ももいろクローバーZ

おおよそ、アイドルとかには興味がありません。中学に行くかどうかで聖飢魔IIの信者になってました。
アイドルだけじゃなくてビジュアル系ジャニーズヅカアニメラノベまああたしは大抵ダメです。
むろんこの中に例外はあって、このジャンル好きじゃないけどこの人達は好きよ、みたいなのはあります。Perfumeも好きなわけです。Perfumeは好きですがメンバーの名前とかは知らない。あーちゃんとのっちかんがるー?あとなんだ?そういうレベルです。
あたしが名前を覚えるくらい熱心になるのはバクチクとソフトバレエと聖飢魔IIしかないんだよ。そういう病気なんだ。

で、ももいろクローバーZ。
なんかおっさんとか、ロック屋さんとか、従来アイドル好きとか公言すると眉をひそめられちゃう人種までが夢中になっているとかなんとか。マーティ・フリードマンとかはもうこのひと元々、完全に頭おかしいんでいいですけど。
聞いた話じゃプロレス好きな人をも重力圏に収めているというから意味がわからない。
接点あんのかそこ。

紅白も出てたらしいよ、いったいなんだろうねーとヨメと喋っていたら、曰く氣志團のライブに呼ばれたりもしてるらしい。まじか。あーあそこゴールデンボンバー呼んだりもしてるもんね。
おニャン子にしろモーミング娘にしろAKBにしろ「キモい」と切って捨てていたあたくしが、まあそういうことなら仕方ないということでYoutube検索してみます。
ちょうど、あたしみたいなニワカ以前の人でもわかるようなまとめ動画を上手に作ってる人がいたりして、助かります。
布教に熱心なファンが居るんだなあ。こういうファンが居る対象は大抵、世間から不当な評価を受けている(と彼らが信じる)ものにおいて顕著であるという印象です。
ほう、そうですか、そういう要素があるか楽しみですよこれは。
再生ボタンクリック。

20分後

「やばいな!やばいな!」
「涙腺ゆるむお」
「変調子しすぎ」
「なんかガチ感が!」
と二人でギャーギャーやり、某ツタヤでCD借りてくる運びになりました。
とはいえ、動画見た感じ、これはゴールデンボンバーとかもそうですが、メディアに焼かれた何かではなく、カネ払って自分の足で見に行くライブにこそ真価のある人たちなんだなという気はします。
せめてライブDVDあればよかったんですが、もともとそういう商品がないのか貸出中なのか、棚にはありませんでした。
あたしはメンバーの見分けがつかないのでよくわかりませんが、ヨメは緑色の子のファンになったらしいです。緑色のボンボン買うか、とか言ってんの。もう見てらんない。ん、待てライブいく気かきみは。

大興奮のヨメ曰く
「これは、ロックだ。ロックだよ!ロックだ、うん、うん」
うっせえ。
予想以上にパフォーマンスが力いっぱいで、プロデューサーはかなり高レベルのマジキチなんだなと思いますが、驚かされたし面白かった。全力で何かやってるってのが、いいんだね。
アイドルというくくりで出てきてますけど、きれいかわいい、とか、そういう軸を大事にして売ってるわけじゃないでしょコレ。パッとみ普通の女の子が尋常でない努力を背景にパフォーマンスしてみせるというのがポイントなのね。

多分ファンのことを言うんだと思うんですが、なんでモノノケっていうんですかね。オメーらバケモンみたいなツラ下げてライブくんじゃねーよみたいな話ですかね。タタリ神みたいにくせーんだよみたいな。

追記

モノノフだった。ぜんぜんちがう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です