と違って投げを多用しないので技の選択はかなり実際と異なる
  • 中以上の空振りに対しては最大入れてくるので、間合い外で振ってはならない
  • 画面端につれてって固めをポコポコやるとダメージ取れる
  • と思ってると僅かな隙間にスパイク突っ込んでくる
  • 通常投げも高頻度で上にいくので、大ボルトを必ず出せていたら改善できた
  • やはりこのイキった喋り方とアヒル口が気持ち悪い

最後のは悪口。

なんか漏らしたらすぐ最大でお仕置き帰ってくるので、正しい間合いで正しいボタンを押すということにフォーカスするのが適した使い方かなと思う。
あと苦手なスピンナックルをちゃんと中Pからのコンボで落としていくこと、フーリガンのガードでとった+2をつかうこと、できれば垂直中Kでかわして反撃すること。

6/5 [Lv8CPU10先] ガイル

2021-06-05 | ストリートファイターV | コメントはまだありません

CPUとの10先をやるのはどうか

ガイル 6-10で負け

うーん。ガイルの無法を紐解くでいくつか見つけた材料というか考え方を試してみたが、慣れてないので上手には出来てなかった。
勝つつもりで始めたが実際のとこ全然ダメで、5敗したあたりで「もうやめようかなー」くらいの感覚。
10敗するとこまでやりきってえらい。激萎えの中よう耐えた。
今回はずーっとリードされっぱなしで試合が進み、差を詰められないまま終わった。山場はなかった。
最後のラウンド、投げを垂直されたところで大ボルトがでてたらもう1本取れてた。悔しい。
6-10と7-10だとかなり見え方違うよなー。

とりあえず分かったことだけまた列挙

  • 玉を打ち合ったらダメ。こっちが先に打てるときのみ打っていい
  • 開幕クラップは大ソニックと飛びに負けるので悪手
  • ついでにクラップ打ったとこを中Kかなんかで蹴られるケースもあって最悪
  • 逆言うと下がるくせのある手合に対しては有効
  • つまり開幕やっていい動作は下がる・しゃがむのみ。多分ほかはぜんぶ博打
  • クラップ先手打ててソニックを合わされた際は小ボルト当たる
  • ソニックのフォローに中Kを置くタイプの場合は中ボルトで刈り取ることができる
  • 小ボルトとかで密着、中Pうって飛ぶとめくり距離。前に動かれたら空振る
  • なんとなくめくる時に小Kで飛んでたけど、中Kあてたらデュアルクラッシュ>VSってつながるじゃん
  • どこがというのが明確につかめてないが、小K小ボルトで足蹴って前に出るのは有効だし必要
  • CPUは前ステ投げをほぼしてこないので、実戦とそのへんは違いがあるはず
  • そのぶん尋常じゃない精度のヒット確定(コンピュータなので確認ではない)CAは、そのへんの人には多分無理

反省点みたいなの

あまりに飛びが通らなかった時期に自信を失い、大Pで飛んでヒットしてもボルトチャージに繋げずにクラップ打っちゃう癖がついている。ヒット確認は練習しつつ、前に入力を入れられるように矯正したい。

ガイルの無法を紐解く

2021-06-05 | ストリートファイターV | コメントはまだありません

なんであんなに近寄れない上、飛ぶとサマー打ち上がってくんだ。スト2のころも固まられると何もできんかったけど、大して変わってなくねえか。
と、こないだのCPU10先をやって思いました。
密着取るまでに地獄のような数のソニックを受け、もうちょいだというとこで異様なリーチの蹴りが飛んできて、よしんばガードできてもガードバックで仕切り直し。
前ステ投げ。
触りにいこうとした瞬間ソニック。
いやいやいや。いやー。

いいたくもなるわ

つうわけで、じゃあどうやって巷のみなさんはガイルに土食わしてんだろうってことになる。

近道はないですという、微塵の甘えもないメッセージ

どぐら先生が上げてる動画で
【講座】ポイズン、メナト、ガイル…リーチの長いキャラとの戦い方と心構えについて
というのがあり、なんでこれがたったの16000回しか再生されてないのか意味わかんねえなとおもって生きてる。
ともかくここには、リーチに優れ押し返す力の強い相手と戦うときの考え方そのものが詰まっている。

歩いてガードする

なんかどっかで「歩いて端につれていくことで、画面というリソースを奪うことが出来ている」的な説明を見た気がする。ははあそうですか、ということで、以降そのように歩いてくことを増やしている。端まで行くと簡単に飛ばれてやり直しになってるんであんま利得はないんだけど。
あーでもあれか、飛ぶという行動を導くことができてるから、やってることはいいんだ。相手は端を嫌がって飛んでんだから、落とせるなら行動は正解なのだな。書いてて整理できた。
端まで押せば相手は飛ぶ。というのをまず一個頭に入れる。

まず近距離の状況を調査

んでガイル戦に戻るんだけども、いいとこまでいくとこんどはソニック以外に足が飛んでくる。
いろいろ振られる足の一個や二個、反撃あるだろう。

振られてウザい、いくつかのキックをド先端で想定して反撃できるかどうかを調べる。
結果は全部ダメでした。なんかガードして返せる行動がなにもない。
有利とったってなんも届かないんじゃねえ。
つまり確反でどうのじゃなくて、有利フレーム持ってるんでそこからなんかヒットさせにいきましょうって考え方になるのか。
戦い方なんも分かってなかった。

