タグ別アーカイブ: キャラ構成

時代のギャップを埋める:魔法

相変わらず竜宮城から帰ってきた状態ですので調べています。色々。
魔法ダメージの上乗せも結構えらいことになっているらしい。そらー武器で敵殴る人があんだけテコ入ってたらバランス取るよね。かくして僕らのウルティマオンラインは週刊少年ジャンプの法則コースへとつま先を向け幾星霜。

で。
書写で作るスペルブックで特効属性がつくとな。
各種を買って集めるとなるとコトだなあ。とくに赤いやつ。素材集めて作るのも大変そうだけど。
いい本できるたびに64spells買って埋めるのも億劫だ。ネクロさんで書写上げてガーゴさんにでも押し付けたらいいのではないか。ガーゴさん余裕なければ忍者のところだ。まさに倉庫。
#書写が魔法ダメージに寄与するというのはわかりましたが100割くほどじゃないかなということで

マゲ=カタという戦闘スタイルがあることも最近知りました。モンスターの挙動をよく見ている人がいるんだなあ。
あたくし魔法をダメージソースとして運用したことが限りなく皆無に近いので、もともと魔法関連は知識が薄いジャンルです。
で、とくにメイジというスタイルは今まで、
「秘薬たくさん抱えないといけないしManaすぐ切れるわりにモンスターはまだピンピンしてるじゃん」
というイメージでいたんですが、マナ回復や魔法ダメージ増加、むろん秘薬やマナのコスト低減ももちろん積み込むと、FCやCRもアレすると、だいぶ世界が違うというのがわかってきました。

また、なんとなく「ネクロ持ってたらカースウエポン使えないと意味ない」という思い込みがありましたが、戦士から見えるネクロとメイジから見えるネクロはまったく違う顔を見せるんですなー。
レイスやリッチ(こっちはHP減るから流行らないか)変身してCorpse Skinなんかで属性変化するというのがやっと想像できる風景になってきました。

Mysticismのほうはというと、何かの魔法にFocusもあったほうがよい的な記述を見て、今のところ縁遠いからいいやと調べもしてません。錬成持ってんだしガーゴさんがやるだろ多分。なんかほれ貴族にならないとはかどらないらしいから。女王のフォージ?なんで王侯貴族が炉とかわざわざ所有してんだとかそういうのは気にしない。イギリス人が言ってるクイーンズ云々みたいなものなんだろうポンポコピー

書写上げ魔法上げ

こういった戯言を並べていたのが先日の話。
TC行こうとか言ってて行きもせんと着手しました、Schaftさんの改造です。
ネクロ戦士→ネクロメイジへとジョブチェンジ。あたしのUOプレイのメインはスキル上げなのではないかと思えてきた。あとツキウルフの戦利品抽出。

ネクロスピスピとレジを残してあとは全部捨て。魔法ブーストと魔導武器持って魔法スキル上げ。96くらいまできました。
同じ事ばかりやってると飽きるので書写も同時に上げます。この作業の開始のタイミングが週末だったので、急遽資材調達に出かけます。
スクロール及び秘薬。
秘薬は毒上げの時に大量に買い込んだはずでしたが、結局かなりの偏りが発生してしまっていました。Poisoningのためのナイトシェードと、特にスキル上げの終盤で紫を大量に作るという話だったので硫黄の在庫が異常。あの時平均的に買っておけばよかった。ついでに言えば書写も上げるかもしれんということでスクロールも買っておけばよかった。
嘆息。
昔のように秘薬の買い物そのものが戦いであった時代ではないので、ベンダー在庫20からの店員さん育成スタートです。3時間コースかな。

