月別アーカイブ: 2015年4月

アオハタのジャム

(末尾に追記:2015-04-24)

55ジャムが好きでよく買っています。
あるひ、ヨメがいちごジャム、あたしがあんずジャムをパンに塗っておりました。
ふとしたきっかけでビンのラベルを見ますと、製造者アオハタ、販売者キューピーとある。
アヲハタ – Wikipedia
なんと兄弟会社だった。なるほど。
で、気になったのはそこでない。

ビンの底の突起のなぞ

Q ジャム瓶の上部にある小さな突起は何ですか?
A 点字です。アヲハタ55ジャムの瓶上部に「アヲハタ」「ジャム」という点字を入れています。目の不自由な方でも安心して使えることを目ざして、ユニバーサルデザインの観点から入れました。
引用元:よくお寄せいただくご質問|キユーピー

ビンの側面に点字があることは以前から知ってはいて、中身ごとに違うビンをちゃんと用意するなんてすごいねーと思ってたんですが、瓶の底にもなにやら突起がある。イチゴとアンズ、ほかにも家にあるアヲハタの空き瓶(ジャム作ったとき用とかにストックしてるやつ)の瓶の底を見比べますと、それぞれ違う。
こりゃいったいなんだ。これも点字の一種なんだろうか。

ううむ、きっと管理用のなにかなんだとおもうけど、なんだろう。
製造年月日とかが順当ではあるけど、問い合わせてみよう。
(というわけで問い合わせ中)

アヲハタのラインナップも豊富っぽいということに気づき、アマゾン見てたらすごいの売ってた。

450g。2160円。ひとビンにイチゴ60個とか書いてある。
60個というと2160円でも安いんじゃない?しかし贅沢品っぽい佇まい。いいなーこれ。

お返事きた(2015-04-24追記)

アヲハタに問い合わせた例の件ですが、「キューピーお客様相談室」から神速でお返事頂戴してました。
翌営業日の昼前。早い。
あちらのご担当さん曰く「瓶を製造する際の金型の番号」なんだそうでございます。
なるほど、こっちは内容物でなくて、器そのものを表現している項目なのね。
もし問題のある容器が見つかった場合に、どの金型から出たビンかというのをトレースするための取り組みなのでありましょう。
ビン不良でした?いやーわかんねっす、とは決してしないということなんだなあ。こういうところまでしっかり管理するものなんだね。
大変に興味深いことでございます。
興味本位の問い合わせ出会ったにもかかわらず、丁寧に対応いただいてしまい、恐縮しきりでございました。
以上、追記でした。

はり1本

hari1pon
やーっとあたった。1本だけども。
ゴールドソーサーのチョコボはいまだ乗ったことがありませぬ。大小くじテンダーが好き。
ジャンボの数字4桁は、たいていPython様のプログラムが吐き出した4桁を採用しております。
スクリーンショットの4等賞が当たった時は、サイコロボタンで決めました。あれPython様。

極シヴァ

土日のちょこっとくらいしか遊べないくらい、最近は忙しい感じです。
家でもお勉強したりとかでなかなか落ち着かない。詩学とかも、月曜夜の時点で100無いとかザラ。
つらい。

土曜の夜に、意を決して極シヴァ戦に初挑戦してきました。
攻略動画を実装直後くらいから延々と見続けているんですが頭に入らず、これは(いつもどおり)恥をかきに行かないとダメだということで、コンテンツファインダーへ。
結果、初戦3死のうえ死んだままクリア。
どうも出荷です。

真シヴァについてはだいぶ熱心に通って、問題なく立ち回れるようになっていたんですが、通用したのは前半戦まででした。
HP30%あたりからぐだぐだで、立て続けに3死。白さんのMP浪費させただけだった。
画面じゅうが白と青のエフェクトで光りまくってる中、よくもまあ、みなさんあんなに正確に状況の把握ができるもんだと心底感心します。根本的に見てるところが違うのであろうか。

あとから攻略動画を見てみた感じ、多分2連でくるアイシクルインパクトが理解できてなく、どこに行ったらいいのかわからないまま死ぬというのを繰り返してたような。動画とっておくべきだった。

特によく見ている攻略動画。

画面全体に派手なエフェクトがある中で「杖モードの時は◯◯なので」とか、なんで判別出来てんの(´・ω・`)

シヴァに限らず、タンクで蛮神戦を戦えるようにしたいと思ってるんですけど、まずあのタンクのスイッチという概念からしてすでに理解できると思えない。イフでもガルーダでもスイッチしてるけど、なんであんな操作を間違いなく行えるのか。奴らはめちゃくちゃ頭いいんじゃないだろうか。

ガルーダ、タイタン、イフ、リヴァイアサンあたりのヒーラーはもうかなり不安なくやれるようになってきた。ラムウもおおよそは大丈夫。イレギュラーなければ。
が、シヴァは飛び抜けて複雑だ。
場数を重ねればいろいろ見えてくるんだと思うんだけども。

メモ

いわゆる活動家チックな人とか狂信者の類、かつて在籍していた会社のシャチョーサンあたりがもってるヘンテコな共通点をうまく言語化できないでいたのだが、

自分が正しいと信じた何かを信じている自分が正しいと信じたいがゆえに、周囲を攻撃する人々なのではないか

というふうに、するりと思った。なんて読みづらい。

彼らは一様に声高で威圧的で、議論や反論を許さない。
そりゃそうだ、彼らの掲げてるスローガンやテーマ自体の正誤はもはやどうでもよくって、それを信じている自分を否定されたくないから、あちこちに殴りかかって生きているのだ。

