タグ別アーカイブ: スムージー

ブレンダーを積極的に使う

今日はブレンダーの話。
寒い時期はポタージュを作るときなんかに稼働するくらいでおとなしくしています。やはり季節性の強い道具ではあります。もうじきあったかくなるので、ジュースの季節です。ハネジューメロンも買ってきました。

特に使い始めの道具は、そんなに使わなくても良くないですかというくらいに、意識的に使うようにしています。
クイジナートを買ったのは先般、書き散らしたとおり。
で、どんな按配かを記しておきます。
特筆すべき事項もいくつか。

すっげーうるさい

綿密に調査したつもりでしたが、想定以上にうるさくてちょっと笑います。いろいろ機械見たつもりなんですが、静かな自分ちで見るのと店頭やらでみるのとはかなり感覚が違います。
少なくともブラウンのハンドブレンダーとかとはもう、ぜんぜんクラスが違います。掃除機よりうるさい?うるさいね。何に匹敵するかなあ、家の真横通られた時の選挙カーかDQNバイク?これはさすがにあっちのほうがうるさいか。
これは、それなりの威力を期待する以上はそれなりの騒音を甘受する必要があるということを示しています。

稼働時間長い

あたしは種とかを粉砕するつもりはないですけど、葉っぱとかが細かーくなっててくれるのが理想です。
ちょっと回したくらいでは完全には刻みきれないので、2分かそこらは回すかなあ。
ブレードもモーターも強力ですが、奴らが切らずとも最初からある程度小さいほうが、機械の負担が減ります。なぜ機械の負担を減らすために人間が負担をするのか疑問もございますが、大きなまま突っ込んで、えんえん回すよりかはマシなことがあります。
連続でスイッチを入れっぱなしにしていい時間はせいぜい1分~3分です。効率よく粉砕させるためにはどうしたらいいか、頭の使いどころではあります。

地味にチョッパーユニット超便利

期待してなかったので驚いたことが、おまけ的についてたチョッパーのキット。
大量の玉ねぎをみじん切りにしたいとか、いまでも「包丁で切るほうが早いんでは」と躊躇することがないではないですが、実際やってみるとホント一瞬で終わるわけで、インパクトございます。
ミートソースとか作る時って色んな物をみじん切りにするわけですが、全部の材料を順番に放り込んでいけば、下ごしらえが終わってしまいます。

野菜ジュースを作る

雨とかで寒い日はスキップですけど、基本的に毎日、野菜ジュースを作っています。
ジュースというかスムージーみたいなの。
はるか昔、あたくしの母が炭水化物をカットするダイエットみたいなのをしていた頃によく飲んでいたもので、よく作ってたもんだからレシピ覚えちゃったのね。
1年足らずで「もっとご飯とか食べたいしレパートリーが制限されるのがやだ!」と彼女が吠えてダイエット終了、さくっとリバウンドしたのは懐かしい記憶であります。

たしかこんなのを飲んでいました。
小松菜 一把か二把
バナナ 半分~一本
水   それなり
紅花油 すこし
レモンかレモン汁 ちょっと
氷   お好み
こいつらをブレンダーに放り込んでガーします。おわり。
ちょっととかすこしとかテキトウだなと思いますが、テキトウでした。
当初は油を入れるのかと、ぎょっとしたものでした。
冷たい飲み物に油入れるってなんか気持ち悪いじゃん。気持ち悪いので油を抜いて作ってみたりもしましたが、油は入れるのが正解なんだねという知見を得たにすぎませんでした。
味が丸くなるのね。青汁みたいな、ナマの葉っぱがもってる刺々しいところをきれいに包んでくれるので、口当たりの良い飲み物にしてくれる効果がありました。

上のままだとちょっと本気すぎるというか、こういう飲み物へのモチベーションがない人にはいささかハードルが高い。あたしとヨメの両方がおいしく楽しく飲めるのが理想でありますので、最近作っているジュースはこんなレシピにしています。

小松菜 一把
バナナ 半分~一本
オレンジ 約一個※
水かジュース それなり
オリーブオイル すこし
レモン類 あれば少し入れる
氷    三個くらい
パセリ  一本(葉っぱ部のみ)
ほか、テキトウに入れたいものがあればこっそり入れる

