タグ別アーカイブ: 料理

ホットサンドを作った

こんかいも会心の買い物をしてしまった。
ご無沙汰しております。仕事忙しすぎて枯れそうになりつつも日々をサバイブしております。
休日は沼サンドを作ったりしてるのですけど、ふとホットサンドも作ってみたくなりました。

さしあたり、ホットサンドってなんだっけという方のために、こんなリンクを用意しておきました。

おかえりなさい。夜中に見た人はご愁傷様としか言いようがない。

ホットサンドというと、大昔、実家にあった電気式のあれを思い出します。
イメージ的にはこういうやつ。

あたしはどうも、電熱器っていうんですかね、電気で熱を作る機械に対しての信頼感が薄くて、過熱からの火事コンボとか、スイッチ入れっぱで居眠りしての火事コンボとかをむやみに怖がる性分です。
うちにも電気ポットはあるよ。ある。あれは数少ない例外。なんで例外なのかはわからんけども。
どの製品も安全対策は死ぬほどしてあると思うので、あたしが無知ゆえのことです。上で例にあげたTESCOMはあたくしの信頼厚い日本の家電メーカーです。ツインバードとか山善とかと並ぶ、低価格家電を得意とするよい会社。ブレンダー選びの時にも、候補に上がったりしています。
なので、単にこのみの問題ではあります。

前置きが長くなったので途中の細かい話をすっ飛ばすことにする。
ホットサンドは食べたいが電熱器具は怖いなーと思いつつAmazon見てましたら、フライパンがあるじゃないですか。
改めて考えてみれば、フライパンが先にあったんじゃないの、そりゃそうだ、とも思ったんですけど、案外気づかないもので。
まずはあたしが買ったこいつを見てほしい。

これを選んだ理由は

  • 直火で使う金物
  • 安い
  • 丁番が外れてバラバラに洗える
  • 安い
  • 挟んでコンロに乗せるだけの単機能
  • 安い
  • 電気式であふれたチーズの掃除をする想像したら萎えすぎる
  • 安い
  • パンの上下がしっかり接着されてくれる必要はない
  • 安い
  • パンの耳周辺が潰されないタイプ

というあたりです。最後が重要。
この辺は好みですが、あたしホットサンドで嫌いな部分があって。なんかパンの耳あたりが潰れて硬いでしょ。あまつさえ「パンの耳は切り落として焼け」とかある。
あたしゃ、パンの耳を捨てるなんて正気ですかと言いたい。
パンの耳を捨てるなんて正気ですか。
ええ。
で、そういうホットサンドはあたし的にダメなので、出たら食べるけどあたしは作りたくないので、パンの耳を捨てなくていいやつにしたというわけです。
まさかブログでパンの耳について暑苦しく語る日が来るとは思わなかった。

これがこないだ届き、ためしにクロックムッシュみたいなのつくろうよ、つうて、パン焼いて食べたのがつい先程のことです。
あまりにもうまかったので、これは自慢しなければいけないということで急遽キーボードを叩いています。
それではわたしの自慢を聞いてください。どうぞ。

買ってきたフライパンをまずは軽く洗い、ティッシュに含ませたオリーブ油で表面を拭く。パン焼くときはこれをやるやらないで大きな違いが出るとあたしは思っている。
で、マーガリン(バター出すの面倒臭がった)を塗ってスライスチーズを一枚、細かめに切って超軽く炒めたベーコンをスライスチーズの上にこんもりのせる。

パン
マーガリン
炒めた細切れベーコン
チーズ
マーガリン
パン

こういうかんじ。写真あったらいいんだけど、食うのに夢中でそんな余裕なかったごめん。びっくりするほどうまくてさ。

で、上の重ねたアレコレを、フライパンのもう一方のフライパン(鉄板部分2個あるじゃん、それの上の方)でばちんと、しめる、わけよ。ギュッと押さえないとダメだから。
んで焼くわけだが、ぎゅっとしたまま焼くために、取っ手部分に金具がついてる。適度な圧でしっかりと押さえつけておいてくれる。
弱火、片面、2分。ひっくり返して2分。1分半でもいいかも。この辺は好み。具にしっかりと熱を通すことを考えると、極力弱火が良かろうと思います。
こんなもんかなとひっくり返し、金具を外してパンの焼け色を見て、OKだったら包丁で切り分ける。飢える我が家のケモノ2匹(あたし含む)がかぶりつくと。

