今までの悪癖への反省

2021-08-02 | ストリートファイターV | コメントはまだありません

ここんとこで得た、なんかわかってきたような感じのポイントをメモしとく。

反撃したいときにせめて小Pを押す

ゴリゴリ殴られて腹が立つと「取り返さなきゃ」みたいな理由で中Pだの大Pだの、フレームでかい技を使おうとする癖がある。このような子羊に神はクラカンをお与えになる。
あたしの対戦記録見ると頻繁にカウンターマーカーが点灯し草も生えない。
で、これをやめるだけでも被弾が変わるはずだと考えた。不要な打鍵を減らすだけ。
これは明確に結果に反映されている。CPU戦とラウンジで試したがいい感じだ。
当たり前だ。

ビビって投げを押さない

減らすことを意識してはいるが、まだまだかなり押している。2個ボタン押すだけって簡単さで頼っちゃっているが、これが原因でフルコンもらって死ぬケースが後をたたない。投げられるだけのほうがマシ。
遅らせグラップやらは全く身についてないので、遅らせなんちゃらを身につけるのと一緒に、どんなときなら投げを押していいのかを考えたい。
少なくとも反射的に投げを押しているのは「考えてゲームをやる」からは程遠い。
CPUケンは投げをバクステで避けたりもする。シミーされてたら10-6では済んでなかったはず。

対空は相変わらず出てない

出てないがこちらも発見があって、やっぱ見てるところが変だと(いつも言ってるようなことだが)いう気づきをえた。見ているはずだが?じゃなくて明確に見てない。最悪の場合、何も見てない(最悪すぎる)。

あと、少なくとも離陸の瞬間を絶対に見てないってとこに自信を持った。絶対見てない。

どこを見るか問題

で、どこ見よっかを考えようと。対空の話で行くと、相手の少し上の空間がいい。それ以外のときは?

主に中足がよくスカる。
腰が引けてんのか知らないがとにかく当たらない。置くつもりで押してなくて、当たると信じて押しているが空振る。自分がイメージする中足の間合いを間違って覚えている。

で、キャラとキャラの間の空間をいったん凝視してみることにした。「この距離ならどのボタンを押すべきかな」を考えてボタンを押す練習をする。
やってるようでやってなかった練習だった。相手はCPUにしてるので勝手に動き、間合いは変動する。それでも考えてボタンを押す一助にはなりそうだと思えた。
いままでの肉入りボット的なスト5からは卒業したい。考えて、明確な理由と意志でボタンを押したい。

, ,

About Author

about author

Halipeco

UO@倭国、EQ@Xegony、DOL@乙鯖を経てFF14のアトモスに生息中。
仕事と趣味でPython書いてる。
買った果物に種があると植えるのが趣味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です