タグ別アーカイブ: クアルセプス

剛種クアルセプス征伐の旅

まだまだ続いてます。
集中的にやってるおかげさんで、上手になって来ました。
剛クアルさんはmystホモの輔某が企画したのかどうか知りませんしそれ誰ですかなんですけど、ともかく、

  • 高地の普通の
  • 樹海で怒ってるの
  • 砂漠でつがいの

と、三種類の討伐の証が存在しています。バーカ。
あ、バーカはカプコンの人にいいました。口が悪くてごめんなさいね。

ヨメを連れて高地に行ってみます。
ギリギリのカツカツで勝利。LV2貫通が7発、LV2通常が70発しか手元に残らなかった。腕に問題があるのは確かだが、ソロだと弾が足りないってことだ。
これは困ったねということで、ソロで行くときはいったんヘビィをおろします。
#今の装備、狙い撃ちはあるんだけど弾強化ないのね。そのへんは確実に影響あるんでないかとは思う。というか、そのへんの装備の不足を解消するためにクアル装備が必要という話なんじゃよ。そうなんじゃよ。

高地の普通のなんてHR71のを散々やったよというのと、クアル防具は荒天の証を要求するというのがあって、あたくし樹海頂部にばっかり通っておりました。
エリチェンないから休まらないけど、ステージがだいたい丸いから戦いやすいし、あたしは閃光を避けるのも下手なので都合がよろしい。
ステージはともかく、武器どうしよう。

ランスガンスじゃとっさに距離を置くとかができません。あたしパニるとガード固めたままフリーズする癖があるので、ガードの上からガンガン削る子の相手には相性がよくありません。
あたしのランスガンス操作の上での最大の欠陥「なんとなくステップ(仮称)」も死に直結する行動ですし、いったんはボツです。

試しに、笛やハンマーでいってみます。これが意外となんとかなる。早ければ15分針くらいで討伐しちゃう。タイムはまあなんだ、クアルさんの行動運って部分が大きいからいいんだ。まずは勝てれば。
毎回、20~30分近くはかかって討伐を繰り返します。勝利数はえーとたぶんまだ7回程度?うまくいかず、苛ついて、操作が雑になってくると三乙が増えます。
クエ失敗もあるにはありますが、それでも、みなもとを使わずにソロ狩猟できるのは非常に都合がよろしい。
数回やってみて、ハンマーが最適っぽいなという感触は得ました。
意外に活躍してるのがペルレウンヴェッタ。白ナスの極長ハンマーです。踏み込みすぎて外すこともあるけど、わりと捗る感あります。
ネタ武器かとおもいきや、ヘンに生きてくる一振りだなあ。
#あたくしのハンマーのSRは300にも届かないので、SR的にいえばもっとレア度の低い物を担ぐ風景になるのが普通です。が、クアルセプスはHC対応のクエストが存在しないので、レア度12だろうが3499だろうが担いでいけちゃうわけでお得です。足しにならないとも言えます。

かえでもんからは「ミクさん装備買っちゃえばクアルいく必要もなくなry」とか言われて確かにその通りとは思うのですが、着手しちゃったし強化しきってしまいたいものです。HCとかHSとかになると使う素材がHCとか素材になるので、ほんとにそこまでやるべきかは改めて考えたいところであります。

そんなかんじで、クアルさんが放電前にくるんと輪っか状になり、そこに取り残されて落雷を避ける事が出来ずに焼き殺されるゲームを、さいきんは楽しんでいるというわけです。
ヘビィの時には想像もつかないダメージのもらい方。これはひどい。

最近一時ラスタの契約方法を覚えたのもあるので、この先は幾分か捗るのではないか、と明るい展望を持ちたいところであります。

狩人さんパンを焼く

さいきん、狩人というバンド?のアレで引っかかって流れてくる方がいらっしゃいます。ヨメにきいたら、あずさ二号しらない?と言われましたが、あたしタイトルだけしか知りませんでした。あの歌のバンドなのねー。
すくなくともここ、そういうんじゃないんです、ごめんなさい。
ネカマの日記です。
ちがいました女子高生の日記です。

あたしは女子高生なのでまたもパンを焼くわけです。女子力とかのアレで。
前回うまく焼けたが、もう少しふんわりと焼きたかった。もちっとしてるよりふんわりの方が好きだ。
つうわけで発酵時間を調整します。
一次発酵と二次発酵それぞれをわずかに長く
のつもりが
クアルセプス戦で手間取って、かなり長く……。
こういうとこまで時間を読まないとダメですよね。
一次発酵50分のつもりが60分くらい。生地ぶわっと膨らんでました。
二次発酵でも同じミスをし、膨らみはしたものの、なんか違うパンができちゃいました。生地の中の気泡が大きすぎちゃった時の感じね。

が、あたくしなぜか、二次発酵を生地の半分だけやったようで、台所にもう半分の生地が残っていました。電気代もったいない。何やってんだ。
これは不幸中の幸いということで、こちらも改めて二次発酵。
同じミスをやらかすと思い、クエに戻り玉を持っていくようになりました。進歩です。
樹海頂部でトンガリ頭と戦いつつ、オーブンがピピピといったら戻り玉。余熱でピピピ、焼き上がりでピピピ。

今までにない風合いのパンが出来た

20130429

たぶん、台所に放置された時間が長かったんで、表面がいささか乾燥気味だったのかなと思います。
これはこれでアリな感じ。
まだ食べてないですが、おいしくできた感あります。たのしみ。

剛種クアルセプス

クアルセプス20頭でどうの、30頭でどうのと言ってたら、
「たかだか30頭で泣き言とかw」
とヨメに言われました。平然と秘伝防具に着手するような人なんであたしとは思考のベクトルが違います。タフな人っているもんですね。