パンに物を挟んで2分ずつ焼くという大変シンプルな工程です。気をつける要素は何もない。火から目を離すなよという程度。
パンをギュッとして焼くことで、トーストとは全く違う食感のパンになるんですね。さくっと焼けた薄い表面が大変に香ばしいし、中でとろけるチーズが犯罪的に美味いし、ベーコンはベーコンで、ハムと間違って買ったとは思えない出来だしで、いろいろと素晴らしい。
明日は沼サンドをこいつで作ろうということになっております。
また外食に行く理由が一個減ってしまった。

「もうドトールのクロックムッシュ食べに行かなくてもいいね」
と嫁が言ったので、11月7日はホットサンド記念日。

そうそう、キャンプ行く人が好んで買うみたいな話もちょいちょい見かけました。テントはって寝て、朝飯がホットサンドなんて素敵だわね。

余談もう一つ。あたしの買った上のタイプでも、パンの外周に水で溶いた小麦粉や、溶き卵を塗ってあげることで、ピシっと閉じられるそうな。これなら固くなんないし、試してみようと思います。

メロンを粉砕せよ

こないだハニデューメロンというのを買って来ました。近所にスーパーがあって、店名なんだっけ、スーパーバリュー?同じ建物に家具の大川が入っている(というか元々は大川だけが入っていた)ものだから、我が家を含め近隣の皆さんは、あのスーパーのことを「オオカワ」と言います。家具関係ない。
そのオーカワで丸々一個、399円でした。すごい。庶民もメロン食べられるんやー。

関係ないついでですが、あたしとヨメがオーカワにお買い物に行くときは、大原簿記のCMソングの替え歌をテキトウに歌いながら歩いていきます。

オーカワオーカワ ずんとこどっと オーカワ

こんな歌。意識したことなかったですが、あらためて文字に起こしてみるととても頭が悪そうですね。否定はしません。
ずんどこのくだりは、どんたかたった、とかでもいいです。
楽しいですよ。
どうでもいい。

Honey dew melonとは何者か

あたくし、ハニデューメロンというお名前は大昔から存じ上げてはおりましたし、それとは知らずに食べたことも、きっと多々ございました。
庶民がよくわからんで「わぁメロンだー」とか言うシーンにおいての緑色のスマイルカットのあいつは、これの事だったりすんでしょ?テキトウですけど。

マスクメロン(仮面のマスクかとおもいきや麝香のMuskだとしって驚いた)とかは一株に一個しか実を付けない(あとは除去しちゃう)とかで高級品ですが、ハニデューメロンはアメリカやメキシコの農民が大規模露地栽培しちゃって安いぜとか、そんなことになっており、庶民でも気軽に入手が可能な価格帯になっています。ばんばん作ってばんばん売るから安いんですね。

知ってる風で書きましたが、さっき調べたんでさっき知りました。受け売りです。
薄っぺらい知識で偉そうに書いても虚しいので、あたしが参考にした果物ナビのメロンのページを見てきてください。勉強になるわ。
アンデスメロンがアンデスとぜんぜん関係ないのとか初めて知りました。安心ですメロンってなんだよそれ。

で、ハニデューメロンがどんなシロモノか調べたわけです。
そうかー、これのことをハニデューメロンというのかー。
文字列としてこの果物を意識したのは、変な話ですがUltimaOnlineが最初でした。あの世界は食べたってなんの得にもならないがメロンやらモモやらキャベツやら、いろんな野菜が売られておりました。そういう世界のあり方を表現しているゲームだったから、それでよかったんです。
食べ物すらいちいちHP10%アップとか、どうでもいい効能つけないといけない世界じゃなかった。
メロンはわかるがハニデューメロンってなんだろうな、ハニー(Honey)とつくからさぞかし甘いのであろう、くらいの感覚で、そのアイコンと文字列とを眺めていたわけです。
まさかオーカワで売られているこいつと、ウルティマのアレが、リンクする日がこようとは。