日和すぎかと思うくらいヨメフレンドリーなレシピ。それでもほぼ必ず毎日、小松菜を口に入れているわけで、ないよりマシといった体で飲んでる感じ。
オレンジは予め皮を剥き、細かく切ったあとでタッパーに放り込み、冷凍しています。バナナも皮を向いて冷凍。バナナは凍っても柔らかいのでジュースを作るときに輪切りにします。
こいつらが凍った状態で粉砕されるので、スムージーっぽい仕上がりになります。
小松菜やパセリも冷凍してあり、作るときに一本ずつ出して細く切ります。
ヨーグルトを混ぜる日もあります。
オリーブオイルは、ほんとは紅花油がいいんですけど、手元にないので代用といったところ。

ヨメはこれの仕上がりに大変厳しい人で、
「スムージーっぽくない」 ←オレンジ凍らせずに入れた
「草っぽい」 ←油少なかった
「変わった匂いがする」 ←パセリ多かった
などなど、いろんな感想を持ってきます。まだぼんやりしている起き抜けに飲ませるのがコツだと最近悟りましたが、気温の低い日以外は割と飲んでくれています。

ブレード・カシナート(クイジナート)

とうとう、買いました。

あたしが買ったのはこいつ。フープロもセットになってるのでお得かなーということで。
ドル円のレートが気になってたので、さくさく値上げされちゃう前に買っておこうと急いでました。

帰りがけにヨメから「ブレンダー届いてるよ」とメールがあったので、帰りがけにオレンジやバナナ、小松菜やパセリなんかを買っていきます。
粉砕して飲むわけであります。

帰宅してご飯食べて洗いものしたら、やっと箱を開けてブツをおがみます。
寸法も調べてあったので大きい商品であることは知ってましたが、実物見ると思ってた以上に大きい。
置物としての存在感、尋常じゃないです。ギラギラ光るしね。
奥さんこれ大きいですからねー。

使用感

粉砕して飲むとはいえ、パセリを粉砕すると聞いて嫌そうな顔をしたヨメにいきなり緑系は難易度高いです。
さしあたりはオレンジとバナナでいってみます。

テキトウに材料を切って放り込み、氷も放り込み、スイッチON。
メリケン製品らしい騒音とともにグルグルし始めます。
ややあって、それっぽい液体ができたので飲んでみます。
スムージーには、なってないな。薄皮の切れっ端とか普通にあるわ。
長めに回したほうが良さそう。なるほどー。
日々こいつを工夫して使いこなし、野菜不足に陥りがちなヨメにアレコレ飲ませるのが目標であります。
初戦は軽く負けましたが、経験値を積んでまいる所存。

#たんに回し直せばよかったんだけど、ジャーとか洗っちゃったんだよ

メロンを粉砕せよ

こないだハニデューメロンというのを買って来ました。近所にスーパーがあって、店名なんだっけ、スーパーバリュー?同じ建物に家具の大川が入っている(というか元々は大川だけが入っていた)ものだから、我が家を含め近隣の皆さんは、あのスーパーのことを「オオカワ」と言います。家具関係ない。
そのオーカワで丸々一個、399円でした。すごい。庶民もメロン食べられるんやー。

関係ないついでですが、あたしとヨメがオーカワにお買い物に行くときは、大原簿記のCMソングの替え歌をテキトウに歌いながら歩いていきます。

オーカワオーカワ ずんとこどっと オーカワ

こんな歌。意識したことなかったですが、あらためて文字に起こしてみるととても頭が悪そうですね。否定はしません。
ずんどこのくだりは、どんたかたった、とかでもいいです。
楽しいですよ。
どうでもいい。

Honey dew melonとは何者か

あたくし、ハニデューメロンというお名前は大昔から存じ上げてはおりましたし、それとは知らずに食べたことも、きっと多々ございました。
庶民がよくわからんで「わぁメロンだー」とか言うシーンにおいての緑色のスマイルカットのあいつは、これの事だったりすんでしょ?テキトウですけど。