で、HR(SR)71のほうの海竜種は一旦おひらきにして、剛種の方に行ってみようということになりました。ヨメもついでに、スキルランクあげ中のランス担いで同行します。
以前、幾らかの情報を見聞きしてはいますけど、初見です。初見ですのでみなもととかはナシ。というかあたし原種30頭ほど討伐してるんで余裕ですよ。
弾丸てんこ盛りと爪護符、秘薬、回復Gとかそのへんテキトウに引っ掴んで樹海頂部へ。事前に捕獲OKと聞いてたのに罠忘れたり粉塵忘れたり、緩みまくりです。

荒天

ずーっと雨降り、つまりご機嫌ピカーンはなしなんですね。
それはそれで、コロリンの手間がなくなるので構わないんです。あたしは歓迎。
が、サイズが妙に大きい。今までと同じ感覚で避けたりするもんで被弾激増。これはまずい。この子の攻撃の一つで、地面の下を移動してきてピコっと出てくる奴がありますが、避けたつもりで振り下ろされた尻尾に当たります。

極めつけはビームの薙ぎ払い。グラビさんのビームから始まってこっち、あたしこれ避けるのが非常に苦手です。なんでやる前は避けられる気になってんだろう実績ないのに。
ただでさえ回避性能0のところにあたくしのセンスが加わり、もはや回避性能-2くらいなのではないかと思われます。大体ですがビームの回避率10%くらいで一言でいうとほぼ全被弾でした。
ヨメはヨメで、足元にてんこ盛りの当たり判定で削られてイライラし始め、あたしは怖いので相づちの声もだんだんか細く。
オトモが「もしかしてイケてるパーティー?」なんて言ってたのが見えたので、HPの半分は削ったのかなーあたりでめでたく3乙となり、帰ってきた次第です。
強い。
いやー強い。
絶望感とかは感じませんが工夫が必要な相手だなーという感じですね。
たった一回行っただけで「まあ行けそう」とは思わされるんですから、たぶんこれ剛種の中では弱い方なんでしょうね。
要練習です。

#必死だったのでスクリーンショットはありません
#まあ多くの人にはいまさらなモンスターなのでいいよね

4.7%はどこいった?

k1
今日も元気にトンガリ頭を蹴散らします。なにしろあと60頭やんないとだから。おねーさんがんばんないと防具作れないわけよ。

とか言ってたら、ヨメと一緒に出かけたクエ数回で計2枚出ました。なにそれこわい。40クエ分一気に短縮です。
ちなみにヨメは一回のクエで2枚引くというパフォーマンスを示し、スペックの違いを厳然と見せつけます。
もうほんとに格が違いすぎる。
さしあたり、必要な晶竜の魅玻璃は残り1枚。ほんとは武器も作りたいんですが、要求される討伐の証がマジキチなので、そっちまでは手を出したくないなとも思います。myst調子のりすぎじゃ☓☓野郎が。

剥ぎ取り一回目で出たもんで、オロオロしながらそれ以降の剥ぎ取りをせずに帰還。
k3
ブタは持って来ませんでした。焼くよ?

k2
これっきり一回だけですがオトモ二人随伴で初の10分針。これは嬉しい。一回だけですが。腕には根本的な問題を抱えているので、これ以上は威力とか武器倍率とかそういう数字らへんででなんとか短縮して行きたいところであります。
愛用の銃はシュバルツニーゼン。祭り武器ですがこれ非常に使い勝手がよろしい。目下のところ他の銃が全く必要と思えません。
通常弾2が9発装填、貫通弾は全レベル6発ずつ、徹甲弾も全レベル2発ずつ、電撃弾も打てちゃう。毒麻痺もあるけどこれは飾り。全方位的にできるやつです。

つーことで

晶竜の魅玻璃が揃いました。先日、出ない率の計算をして嘆いてましたが、
k4
31頭で4枚でたとすると、いきなりまともな数字に収斂しちゃいそうな気がします。
同じトライをすると、6割強の人が30回で4枚揃うんじゃないのくらいの感じ。計算雑なんでテキトウですけど。
あららー?

次に控えるのは、こんどは剛種クアルセプスでございます。
キツそうだなあ。

晶竜の魅玻璃

MHFにおけるアグナコトルさんでおられるところのクアルセプスさんですが、詰まってます。
ヨメはこのモンスターが嫌いなので基本ソロ討伐になるわけですが、レア素材の位置づけにある晶竜の魅玻璃(しょうりゅうのみはり)が異様に出ない。庭のアヒルどもに何を食わせようがでない。土曜は冷え込みのおかげで風邪をひき寝込んでましたが、日曜の半日くらいを費やしても出てきませんでした。
あたしの腕と装備ではよくて20分針なので、費やしたとは言ってもたかがしれてますが。
剥ぎ取り4%部位破壊1%。部位破壊の箇所はたいへんに多く、データを見る限りはそんなに厳しいとは思えないんですが、乱数というか引きというか、個人の性能に根ざしたものが厳しいとこうなるんだなあ。

YoutubeやNicoNicoの動画を見てますと、ヘビィをシールドで運用する人はあまりいない印象。タイムアタックみたいなことしてるんだから、そりゃそうか。
真似してシールドを外し、パワーバレルに換装してみたところ、あんまり火力の上昇は実感できないが被弾は増えました。そういうもんよね。
換装に60万ゼニーかかったのもあって、いまさら戻せないあたりも辛い。
あたしが晶竜の魅玻璃をつかう用途は防具なので関係なさそうですが、剛種クアルセプスは「二頭討伐の証」なんてのがあるようで。
宮下さんか杉浦さんか存じませんが、あんたらバカでしょ?