タグ別アーカイブ: FF14

外人さんパーティーについてのこぼれ話

オーラムナイトの話をヨメとしていたところ、

「いろいろ気にしないで遊びたいときは日本語以外を選択にしてる」

とコメントされました。
衝撃。
そこまで進んでたのかね君は。恐ろしい子。
この条件でも日本人(もしくは日本語でのコミュニケーションが出来る人)に合う確率はけっこう高く、かつ、あんまりギスギスしていない人であることが多いとのこと。
なるほど。

たとえ話が通じてないとしても、プレイヤーのちょっとした挙動から、道に迷ってるとか、攻撃を仕掛けるのに躊躇してるとか、どこらへんが視界に入ってないみたいとか、いろんな情報を得ているようです。

オーラムナイトの話

先日、外人さんと遊ぶと楽しいよバカでみたいな話を書いたわけですが、ここ最近で最も代表例としてふさわしい、とあるエピソードを紹介したい。

あたしはカオスなパーティーで遊ぶのを比較的楽しみにしているうえ、神話だか哲学だか、そんなのが入ればいいやくらいのつもりでルーレットを回すので、

  • 全言語選択
  • 途中参加チェックON

でルーレットを回すのをデフォルトとしています。まあみんなそうだよね。
あたしはメイン学者でありますので、そんなに条件緩めなくてもマッチングはすぐされるんですが、そういう問題じゃないんだ。わかるか。
外人さんときたら、たとえばモンクや場合は、プレイヤーはもはやトロールかなんかなのかもと思わされるくらい酷いのに遭遇するし、リューサンも基本的に同じ。ナイトは変なセリフ付きマクロを垂れ流すやつがたまにいますが、まあかわいいものです。
一方で、恐ろしく正確な挙動をするのもいる(そういうのは大抵せっかち)ので、たんに極端な分布になっているのだろうとは思う。日本人が平均的すぎるのかもしれんけど。

入った時点ですでに不穏だった

学者で回したルーレットの行き先は、オーラムベイルを示していました。
ナイト、リューサン、黒のところに合流したあたくし。挨拶すると日本人不在のパーティー。まずは第一段階はクリアです。
ちなみに、あたしとリューサンが後から合流したようです。
ナイト氏は、二人どっか行っちまったよとぼやいていました。
オーラムベイルは特に難し目のダンジョンという印象があるんですが、こいつをつつがなく終われるか阿鼻叫喚になるのか、気になるところであります。
最初の広間をちょいちょいやっつける間、ナイト氏が多少のまごつきを見せます。Flash少なめでタゲが暴れることがある。おやおや、これは困りますなあくらいに思っていましたところ、最初の中ボス(でっかいモルボル)でかるーく全滅。
フラッシュ焚かない子だなーと思っていたら、
「Sorry, bye」
リューサン離脱です。なんだ、鼻のいいやつだな。

3人かあ、こまったね、ちょっと待つかね、なんて話してるうちに、お前らどこからきたのって話になりました。
あたしは日本、黒さんはなんと、聞いて驚けEgypt。スフィンクスの国だよ。
あんなとこでもファイナルファンタジー通用してるのかと驚きました。インターネットすごい。さすがのあたしも、エジプト人と遊ぶのは初めてです。
ちなみにこのエジプト人は、大変にまともな魔術師でありました。さすが魔法の国アラビア。ナイト氏はアメリカ人。

あたくしの個人的な印象ですが、ギネス級のバカはたいていアメリカ人です。下手に国が豊かだから、すっげーバカでもインターネット使えるんですよ。日本と同じですね。
3人でただ待つのもなんだからと、手前のザコ敵の掃除でもしてようぜと提案します。
ポコポコ遊ぶあいだに、我がフリーカンパニー「Arrow in the Knee」(メンバー募集ちゅう!)の一人が混ざると言い出しました。
ロールを不足中のDPSにしてもらって、見事ジョイン。
ジョインするなり、
「最初っからじゃん。だまされた」
とのコメント。どこまで進んだかなんてヒトコトも言ってない。

