星導山寺院

2018-12-29 | Final Fantasy XIV, halipe.co | コメントはまだありません

ロケハンちゃんというサービスを作ってて、その合間に見っけた小ネタを書いています。

アラミゴのえーと、ラールガーズリーチにあるでっかい寺院?廟?
CFとかの一覧にあるラベルは「壊神修行 星導山寺院」となってます。このへんてこな4文字の枕詞みたいなのは入れないと死ぬんだろうか。
奥に幽霊の爺さんがいる、モンク修行所兼お化け屋敷みたいなインスタンスダンジョン。英語名はThe Temple of the Fist。ゲンコツ寺院ですって。こういう乱暴な名前は大好き。

ここのフロアは星導山中腹、星導山山頂って名前になってるのですけれども、例によって英語名を調べに行きます。
星導山中腹   Dilemma
星導山山頂    Enlightnment
うん?わりと意味が異なる命名になっているような。
Dilemmaは文字通りジレンマ。板挟みだの窮地だのといった、進退きわまっちゃってつらいみたいな状態を指す言葉です。
そして山頂の側のEnlightnment。あたしには見慣れない言葉ですので調べます。とかいってますがジレンマの方も調べてます。はりさんは物を知らない。
んでEnlightnment はいったいなにかというと、「啓発」。
啓発ですか。

「憤せざれば啓せず、悱(ひ)せざれば発せず」から》人が気づかずにいるところを教え示して、より高い認識・理解に導くこと。

「憤せざれば啓せず、悱(ひ)せざれば発せず」から》人が気づかずにいるところを教え示して、より高い認識・理解に導くこと。 コトバンク

なるほど。確かにモンクの道を導く修行の山としては、英語名のほうが実態をよく表現している気がします。
やりやがったなコージ。設定本書いちゃうだけあるよねやっぱり。

こんなちょこっとずつチマチマじゃなくて、フロアの英語名なんてまとめて見とけよって思うかもしんないですけど、やれそうな範囲だけちょこちょこ見に行くほうがモチベーションの低下にならないのです。面倒は面倒です。
地図画像とエリアのデータを作るタスクはわりと脳死作業というか、あんまり考えずに黙々とやるたぐいのもので、定型化しているながら手作業が避けられないという性質を持っています。

そんでそこで見っけたちょいとした小ネタをこねくり回して、たまに日記の種にしていこうという算段。算段というほどのことでもない。

,

About Auther

about author

Halipeco

UO@倭国、EQ@Xegony、DOL@乙鯖を経てFF14のアトモスに生息中。
仕事と趣味でPython書いてる。
買った果物に種があると植えるのが趣味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です