月別アーカイブ: 2014年6月

工面算段ってなんですか?

くめんと聞くとクメンヒドロペルオキシドを思い出してしまい、懐かしいです。
さてFF14のはなし。
kumen
説明を見ると「5ターンの間、レシピのレベルを下げる」と書いてある。
レベルを下げるとな。
何を言ってるのかさっぱりわからない。
そもそも、クラフターのパラメータについてはかなりぼんやりした理解しかしてないので、クラフターシミュレータつかったりしてはいるものの、基本的には出たとこ勝負でパリーンしたりしています。
でもたまには考えたい。

死にスキルではなさそうな雰囲気がプンプンしている工面算段がどういうアレなのか、試してみました。
だいたいHQのAFを着ている裁縫師が山繭糸を作るというシーンです。
作業精度312、加工精度298。マテリアとかはロクにはめてませんし、AFは一箇所、クエストで貰ったNQのままです。
メシ抜きです。

まずはなにもしないで普通に作ってみます。

模範作業	44
加工		104
上級加工	156

工面算段IIだとどうなるのか

模範作業	93
加工		138
上級加工	208

なんだこれ圧倒的じゃないか。
いままでピンときてなかったので、かなり分の悪い運任せで素材作ってました。もったいない。
インナークワイエットで段階的に加工精度が上がっていくことも合わせて考えると、いくらか希望も見えてくるという話です。

梅酒を漬けました

去年は6月に入ってから慌てて漬けたんですが、今年は違います。青梅の入荷がまだだが氷砂糖とでかいガラス瓶が並び始めた頃から注意を向け、週末になったら近所のスーパー「オーカワ(ホントは違う名前です)」へ行こうと決めておりました。
5月の終わりごろにオーカワへ。今年のぶんの梅を仕入れてまいりました。

が。
のっけから、残念ながら買うべきリカーを間違え、メルシャンの変な茶色いのを買ってしまいました……。なんだこれは。痛恨の極み。
なんで香料だのカラメル色素だのいれんだよ、バカじゃないのか。ほんとに君ら酒屋かね。センス疑うわ。
商品写真探したけどちょっとめんどくさくなったので、店頭にてお買い上げの際は気をつけていただきたい。いや美味いのかもしれないけど、余計なもの入れられてたっていうのががっくりくるのよね。
来年の梅に期待だなー、と、遠い目をする今日このごろであります。

AE(Area Effect)スペルを把握したい

「士気高揚の策」や「野戦治療の陣」など、今こそ使う!みたいな系統のスペルがいくつかあるわけですが、こいつは効果範囲を把握しておかないと無駄が増えそうです。じっさい、全員にバリアかけられないなどの無駄は増えてます。
それぞれがどのくらいの効果範囲を持っているのかは把握しておきたい。

士気高揚の策

(自分の周囲15m)

同じような役目の、幻術士/白魔術師のスペルはというと、

  • メディカ:自分の周囲15m
  • メディカラ:自分の周囲20
  • ケアルガ:30m以内の対象の周囲6m

こんな具合。メディカとおなじ感覚で使えるということですね。

野戦治療の陣

(30m以内の指定地点の周囲8m)
あんがい広い。

シャドウフレア

(25m以内の指定地点の周囲5m)
使ってみるとけっこうこじんまりしているという印象。あんまり大きくても無駄に巻き込んだりしますし、タンクの周囲をカバーするには十分な広さ。

リムサ・ロミンサの某所にて、確認してみます。
野戦治療の陣と、シャドウフレアの範囲の比較。
zenkei_small
青いほうが陣で、赤いグラウンドターゲットがシャドウフレア。かなり違うんですねー。