スパブロまで戻ってきた

2021-06-10 | ストリートファイターV | コメントはまだありません

かねてより自分の適正ランク帯はブロンズかスパブロあたりであろうと思っていたので、ここに落っこちてくること自体に異論はない。このへんから出直してシルバー帯とその向こうを目指す。
スキルも1から2に変えて、これで行くということにしたわけだし。

で、今回は投げ投げコマ投げでおみくじを引くのではなく、知らんやろで表裏を仕掛けるでもなく、ただジリジリと前に押して相手の背中を壁につけていたぶるというスタイルを軸に戦う。
それララでやるスタイルですかねと思わんこともない。

今までずっと、勝っても「噛み合っただけでしょ」としか評価できなかった。おそらく間違ってはない。
ララのスタイルとしても別に問題なかったろう。そればっかに終止して基礎をスカスカのままにしてたというだけで。
が、このまま続けるスト5は滅茶苦茶つまらない。
負ければ自分が下手、勝てば運が良かったと思うゲームの何がいいんだってことで、今回は自分の頑張りで取ったでしょって試合をできるようになりたい。
老人会の道場にいくとアドバイスが飛んでくる。人間性能の問題により全ては積めないので、言われた幾つかを持ち帰ってトレモし、CPU対戦を繰り返し、ランクマで実践する、といったサイクルを続けていく。

テーマ

  • 対空がそれなりに出る
  • 相手との距離を意識する
  • 無駄なボタンを押さない
  • 途中で足を止めて相手の様子を見る
  • +6Fの状況ではタゲコンを入れていく
  • 大足ガードには2大P
  • 通常投げを全通しさせない

とからへんをクリアしていくのが目下の目標。ランクマでは練習したことの反映だけを意識して、新しい戦い方に手指を慣らす。
LPの増減はどうでもいい。どうでもいいというか、対応できずに詰む人が多いほうが成功体験になるので今のランク帯でいい。
一瞬ウルシル踏んだ人がブロンズ帯で人を殴るのは多分あんまりいいものではないが、ウルシル行ったのが”イチ引いた”の最たるものだったからなー。

, ,

About Author

about author

Halipeco

UO@倭国、EQ@Xegony、DOL@乙鯖を経てFF14のアトモスに生息中。
仕事と趣味でPython書いてる。
買った果物に種があると植えるのが趣味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です