中P2中Pと入れたあとで中ボルトとかリニアを押しちゃう悪癖があるのだが、こいつの対策として、固め連携の練習をしている。

  • 中P2中P>ちょい前>中K
  • 中P2中P>クラップ
  • 中P2中P>中K(空振り)>中P>小クラップ>投げ
  • 中P2中P>中足>小クラップ>投げ

やらなんやら、フレーム的に怪しかったりするのも満載なんだがとにかくやっている。中K空振りは一個目のちょい前歩き中Kを見せたあとだとガードする気になるはず読みで、投げ間合いに踏み込むためのやつ。うまくいくといいけど。
決まればイラッとしてくれると思う。

CPU相手だと的確に対処してきてくれちゃうけども、日々の練習でこれをやっている。
ちょっと気を抜くともともとのいろんな癖が出てきて事故る。
中足小ボルトを出したがるのも問題。ガードされてたら-2Fの不利でこちらのターン終わりになってしまう。

んでしょぼいランクマをやって勝ったり負けたりをしているわけだが、ちょこっと中P2中P>ちょい歩き中Kとかが出るようになった。
望ましい動きになってるわけじゃないんだが、ともかくその動作を選択できているのは嬉しいことだ。

ほとんど成長がないので、こういうとこで喜んでいかないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。