月別: 2013年3月

Home / 月別: 2013年3月

おねーさんバーガー

2013-03-31 | パン焼き日記, 台所ホビー | コメントはまだありません

週末、またパンを焼きました。
「はーめんどくさいし今日はサボろうかなー」とか考えた時点で、趣味のラインを超えたのではないかと感じます。
もはや家事。
結果はやや過発酵。大きく膨らみはしたが、気泡が大きくてちょっと目指した感じとは違いました。
味は美味しい。皮が幾分かパリっとしておって、これはこれで、マルです。
20130324_2
ただ、想定以上に膨らんだため、プレートの上でパンの皆さんがつながってしまい、見栄えが悪くなってしまいました。残念。
コナみたいなものがかかっているような感じになってますが、コナかかってます。なんか打ち粉みたいなのがかかってるパンあるじゃんね、あれどうやるのかなーって適当にかけたの。失敗だった。
さいきん身についた動作として、一次発酵後の生地の切り分けの時に量りを使うようにあったことが挙げられます。50g~60gくらいに切り分けて丸めるんですが、これは便利だ。なぜいままでやらなかったのか。
20130324_1
さて、丸いパンが焼けました。
ということは、ということはー!?
うん。
というわけでハンバーガーを作ろうぜということになりました。
花見の散歩の後で、ヨメとともにサミットへ向かいます。

ハンバーガーには何を挟むであろうか。
ヨメもあたくしも、フレッシュネスバーガーをこよなく愛しておりますので、あのスタイルがよろしいのではないかということで方針は決まります。
まずトマト。輪切りのね。
そしてタマネギ。輪切りにして、焼いたやつ。
あとレタス。我が家でレタスの購入はかなり珍しいです。
ハンバーグもお手製が望ましいんですがそこまではさすがにめんどくさい。こねて成形してあって、あと焼くだけみたいなのありますね、あれを買います。
まあそんなもんだろーということで、棚にあった新じゃがをカゴに加えて買い物終わり。

ヨメに野菜切断をしてもらいつつ、あたしが肉とパン、じゃがいもの準備です。
じゃがいもはフライが雰囲気的にありですが、揚げ物はたいへんだし、新じゃがといったらじゃがバターだ、そうだろう。
んで肉を焼き始め、オーブンでパンを加熱します。ひたすらじっくり、弱火でじりじりと。
20130324_3
最後に全部重ねて、ケチャップつけて、頂きます!
なんかボリューム感すごいことになってましたが、実にうまかった。

ヨメの評判も非常に良かったので、そのうちまたやろうと思います。

ハンバーガーの写真に写ってるのは、いわゆるヤマザキの皿なわけです。いろいろどうでもよいことですが、こいつは無駄にじょうぶで、下手に集めちゃうとあまりの割れなさにむしろ困るという変な特徴を持っていますね。父上が送ってよこした皿だったと思うんですが、10年か、20年か、なんかそんくらいのスケールの寿命を誇っている気がします。

バカは壁

2013-03-30 | 考え事 | コメントはまだありません

「◯◯ってなあに?」
と親に訊くと、辞書を見たかと言われる環境で育ちましたが、それほど辞書に親しんでいる感がありません。たぶんよく考えもしないで人に聞いては、そのまま忘れてきたんでしょう。
生まれてこっち、ずーっと忘れっぽく、ずーっとぼーっとしています。
ヨメはしょっちゅう呆れています。
月に一度以上の頻度で、温かいお茶を入れた水筒をかばんに入れ忘れ、テンション低いまま一日を過ごし、帰って呆れられるまでをテンプレとして暮らしています。

「人に訊く」のは「辞書を見たか」という障壁というかコストを伴うのだなと覚えたあたくしにとって、今は便利な時代になりました。
いまは、
油ってなに?
逆に水って?
水といえば逆浸透膜って?
と、延々々々ずーっとクリックし続け、新しいタブで開き、ページをあちこち行き来してはナレッジの海を泳ぎ続けて遊べるようになったわけです。GoogleとWikipediaがあたしを賢くしました。
クリックはコストというほどのなにかを伴わないので、気楽です。たいていは忘れてしまいますが、いくつかは記憶に定着してくれています。

お脳のはたらきが鈍く、物覚えが悪いという自覚はあるんです。
勉強ができる方とはとても言える子ではありませんでした。
で、ここ最近でぼんやりと思ってたんですが、あたしはつまるとこ、自分は馬鹿であるという一点をダイナモにして生きているのではないだろうかと思うようになりました。
バカでものを知らないので、バカでなく、物知りさんになることへのモチベーションを保っているんだと。劣等感というのも考え方によっては有用なんだなあ。
これを生かして結果を手にしたいものだと思います。でないとバカのままです。