お買い物開始後1時間ちょいとで「ご飯食べ行こう」となり、リセット。美味しいピザ食べてきました。埼玉侮れません。
家に帰って一息、ベンダー見てみると、Moonglowだけ主要Pot秘薬のみ在庫999個に育っていました。誰か集めてる人がいるんだなあ。ついでにスクロールとかも育てておいてくれればと思いはするが口には出しません大人なので。
Britain,Moonglow,Skarabrae,Trinsic,Jhelomあたりをくるくる回ります。途中のベンダー更新の待ち時間に書写を少しやりながらじりじりと育てますが、どうも回るタイミングがヘンみたいで在庫減少を何度も発生させてしまいます。たぶんこの在庫減少のおかげさんで1時間はロスしたんではないか。
スクロール自体は地図屋でも売ってるではないかということに中盤気づき、地図やさんも周回に加えたりしながらザラザラ買い集め、パラリ曰く「11,000本必要」というブランクスクロールを揃えることに成功。
肩こりがすごいです。
「地図上げするかもしれなくない?」
たしかに、たしかにそうだ。無駄に上げたりしそうだ。その時にまたこの苦行をやるのは嫌だ。
ついでに集めよう。地図上げ修行にはどのくらいのスクロールが必要になるのか調べると、実に15,000本とあります。正気ですか。
合計27,000本集めることになりました。うわあ。

延々とリコール買うリコール箱に詰めるリコールのループなので特段書くこともないのですが、ゆうに4時間かかって購入終了。秘薬もだいたい買い揃えてしばらくは安泰です。
そしてむかしむかしに売っぱらったトラメルとマラスの物件の売却益がほぼ底をついた格好になりました。稼がないとまずいわ。野放図に適当に買い物してる場合じゃなかったわ。
魔法とか書写みたいな、マナを使うスキルにはネクロもちが本当に都合がいい。バードマスタリーをやるときも、ネクロのスキルを移動させるといいのかも。

微妙なことになっているネクロさんを何とかする

似合いもしないSwordsmanship上げてやいのやいのしとるわけですよ。
DullCopperの適当な鎧つけて土エレ殴りに行ったりね。
だるい。
だるいんじゃよ。
だいたいSSつうのが納得行かない。当初、毒塗ろうと思ったら塗れるしやっとくかみたいなノリもあった影響で刃物スキルと相成ったこれらスキルですが、限界が来ました。
中の人の趣味の。
包帯無いのに敵殴れるかバカたれー!
だいたい殴るんなら鈍器じゃろうがー!

転向です。
むしろ本来の方角に戻るというべきか。
使いもしないのに買い込んじゃったSS武器どうしよう。いっそ抽出して綺麗さっぱり忘れるか。

  • Necromancy
  • SpiritSpeak
  • Magery
  • EI
  • Meditation
  • ResistSpells
  • Poisoning?

最後のは悩み中。入れ替えるとかでもいいしみたいな。
カースウエポンさんの存在が浮くんですが、魔導武器使えばいい感じですか。忘れるべきですか。
アカウント中から戦士の影が消えて行くなあ。
上がりきってはないけどあげちゃった武士道とかどうしよう。
なんか考えなしに大改造するのは危険な気がする。TCいこう。

いまさらEI(知性評価)の重要性を知る

おねーさんです。
たぶんコレについては今昔関係ない話だと思うんですが、
EIが0.0のときの魔法の威力は本来の3割である
ということをついさっき知りました。
mjd

パラリシャン・魔法の頁から引用

◎詠唱者の知性評価スキル値によるボーナス:
○詠唱者の知性評価スキル値が低いと魔法ダメージは下がり、高いと魔法ダメージは上がり、詠唱者の知性評価スキル値と魔法ダメージの大きさは、詠唱者の知性評価スキル値1単位で正比例的に上昇します。
○おおよそで言えば、詠唱者の知性評価スキル値が0で0.3倍、50で0.75倍、80で1倍、100で1.2倍、105で1.25倍、110で1.3倍、115で1.35倍、120で1.4倍ほどになります。
○詠唱者の知性評価スキル値による魔法ダメージのボーナス計算式は以下のようになります。
○<調整ダメージ×(30+(9×知性評価スキル値÷10))>÷100
○「調整ダメージ」は、前述の、基礎ダメージに詠唱者のINTによるボーナス、詠唱者の書写スキル値によるボーナス、詠唱者の呪文ダメージ増加マジック効果によるボーナスがプラスされた後のダメージです。

EIなしでMagery持つっつうのは、魔法での攻撃はしませんくらいの腹積もりが必要だったのね。
移動/回復/召喚/インビジはまんまあるわけで、それでもMageryの全方位性が陰るわけではないけれども。
INTや書写がそれほど大きく寄与しないというのも同時に知りました。
威力に影響するよというのは知ってたんですが、ここまで大きいとは思わなんだ。
へー。