メロンてリアルじゃないんですよね。どちらかというと、ファンタジーに属する果物だと思います。千豆とか星ミカンとか、ああいう。
一人暮らしとかでメロン買うとか、よっぽどの理由ないとやらないですよ。仮に、今夜は肉焼いちゃうもんねとかでステーキ肉買うことはあっても、メロン買っちゃうぜという行動はなかなかできない。そういう制約を無意識にかけてるんだなー。あたしにはメロン=贅沢品という昭和が染み付いているのです。
こういう意味のない制約や思い込みは取っ払ってしまいたいんですけど、制約だとすら思ってないで生きてるから、扱いに困ります。
一応書いておきますがあたしは女子高生なので平成生まれですけどね。

メロンから生き方まで脱線いたしました。
みずみずしく重たいこのメロンを一玉399円で買ってご機嫌です。ヨメといっしょに、オーカワオーカワと歌いながら家路につきまして、冷やしてみます。
冷えた頃合いでもって、4分の1ずつたべちゃう。1/8でもよかったのではないか。何たる贅沢。399円だから1/4でも100円となるわけで、決して贅沢ではないんですがあたしの昭和が。
結果。
美味しいけど甘味は強くないのね、という感じでした。もっともこれはタイミングが早すぎただけのことで、ほんとはここでいきなり冷やして食べるんではなく、食べごろまで追熟してから冷やし、そののちに食べるという工程が望ましかったようです。
#食べごろについても果物ナビに書いてあるんでちゃんと見よう。

食べごろについての知識もない我が家は、果肉も固めだし、シェークにしてみちゃおうぜということになりました。
メロンシェーキです。
なんたるバチ当たり。
翌日、皮を厚めに剥き、乱切りにしたメロンをハンドブレンダーでガーします。
極わずかのはちみつと、少しのヨーグルトを追加。

これがびっくりするくらい美味い。
ジューススタンドでこれ飲んだらけっこうお金払うよねと思えちゃうくらい美味い。

メロンは瓜の類ですので、体を冷やしますので、これはつまり、暑い日にこんなの飲んじゃった日には、たまんないんじゃないの。
メキシコ人がメロンで稼いで、麻薬産業に手を貸さなくても生きていけるようになったらいいことですよ。これはいいことだ。

なので、つまり、あんたも、ハニデューメロン買ってブレンダーとかで粉砕してですね、家族仲良く飲んじゃったりするといいっつう話ですよ。
一人暮らしでもいいよ。うまいからやってみんさい。
こういうジュースが捗る季節、あたしはそろそろクイジナートを買わなくてはいけません。
まだ買ってないのかよ。

今回も活躍したのはこいつです。
チョッパーとかいるかよと思ってましたが、むしろこいつのほうが登場回数多いです。タマネギの粉砕に便利。まじべんり。

キウイを粉砕せよ

キウイフルーツが好きです。これにかぎらず果物といわれるものはだいたい好きです。ちょうど名前をど忘れしたがモーニングスターみたいなイガイガの臭い奴、あれは美味しいと思えなかった。なんだっけ。まあいいや。

キウイフルーツとか文字数多すぎるな。キウイと表記する。
こないだキウイを買い、ついでにヨーグルトを買いました。
キウイの皮を剥き、テキトウに乱切りし、容器にポイ。ヨーグルさんを加えて、蜂蜜も少し足す。

ブラウンのハンドブレンダーでガーする。ここまで所要時間3分少々。

グラスに注ぎ、ヨメと二人でいただきまーす。
うまい。酸味と甘味がいい仕事しますなー。
#蜂蜜はいらないかなとも思うんですが、酸味が強いとヨメがクシャおじさんみたいな顔をするので甘味を足しております。

