拡張機能に祟られる

2018-12-18 | halipe.co | コメントはまだありません

なんか週末、急にエディタで書いてるSVG上のimageタグの挙動が変になった上、それに気づくまでに時間がかかってしまった。気づいたのは月曜なのでまるまる週末を棒に振ったと言っていいくらい。
たぶんVue.jsまわりのVSCODE拡張機能が、急に一部の記述に対する反応を変更したっぽい。

検索で掛かる人がいるかもしれんから書いとこう。
Nuxt+TypescriptでSVGいじるの書いてます。SVGのなかに動的に画像をはめ込んで、遷移のたびに切り替えるとかやってます。んでそんな箇所が以下で、
これが、
:xlink:href=”imageUrl”
こうなる。
xlink:href=”imageUrl”
当然、壊れ画像アイコンになるわけです。人知れず冷や汗ダラダラ。

いままでなかったから、多分ここに来て急にそうなったんだと思う。発生する変化はコロンが一個消えるというもので、そんなん気づけるかバカ野郎と言いたいが叫びも虚しく宙を漂う。誰に言ったらいいかよくわかんないんである。

ともあれ原因はわかったので消極的には対応をし、残りのチケットをやっつける作業に戻る。冬休み中に本公開まで行けるかしら。

, ,

About Auther

about author

Halipeco

UO@倭国、EQ@Xegony、DOL@乙鯖を経てFF14のアトモスに生息中。
仕事と趣味でPython書いてる。
買った果物に種があると植えるのが趣味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です