4人揃いましたので、話をまるで聞かないナイトのお守りを3人で始めます。
むろん、ちょいちょい全滅を繰り返しながら。
何回死んだか覚えてないが、FF11やEQだったら大変なことになっていたのは間違いないです。

モルボル十番勝負

ラスボス。
オレンジ色のコーンが地面に描かれたら、その範囲でなにかまずいことが起こるなんてことは、ゲームやってりゃ子供だってわかるわけです。
が、避けない。まるで微動だにしない。
そのたびにあたしが生命活性法(エスナ)バンバン飛ばして面倒を見てるんだが、ブレスのリキャストごとに食らっている。範囲攻撃は基本的に全部当たり続けている。
避けろと連呼してもまるで理解してないようで、全部大文字でMOVEと連呼するのを、魔法のキャストの合間に繰り返します。
そのうち、オレンジの範囲が消える頃にノロノロ動き出して、そして食らうように。
進歩はしてますが、結果的には楽になってはいません。
このレベルになるまで何やってきたんだお前は。

ここにくるまでも延々、適当な思いつき英語で吠え続けてはいたんですが、ちょっと一例をご紹介しようか。
movefast
基本、ずーっとこういうチャットログが並んでいます。
まあ、あっちも酷いがこっちの英語もたいがいだわ。酷いわ。
まあ通じればOKで、とくにこっちが大変におこであることを伝えなければいけません。ヨメはあたしがギャーギャー言いながら回復しまくっているのを、うしろから面白そうに眺めています。
ちなみに全滅の原因は、毎回、ヒーラーのMP枯渇です。シンプルですね。

スクリーンショットでOKと言ってる彼ですが、やはり避けられはしてませんでした。PS3だったり、ラグなのかもしれない。どんな事情であれ、あたしから見たら避けられないアメリカ人でしかありませんが。
何度目の挑戦かも覚えてないけど、もういい加減いろいろとアレなテンションになってきたため、ナイトのHP以外の回復をやめたところ、こいつがどうも正解だったみたいでするっとクリア。
なるほど、これでよかったのか。

あとでFCの人に聞きますと、状態異常は無視するのもセオリーの一つであるような話を聞いたので、期せずしてうまいこと運んだという感じになるのかしら。
すんごい時間かかったわけですが、クリア出来てほんとに良かった。時間切れ覚悟してたもの。

いやーよかった、おつかれさん、みたいな会話の中で、
「このダンジョンはまじ****だった」
とか毒づいて出て行った香ばしい彼のことを、あたしはオーラムの騎士と呼ぶことにしたのです。
あたしの長いオンラインゲーム歴の中でも、彼はかなりのランキング上位を占める逸材だったと言えます。
で、こういうのに出会えるのは、途中参加の言語全選択だってわけなんですよ。
つうわけでFF14はなかなか楽しいです。

君らぜんぜん全く完璧に分かってない

公式のフォーラムから一部引用。
スレッド: コンテンツファインダーのギスギス感がつらいです・・・

CFでタムタラに行ったら、剣術士と格闘士が外人でした。
2人ともヒャッホーイ系でどんどん敵に突っ込んでいく。
あげくに敵を1匹残したまま2人で先へ走っていく始末。

これは、ご褒美といいます。精進が足りなすぎ。アメーバピグでもやってろと言いたい。
定型文でコミュニケーションが取れないのなんて考える前にわかってるべき。
だいたい、英語なんぞは、

  • YES / NO
  • OK / NG
  • GOOD / BAD
  • COOL / DAMN
  • GO / WAIT / STOP
  • TANK?
  • DODGE
  • USE FLASH

このへんだけ言えれば最低限のとこは満たす。幾星霜の過日、UOやEQとかのころは外人さんものんびりしてたから、やあ美しいお嬢さん、私と一緒に旅に出ないかねみたいな口上もあったもんですが、いまじゃhi,thxしか言わないなんてザラだ。君が向こうのことをそう思っているように、向こうも君のことを性能にムラのあるNPCくらいにしか思ってないよ。

