言語切り替え四方山話(1)

2018-12-28 | Final Fantasy XIV, halipe.co | 1件のコメント

人生二向聴のはりぺこです。
ロケハンちゃんを作る原資になっているのが各地の地図と地名であることはおわかりかと思います。あとはあたくしのしょぼい努力。
で、昔のコンテンツの地名であればライブラ エオルゼアにぜんぶ地名入ってたんだが、それはもう過去の話になっちゃったので、手で「各地の地名」と「フロア名」を集めなくてはなりません。なんかゲーム内でフィールドワークし始めることになっちゃって色々となかなかです。
コンパニオンアプリは起動が重いので程なく使わなくなり、あたしは愛するライブラ エオルゼアを単に失っただけとなってしまった。つらい。

さて。
「失われた都 ラバナスタ」とかあるじゃん、あれだけじゃないんよ。各フロアにちゃんと名前がついてる。ラバナスタ廃墟ガラムサイズ水路王都ルザリアの3つ。ロケハンちゃんはいつか多国語対応もしちゃうんだもんねとかいうわりと大仰な目標を掲げたままスタートしたので、何が何でも、最低でも、英語の名前表記だけは必要だという事情と、そもそも地名のキーを英語版のものにしてるのが主な理由。日本語でもいいんだけどURLが%記号だらけになるから避けたかった。

オープンフィールドなら地名だけでいいんだけど、階層構造をもったID内だとフロアの名前もないと識別できないの。
1F、2F…でいいかとも思ってたんだけど、イギリス英語では1階がGround floorで、2階のことをFirst floorっていうよね。アメリカは1階を1Fっていう。もうやだ。
あたし個人がイギリス人に配慮する理由はまったくないんだけど、1階はグランドフロアっていうんですよ~みたいなことを言われるたびに同じ話をするのも面倒くさい。結局、ゲーム内表記をフロア名に用いれば何もかもが解決する。
※FF14内では1階のことをだいたいは1Fと表記しています。”ストラテゲイオン1階” は”Strategeion – 1F”です。そりゃどこだっって?あたしも知らない。カッパーベルあたりは逆で、1FをGround Floorとしています。

で、この3つのフロア名は英語版だと、Charred Ruins、Garamsythe Waterway、The Royal City of Lesaliaってなるんだけどこればっかりは英語版でログインして見に行かないとどんな名前かわからない。
そんでは地名やらの更新作業を以下に並べてみます。

  • たのしくルレ行ったりブロック積み上げてナメクジに殴られたりする
  • 地図の更新をすべく重い腰を上げる
  • 地図をスクリーンショットとって地名メモってFF14終了
  • 即起動して英語版に切り替え
  • また地図開いて地名メモってFF14終了
  • 地図のスクリーンショットをつなげて一枚の地図として切り出す
  • たのしくたのしいデータ更新作業と反映作業

こんなかんじ。わりとつらい。なんかパリッとどっか叩くと取得できるなんらかの方法がほしい。英語版のFF14攻略サイトでもないかなともって探しに行くんだが、半ば自動生成の中身空っぽガイドみたいな変なのしか見つけることができず折れてる。ほんとはフランス語とドイツ語のフロア名も欲しい。あそこにあるのでは!?ここでは!?とか色々探すけど、いまんとこフィールドワークするしかないっぽい。

拡張機能に祟られる

2018-12-18 | halipe.co | コメントはまだありません

なんか週末、急にエディタで書いてるSVG上のimageタグの挙動が変になった上、それに気づくまでに時間がかかってしまった。気づいたのは月曜なのでまるまる週末を棒に振ったと言っていいくらい。
たぶんVue.jsまわりのVSCODE拡張機能が、急に一部の記述に対する反応を変更したっぽい。

検索で掛かる人がいるかもしれんから書いとこう。
Nuxt+TypescriptでSVGいじるの書いてます。SVGのなかに動的に画像をはめ込んで、遷移のたびに切り替えるとかやってます。んでそんな箇所が以下で、
これが、
:xlink:href=”imageUrl”
こうなる。
xlink:href=”imageUrl”
当然、壊れ画像アイコンになるわけです。人知れず冷や汗ダラダラ。