キウイつうのは結局なんだ?とおもって調べてみました。
中国原産なんだって。ニュージーランド関係ないのか。中国を旅行した人が種を持ち帰ったのが最初だとか書いてあります。
あれ食べて「南国の味だねえ~」なんて言ってた過去がある人はわりと少なくないと思うんですけどね。南国関係無いじゃんね。まあそこで育ったなら南国でいいか。いいよ。
あたしてっきり、進化の不思議みたいなことで、鳥のキウイとそっくりな果物に進化して身を守る的なアレだとばかり思ってました。
鳥も関係なかった。なんだよ。騙されたわ。

ありがたみのほどは

キウイフルーツはビタミンCが多いので風邪予防に効果的です。カリウムも多く含んでいるので高血圧や動脈硬化の予防効果が期待できるでしょう。また、がんの要因となる変異原生を抑える効果もあり、がん予防にも期待されています。

食物繊維量も多く含むので便秘改善にも有効。豊富に含まれるビタミンCとの相乗効果で美容効果もあります。
via 果物ナビ キウイフルーツのページ

ほー。

というわけで、ここのページがとても勉強になりました。
果物ナビ キウイフルーツのページ
関係ないが、ここの文面丸々パクってるブログも見つけちゃった。臆面もなく、よくやるよね。

はかどる鶏の胸肉のいただき方

鳥の胸肉って安いけどパサパサしててどうのこうのという奥様は、さすがにもういないのではないか。
もしそんな奥様がいらっしゃるとしたら、いや、存在しないのだからどうでもいいな。
奥様はご存知でも、モンハンやるだけが日々の楽しみみたいな、しみったれた一生を余儀なくされている大きなお友達の皆さんは知らないかもしれない。
ので書いとく。
ほんとは料理中の写真もあるといいんだけど、あたし料理中とかは本気で死合いの様相なのでそういう浮つく余裕ないの。
気を抜くと材料入れ忘れたりするから、料理のこと以外考えないわけよ。一途だろぅ?

ガッテン流ご存知だったらもうもはや問題ないんだけど、アレで前に、鶏胸肉の料理のコツをやってたんだよね。
ご丁寧に、肉の筋繊維の向きを考慮した切り分け方まで紹介してて、なるほど賢いなと思ったわけですがそのへんはNHKのサイト見てほしい。
切り分けるのは調理後なので下ごしらえの話。

まずは鶏胸肉を用意。
気持ちの問題ですが、摂取カロリー的なアレで、うちでは鳥の皮は切り取ってポイしちゃいます。あそこ取るだけで鳥のカロリーはかなり低減できるとかなんとか。おいしいんだけどなー。
カリカリになるまで焼いて、しみでた油を拭きとって使うとかもできますね。

さて作業。
薄く笑みを浮かべた状態でもって、右手(状況が許さないなら左手でも良い)に持った鋭利な金属製フォークを突き刺す。肉に。
告白したいなとぼんやり思ってる女の子がイケメンと歩いてるのを見た時の気持ちだよ。笑顔になるだろう。惨めだなおい。そのきもちで肉を刺せ。たくさん刺せ。だが、そんなに振り上げなくても刺さるぞ。
次にビニール袋と水に砂糖と塩を溶かしたものを用意。配合はテキトウだ。
袋に愛と涙がこもった肉を入れる。砂糖塩を溶かした水も入れる。溶けきってなくてもいいよめんどくさい。
もむ。
もむ。
肉を揉むと、だんだん水が減っていく。肉が吸い込んでいくんだわな。
塩や砂糖の水分保持力を利用して、パサパサしがちな肉に潤いを与えるわけだ。これを思いついた奴はすごいわ。