ごく個人的な話で恐縮ですが、外人さん恐怖症気味だったうちのヨメにも外人PT突っ込ませてみたところ、そのハチャメチャぶりがすっかりお気に召してしまい、ケラケラ笑いながら楽しく遊ぶまで進化しました。
彼女は英語全く話せませんし、何言ってるかも8割がた理解はしてません。雰囲気と挙動でいろいろを察して遊んでるみたい。ニュータイプか?
まあそんなわけで、うわー何考えてんだ馬鹿だなー!しかたねえなもー!とか言って遊ぶくらいのほうが、効率効率ってカリカリするよりかは、幾分か毛根に優しいんじゃないのって思うんですよ。
オーラムナイト級(これは後日書こうと思う)の勇士に出くわした場合は別だが。

工面算段ってなんですか?

くめんと聞くとクメンヒドロペルオキシドを思い出してしまい、懐かしいです。
さてFF14のはなし。
kumen
説明を見ると「5ターンの間、レシピのレベルを下げる」と書いてある。
レベルを下げるとな。
何を言ってるのかさっぱりわからない。
そもそも、クラフターのパラメータについてはかなりぼんやりした理解しかしてないので、クラフターシミュレータつかったりしてはいるものの、基本的には出たとこ勝負でパリーンしたりしています。
でもたまには考えたい。

死にスキルではなさそうな雰囲気がプンプンしている工面算段がどういうアレなのか、試してみました。
だいたいHQのAFを着ている裁縫師が山繭糸を作るというシーンです。
作業精度312、加工精度298。マテリアとかはロクにはめてませんし、AFは一箇所、クエストで貰ったNQのままです。
メシ抜きです。

まずはなにもしないで普通に作ってみます。

模範作業	44
加工		104
上級加工	156

工面算段IIだとどうなるのか

模範作業	93
加工		138
上級加工	208

なんだこれ圧倒的じゃないか。
いままでピンときてなかったので、かなり分の悪い運任せで素材作ってました。もったいない。
インナークワイエットで段階的に加工精度が上がっていくことも合わせて考えると、いくらか希望も見えてくるという話です。

AE(Area Effect)スペルを把握したい

「士気高揚の策」や「野戦治療の陣」など、今こそ使う!みたいな系統のスペルがいくつかあるわけですが、こいつは効果範囲を把握しておかないと無駄が増えそうです。じっさい、全員にバリアかけられないなどの無駄は増えてます。
それぞれがどのくらいの効果範囲を持っているのかは把握しておきたい。

士気高揚の策

(自分の周囲15m)

同じような役目の、幻術士/白魔術師のスペルはというと、

  • メディカ:自分の周囲15m
  • メディカラ:自分の周囲20
  • ケアルガ:30m以内の対象の周囲6m

こんな具合。メディカとおなじ感覚で使えるということですね。

野戦治療の陣

(30m以内の指定地点の周囲8m)
あんがい広い。

シャドウフレア

(25m以内の指定地点の周囲5m)
使ってみるとけっこうこじんまりしているという印象。あんまり大きくても無駄に巻き込んだりしますし、タンクの周囲をカバーするには十分な広さ。

リムサ・ロミンサの某所にて、確認してみます。
野戦治療の陣と、シャドウフレアの範囲の比較。
zenkei_small
青いほうが陣で、赤いグラウンドターゲットがシャドウフレア。かなり違うんですねー。

やれることとやれる範囲

学者(巴術士)のレベルが50になり
かつ生産や採集も一部レベル50になり
AFで固めたいところだが素材集めすらままならず
蛮族クエスト(たのしい)も解禁になり
たくさんのダンジョンを鼻歌交じりで歩けるとは未だに豪語できず
エトセトラエトセトラ。