開ける閉める開ける

そんなわけで開錠を上げることになりました。
NPCから細工を習いハコを作り、それにむかってlockpickを折り続け、GM細工キャラにハコを作らせlockpickを折り続け、ようやく95に。
GM箱工程は終了、アクチュアルスタートでございます。
もう1キャラぶんのLockPickingあげとこうかしら。ハコ用意するのめんどいし。いや用途が被っているという点こそを憂慮すべきなのではないか。むむ。

細かいことですが、ここからのダンジョンやキャンプの行脚をちょっと楽しみにしています。
行動範囲が元々狭かったせいで、あたしはあんまりブリタニアの地理には詳しくないわけです。ダンジョンの名前はわかるが最奥がどうなっているのかは大抵知らない。アンクの位置すらぜんぶは押さえてない。名所めぐりも人に連れてってもらうケースがほとんど。
こういうぼんやりしたプレイヤーが、誰に連れて行ってもらうでもなく自分の足で歩き、いいハコの沸くポイントを一個一個探していくプロセスというのはなかなか得難いのではないかなと。
今更ですけど、この広い世界のいろんな場所を、ちゃんと見てみるにはいい機会になるんじゃないかな。

何が足りないか

中の人のスペック的な話ではなく。
ウルティマオンラインにはいろんなプレイスタイルが存在し、十人十色の個性がうごめいているから面白い世界が醸成されているわけですが、それでもある種の類型というものは存在しているわけです。
ステレオタイプとかテンプレとか、このスキル構成がスタンダードだよねというやつです。
一方、そこの数字のバランスをやりくりしたり、マジックアイテムで底上げした数値を加味したカリカリ構成にしたり、あまり人が採用しないスキル群に手を突っ込む人がいたりするわけです。
個性の部分ですね。
あの人は鍛冶屋なのにバシネットかぶらないよ変わってるね、みたいな話。

何人もキャラクターを作れる割に、1アカウントで全部のやりくりができるかというと難しい。
たとえばあたしんちには現在、トレハンさんとシーフさんがいません。古の派閥シーフさんならいるんですが、休眠中アカウントの人につきいないも同然です。
トレハンさんはそもそもチャレンジしようと思ったためしがありませんでした。
あちこち見てみますと、トレジャーハントはオワコン臭が漂うジャンルみたいな風情。これって効率悪いみたいな話?地図掘る時間あったらどこそこのダンジョンで同じ時間うんたらかんたら?
楽しさが削がれちゃって云々でないのなら価値はそのままだな?
ヨメ連れてってギャーギャーやるにはいいんではないか。

シーフさんはシーフさんで、対人で盗み働くにしても人影を見かけないので、人間相手は没。
さいきん世話になってばかりいる知人から、ダンジョンの奥で箱開けるのもなかなか良いですみたいな地味ーな話を聞いたわけです。ステルスでうろちょろしてモンスがギャーギャー言ってるのを脇目に箱の中身をいただくわけだ。
地味。よい。
そういうコソコソした日の当たらない地味ーな遊びが好き。
根暗なんだよわるいか。

では、さっそく手持ちを確認してみます。持ちキャラいろいろ。
キャラスロット追加してるので7人居ます。

  • ネクロさん:明日が見えない
  • テイマさん:登場回数は断トツ
  • 鍛冶屋さん:こちらも安定のレギュラー
  • ガーゴさん:不本意ながら登場回数多し
  • PM騎士さん:空気
  • バードさん:空気。こんなはずではなかった
  • 毒忍者さん:大物モンス誘拐用

さて、この中に微妙な子たちが居ます……!

微妙その壱 PM騎士さん:
YewのLitchに通う日々が輝いてた子なんですが空気。栄光の日々はどこへ。

微妙その弐 バードさん:
極めてスタンダードな純バード。BTMが面白いもんだから用途というか立ち位置がかぶってて不憫な立場に。Provocation好きなんですけども。

微妙その参 毒忍者さん:
毒自体がアレだし忍術上げるの億劫だしで、おそらく次回の登場はgreater dragonのテイム時。ソウルストーンに染みこんでもらっちゃってもなんの痛痒もないお。切ないな。
ステルスハイドはきちんとGMなのがナイスポイント。

で、こういう微妙さんのところに忍び寄る影があるわけです。
新キャラ・新スキル構成の案色々。

バードさんの後釜を狙う神秘メイジさん:

