妖精さんの話

2014-09-18 | 未分類 | コメントはまだありません

学者のアレとは関係ないんだけど、うちの近所で、あたしとヨメが「妖精さん」とよんでる爺さんがいるのです。

駅への道中にある畑でいつも土いじりをしてて、ちょいちょい作物を育てたりしているので、妖精さん。
ハネ生えてないしファンシーな格好もしていないのだが、まあたぶん土属性なんだよくらいの理解をしていました。
妖精さんが出入りしている家の表札をヨメが確認して発覚したのだが、実はこのへんの大地主だったことがわかりました。
地主の正体が妖精とはなー。

About Author

about author

Halipeco

UO@倭国、EQ@Xegony、DOL@乙鯖を経てFF14のアトモスに生息中。
仕事と趣味でPython書いてる。
買った果物に種があると植えるのが趣味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です