何をどの順番でやろうとか、コレについてはノートにまとめないと頭にはいらないとか、色々やろうとするとデイリーのなんとかかんとかも全てはやれない。
よくもまあこれだけのコンテンツを用意したものだと感心しながら遊んでいます。

なんというか、たんに「消化」しちゃうにはもったいない質と量です。
初期になんとなくやっちゃったクエストとか、もっかいやりたいと思うことすらあるもの。そうなると新キャラ作成になり、へんてこな終わりのないループ開始になるので、さすがにやりはしませんが。

採集と生産のチュートリアルが終わりそう

ギャザクラのレベルが50に到達し始めました。
園芸はあまりにも辛かったので(鎌振ってシャリ、とか眠くなりますでしょ)、途中からデタラメな歌を歌いながらやってました。よしだは◯◯だとか、グリダニアを火の海にするでふっちとか、園芸が終わらないよーとか、ブースト(サバイバルマニュアルの効果時間)が終わらないよーとか、そういう内容の歌です。
口からでまかせなので内容に大した意味は無いですたぶん。

はたと気づいたのはLV49になってから。
なんであたしは正直一路に鎌振ってんだ?
聖コイナク財団の調査地へ向かい、ギルドリーヴで瞬く間にLV50達成。忘れてたなー。
処置に困るローズウッドとリンゴの山を、どうするかは追って考えることにします。リンゴはまだ、ジュース絞ることで使い道あるけれども。

日曜日の終了時点で、ギャザラーは釣り以外、クラフターは錬金と調理以外がカンスト状態。
ついでに学者もLV50。めでたい。AF装備かわいい。
これらの装備の調達大会が始まろうとしています。未知のホニャララとかの下調べをし始めていますが、いやはや険しそうな道程が見え隠れ。
競うものでもないしすでに後発でございますので、なるべく自力で一張羅を揃えていけたらいいなと思っております。なるべく。

わたしが学者を選ぶ不思議

へんなタイトル掲げといてなんですが、他のゲームでのヒーラーは、睡眠導入クラスでした。
たとえばFF11。
特に困るのが、ど安定で全員がきわめて上手な、適切な判断を備えたメンバーで構成されていた場合。
もうこれはある意味で天国、かつ地獄と言ってよく、みなさんが適度な緊迫感をもったまま、全体を構成する磨き上げられたパーツとしての使命を果たす一方、あたしはひたすら睡魔と闘いながら、定期的に最低限だけ減るHPを回復し続けるという状況に置かれ続けます。
一定時間ごとにどのモグラを叩くかが決まっているモグラたたきのタンポポ具合たるや、戦慄を覚えずにはいられませぬ。
そしてこういったケースの場合は経験値などがジャラジャラ入り、雰囲気もよく進行するので、たいていは長時間のパーティーになります。得難いですからね、野良ですごくいいパーティーって。
かくしてあたしは、コンマ1秒落ち、1秒落ち、3秒落ち、メンバーを殺すのであります。

多少ヘッタクソなパーティーのヒーラーは超楽しいです。楽しいパーティーが下手くそかというとそんなことはないんですが、常に誰かが死にかねない中でのヒーラー仕事は大変に面白いものです。
ヒーラーはモンスターと戦うのではなく、メンバーと戦っているのです。
PvPです。

いっぽうの学者はたのしい。たんぽぽ仕事の一部を妖精さんに委譲できるうえ、なんとバリア張れちゃう。キャストタイムがそれなりにあるから敵の行動も見てないといけない(見れてません)。たのしいDoTもある。攻撃参加もできちゃう。ソロでも行動できちゃう。
ソロでも行動できちゃう生存性の良さがとくにお気に入り。バフかけてDoT放り込んで、バリアでぼんやり耐えながらチョコボがつつき殺すのを待つという具合。なんだこの味わい深さは。
まさかあたしがヒーラーを進んで選ぶ未来が待っていようとは、数年前のあたしには予想もできないことでした。

