Tag Archive : キャラ構成

/ キャラ構成

時代のギャップを埋める:魔法

2012-12-04 | UltimaOnline | コメントはまだありません

相変わらず竜宮城から帰ってきた状態ですので調べています。色々。
魔法ダメージの上乗せも結構えらいことになっているらしい。そらー武器で敵殴る人があんだけテコ入ってたらバランス取るよね。かくして僕らのウルティマオンラインは週刊少年ジャンプの法則コースへとつま先を向け幾星霜。

で。
書写で作るスペルブックで特効属性がつくとな。
各種を買って集めるとなるとコトだなあ。とくに赤いやつ。素材集めて作るのも大変そうだけど。
いい本できるたびに64spells買って埋めるのも億劫だ。ネクロさんで書写上げてガーゴさんにでも押し付けたらいいのではないか。ガーゴさん余裕なければ忍者のところだ。まさに倉庫。
#書写が魔法ダメージに寄与するというのはわかりましたが100割くほどじゃないかなということで

マゲ=カタという戦闘スタイルがあることも最近知りました。モンスターの挙動をよく見ている人がいるんだなあ。
あたくし魔法をダメージソースとして運用したことが限りなく皆無に近いので、もともと魔法関連は知識が薄いジャンルです。
で、とくにメイジというスタイルは今まで、
「秘薬たくさん抱えないといけないしManaすぐ切れるわりにモンスターはまだピンピンしてるじゃん」
というイメージでいたんですが、マナ回復や魔法ダメージ増加、むろん秘薬やマナのコスト低減ももちろん積み込むと、FCやCRもアレすると、だいぶ世界が違うというのがわかってきました。

また、なんとなく「ネクロ持ってたらカースウエポン使えないと意味ない」という思い込みがありましたが、戦士から見えるネクロとメイジから見えるネクロはまったく違う顔を見せるんですなー。
レイスやリッチ(こっちはHP減るから流行らないか)変身してCorpse Skinなんかで属性変化するというのがやっと想像できる風景になってきました。

Mysticismのほうはというと、何かの魔法にFocusもあったほうがよい的な記述を見て、今のところ縁遠いからいいやと調べもしてません。錬成持ってんだしガーゴさんがやるだろ多分。なんかほれ貴族にならないとはかどらないらしいから。女王のフォージ?なんで王侯貴族が炉とかわざわざ所有してんだとかそういうのは気にしない。イギリス人が言ってるクイーンズ云々みたいなものなんだろうポンポコピー

書写上げ魔法上げ

2012-12-03 | UltimaOnline | コメントはまだありません

こういった戯言を並べていたのが先日の話。
TC行こうとか言ってて行きもせんと着手しました、Schaftさんの改造です。
ネクロ戦士→ネクロメイジへとジョブチェンジ。あたしのUOプレイのメインはスキル上げなのではないかと思えてきた。あとツキウルフの戦利品抽出。

ネクロスピスピとレジを残してあとは全部捨て。魔法ブーストと魔導武器持って魔法スキル上げ。96くらいまできました。
同じ事ばかりやってると飽きるので書写も同時に上げます。この作業の開始のタイミングが週末だったので、急遽資材調達に出かけます。
スクロール及び秘薬。
秘薬は毒上げの時に大量に買い込んだはずでしたが、結局かなりの偏りが発生してしまっていました。Poisoningのためのナイトシェードと、特にスキル上げの終盤で紫を大量に作るという話だったので硫黄の在庫が異常。あの時平均的に買っておけばよかった。ついでに言えば書写も上げるかもしれんということでスクロールも買っておけばよかった。
嘆息。
昔のように秘薬の買い物そのものが戦いであった時代ではないので、ベンダー在庫20からの店員さん育成スタートです。3時間コースかな。

お買い物開始後1時間ちょいとで「ご飯食べ行こう」となり、リセット。美味しいピザ食べてきました。埼玉侮れません。
家に帰って一息、ベンダー見てみると、Moonglowだけ主要Pot秘薬のみ在庫999個に育っていました。誰か集めてる人がいるんだなあ。ついでにスクロールとかも育てておいてくれればと思いはするが口には出しません大人なので。
Britain,Moonglow,Skarabrae,Trinsic,Jhelomあたりをくるくる回ります。途中のベンダー更新の待ち時間に書写を少しやりながらじりじりと育てますが、どうも回るタイミングがヘンみたいで在庫減少を何度も発生させてしまいます。たぶんこの在庫減少のおかげさんで1時間はロスしたんではないか。
スクロール自体は地図屋でも売ってるではないかということに中盤気づき、地図やさんも周回に加えたりしながらザラザラ買い集め、パラリ曰く「11,000本必要」というブランクスクロールを揃えることに成功。
肩こりがすごいです。
「地図上げするかもしれなくない?」
たしかに、たしかにそうだ。無駄に上げたりしそうだ。その時にまたこの苦行をやるのは嫌だ。
ついでに集めよう。地図上げ修行にはどのくらいのスクロールが必要になるのか調べると、実に15,000本とあります。正気ですか。
合計27,000本集めることになりました。うわあ。