まあつまり、理解を得ようとしたり理解しようと努力するのなんてかなり的はずれな努力であって、そんな会社に9年もいたお前はずいぶんと間抜けでおめでたいことだね、って思ったわけです。

#じつは今年の頭からフリーで仕事をしています。

実はシャトルシェフを買っていました

結論:買い。

保温鍋というジャンルには強い興味を持ってました。
ほっとくと煮込みが終わる?火の番をしなくていい?なんだそれは夢のようではないか。

なかにはタイマー付きだの、電気で加熱するだのというのもあるけれど、シャトルシェフがいい。
鍋自体の熱を閉じ込めるというアイディアが気に入ったのと、電熱は金かかるから避けたかった。電気ストーブとかティファールのケトルとか、けっこうな電気食うんですよ。四六時中電源入ってるパソコンを先に何とかしないと説得力ないんですけれども。
そもそも、なんぼ安全と言われても、電熱調理させてる状態で寝るの怖いよ。ストーブつけっぱなしで寝る奴いないだろ。

シャトルシェフにしてみました、なんて言ったものの、実はあたしが買ったのではありませぬ。
ヨメが買いました。
あたしの誕生日プレゼントです。わーい。いいだろう。

このオレンジ色は実に温かみのある色で、気に入っています。
去年はアカシアの皿とおたまでした。そういう生活雑貨とかを欲しがるので、呆れられています。
圧力鍋は、ヨメ氏が「よくわかんないけど怖い音出すし爆発しそう」と怯えて近寄らないため、同じような機能を期待できるものが欲しかった。
買って以降、ちょいちょい使ってみたので感想を並べておこうと思います。

大抵の人はわかってると思うが、一応使い方も書いておく。
この可愛らしいガワの中にステンレスの鍋がはいってる。熱伝導が大変に優秀で、底は厚くなってて非常につくりが良いです。これだけでも気に入っちゃった。
使い方は簡単で、内鍋をシャトルシェフから取り出し、材料を放り込んでコンロで加熱したあと、シャトルシェフの中にセットして数時間放置するというもの。厳密には違うけど魔法瓶の中で調理させてるようなかんじよ。熱が逃げにくいので、余熱を使っての加熱をし続けられるというアイディア。
頭いいなー。当然、余熱調理中はコンロが空く。コンセントも占拠しない。その辺に置いとくだけでいい。
なにより、一切の事故の起きる余地がないから、その場を離れても、出かけても、寝ても、怖くない。


筑前煮みたいなもの:相性★★★★★
コンロで加熱するとどうしても材料を揺らすから、煮崩れがあるじゃない。シャトルシェフでやるとエッジがピシっとしたままの煮物ができあがる。
煮てないのかと思っちゃうくらいだけど、ちゃんとできてる。一日で二日目の煮物ができる。
材料は極端に大きなごろごろじゃなければ、味ちゃんと染みる。

豚の角煮:相性★★★☆☆
水やお茶で下茹でしたあとで、味付け整えて加熱しました。
加熱後にセットして数時間、を2セットほど。保温中は密閉されているため、中の水分が飛ばない。味薄いなーって感じる。煮詰める工程が別途必要になった。
ホロホロでなくプリプリというかんじ。プリプリゆえか、味のしみるスピードは非常に遅かった。
圧力鍋で作る方に軍配が上がるかなー。これは仕組みからくる違いが出る部分で、圧力鍋は高温高圧で肉の組織を壊すから、味が染みやすくなるんでないか。たぶん。
圧力鍋で下茹でして、シャトルシェフでのんびり煮こむのが最強なのではないかと考えています。次回はそうする。
調味の感覚がだいぶ違うということはあるけど、煮物が大変に美味しくできる鍋であることは、強調しておきたい。
豚の角煮のときに、いっしょに煮ていた大根はすばらしい味のしみかたを見せていました。

甘酒:相性★★★☆☆
だいたいぼんやりと保温できるということでトライ。いやー菌の相手は難しい!美味しくできる余地は十二分にあるけど、いまのとこ2回作って二回とも微妙な出来です。これはシャトルシェフに問題があるんじゃなくて、保温時間や、材料によるところが大きい。
甘酒は買うほうが安い。しかしそうではないのだ。自分ちで菌に米を食わせることが大事なのであります。
アイディアがあるので、また試す。

シチュー:★★★★★
ガチ。ヨメが作ってたんだけど、16時に仕込んで、20時位に出来上がってる感じ。
すね肉がプリプリしつつ柔らかく、ひじょうに美味しかった。シャトルシェフ買うならぜひ作ったほうがいい。


まとめ

見張らなくていいこと、火災の心配がないことが最大の利点。エコ(ロジー?ノミー?)とかは正直二の次ですけど、ほっとくと勝手に美味しくなるというのがきわめて良いです。優れた商品だと思う。そんなに高いものじゃないしね。
あたしは加熱の際、本体にも熱湯を一回くぐらせて、容器全体が熱い状態で内鍋を入れたりしています。
せっかくの余熱調理なのに、鍋の熱がシャトルシェフに移って失われちゃうのがもったいない。
そんな、熱にケチという変な人をお楽しみいただけますよ。