焼き色がつかない

もはやゲームにっきというよりはお台所日記になりつつあるような。

パン自体はそこそこうまく焼けるんですが(贔屓目)、クックパッドの写真にあるようなきつね色にならないのが不満。
焼くときはぶんたの下段に材料を置くんですが、焼き上がり後に3分ほど上段に差し替えて加熱をしてます。
それでやっとこの色。太陽光色の蛍光灯の下で取ってるので本物以上にウマそうに撮れちゃってますが。

スチーム機能が邪魔してるのか。
ドリュール(パンの上に塗る卵)塗り忘れたのがいけないのか。
砂糖ひかえめにしてるからか。
庫内の温度が足りないのか?

おまけにこう、表面がカリッとサクっと仕上がっていて、コレはコレでうまいんだけどいわゆるバターロールとは違う感がすごい。薄ーい皮があるじゃんねああいうパン。あたしんちのはちょっと集めのサクッとした皮になっちゃう。
なんなのか。

毎回毎回パン焼きメモを取り、粉の配合と加減の調整を蓄積しとります。
写真のようなバターロールみたいなロールパンを作ることが多いんですが、生地の巻き方ひとつをとっても、コツが存在しとるという世界です。モリっとy軸方向に伸びてくれるかどうかとか、巻きの境目がヒビ入っちゃうとか、いろいろね。
なんかおかしいなと思うたびにネットでパン焼きレシピを見て、今まで気づいてなかった記述に気づいたりというのを繰り返しております。
学習量すごい。

焼けた!うまい!というのがモチベーションになるのがいいんだわね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です