いままでなかったから、多分ここに来て急にそうなったんだと思う。発生する変化はコロンが一個消えるというもので、そんなん気づけるかバカ野郎と言いたいが叫びも虚しく宙を漂う。誰に言ったらいいかよくわかんないんである。

ともあれ原因はわかったので消極的には対応をし、残りのチケットをやっつける作業に戻る。冬休み中に本公開まで行けるかしら。

進捗なし

2018-12-17 | halipe.co | コメントはまだありません

意味不明のバグ埋め込んで掘り返す間に週末が終わってしまった。
風邪気味なのもあって集中力が続かなかった。むねん。
いまはエリア選択のとこの動作がノロノロしとるので、快適に動作するよう改修中。きれいっぽい設計!とか思って着手したものの、現実的にはただ冗漫というか、そんなこと程度にそんな手間かけます?みたいな作りになっちゃってて無駄が多かった。
とか書いてるうちに、これは今やるべきタスクだったのかが疑問に思えてきた。
手をつけちゃってるしやっつけるけども、もっかいやる順番の見直ししよう。

Goはじめる

2018-12-14 | 未分類 | コメントはまだありません

まあすぐ放り出すと思うけれども。
Tour of Goの4ページ目で日付をプリントする例が載っていて、じゃあフォーマットするのはどうやんの?というとこでさっそく脱線している。
なんか、4桁の西暦を表現するためのフォーマット文字列は2006だという。
1234でもyyyyでも%Yでもだめで、固定で2006年1月2日15時45分じゃないとだめだと。

答えは単純だ。これはアメリカ式の時刻の順番なのだ。”1月2日午後3時4分5秒2006年”(つまり「自然な順番」で1, 2, 3, 4, 5, 6)を指しているのである。

Goのtimeパッケージのリファレンスタイム(2006年1月2日)は何の日? – Qiita 

なるほどそうか理由はわかった。
ぜんぜんわかんねえ。
本気だったんだろうか、この言語のデザインをやった人。少しはおかしいと思わなかったんだろうか。世界中どこでも日付の表記が一定だとでも?仮にそうだとして、15時を3時と表現してまでやることなんだろうか。
由来知らんけど、ジョークのつもりで書き始めた言語だったりするのかね。
毎日使ってれば麻痺して、そういうもんだよ〜みたいなメンタルになれるんだろう。

ということで、京都伏見の自転車のあんちゃんばりにキモイキモイと連呼して怒りのあまりこのエントリを書いている。こういうとこでカチンときて躓くと、その後の学習曲線に必ず悪い影響が出る。相容れない嫌なものを学ぶ、みたいな姿勢になってしまい、ただでさえ物覚えの悪い脳が記憶の定着を拒む。

なんでgoさわりはじめてるかっつーと、GAEのスタンダード環境でGo動くというので、たかだかjsonしゃべるだけならそれでいいんじゃないっていう程度の理由です。goって言語自体の換金性高そうだし。
なんかHaskellで仕事するのは(あたしのスペック的に)現実味薄いし、Elixirはまだまだ理解に掛かりそう。Nimはあんなに書いてる感じがイイのにRustのほうが妙に人気があり、そのRustはもうなんだがぞっとする記法だらけで近寄りたくないしみたいな。いまんとこPython書いてるのが一番しっくりきてはいる。

おねーさんブログのSSL化

2018-12-14 | AboutThisSite | コメントはまだありません

当ブログはさくらインターネットのレンタルサーバを借りている。レンタルサーバのサービスとしてはいろいろ言いたいとこもあったが、メールとWordPressくらいならもはやなんの不満もない。自分でアレコレつくって載せてるときは制約が多かったけれど、今は自分で環境作れるようになったから。進歩だなあ。

んでブログのSSL化を知らんぷりしてたんだけれども、ついに一念発起してトライ。ぱっとみできてると思うんだけど、保護されていない通信がどうたらって出るかも。http→httpsの転送設定をした(そういうプラグインがあった)んだけど、そいつがちゃんと動いてんのか疑わしい。

ゆくゆくは真面目に設定を見るので、ちょっと、あれって思ったらhttpsのurlに改めて飛んだりしてみてほしいです。ご不便かけますねえ。