紙箱の迷路の話

2018-12-10 | halipe.co, 考え事 | コメントはまだありません

小学校の一時期、ボール紙とビー玉かなんかでつくる、箱を傾けて玉を転がす迷路を作るというのが(個人的に)流行っていた。
様々な角度のコーナーやカーブにジェットコースターのループ。パチンコ台の羽みたいにくるくる回るやつとか、箱を下から小突いてジャンプさせないと超えられない障害物など、大抵は誰かの思いつきを直輸入してたと思うけれども、そんなんを駆使しては新作迷路の開発に勤しんでいた。
ティッシュやらお菓子の外箱と少しの針金、木工用ボンドがあたしの遊び道具だった。

学校の図画工作の授業でそんなのをやったのね。
あたしは学校で習った何かが気に入ると家でも延々やり続けるような子供で、お面の作り方を習えばお面を作り続けていたし(ロビンマスクのヘルメットはかなり気に入っていた)、木製のナイフを作るのも延々やっていた。あのまま進んだらそういう職業の人になっていたのかもしれない。
お面の職人なんてなかなかかっこよい進路だったんじゃないか。

この性向が趣味のプログラムに反映されているんじゃないかなという気はしている。なんか学ぶ、出来た喜びでモチベーション上がっちゃってそこのイテレーションだけガンガン回す、みたいなの。

なんでこんな話を急に思い出したのかというと、ロケハンちゃんとかでやってることがまるっきり同じ構造なんじゃないのとふと思ったわけです。学校ではなく職場や、行き帰りの電車で見た記事なんかが導入になることだけが違いで、いそいそとあれこれ試しておもちゃを作っているのがあの頃と何ら変わらない自分の姿なんではないか。

作った迷路にしろ、お面にしろ、それで遊ぶのはあたしひとりだったし、あたしの(どのくらいいたかは覚えてないがごくわずかの)友だち誰一人としてあたしの迷路やお面を見たことのある人はいない(と思う。見せた記憶がない)。人に見てもらうという発想が欠落してたので、作ってはひとりで遊んで、次を作ってというのをただやっていた。
いま作っている場所はWebの上だから誰かが見に来ることもあろうし、使ってくれたら嬉しいなというのはある。あるんだが、なんかどっかで、作った迷路で遊んでたように、あたしがただ楽しいから作ってるだけなのかもなーと。

ローカルのエラーをどう拾う?

2018-12-09 | halipe.co, Python | コメントはまだありません

サーバサイドはまだいいけど、ローカルでエラー出るじゃん。というかフロントヘビーな時代だから不具合ってどっちかというとブラウザに出るわけで、そんなんこっち預かり知らんからリロードしてよみたいになるじゃん。
まあ仕事ならそんくらい適当でもいい(よくない)んだけど、ニームの書はそうはいかんので。尻ふく人あたししかいないんだもん。
(うちとこの場合だとjson読んでjson吐くくらいのことしかしてないから、APIでエラー出るってケースがそもそもほぼない)

ない頭捻ってうんうん考えた挙げ句、バックエンドと同じ文脈に持ってけばいいじゃねえかとなった。
ためしにフロントでなんかエラー出るとするわ。FirebaseのAPIがあかんかったーとか、中身は何でもいい。んで出たらとりあえず可哀相ですねリロードしてねでいいんだけど、拾ったエラーはAPIでpostしとくと。もうただひたすら起こった事象だけでもpostして、投げられたエラーコードやメッセージはFirestoreに保存していくと。むろんjs自体がエラーで止まっちゃったらどうしようもないんだけど、やらかしそうなとこにtry-catch張ってけばいいんじゃろ。例外上がったら問題点をまとめてAPIに投げると、すくなくともユーザの側でなんの問題が起きたのか、わかるんじゃないかなと。
こういう対応に詳しい人がいたらまた別のことやるのかもわからん。ちょっとぼんやり生きすぎていて、この辺のノウハウが全然ない。

相変わらずにーむのしょをいじっています

2018-12-08 | Final Fantasy XIV, halipe.co | コメントはまだありません

WP5.0に上げたら編集画面がWordみたいになった。なんでこういう余計なことをするんだ。まあいい。
昨日今日あたりは、スマホでタグ付けらんなかったのを修理(というか回避というか)して、認証コケるやつの背景を調べて(まだ糸口つかめない)、あと運用周りの準備してた。
いままで500エラー出てもなんも気づかないとかだったので、とりあえず500とtracebackひっかけたらSlackに飛ぶようにして、少なくとも検知はできますよと。あと、ユーザ登録時に認証状態が半端になるようなところがあるので、そっちもイベントで引っ掛けて検知だけでもできるように。

仕事でやってるとテストだの運用だの監視だのってダルいんですけど、さすがに自分のサービスなんでモチベーションが違うよね。それでも昔ツール書いてたときって障害とかには無頓着だったんだけども。たぶんGCPとかにあらかたツール揃っていて、アクセス解析や障害検知のセットアップしなくて済んだのが大きい。
そう考えると昔の人は偉かったんだなあ。すっごい他人事なのは、当時はまるっぽ知らんぷりで人任せにしてたからです。

にーむのしょ 認証周りのトラブル

2018-12-05 | halipe.co | コメントはまだありません

なおってない。これから直す。
ユーザの一人からありがたいことに症状を聞くことができ、ダサい部分の修繕にこれからはいる(お知らせアップのためのビルド(この時点でもうださいが棚上げにしてる)してて、その間に記事書いてます)。

あ、デプロイ終わった。

認証や地図の操作は(アプリにとって肝の部分だっただけに)初期から着手をしていた箇所で、それゆえに力任せだったり無駄の多い実装になってたりって部分がかなりある。
アルファ公開する前に見直すべきだったなー

というわけで直してくる。ひええ。

火曜はリセット日なので

2018-12-05 | Final Fantasy XIV, halipe.co | コメントはまだありません

なにかといそがしい。
明日から奥様がバイト行くっていうので、今日は夕ご飯のあとにレクリエーションをしました。いつも気の利いたこと思いつけないので、こういうのは我が家ではけっこう珍しい。

たまたまGoogleがクリスマスのアドベントカレンダー的にアレコレ詰め込んだサービスの塊を出していて、そんなかにScratch(教育用コンピュータ言語。ブロックつなげて動作を作る)をつかったパズルがあったので、一緒にやったりしてました。

奥様もかつては、あちこちのホームページを見てはScriptを目で追い読み込み手で試し、自作のCGIやらも含めていろいろやってたらしい。そのまま続いてたらそれなりに高給取りだったのにもったいない。
今じゃロジカルな部分など毛ほど見せない人ですけど、一緒にパズルを解くくらいは付き合ってくれるかなということで遊んでました。
上下左右に進むのとループのブロックだけのシンプルなパズルだったのだけれど、大変に楽しかったみたいで、よかった。

リセ日です。リセ日なのですが、明日以降は慣れない仕事でヨレヨレということを考えると、のんびり一緒にパズルで遊んでくれるのは今日くらいということでそんなんやってました。

ほんでそのあとFF14にログインし、地図のスクリーンショットを撮り、にーむのしょのイケてないスクリプトを修理し、アルファ編やらエキルレやらを積んできょうはおしまい。

今のとこ大して人も来ないしまるで使われてる気配のないしょぼいWebサービスですが、このまま更新続けていきます。この次に作るやつも粗々まとまっているので、そろそろ設計開始であります。