いいかげん年取ってお肌の水分がどうのこうの言ってるオバサマたちもこれやったらいいんじゃないのかね。刺して揉み込む。ちょっと痛そうだけれども。

これで普段通り調理すると、美味しい鶏肉料理になっちゃうわけ。もも肉とかいらない。なにしてもわりとふっくらと出来上がるもんで、安上がりでおいしく、いろいろイイコトずくめです。

ここで一手間。
こいつを今度はザルに入れ、ザルごと活力鍋に放り込みます。下には水を張ります。オモリが暴れだしたら5分弱火→火を止め放置。
こうなっちゃえば、なにやったってこの肉はうまいです。
副産物として、活力鍋に残ったお湯がすごいいいスープになってます。玉ねぎスライスとか放り込んでくたくたになるまで煮ると、そんだけで一品できあがり。うまいよこれ。
肉のほうはふっくらホロホロです。切って炒めたり、蒸し鶏状態なのでそのままタレかけて食べたり、なんでもありです。グリルで焼いちゃっても、肉は柔らかいままです。

普段からこんなのやれと言われてもやらないけど、休みの日に気まぐれでやるにはよい感じであります。

パン焼いた

20130420

先週は仕事でアレだったので、二週間ぶり。こんかいもドライイーストさんに頼みます。
ふわ、もち、の美味しいパン。上手にできたし美味しいけど、理想はもっとふくらんだパンだなあ。
来週はもうすこし二次発酵を長くとってみる。
あとは、スキムミルクの有無がどんだけの違いを生むのかわからんので、そのへんも確かめたい。

シードル

酵母さんこと屁こきピザデブの皆さん、パンを作るのはヘッタクソですがジュースはよく食べます。
ちょいとほっとけば余裕の強炭酸飲料。安定してます。

りんご仕掛けちゃうぞーとスーパーに行ったのはちょっと前のことですが、こいつを食わせたやつがだんだん仕上がってきました。オリの生産も順調。
が、ちょっと味は残念感が漂います。
それもそのはずで、あたくし間違えて、果汁20%のりんご水みたいなジュースを買ってきてしまったんですのよ。
薄いー。薄いよー。
ラベルはちゃんと見ないといけません。
道理で安かったわけだよ。

おねーさんバーガー

週末、またパンを焼きました。
「はーめんどくさいし今日はサボろうかなー」とか考えた時点で、趣味のラインを超えたのではないかと感じます。
もはや家事。
結果はやや過発酵。大きく膨らみはしたが、気泡が大きくてちょっと目指した感じとは違いました。
味は美味しい。皮が幾分かパリっとしておって、これはこれで、マルです。
20130324_2
ただ、想定以上に膨らんだため、プレートの上でパンの皆さんがつながってしまい、見栄えが悪くなってしまいました。残念。
コナみたいなものがかかっているような感じになってますが、コナかかってます。なんか打ち粉みたいなのがかかってるパンあるじゃんね、あれどうやるのかなーって適当にかけたの。失敗だった。
さいきん身についた動作として、一次発酵後の生地の切り分けの時に量りを使うようにあったことが挙げられます。50g~60gくらいに切り分けて丸めるんですが、これは便利だ。なぜいままでやらなかったのか。
20130324_1
さて、丸いパンが焼けました。
ということは、ということはー!?
うん。
というわけでハンバーガーを作ろうぜということになりました。
花見の散歩の後で、ヨメとともにサミットへ向かいます。

ハンバーガーには何を挟むであろうか。
ヨメもあたくしも、フレッシュネスバーガーをこよなく愛しておりますので、あのスタイルがよろしいのではないかということで方針は決まります。
まずトマト。輪切りのね。
そしてタマネギ。輪切りにして、焼いたやつ。
あとレタス。我が家でレタスの購入はかなり珍しいです。
ハンバーグもお手製が望ましいんですがそこまではさすがにめんどくさい。こねて成形してあって、あと焼くだけみたいなのありますね、あれを買います。
まあそんなもんだろーということで、棚にあった新じゃがをカゴに加えて買い物終わり。