とかいうのを、集合論とかの記事読んで脳細胞焦げている時に、現実逃避の一環として考えたりしています。
はあわからん。バカだからか。でもバカであることがモチベーションなのだし。読もう。はあわからん。
こういうループ。
考え続けてれば、そのうちするっと頭に入る瞬間が来るんだよね。

Leap Motion & MYO

2013-03-29 | 電子機器 | 3件のコメント

あたくしにとって重要なキーワードの一つが「未来」です。
わーなんだか生きてるうちにお目にかかれそうもないものが出てきた、これは未来が来た、SFだすげえというような、ハイテクのイロイロがすごく好きです。
新幹線、ステルスや無人の航空機、コンピュータやCG、電子音、レーザーとか、ミクロやマクロの世界の新発見とか、LEDとか、そらもうジャンルは選ばず色々です。
たださすがに、手元にステルス機を置いとくわけにも行かず、宇宙はすぐそばにありながら遠いので、生活圏にフォーカスできるアイテムのあれこれを探したりということをたまにします。
GriffinのPower MateRazor Nostromoなんかも、そういった一環の、LEDって未来だかっこいい的なアレで好きなわけです。Power Mateは初期型+Windows8じゃ動かないので置物になりましたが、机の上にはおいてあります。夢の跡です。

いつのまにか未来が来てました。それも2つ。
PCの操作をSFっぽくやっちゃうアイテムが、それぞれ違うアプローチでデザインされています。
久々に血が騒ぐデバイス!

Leap Motion

Leap Motion社からリリースされているLeap Motion Controller

手と指の動きをカメラでキャプチャして、操作とヒモ付けをする仕掛け。
それKinectじゃんと言いそうになるのはわかる。わかるよ、騙されたと思ってデモ見てよ。精度と感度が桁違いなのがわかります。
おまけにこいつは設置コストの小ささが素晴らしい。USBケーブルで繋いで、手元にポンと置けば終わりなの。実際の利用シーンで、いったん設定したあとの微調整が発生したりしなければ、こいつは非常にコンパクトで素晴らしい操作を提供してくれそうだと期待します。

Kinectとはそもそも目指す方向が違う点は、ムービー見れば分かるとは思います。カメラが認識する空間はKinectよりも遥かに小さく、20センチ立方くらいの空間であるとのこと。大げさな身振り手振りはいらないんだという場合、十分な仕様だと思われます。

キーボードからちょっと手を上げて、指をひょいと動かすと、紐付けたアプリが起動する。
音量調節を紐付けといてするする調整する。
SKYRIMみたいな単純な操作系のゲームは、紐付けたら面白そうだね。マウスで周りを見渡すのとか面倒だったので、そういう操作を置き換えたらはかどるかなーと考えます。

お値段、$79.99。2013年5月からの出荷で、予約受付中。

MYO

Thalmic Labs社は別の手段で未来を提供しようとしています。

What are the specifications?
The MYO uses Bluetooth 4.0 Low Energy to communicate with the devices it is paired with. It features on-board, rechargeable Lithium-Ion batteries, and an ARM processor. The MYO is outfitted with Thalmic’s proprietary muscle activity sensors. It also features a 6-axis inertial measurement unit.

Leapがわりとシンプルなアプローチをしているのに対して、こっちはだいぶ複雑な機構を備えているようです。
輪っかを腕にはめ、筋肉の動きを検知して、操作をヒモ付ける仕掛けを提供するというもの。また、6軸慣性センサも内蔵しているようです。当然ワイヤレスになるので、BlueToothでの接続になります。

筋肉の動きを検知ってすごいな。
ちなみにMYOのサイトを見に行ったあとは、あなたの環境がMYOの「お前もジェダイになれるぜヒーハー(超訳)」的なバナー広告に塗り替わりますので注意したい。

こちらはお値段$149で予約受付中。

マン-マシンI/Fの夜明け再び?

いやーおねーさんしばらくノーチェックで、こういうの出てること知らなかったよ。
もうだいぶ前のコトのように思いますがKinectWiiのヌンチャクあたりで、マン-マシン・インタフェースの新機軸というか、機運みたいなものが形成されていったように感じます。
#ああいった技術はもっと昔からあったけど、一般の人のところにまで降りてきたねってコトね
が、据え置きゲーム機をすっかり触らなくなった我が家では、XboxにしろWiiにしろ、買う意欲の持てない商品だったりするものですからピンとこないでおりました。ゲームで剣を振り下ろすのにコントローラ降ってたら体力持たないよ。そのぶん、ちょっとした時間でやるにはいいんだろうけど。
あたしのゲームに対する態度が、Wiiとかの市場とマッチしてないんだな。

こんなの何に使うの?