延々とリコール買うリコール箱に詰めるリコールのループなので特段書くこともないのですが、ゆうに4時間かかって購入終了。秘薬もだいたい買い揃えてしばらくは安泰です。
そしてむかしむかしに売っぱらったトラメルとマラスの物件の売却益がほぼ底をついた格好になりました。稼がないとまずいわ。野放図に適当に買い物してる場合じゃなかったわ。
魔法とか書写みたいな、マナを使うスキルにはネクロもちが本当に都合がいい。バードマスタリーをやるときも、ネクロのスキルを移動させるといいのかも。

微妙なことになっているネクロさんを何とかする

2012-12-02 | UltimaOnline | コメントはまだありません

似合いもしないSwordsmanship上げてやいのやいのしとるわけですよ。
DullCopperの適当な鎧つけて土エレ殴りに行ったりね。
だるい。
だるいんじゃよ。
だいたいSSつうのが納得行かない。当初、毒塗ろうと思ったら塗れるしやっとくかみたいなノリもあった影響で刃物スキルと相成ったこれらスキルですが、限界が来ました。
中の人の趣味の。
包帯無いのに敵殴れるかバカたれー!
だいたい殴るんなら鈍器じゃろうがー!

転向です。
むしろ本来の方角に戻るというべきか。
使いもしないのに買い込んじゃったSS武器どうしよう。いっそ抽出して綺麗さっぱり忘れるか。

  • Necromancy
  • SpiritSpeak
  • Magery
  • EI
  • Meditation
  • ResistSpells
  • Poisoning?

最後のは悩み中。入れ替えるとかでもいいしみたいな。
カースウエポンさんの存在が浮くんですが、魔導武器使えばいい感じですか。忘れるべきですか。
アカウント中から戦士の影が消えて行くなあ。
上がりきってはないけどあげちゃった武士道とかどうしよう。
なんか考えなしに大改造するのは危険な気がする。TCいこう。

いまさらEI(知性評価)の重要性を知る

2012-12-01 | UltimaOnline | コメントはまだありません

おねーさんです。
たぶんコレについては今昔関係ない話だと思うんですが、
EIが0.0のときの魔法の威力は本来の3割である
ということをついさっき知りました。
mjd

パラリシャン・魔法の頁から引用

◎詠唱者の知性評価スキル値によるボーナス:
○詠唱者の知性評価スキル値が低いと魔法ダメージは下がり、高いと魔法ダメージは上がり、詠唱者の知性評価スキル値と魔法ダメージの大きさは、詠唱者の知性評価スキル値1単位で正比例的に上昇します。
○おおよそで言えば、詠唱者の知性評価スキル値が0で0.3倍、50で0.75倍、80で1倍、100で1.2倍、105で1.25倍、110で1.3倍、115で1.35倍、120で1.4倍ほどになります。
○詠唱者の知性評価スキル値による魔法ダメージのボーナス計算式は以下のようになります。
○<調整ダメージ×(30+(9×知性評価スキル値÷10))>÷100
○「調整ダメージ」は、前述の、基礎ダメージに詠唱者のINTによるボーナス、詠唱者の書写スキル値によるボーナス、詠唱者の呪文ダメージ増加マジック効果によるボーナスがプラスされた後のダメージです。

EIなしでMagery持つっつうのは、魔法での攻撃はしませんくらいの腹積もりが必要だったのね。
移動/回復/召喚/インビジはまんまあるわけで、それでもMageryの全方位性が陰るわけではないけれども。
INTや書写がそれほど大きく寄与しないというのも同時に知りました。
威力に影響するよというのは知ってたんですが、ここまで大きいとは思わなんだ。
へー。

開ける閉める開ける

2012-11-29 | UltimaOnline | コメントはまだありません

そんなわけで開錠を上げることになりました。
NPCから細工を習いハコを作り、それにむかってlockpickを折り続け、GM細工キャラにハコを作らせlockpickを折り続け、ようやく95に。
GM箱工程は終了、アクチュアルスタートでございます。
もう1キャラぶんのLockPickingあげとこうかしら。ハコ用意するのめんどいし。いや用途が被っているという点こそを憂慮すべきなのではないか。むむ。

細かいことですが、ここからのダンジョンやキャンプの行脚をちょっと楽しみにしています。
行動範囲が元々狭かったせいで、あたしはあんまりブリタニアの地理には詳しくないわけです。ダンジョンの名前はわかるが最奥がどうなっているのかは大抵知らない。アンクの位置すらぜんぶは押さえてない。名所めぐりも人に連れてってもらうケースがほとんど。
こういうぼんやりしたプレイヤーが、誰に連れて行ってもらうでもなく自分の足で歩き、いいハコの沸くポイントを一個一個探していくプロセスというのはなかなか得難いのではないかなと。
今更ですけど、この広い世界のいろんな場所を、ちゃんと見てみるにはいい機会になるんじゃないかな。