神秘使ったことないんでよくわかってないんですけどね。

  • Magery
  • Mysticism
  • EI
  • Meditation
  • Necromancy?
  • Musicianship
  • Discordance

こんなん。あたしの不調好きはどうにかならんか。
ネクロがよく分からず入ってる気はするんですが、レイスに化けて魔導弓もったらいいかなあみたいな。普段はコロッサス?に頑張っていただく。Wraith Formじたいの必要スキル値は20なので、人間保証で何とかなっちゃうような。

忍者さんに取って代わろうとする箱開けさん:

  • Hiding
  • Stealth
  • Steal
  • Magery?
  • Chivalry
  • Ninjitsu?
  • Lockpicking

上の4つが揃ってれば困らなそう。
隠れられて鍵開け出来れば済むのか。remove trapは空気っぽいしDHは派閥でもない限り要らないスキルという印象。
忍術は煙玉使えてはかどるかな、動物にも化けられて便利な、という感じ。

PM騎士さんに忍び寄るトレハンさん

  • Cartography
  • Lockpicking
  • Magery
  • EI/Meditation
  • Musicianship
  • Provocation/PM
  • Fishing

もはやMusicianshipしか関係ない。hidoi。
ただメンタル的にトレハンは、自分には縁遠い感が非常にある、現実味のないジャンルなので、実際にやるかはわかんないな。あこがれ?
Fishingはホレ、あれだ、投網取りに行くのも一緒にできたら便利だなーって。

ネクロさん?迷走中の子。ああ、あの子のことですか。
えーと仮にもSchaftって名前付けてるんでー、へんてこな用途にはちょっと。スタイル固まらないかなあ。
やはり弓か。弓もたすか。もしくはメイスか。
Swordmanshipとかピンとこないんだよ。殴ってスタミナ奪ってなんぼだろうが。

Necromancy+Bushidoで考える

武器スキル:Swordsmanship/Fencing/MaceFighting/Archery
支援スキル:Necromancy/Bushido

この組み合わせで考える。メイン持ちキャラのはずのSchaftさんが今、こういうのなんです。白豚騎士道抜きみたいなの?
ネクロってメイジだろって思っていた名残で魔法もGMです。
雑です。
速攻上がっちゃうからという理由で盾もGMです。
雑です。
盾はどうも、300-(武器+武士道)の残りを当ててやれば十分らしい。SpMのコストに効きますということまでは理解しました。武器120武士道120なら盾60。120とか現実味ありませんが。

武士道:ややこしい「パーフェクション」

徳システム・名誉@パラリシャン
なんで右も左もブシドーブシドー言うのかは、何度も読み返してようやく理解。
名誉の徳とパーフェクション。これがどうも大きいんだと。
InvokeVirtureというマクロ項目があるらしいので作っておこう。
名誉マクロポチしてから攻撃当て続けると威力上がるよ!
大事なのここだけじゃないか。
なんて分かりやすいの。むしろなんでいままで、これを理解できなかったの。
名誉の徳を使用とか名誉の徳を得るとか、多分このへんの独特の言い回しが、あたしの理解を阻害するんだよね。
(゚Д゚)ハァ?なにそれって思ってしまったが最後、あたし理解力超下がる。

武士道で使うのは、

  • Confidence:回復するのがべんり

のみ。
たまにLightning Strike使いますが、命中しなくてイライラするとき用。
実用スキル値でないのもあるんでしょうが、Evasionが完全にまったくピンときません。いろんなスキルの値で効果時間ボーナスがあるらしいので、低スキルの影響なのでありましょう。すぐ終わっちゃうからなー。
Momentum Strikeは使った事無いですが、はかどるとの噂。

実になんというか、防御的な用途にしか用いられてない。
パーフェクションの仕組みを知らなかったというのもありますけど。

ネクロ魔法の使いどころ

ネクロ魔法のいいところは武器を外さなくてもいいところ。そうだそうだ。
詠唱妨害は受ける。詠唱速度大事ね。
目下のところ、あたしがネクロで使っているとはかどるのは、

