鎖の長さを考える

あいかわらずMHFやってます。
あたしが槍と笛、ヨメがガンスと弓の秘伝書を取っています。どーもヨメは秘伝防具作るつもりでいるらしいですが正気とは思えません。着手後折れるであろうと踏んでいます。
秘伝防具を一揃い着ている人を「きもい」と思うあたしはハナっから作る気ないので、やりたい範囲でちんたらやろうという姿勢。あと何点かの剛種武器と、いくつかのHC武器とかは作ってみたいかなというかんじです。
求人区とか行かないからいいんだよ。こちとらグークとか言う変なアヒルに、どんだけダメな名前つけて放流するかがメインコンテンツだよ。あと七色たんぽぽを増やすゲーおよび、まるで出ない霞龍の宝玉を恨むゲー。

ちょろちょろと情報収集に出てみますと、いつからこの流れになったんだか知りませんが、秘伝防具やら何やらへの怨嗟の声をよく目にします。
が、怨嗟を上げている皆さんが総じて、
「全武器の秘伝書を取得しましたが云々」
「秘伝防具完成したが云々」
「なんとかかんとかのどうのこうのを強要される云々」
とか、ちょっとナナメなことを言ってたりもして、なんだかもにょっとします。
あたしのよーな半端なニワカからしますと、君らブツブツ文句言いつつ、しっかりコンテンツの全消化を前提に話ししてるじゃん。そしてその勢いで取り組んでいる上で「マゾい」とか「強要される」とか言ってる。
どの口がそれをいうのかね。君ら楽しんでるよ。
#実際には、古龍種の剛翼様が出現した頃以降、このインフレチキンレースはノンストップで続いているわけで、今に始まった話じゃあないよね。

一部の本気な人々はともかく、仕事じゃないんだから、やりたいところだけ遊べばいいんじゃないのかね。やりたくもない武器種のSRを無理くりあげて素材集めてはマゾいとか、なんで遊びであるにもかかわらず、むやみに苦しむことを追求してるんだ。カプコンの皆さんの考えるバランスが頭おかしいのは言うに及ばないけど、それに追従しようとしてるプレイヤーの姿勢もいびつだなーと感じます。
実装されている前モンスター、全武器、全防具、なんでもかんでもコンプリートしないと気がすまないというのは、いったいなんなのかね。あたしは一揃い揃えるとか集めるとかいう気質が完全にないので理解できないが、わざわざイバラの道を歩く遊びというのは修羅であるなあとつくづく思わされます。
なんか、義務感とか生じちゃうんだろうね。
FF11のときは特に多かったけど、
「頼りにされてる状態の俺を維持するにはコンテンツのコンプリートが宿命」
くらいの気負った人がいっぱいいるんだろうなと思います。
たいへんそうだけどたのしんでるんだなー。ながいきしろよー。

ちょこっとちんたらやるには、MHFって楽しいんですけどね。「急いで武器防具を作ろうと思わなければ」って意味不明な条件がついてきちゃうのがなあ。
少なくとも、あたしが杉浦さんの考えるメイン顧客層にはないんだろうな。
カプコンの運営体質というか気質については思うことがあるので、そのうち書く。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です