って人がほとんどで、そういうのを考えたりするのがあたしの仕事で趣味なわけ。お金にしてるわけじゃないから仕事というのは大げさだけど、プログラマやってる以上考えるだろ普通に。

冒頭で述べた、たとえばNostromoは長時間がっつり掴みこむデバイスだから、あのカタチでいい。MYOやLEAPなどとは利用シーンが衝突しない。
新しい操作系を提供するという意味で、近縁といえるのがPower Mateだと思う。買った満足感もあり、デザインも素晴らしいが、Power Mate実用上の最大の欠点は、今持っているマウスなどから手を離して、掴み直すという手順が存外に重いコストになったこと。にんげん、怠惰なんですよ。
普段、マウスやキーボードに手をおいている片手をすっと上げて、指を動かして手首をひねる。その操作だけで新しい操作を追加できるのは、けっこう低コストな試みであると思います。
腕にはめるMYOは、おそらくキーボードを叩いている最中には邪魔なシロモノになるので、プログラムを書いているとか、大まじめにMMOやってますといった時には向かない。
プレゼンでスライド操作をするなどの時が、勤め人には一番身近で、もっとも威力を発揮する利用シーンになるだろうね。デモムービーにあった、料理ガイド動画の操作をしながら料理をするシーンは、残念ながら現実味を感じない。キッチンにPCを置かないし、頻繁に手を洗うのにおっかない。
これを左右両腕にはめて新しい操作とか出来んものか。ん、それはすでにKinectか。

どっち買う?

これは愚問だ。
どちらも魅力的だし、適している利用シーンがちがう。
普段使いはLeapだろうね。オモチャとして無類に楽しそうなのはMYO。
二つ合わせて$228.9。2万ちょっとか。いい数字ですねー。

駅において

2013-03-28 | えとせとら | コメントはまだありません

とくに朝の、さっさと移動時間を済ませてしまいたい時間帯に、あたしは特に名状しがたいほどの憤りを覚えることがございます。ちょっと大げさか。
あたしはそういう連中を金次郎と心のなかで呼んでいます。

例えば、それは、駅の通路や階段にいて、みなさんがさっさと歩いている中、流量を調節するための弁なのさと言わんばかりにのんびり歩くお前だよ。
こういう人が通路や階段の栓をするおかげさまで、あたくしはちょくちょく、目当ての電車に乗り損ねるなどが発生するわけです。

足が悪いとかのんびりした人なんだなとかならさすがになんとも思いませんが、あたしがイラッとするのは、つまり、本とかケータイとかを歩きながら見てゆっくり進み、後ろに渋滞を形成する人間が許せないわけです。そんなに今すぐ歩きながら読まないと不都合な何かですかね。
育ち悪すぎ。
自分がどんだけ皆さんにご迷惑をお掛けしているかに関して無頓着すぎる。
本読みながら歩くなって教わらなかったのかな。

二宮金次郎リスペクトなのかもしれないけど、それならそれで田舎行ってやれって話。せいぜい勉学にでも励んで立派な大人にでもなってておくれ。

多分「渋滞の原因になっている」という点が、あたしのカンに触っているんだと思う。極めて個人的なアレで恐縮ですが、大昔に高速道路上でお仕事してた頃に醸成された感覚なんだろう。どんな理由であれ、トラフィックを妨げる何かはすべて許しがたい悪でしたのよ。

集合に苦戦

2013-03-27 | すうがく | 3件のコメント

なんでも学ぶことに苦戦はしてるんですが、こと数学とかいう世界になるともうこれが、テキストを読み始める即寝るのコンボが壁になっており、なおさら難しさを感じます。
さらっと使っている言葉や、なんの説明もなく出てきた見慣れない記号に、
「説明するまでもない、大前提として、知っていて当たり前の概念なのであろうか」
と動悸が早まり冷や汗が出始め、気づくと一駅まるまる寝過ごして正気に返り、λみたいにしょげつつ家のドアを開ける、なんとなくそういうかんじの日々を過ごしております。たぶん今日もです。

Pythonをやっている時もそうでした。Haskellにおいてはもっとはっきりと「えーっとぉ、聞くまでもないけど集合つうのは当然わかってるよな?」的な空気がそこかしこに漂っているように感じます。
いままでも&&とか||とか、なんとなくそういうのはやってたけど、割と目に見える、あたしが知覚できる値の範囲でやってたのね。True && False → Falseですよね的なね。
Haskellにおいての再帰とか、集合の「任意の集合A」とか、なんでそんな、ぼんやりした、今のとこなにもカッチリと決まっていないような物を相手に思考できるんだきみらは、と思います。
#今のあたしにはそう見えるという話