ヨメに野菜切断をしてもらいつつ、あたしが肉とパン、じゃがいもの準備です。
じゃがいもはフライが雰囲気的にありですが、揚げ物はたいへんだし、新じゃがといったらじゃがバターだ、そうだろう。
んで肉を焼き始め、オーブンでパンを加熱します。ひたすらじっくり、弱火でじりじりと。
20130324_3
最後に全部重ねて、ケチャップつけて、頂きます!
なんかボリューム感すごいことになってましたが、実にうまかった。

ヨメの評判も非常に良かったので、そのうちまたやろうと思います。

ハンバーガーの写真に写ってるのは、いわゆるヤマザキの皿なわけです。いろいろどうでもよいことですが、こいつは無駄にじょうぶで、下手に集めちゃうとあまりの割れなさにむしろ困るという変な特徴を持っていますね。父上が送ってよこした皿だったと思うんですが、10年か、20年か、なんかそんくらいのスケールの寿命を誇っている気がします。

なんで今頃もうかさめ?

テレビや雑誌の話題にでも出たのかしらん。
ここ数週間で「もうかさめ」をキーワードに飛んでくる人が増えています。
多分お探しの記事はこちらですが、ご参考になるかは難しいところです。
もうかさめの心臓(もうかの星とかって名前で売られてる)は独特の味わいでおいしゅうございます。クセやくさみのないレバーという感じです。高いけどね。

ちなみに秋の魚なので、そしていまは春なので、あまりにも季節外れなキーワードという感じがしてならんのであります。
イメージ的に秋というだけで、たぶん一年中いつ食べてもかわんない魚だろうという気はするんですが。

ホワイトデー

2月にヨメからチョコを貰ったり、ヨメの同僚さんからもお菓子もらったりしてたので、いっしょにお返しを作ってしまいます。
前回、瓦みたいな硬さで炭の香り漂う、びみょうなというかダメなクッキーを焼成したという前科がありますので、今回は慎重に。また、ヨメ以外のかたにも出すということで砂糖バターのたぐいは基本レシピ通りにつくります。
甘い重いクッキーになるでありましょう。
作る自分でも引くほどの砂糖とバターを投入し、コナと混ぜてオーブンに放り込むこと20分。
上手にできたが写真撮りそこねました。前回と同じようなうずまきクッキー。
前回の敗因は焼き過ぎでしかなかったので、焼く時間を間違わなければ基本大丈夫。
クッキーは手軽でいいです。

クッキーといえば、メロンパンなどの甘い生地部分はクッキー生地みたいなものを使うんだとかなんとか。だからさくさくした食感なのかー。
そして菓子パン裏面の成分表示にあるカロリーのケタ外れた数値にも納得。
なるほど。
砂糖と油の塊だったわけだ、あの甘い部分。
好きなんだけどなあ。

メロンパン

レシピを安定させる

前回の成功に気をよくしています。
とてもおいしい。
で、(ほぼ)同じパンをもう一度焼いてみようということで作りました。

  • コナ300g(強力粉260g全粒粉40g)
  • 卵1個(50g)
  • 砂糖20g
  • 塩4g
  • ドライイースト3g
  • 水170g
  • バター17g
  • ラード8g

コナは特に、先日買ってきたライ麦粉を試してみたいという欲求に打ち勝つのが大変でした。
そういうことを安易にやるからわけがわからなくなるんだ。がまんです。
水は実際には、ドライイーストを100gのぬるま湯で起こしたものと70gの酵母液(わが家産)との合計です。なんとなく。
いつもならスキムミルクが入るんですが忘れました。
今回はドリュールを塗らないで焼こうと決めます。

じょうずにやけましたー

いつものこんなのと、
20130317_1
今回はなんとなく、丸パンも作ってみました。
20130317_2
一次発酵が終わった時のタネの形を見て、今日のこいつらは上に伸びてくれる気がしたのです。
実際ちゃんと伸びてくれて、翌日でもうまいパンになってました。

焼きたてのタイミングがお昼ごはん直後だったため、じつは焼きたてを食べてません。もったいない。。。