マスクメロン(仮面のマスクかとおもいきや麝香のMuskだとしって驚いた)とかは一株に一個しか実を付けない(あとは除去しちゃう)とかで高級品ですが、ハニデューメロンはアメリカやメキシコの農民が大規模露地栽培しちゃって安いぜとか、そんなことになっており、庶民でも気軽に入手が可能な価格帯になっています。ばんばん作ってばんばん売るから安いんですね。

知ってる風で書きましたが、さっき調べたんでさっき知りました。受け売りです。
薄っぺらい知識で偉そうに書いても虚しいので、あたしが参考にした果物ナビのメロンのページを見てきてください。勉強になるわ。
アンデスメロンがアンデスとぜんぜん関係ないのとか初めて知りました。安心ですメロンってなんだよそれ。

で、ハニデューメロンがどんなシロモノか調べたわけです。
そうかー、これのことをハニデューメロンというのかー。
文字列としてこの果物を意識したのは、変な話ですがUltimaOnlineが最初でした。あの世界は食べたってなんの得にもならないがメロンやらモモやらキャベツやら、いろんな野菜が売られておりました。そういう世界のあり方を表現しているゲームだったから、それでよかったんです。
食べ物すらいちいちHP10%アップとか、どうでもいい効能つけないといけない世界じゃなかった。
メロンはわかるがハニデューメロンってなんだろうな、ハニー(Honey)とつくからさぞかし甘いのであろう、くらいの感覚で、そのアイコンと文字列とを眺めていたわけです。
まさかオーカワで売られているこいつと、ウルティマのアレが、リンクする日がこようとは。

メロンてリアルじゃないんですよね。どちらかというと、ファンタジーに属する果物だと思います。千豆とか星ミカンとか、ああいう。
一人暮らしとかでメロン買うとか、よっぽどの理由ないとやらないですよ。仮に、今夜は肉焼いちゃうもんねとかでステーキ肉買うことはあっても、メロン買っちゃうぜという行動はなかなかできない。そういう制約を無意識にかけてるんだなー。あたしにはメロン=贅沢品という昭和が染み付いているのです。
こういう意味のない制約や思い込みは取っ払ってしまいたいんですけど、制約だとすら思ってないで生きてるから、扱いに困ります。
一応書いておきますがあたしは女子高生なので平成生まれですけどね。

メロンから生き方まで脱線いたしました。
みずみずしく重たいこのメロンを一玉399円で買ってご機嫌です。ヨメといっしょに、オーカワオーカワと歌いながら家路につきまして、冷やしてみます。
冷えた頃合いでもって、4分の1ずつたべちゃう。1/8でもよかったのではないか。何たる贅沢。399円だから1/4でも100円となるわけで、決して贅沢ではないんですがあたしの昭和が。
結果。
美味しいけど甘味は強くないのね、という感じでした。もっともこれはタイミングが早すぎただけのことで、ほんとはここでいきなり冷やして食べるんではなく、食べごろまで追熟してから冷やし、そののちに食べるという工程が望ましかったようです。
#食べごろについても果物ナビに書いてあるんでちゃんと見よう。

食べごろについての知識もない我が家は、果肉も固めだし、シェークにしてみちゃおうぜということになりました。
メロンシェーキです。
なんたるバチ当たり。
翌日、皮を厚めに剥き、乱切りにしたメロンをハンドブレンダーでガーします。
極わずかのはちみつと、少しのヨーグルトを追加。

これがびっくりするくらい美味い。
ジューススタンドでこれ飲んだらけっこうお金払うよねと思えちゃうくらい美味い。

メロンは瓜の類ですので、体を冷やしますので、これはつまり、暑い日にこんなの飲んじゃった日には、たまんないんじゃないの。
メキシコ人がメロンで稼いで、麻薬産業に手を貸さなくても生きていけるようになったらいいことですよ。これはいいことだ。

なので、つまり、あんたも、ハニデューメロン買ってブレンダーとかで粉砕してですね、家族仲良く飲んじゃったりするといいっつう話ですよ。
一人暮らしでもいいよ。うまいからやってみんさい。
こういうジュースが捗る季節、あたしはそろそろクイジナートを買わなくてはいけません。
まだ買ってないのかよ。