すくなくとも当FC「膝に矢」では不人気ジョブなんですけど、なんで不人気なんじゃろう。楽しいのに。
ちなみに白(幻術師)やると寝ます。

FF14ちゃんの野望展望

4亀の記事読んだ?FF14ちゃんの。
あらゆる要素を再構築して目指すのは最高のMMORPG。「新生FINAL FANTASY XIV」開発の意図と新コンテンツについて吉田直樹氏に聞いた

あたしは既に、よっぽどのことでもなければSQUARE ENIXに払う金は持ちあわせない人間になりましたのでプレイする日は来ないと思っています。ヨメが興味津々なので不確実ですけど。
田中弘道さんの後釜についた吉田直樹さんがインタビューされとるわけですが、記事全体を通してややお手盛り感のあるトーンを差っ引いても、さすがにこれはなーと。

引用禁止なので詳しくはあっち見てください。
なんか大事にしているポイントがあるんですという話をしていらっさる。

最高の
ゲームプレイ
ストーリー
グラフィックス

を提供するんだと。
んでさらに

プレイヤーのコミュニティが強力に形成されることで、FF14ちゃんは完成するんだよ!

的なぶちあげから記事が始まります。
4亀か吉田さんのどちらか、もしくは両方のお脳が心配になります。
こんな書き出しで続き読む人いるのか?
いきなりコレはない。記者も制止したらいいのに。

さすがに言ってもないことを書くわけにもいかないでしょうから、発言そのものは吉田さんのものなのだとしますとね、職位的にこういうことを言って回るのが仕事なんだというのは分かるんですが、

言ってることがいちいちおっさんくさいんだよ。昭和か。

こんな巨大なプロジェクト回す役に付く人なんだからそうとう優れた人なんだろうとは思うんだけどなあ。残念感が凄いなあ。

とかいいつつ、実は後半からは読める記事になってきます。前半はジャブというか準備運動というかんじ。ラジオ体操と考えると昭和臭はさもありなんと思える。
あたし記事の冒頭を読んだとき、ボッコボコにこき下ろすつもりで書き始めたんです。が、後半読める内容になって、よろけているというのが正直なところ。
リーダーがどんだけまともでも、すげーセンスあっても、駄目な兵隊抱えてるんじゃどうにもならんわけで、その意味でスクエニにまともな開発者いるのかという不安を払底するのはそうとうに高いハードルでしょうし、吉田さんもそれをわかっているはずではありますが、この人なら何とかしちゃうかもしれんよという期待を持たせてくれる内容ではあると思います。
掲げた看板と店の品揃えが一致するとは限りませんが、いちプレイヤーの視点から乖離していない感があるなとは思いました。
かつてSQUAREを解散から救った最後の夢が、あまりにも巨体になった自身を傾かせることになりました。
そりゃー次の一手は気になりますよ、あたしでも。

個人的には14というもはや不吉極まりないナンバリングを捨てて、15なりZなり違う記号つけて売ったほうがいいんじゃないのって思うんですけどね。
ファイナルファンタジー・ゼーット。
ゼーーット。
これは売れる間違いない。

こんな記事もある。これは4亀じゃなくてcnet。
ソフトウェア開発プロジェクトを蝕む10の典型的な過ち
斯様にも、大きなプロジェクトを進めるというのは大きな困難との対峙を避けられないということではあるわけで、そういうプロジェクトを進める人材や知見の蓄積があるからこそ大きなとこは凄いんですよという文脈になるんだけども、理想的には。
理想的にはね。
難しいよね。

あと関係ないしどうでもいい話ではあるんだけど、スクエニがゲームタイトル毎に作るWebサイトのUIの酷さはなんとかしたほうがいい。見る気なくすもん。
おしゃれな何かを演出したいんだという意図は伝わるんですが、さっと見たいコンテンツを探すのに苦労させられるとか意味がわからないよ。