ここ読んでます

理系インデックスというサイトの中に、集合論インデックスというページの一群を見つけましたので、最近はこれを読んでいます。
1行を5回読む感じでじりじり進んでいます。
こういうのを読んでいるとたまに、

任意のλ∈J に対して、ある集合 Aλ が対応しているとする。

こんなのがポンと出てくるわけです。
いきなりAとかBじゃなくてλってなんだ!Aλって!そしてさらっと書いてあるけど「対応」ってどういう意味!
調べます。Wikipedia先生よろしく。

λ(ラムダ)

λ(ラムダ)

数学で、必ずしも有限でない添字集合をあらわすのによく使われる。

なるほど。なるほど?
必ずしも有限でない、だから、無限かもしれないわけだ?
集合はともかくとして添字集合ってなに。

添字集合

添字記法

数学における添字記法(そえじきほう、index notation)は、たとえば冪指数や対・組・配列の要素を示したりするために用いられる、ラベル付けのための記法である。

添え字集合(添字集合) って何ですか?? どなたか分かりやすく教えてください。…

複数の集合を、ある系列として、または、1グループ(集合の集合)として扱うときに、それらの集合に添字として付ける要素の集合のことです。

例えば、簡単なところでは
(1) A1, A2, A3 という3個の集合の添字集合は {1,2,3} という集合です。
(2) B1, B2, B3, B4, ・・・ という自然数の順番で並べることのできる集合族の添字集合は自然数の集合 N={1,2,3,4,・・・} です。

(‘A`)

2 – 添字集合 第九研究室だより
3.1 集合族とは
(‘A`)
(‘A`)

なんだか、なんとなく、集合の集合[[2,4,6,8],[1,3,5,7]]とか、なんかそんなのを表現しようとしているようなニュアンス?
「第九研究室だより」にある、彼女集合というのがなんとなくわかりやすい比喩であったように思う。ぼんやりですけど。

対応

対応 (数学) – Wikipedia

数学における対応(たいおう、Correspondence)とは、ある集合の各元に別な集合の部分集合を割り当てるものである。

集合 A から B への(部分)対応とは、直積集合 A × B の部分集合 G が与えられたとき、三つ組 f = (A, B; G) のことをいう。

対応の定義[数学についてのwebノート]

脳が蒸しパンになりそう。

直積集合

直積集合

集合の集まり(集合族)に対して各集合から一つずつ元をとりだして組にしたもの(元の族)を元として持つ新たな集合のことである。

二つの集合 A, B に対し、
A * B = { (a,b) | a ∈ A ∧ b ∈ B}
で定義される集合を A と B の直積集合とよぶ。

なーんか、リスト内包表記に似ている気がする。
が、そもそもなんで掛け算しようとしてんの?なにが起こるのこれ。

いろいろと自分に前提条件が揃っていないことは自覚してるんだけど、じゃあどのへんから学び始めるとたどり着けるのかという順路が全くわからない。
困るなあ。さしあたりいけるとこまで進んでみよう。

そもそも記号が読めない

というのが壁として大きいので、読み方を探したりもしています。

「∀」とか書かれて、毎度毎回「すべての」って言ってるの?いやいやないでしょ、ニャーとかグワーとかなんか読み方あるでしょ。一個の文字には最低一個の読み方あるでしょう?
みんなの知識【ちょっと便利帳】 記号/符号の種類・名称・読み方 =学術記号(数学・科学)=

∀ 全ての(すべての)、普通限定子、全称記号

ちげえええ。ニャーとかそういうの探してんだYO!

数学記号の表 – Wikipedia

∀ 全称限量記号 しばしば ∀x ∈ S; P(x) のように書かれ、集合 S の任意の元 x に対して命題 P(x) が成立することを表す。

くっ。
ないのか。読み方。

せ、せめて手がかりでも。
HTML4 で使える文字実体参照
「for all」ってだけ書いてある。読み方ないんだ。フォーオールっていうんだ。まじでか。もやもやする。
いっそこの手の記号は英語で読もうか。[x for x in range(10)]とおなじだ。えっくすふぉーえっくすいんれんじじゅうって読むだろそういうことだ。最後だけ「じゅう」ってあたりがあたしの限界を示していて興味深いです。

∀	for all
∃	there exists
∈	element of
∋	contains as member
∧	logical and = wedge
∨	logical or = vee
∩	intersection = cap
∪	union = cup
⊂	subset of
⊃	superset of

英語のほうがなんとなく分かる気がする。