こう考えてみることにする

13マスくらいのとこまでは歩きガードで我慢。ただ押す。ガイル対策の記事で

強ソニックをガードするつもりでガードをし、その後に垂直を入力しておけば弱ソニックを自動的に垂直することができます。

この世は仕組みでできている

ということが書かれている。
つまりなんだ、大ソニックと小ソニックを散らして打つものなんだな?それを自動的に受けたりさばいたりするテクニックがあるよということみたいだ。
危険ソニックとかそういう言葉自体を聞いたことはあったけど、そんなん見分けられるわけないだろ解散って思ってた。これなら、どすこいや竜爪の聞き分けよりは機械的にできるぶんいいかもしれない。

で、13マス近くまで来てガイルの蹴りだけが一方的に当たるレンジになってくる。するとソニックばっかだった行動に変化があるはずだから、そこをなんとかしましょうねということのようだ。
まずしばらくは抜けられてもいいんで歩くことを意識して戦ってみて、上見て、距離見て、っていうとこまでやろう。
ちょっと歩いて下がって大P押してみるとかやろうか。クラカン取れれば御の字。ガード-2Fだけど前に進むし、EXクラップを盾にできる。
その次何しますとかはいったんいいや。インプット過剰よくない。

本日の書きもの終わり。

この下はおまけ。ド先端ガードした際の状況まとめ。

反撃不可:大K ガード-3F

反撃不可:3大K(ガイルハイ) ガード-3F

しゃがみにヒットしないということで、空振ったらなんか狙うのがいいんだろうか。全体Fは37。うーん。

反撃不可:中K ガード-1F

調べんの嫌になり始めた。

反撃不可:6中K(ソバット) -4F

全体F19で、空振りの時は20F。だから何だ。

反撃不可:6小K(ニーバズ) -3~0F

最初どう見てもSFVノートの数字と違うから首を傾げてたんだけど、当てる距離でフレーム変わるのね。先端当てなら五分だって。むろん遠けりゃ空振りになるわけだが、有利きたーってコパ押そうものならこっからCAまであり得る。
めり込めば-3F。そんな使い方してる人見たことない。

スキマを作る話

2021-04-16 | ストリートファイターV | コメントはまだありません

動くと当たる、置いてある技というのにやられていることを知る。
相手の行動が終わったと思い、こちらがボタンを押すとなぜかカウンターが発生し再びあちらのターン。運ばれて死ぬ。みたいなことが多い。とくにとある友人氏との対戦で多い。
操作の精度も知識も桁が違うのでもうそれはもはやいいんだが、ともかくこちらがつい埋めようとするスキマに置いてある技があり、お前はそれに気づいてないから負けているのだということを本人から聞いたわけ。

その日のあたしのメモリはその一言でもうオーバーフロー一歩前になったので、とりあえずその情報1個を持ち帰ってトレモをこすることにした。
彼との対戦の一部を録画し、それをトレモに記録して何ができるのか、何が適切な行動だったのかを考える。

こんなん

プラチナ氏と、ジャンケンポンで得た紛い物のスパシルの対戦の一部。
風波タメをなんとか咎めたいので、風波の蹴り上げを見たらなんかしようとしてボタンを押す。すると小Kやらが置いてあり、EXなんちゃらが仕込まれている。技の名前なんか知るか。
で、ともかくこの小Kを食らうのが良くない。最速でいろいろ叩いてみたが全部ダメ。投げ間合いでもない。

一瞬待つ

気づきのきっかけは単に打鍵が遅れただけのことだったが、大Pを押したら当たった。風波タメをガードし、ほんの一瞬遅らせてから大Pでうまくいった。場合によってはクラカンになるみたいだが、あたしの能力では狙うことは無理のようだ。 

(追記)クラカンは小Kのあとに入れてた次のコマンドを大Pが引っ掛けてただけだったので、やはり大Pについては通常ヒットを取るということだけ頭にあれば問題なさそう。(追記ここまで) 

ともあれ大Pが入るなら最大の選択肢が取れる。大P>クラップ>トリガーと行ければ、ダブルアップ成功すれば1ターンで沈められるチャンスもある。Vゲージがなければ大P>中ボルトと起き攻め。こちらも十分なリターンがある。 日記を書くまでの3時間くらいはこの練習をしていた。 たまに、つい焦ってすぐに大Pを押してしまい被弾する。焦らないことが大事なんだが、難しい。

前に歩く

一瞬待って大PはOKだが、対応されたことで相手は別の手段を用意せざるを得なくなるし、大Pを押すことがわかっていればなんかやられるであることは間違いない。相手は私じゃないんだ。
困ったなあ、選択肢ほしいなあというときにまた誤操作で、こんどは前に歩いた。
歩けた。
おや、ということで前に歩きそのままコマ投げを入れてみる。これは安定しない。
では前に歩いたあと2中Pを入れてみるとヒットが取れる。つまり中ボルトにつなげてもいいし、クラップ打ってトリガーを引いてもいい。

小さな武器だが手に入れた

ひょんなことで選択肢を2つ作ることができた。
とくに、フレームをギチギチに埋めようとしがちなところに罠があるんだよということは学びとして大きかった。

あたしは現在、プラチナ氏相手だと全く成功体験が得られずスト5自体そのものが面白くないので、対戦を避けると本人に言ってある。はるか格上相手でもなんか発見できたらいいんだけど、そんなちょいちょい発見する能力とモチベーションがあったらとっくにゴールド行ってる。
次回、いつ戦うことになるかは知らないが、そん時にこれらの武器が試せるといいなとは思っている。

ほんとは自キャラの操作の習熟に時間を割きたい。キャラ対なんてテーマはもっとあとでいいはずなんだが。
対戦相手と状況が激しく限定された状況の練習よりも、対空がでないとか、中足小ボルトがすっぽ抜けるほうがよっぽど問題なんだ。