  • Curse Weapon:気づくとPigIron無い。
  • Vampiric Embrace

あれ?たった2個だけ?
続けよう。

たまーに使うのがこのへん

  • Pain Spike:逃げ出した敵を追いかけるのが面倒なとき
  • Animate Dead:Solen軍が数多杉なときに死体から骸骨作る
  • Vengeful Spirit:EVの代わり
  • Summon Familiar:劣化荷ラマなどを少々

微妙。

有用なんだろうけどピンときてないひとたち

  • Blood Oath:あたしが死ぬじゃんね?
  • Evil Omen:イミフ筆頭。何コレ
  • Corpse Skin:敵の耐性を把握しておりません
  • Wraith Form:騎乗解かれるしなあ
  • Poison Strike:利用シーンが思いつかない
  • Wither:冷気だってのがキモなんだろうけど
  • Lich Form:魔法上げとかで便利だよねーみたいな

オマケ:いらない子にしか見えない

  • Mind Rot
  • Strangle

ざっと書いてみて愕然。スキルGMにも関わらず使いこなせてないどころか、事実上2つしか呪文使ってない。
ストラングルはペインスパイクとの併用で云々といった言説も見かけたんだけど、それいつやんの?と思っちゃう時点であたしには現実味がない。EX→EBの代わり?
さしあたり、ピンときてない色々を一回置いておこう。
カースウエポンとヴァンパイアエンブレイスの用途は、つまるところ回復だ。
回復に使ってたのかー。ネクロスキル。包帯の代わりか。
イメージ的に攻撃寄りなスキル群という印象だったんですが、あたしの実際はまるで違うということに今気づきました。
そしてこの2つのスキル、武器スキルが微妙で命中が良くないシーンでは、切なさが炸裂しちゃうということでもありますね。
スッキリ。だから使っててピンと来ないんだわ。

そしてトリッキーな感じのアレコレにまるで手が伸びていない。もうちょっとなんかあるだろ。
レブナント呼ぶのもカッコいいんだけど、EVよりはるかにDispelされやすい感があって、多めのManaを消費してまでその甲斐があるかというと正直なところ微妙。ハル振ってる姿は一心不乱そのもので、たいへんに好感を覚えはするのですが。
武器が弓だったら、弓撃つ+Strangle/PainSpike撃つって組み合わせが生きそう?
でも弓だと武士道ほんとに必要ですか問題が浮上しますね。受け流しは当然要らない。
魔法120+詠唱可魔導弓ならあるいは?SpM使えないし、プロパティー2つ持っていかれてる弓ってそうとうしょっぱいのではないか。範囲攻撃/特攻/Manaリーチ欲しい。バランスドもベロシティーも欲しい。むりだろ。
あーだから騎士道のエネワン+パーフェクションで倍率維持するわけかー
なるほどなー
変な話ですが白豚の構成の意味が理解できはじめてきました。これは予期しなかった収穫。

ゑー

うちのネクロ戦士さんがなんで常に決定力と持久力に欠けるのかが非常によくわかりました。
防御/回復要素はあるものの攻撃要素がまるでなかった。
恐ろしく消極的なスタイルだったんだなあ。

オマケ

どうせ戦闘に使わないんだしと、Mageryをソウルストーンに放り込んでみる。レイス変身すればリコ使えるんだし、まあ多少面倒なくらいでしょう。多少じゃない気はするけどものは試し。

戦闘時間よりじっとしているか移動している方が長いのがあたしのプレイスタイルです。スキル関係ない気がする。
なので、このネクロさんがMageryなしレイス変身で移動するというシチュエーションを試してみます。

ええい。
まどろっこしいんじゃ。
ムリ。
これぞカタツムリ。まじムリ。
緊急時にはこんなの150%間に合わない。そして馬も死ぬ。
あー。
この一点だけを拾っても、騎士道入れる意味がわかる。
エネワンとかそんなのいらないから移動呪文だけ何とかしたいわー
はーなるほどねー

不調和ネクロ弓

不調和ネクロ弓とか、ああ、ゴロがいい感じなので言ってるだけに近いですが、楽しそう。

Musicianship
Discordance
Necro
Spsp
Archery
Tac
Resi

#綴りはテキトウです

レイスか吸血鬼変身でがんばるみたいな。弓でもManaとか吸えるんだったら、魔法得意なアイツとかすっからかんにしてボッコボコよ?そういう感じ!

