イー・アル・カンフーのすすめ

2020-01-07 | StreetFighter5 | コメントはまだありません

※スト5の記事です。
アイキャッチの画像は拾ってきました。

悩んでいました。Youtubeとかにさ、かっこいいコンボ動画あるじゃん。補正切りで8割溶かすぜー!みたいな。
かっこいいけど、そんな曲芸使えるイメージが全然ない。
知りたいのはそこじゃない。
その一歩前の状態にどう持っていくかが知りたいんだ。
どの状態になったらそのコンボを始動できる?どうやってその状況を作る?
なんで上手な人達は狙いすましたように大Pをぽんと置いて、突如クラカンからの大逆転劇を起こすことができる?なにが見えててあれ振った?

もっともっと幼稚な表現に変えてみる。
いつなら中足を振るべき?小足は?大Pを打つべきタイミングや距離は?
もっと。
いつボタン押したらいいの?
基礎の基礎ですが、これを知らないでゲームやってたわ。
嘘でしょって思う。
高校時代の一時期をスト2に費やした人(わたしです)の言葉とは思えん。当時なにも理解せずただコインを筐体の穴に突っ込んでいるだけだったんだ。これに気付いたときはちょっとした絶望を感じたよ。頭悪すぎて。

イー・アル・カンフー?

そもそもイー・アル・カンフーってなんだよという人は、
イー・アル・カンフー(Wikipedia)
Wikipedia見て。
古い古い格ゲー(当時はそんな言葉は存在しなかった)なんですけれど、これパンチとキック、飛び蹴りくらいしかないゲームです。あたしゃ蘭に勝った記憶がない。
なにが言いたいのかというと、ラウンジでイー・アル・カンフーのような対戦をしてみるのはいかがですかという話をしたかったのです。

PとKとジャンプと投げだけでストリートファイター5をやるわけです。
スパーリングとかラリーみたいな感じのものです。だから波動も昇竜もコマ投げも当身もなしです。空投げは合意の上で決めてほしい。
玉が飛んでこないしワープもないから、単純に目の前だけ集中してボタンを押せる。
投げの利得がやばい。大パンチ一発80とか90なのに、投げで120出る。
手癖でコマンド入れちゃうことはあるんだけど、そこは「ごめん!」ってひとこと言って続ける。理想はコマンド入力までやってボタン押さない。
※手癖でスクリューはちょっと審問会が始まるかと思います。
わたしはララを使うのでコアコパ小ボルトとかが武器なわけですが、コアコパで止めます。コアコパ前ステ投げはOK。リニアはだめって言われた;
とにかく勝つのが目的じゃないんだよ!ってとこがだいじ。
この発展形で、波動だけありとか調整していくと面白いんじゃないかと思う。

さすがにマッチングでこれは無謀というか、合意なくやるのはただの迷惑者なんでラウンジでやりましょう。
ソロで相手いねえとかいう場合ははりぺこさん(@schaft_aurea)に声かけていただくとか、ついったーで募集したら誰かいるんじゃないか。いっしょにシルバー目指しましょうよ。

効能

仲間内でやったら、そのあとの参加者の動き方が格段に変わりました。あたしですら自覚ないけどかなり変わったらしい。
前ステを通すことや中足のリーチがどれだけの脅威であるか、はっきりと体感できるようになるのが特に大きい。ナッシュの足長すぎてやばい。
前に歩く意味や下がることの意味が少しわかる気がする。

使う技の数が減るし、ややこしいコンボのことも一切忘れていいのでゲームがシンプルになります。端的にいいうと対戦(操作)の難易度が下がり、振った技への対応とか、距離感に注意を払う余裕が出ます。
いろんなコマンドで出す必殺技はこれらキックパンチのちょっと先に用意されている技に当たるんで、キックパンチがちゃんとわかってなかったら、そりゃ必殺技も打ち方わかんないよねって。

我々のような三下の格ゲーマーは「当たるブッパは読み」をほぼ冗談抜きで実践しているが、ここから脱却したい。
祈って当たって勝ってもなにも得るものがない。なにも得てないから成長がなく、故に弱いままぼんやりとゲームしてたんだわ。
間合い管理とは何か、なんの意味があって管理してんのかをちゃんと理解したい。なんとなく押したボタンで勝つのはやめたい。振る意味もわからない牽制を振り、狩られて沈むのを卒業したいんだ。

イー・アル・カンフーごっこに加えていいものか悩むキャラとしてダルシムとメナトが挙がるのは確かにそうだよねって部分あるんですが、むしろぜひやるべきと思います。
伸びてくる手足をかいくぐって一発当てられたら、そこが突破口だねってことになるじゃないですか。

朗々と語りましたがこれを書いているあたしは滑落寸前のウルブロ風情で、おそらく近日中に下がってお嬢様になっているであろう人です。
また、これやってみようぜと言い始めたのはあたしじゃなくて、普段遊んでるメンバーだったんでないかと思います。だんてさんかな。どうだったっけ。

そんなわけで、勝った負けたの彼岸から一歩引いて、限界まで削ぎ落としたこいつで遊んでみてください。わりと盛り上がると思うんだよ。

,

About Author

about author

Halipeco

UO@倭国、EQ@Xegony、DOL@乙鯖を経てFF14のアトモスに生息中。
仕事と趣味でPython書いてる。
買った果物に種があると植えるのが趣味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です