今回も活躍したのはこいつです。
チョッパーとかいるかよと思ってましたが、むしろこいつのほうが登場回数多いです。タマネギの粉砕に便利。まじべんり。

キウイを粉砕せよ

キウイフルーツが好きです。これにかぎらず果物といわれるものはだいたい好きです。ちょうど名前をど忘れしたがモーニングスターみたいなイガイガの臭い奴、あれは美味しいと思えなかった。なんだっけ。まあいいや。

キウイフルーツとか文字数多すぎるな。キウイと表記する。
こないだキウイを買い、ついでにヨーグルトを買いました。
キウイの皮を剥き、テキトウに乱切りし、容器にポイ。ヨーグルさんを加えて、蜂蜜も少し足す。

ブラウンのハンドブレンダーでガーする。ここまで所要時間3分少々。

グラスに注ぎ、ヨメと二人でいただきまーす。
うまい。酸味と甘味がいい仕事しますなー。
#蜂蜜はいらないかなとも思うんですが、酸味が強いとヨメがクシャおじさんみたいな顔をするので甘味を足しております。

キウイつうのは結局なんだ?とおもって調べてみました。
中国原産なんだって。ニュージーランド関係ないのか。中国を旅行した人が種を持ち帰ったのが最初だとか書いてあります。
あれ食べて「南国の味だねえ~」なんて言ってた過去がある人はわりと少なくないと思うんですけどね。南国関係無いじゃんね。まあそこで育ったなら南国でいいか。いいよ。
あたしてっきり、進化の不思議みたいなことで、鳥のキウイとそっくりな果物に進化して身を守る的なアレだとばかり思ってました。
鳥も関係なかった。なんだよ。騙されたわ。

ありがたみのほどは

キウイフルーツはビタミンCが多いので風邪予防に効果的です。カリウムも多く含んでいるので高血圧や動脈硬化の予防効果が期待できるでしょう。また、がんの要因となる変異原生を抑える効果もあり、がん予防にも期待されています。

食物繊維量も多く含むので便秘改善にも有効。豊富に含まれるビタミンCとの相乗効果で美容効果もあります。
via 果物ナビ キウイフルーツのページ

ほー。

というわけで、ここのページがとても勉強になりました。
果物ナビ キウイフルーツのページ
関係ないが、ここの文面丸々パクってるブログも見つけちゃった。臆面もなく、よくやるよね。

スムーズじゃないスムージーを作る

ブレンダーのことをミキサーと言っていた頃からこっち、あのへんの道具の選定を始めてもうけっこう経つんですが、ブレンダーの購入はまだ済んでおりません。
クイジナート買うつもりは固まったんだけど、寒い季節になっちゃったからニーズがどうしても。
で、こないだヨーグルトを半額で買ってきたので、こいつでなんかデザート作ろうということになりました。
冷凍庫にブルーベリーさんがいたはずです。
こいつをざらざらと器に出し、ブラウンのハンドブレンダーを突っ込んで撹拌します。しばらくわんわんやってるとシャーベット状のブルーベリーのペーストができてきます。コレ、この手順でシャーベットも作れちゃうじゃないか。夏にまたやろう。
でも今回はシャーベットではなくスムージー。途中でヨーグルさん投入。甘みを少し足したいので蜂蜜もわずかに投入。ブルーベリーを贅沢に投入しすぎたようで、アサイードリンクみたいな色のブルーベリー+ヨーグルトのおやつが完成しました。
粉砕係がハンドブレンダーさんなので、粒はやや荒い感じです。ザラッとした部分が残るのも好みなので今回はこれで供します。
1月の話です。
うまいうまいつめたいと食べて、すっかり冷えて、風呂に入って寝ました。
ただでさえ寒いのに何やってんでしょうね。

新型のはブレードのカバー部分が金属になったんですなー
ほんとこいつは使い勝手が凄まじくて、いい買い物をしたと思ってます。

もともとは石鹸用に買ったんですけどね。