あれ?なんか入れなきゃいけないスキル忘れてるのかな。何とかなっちゃいそうな雰囲気があるんだけど。
こういった思いつきをある程度気軽に試せるのがいいですね、ソウルストーンがあればですが。
もしくはTestCenter行けばいいのか。
あー。リコとかマークとかどうすんだというのがアレなのか。
レイス変身ならリコールは成功するとのことなのでなんとかなるのではないか。マークはマーク用でブースト用品てんこ盛り+スクロールでなんとかなるのではないか。
ならんか。わからぬ。

武器スキルと支援スキルの組み合わせ考

どれとどれを組み合わせるとどう嬉しいのか話。

何を今更と思う方もいらっしゃるでしょうし、そんなのどこそこのサイト見てこいよという言説もごもっとも。
ただ残念ながらあたくし、飲み込みが良くないのです。説明読んで、誰かの試行錯誤の末の結論、誰かの知識の上澄みだけを見て、ほうほうなるほどとならない。なんでそうなったのか失敗コミでわからないと気持ち悪い。黙ってテンプレ呑み込める頭のやわらかさがない、不便な暮らしをしとります。
そういう面倒な性分なので、いちいち基本のところから考えていこうと思うわけです。
一方で飽きっぽくもありますので、なんとなく道筋見えた時点で考えるのやめそうな気もします。
だからあたしの書くアプリは完成間近で放棄されるのです。
これは、そんな、チラシの裏です。
当ブログ全体を通してそうです。
読む人はご愁傷様というかざまあみろというかそういう雰囲気です。
ごめんぽ。

あたし用語の使い方が曖昧で適当で思いつきなのでざっくりとアレします。
武器スキル:Swordsmanship/Fencing/MaceFighting/Archery
支援スキル:Parrying/Magery/Chivalry/Necromancy/Bushido/Ninjitsu/Poisoning/Mysticism/Spellweavingエトセトラ。
武器と組み合わせてホニャララする、能動的なスキルを支援スキルということにします。TacticsとかAnatomyとかみたいに、勝手に効いてるスキルは一旦無視。
このうち、とくに神秘と織成に関してはノー知識なのでさしあたりスルーします。
武器は基本的に近接と弓という軸で考えたいんですが、武器ごとに特製の変わるSpMというものがある以上、各武器×支援スキル×SpMという組み合わせで視野を持つ必要がある?
ムリムリカタツムリ。

目下考えたいのは、武器とChivalry/Necromancy/Bushido/Ninjitsuそれぞれの組み合わせにおいて、どのスペル/技がいい具合なのか、です。既にこの時点で考える量が膨大で嫌な感じですが。

ぼんやりと考えているアレコレ。気になっている点というか。

  • どんなスタイルにどのスキルが向いているのか
  • 忍者は徒歩と騎乗どっちがいいのか
  • 忍術と武士道混ぜるとどうなのか
  • ネクパラの何が利点だったのか
  • なんで多くの人が武士混ぜたがってんの?
  • 包帯の今昔と回復方法のトレンド
  • 弓の活路。忍者とか侍とかとの相性

きっとこれら、またこれら以外のいろんな疑問に関しても、
「人による」
「相手やシーンによる」
という回答に尽きてしまいます。あたしは別に万能を求めたいわけじゃないのでそれはそれでいいんですが、着地点としてはそこじゃなく、
「このスキルとこのスキルを組み合わせて使うなら、ポイントはこの呪文だよ、武器は○○がいいよ」
「こういう設定のフィールドであればこの組み合わせは活躍の目があるんじゃないか」
といった、組み合わせの妙みたいな部分を欠片でも拾ってみようというあたりになります。
カースウエポンの効果時間が6秒で一振り3.5秒の武器持ってたら色々微妙だよねみたいなそういう話です。
こういう使い道があるよ、こうすると捗りそう→何ソレおもしろそうやってみる、といった流れを作りたい。

どーも見てますと、いい武器防具欲しけりゃPSC会場か各地のボス行けよという流れのようです。もしくは錬成か。
そういった舞台に最適化するほどの蓄積を持っていないあたくしは、もうちっと庶民的なところから始めてみようと思っております。黒閣下と戦ってみたい。そういうレベル。パラゴン?普通のだ。
ペットや楽器一本でとりゃーとやれるスタイルがいちばんなんですけどね。好みとしては。