召喚士についての理解を深める

2014-04-20 | Final Fantasy XIV | コメントはまだありません

召喚士(に限らないが)の名と実の合わなさに目を白黒する日々が続いております。
違和感すごい。

まとめサイト見てたらこんな記事が。
【新生FF14】 何で召喚士は召喚獣じゃなくてエギなの・・・?

236:既にその名前は使われています:2014/03/02(日) 12:23:45.94 ID:JsGYn/oE
ほんとなんで召喚士が派手な召喚獣操れないんだよ

247:既にその名前は使われています:2014/03/02(日) 12:25:52.29 ID:fae830Hr
>>236
世界設定で本物の蛮神呼んだ奴は悪って決め付けてるから
本物呼んだ召喚士は世界の敵になる

なっとく。
でっかい水竜呼び出してドドーンとか、望み薄ですね。
どーもステレオタイプであるとか、従来のFFの用語からくるイメージとかにとらわれがちで、記憶とFF14での描写との乖離が激しいのが困る。
もはやFFの召喚士なんて伝統芸なわけで、イメージに沿った形を裏切る方針がはたして「新鮮」とかいうかたちで表現できるものなのかしら。いやあたしはそう思わないからこんなこと書いてるんだけど。
デカイかっこいい召喚獣をどんと呼び出してそれいけー!にくわえ、本人はほとんどただの人でしょっぱい能力しかないというあのイメージは悪くないと思うんだけどなあ。
落差ってだいじだよね。
ファイアーエムブレムのマムクートとかもそういう感じがすきだった。よぼよぼの爺さんが変身するとじつはすごいみたいな。

About Author

about author

Halipeco

UO@倭国、EQ@Xegony、DOL@乙鯖を経てFF14のアトモスに生息中。
仕事と趣味でPython書いてる。
買った果物に種があると植えるのが趣味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です