ララ:意識低いとこから

2020-12-10 | ストリートファイターV | コメントはまだありません

あんまりランクマをやっていない。
基本的な問題がクリアできてなくて、そこが、うーん、解消とまでは行かないが改善の見込み立ったなーくらいでないと。
なんとなく対戦しに行っても、結局ただガチャガチャとボタンを押し、いつもの手癖が漏れて同じ負け方をするのは確定的に明らかで、それってつまり得るものがなにもないよねと思っている。

同じことを5万回くらいは書いてそうだけど書き出す。

対空

永遠について回りそうだが、どうみたって落とせますでしょう、というやつも落とせてないのでやはり意識を強く持ちたい。
機嫌のいいときは出るという傾向がある。ストレスが強くなると視界が狭まり、見えなくなる。コンディション、相手のキャラ選択、もしくは相手プレイヤーがだれかで変わってくる。
コンディションは自分で整えるからよし、キャラ選択は自分が知らないキャラで顕著。
相手プレイヤーがというとこが問題で、普段遊ぶ仲間の一人がこれに該当している。一緒に遊ぶの避けたほうがいいかなレベルになってきている……というか、こういうストレスを抱えてボタンを押さなきゃいけない時点で遊びの範疇になってないので、改善するか避けるかを選択しないといけないなと思っている。
あっちは悪意があるわけじゃないのがやっかい。

中足小ボルトが出ない

びっくりするほど出ない。
解決方法はわかったので、いま問題になっている入力方法から、正しく出る入力方法に切り替えれば済む。
ここは反復あるのみ。
波動・竜巻のコマンド周りは全部この問題に該当しているので、改善できさえすればかなりのダメージが取れる。中足や2小Pがヒットしていることは多々あり、そこが単発のヒットで終わらなくなる上、+2F状況に持ち込めるわけなので。

中ボルトを出す

中Pや2中Pのあとに波動コマンドを入れ、その後なぜか中Pを押す癖がある。

EXボルトを出す

きついときや起き上がりに出してしまうが、私がそういう行動をすることを知っている人々はガードして+7取れるのを待っている。
網構えてるとこに飛んでいくようなもので、これはやめたい。
昇竜ブッパと本質的に同じなんだが、ちょいちょいうまく行ってることが成功体験になってしまっており、手癖として張り付いてきている感がある。

デュアルクラッシュを出す

中P中K、これを特に飛びからつい出してしまう。
飛び大P>中P>中K>大ボルトで279ダメージ取れるので大変にいいのだが、ヒット確認せずに入れ込んでいるのがまずい。中Kまで出ちゃって不利背負っちゃって被弾、が多い。
また最近は起き攻めへ意識を向けているので、できたら中ボルトPで締めたい。トドメだというときはいいんだけど、それはコンボの選択ができるようになったらそうしたらいいという話なので。

当たらない距離で大P・大Kを振る

置きのつもりでなく、当てるつもりでスカっている。
トレモで延々やったら覚えるはずなので、単純に反復練習が足りていない。

中段

といいたいとこだが減り始めた。そんで同時に、中段のヒット確率が上がるようになってきた。選択肢が散ったことでバランスが取れてきたんだと思う。
油断すると中段が増えるのは相変わらず。

密着-2Fで遅らせグラップ等

小ボルトをガードされたあとに呆けちゃうのが超多い。

手癖を治すのは難しい

ので、新しい手癖を複数用意しちゃうのがいいかなあ。それはもはや手癖じゃなくて”身についた”っていうだろうけど。
たった一個の動作だけ擦っているからダメなんで、そのシーン(例えば中P2中Pのあとに中段を放る癖がある)にやれる他のことを増やす。
中足だろうか。歩いて投げとか。ガッツリ歩いてコアコパできるかどうかとか。

,

About Author

about author

Halipeco

UO@倭国、EQ@Xegony、DOL@乙鯖を経てFF14のアトモスに生息中。
仕事と趣味でPython書いてる。
買った果物に種があると植えるのが趣味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です