月別アーカイブ: 2013年2月

中種仕込中

週末にパンを作ろうと思い、木曜の夜に中種を仕込みました。はやかったかなー。
リンゴジュースをのませている我が家の屁こきピザデブどもですが、ビン底で寝てばかりの連中がかなり増えました。一般にオリと呼ばれているやつです。
上澄みは綺麗にあたくしが飲んで(素晴らしいシードルでした!)、下にたまったオリの一部を小麦粉に混ぜ、就寝。
20時間後には3倍近くに膨れてました。寒いのに元気良すぎだ。
ちょっと予想外に発酵ペースが早いので、冷蔵庫にしまうことにしました。こやつらは後日、追加のコナとか色々混ぜてコッペパンなどになる予定。
寒い台所に放置してなお、かなりのペースで膨らんじゃってたので、過発酵がこわいです。
もしダメだったらこねなおしてピザ生地にしてしまおう。

あたしのつくるパン

主食といえばコメ、パン、パスタや麺類くらいですかね。
あたし大抵のものは食べられるデブに適した食の趣向を持っておりますが、やっぱりいちばんは米がいい。雑穀米でも白いのでも、押し麦混じっていても餅米でも、お米が好きでございます。
一方の代表格はパンでしょうが、かつて、あたしそれほどパンに強い興味をいだいてはおりませんでした。
空気だらけでスカスカだから。
あんなスカスカのもんでなく米がいいわ、といって生きてきました。
こんな自分がまさかパン作りを面白がってやるようになるとは予想もしとりませんでしたよ。菌と糖類、温度や水分の絶妙な按配が出来を左右するメカニズムに惚れたんだと思います。
#パスタ・そば・うどんも大好き。クスクスも大好き。

自分でパンを焼くようになってこっち、どっかで外食をするたびに、食べる機会があるものならパンを頼むようになりました。ファミレスでなんちゃらセットを頼んで、ライスでなくパン。一年前のあたしが見たら目をひん剥いているであろうと思います。
ココスでもロイホでもいいんですが、頻繁ではないにしろあちこちでパンを食べますと、目の前にある、このよくできたパンと、あたしの焼いた「あたしがやったにしては」よくできたパンを比べることになるわけです。
「けっこう今回はいい出来じゃないかなー」
とか言っていたのが一転、
「嫁よすまぬ。あれはパンでなく泥だ」
と頭を垂れるといった具合。厳しい現実の前には、謙虚でなくてはなりません。ふわっと焼けたなーと思っても、それ焼いた直後だけなんだよね。翌朝は硬くなってしまう。
先週末はパンを焼かずに過ごしました。まだ在庫があるからですが、水分に関する巨大な勘違いを修正すべく、今週末はなんとかパンを焼く時間をこさえたいものだと思っております。金曜日が帰社日、土曜日が会議。日曜日に頑張るしかないお(´・ω・`)

また、いちどツヤツヤのパンを作ることができて満足したっぽくて、こんどはドリュールなしのパンを焼きたいなーなどと考えるようになりました。さらさらぱりっとした皮の素朴なパンもいいよね。
はー。パン教室いきたい。

瓶の底にいる連中がかなりの量になってきたので、そろそろ小麦粉を食わせる頃合い。
葡萄酒用の酵母買っちゃったんだけど出番ないなあ。

りんごとはちみつ

日々、瓶の底にたまった屁こきピザデブ共(オリ)を確認しては、
「起きろ」
とばかりにシャッフルしてやり、ジュースの糖分を食わすことに血道を上げております。
うちの子たちはだいぶ数が増えた感がありまして、この趣味をはじめたばかりの頃に比べると、ジュースを食っていくスピードがだいぶ違います。発酵の過程そのものへの不安がなくなってきました。
むろんこれは寒い時期だからの話で、春以降気温が上がり、発酵スピードが上がり、一方で管理も忙しくなるという流れが待っています。部屋の中で普通に放置とかがリスクを負うようになるわけで、注意したいところ。
そういう季節を経験してみないとわからんことでもありますが、発泡スチロールのケースでも用意してやろうかなと考えています。夏場の気温とかほんとうに危険。誰も居ない間にビンが爆発しましたとか目も当てられない。ヨメにも怒られます。

先日、クリアタイプのりんごジュースを食わせた発酵液を菌どもから取り上げ、飲んでみました。
発酵で連中が盛り上がっているときは液が濁ってるんですが、だいたい食い尽くしてやる気がなくなると、連中はそこに沈んでじーっとするんですね。混濁タイプのりんごジュースかと思うほど濁っていた発酵液が綺麗に晴れ上がる。上澄みだけいただいて、オリには別途砂糖を食わせ、次回作へ備えさせたり、小麦粉を食わせてパンの種にしたりしています。
リンゴは非常に良い出来で、簡単に仕上がりました。家庭用で飲むならいいなーコレ。
雑味の少ない、キリッとした飲み物になってました。小岩井やるな。

りんごジュースは小さい瓶にあと幾分か残るだけなので、また仕込もうと思っています。
同時に進めていて、出来上がりが楽しみなのが蜂蜜。
SKYRIMプレイヤーなら一度は飲んでみたい「ミード」を作っています。作るといってもこれまた簡単な話で、蜂蜜を食わせて終わり。
調べて納得しましたが、ミードを作るには蜂蜜を水で薄めたものを醸すんですね。
蜂蜜は糖度が高すぎて、3000年経とうが腐らないので、水で薄めて糖度を下げ、菌が繁殖できる状態にしてやる必要があると。
蜂蜜って花粉集めて色々アレしたあとで、ちっこいハチどもが羽で風を送り、水分を飛ばして保存しているわけです。せっかく水分飛ばしたのにニンゲンは水で薄めちゃうわけだ。酷い話ですね。
このミードはちょこちょこ味見してますが、まだまだかかりそうです。糖度高すぎて発酵の進みが悪いのかも。

鬼憑鉄

鬼憑鉄といえばトラウマもののクエスト「鬼に金棒」のアレですが、さいきんそれをやることもなくなったみたいです。
「クソゆとりがうるさいんで一日一回だけできる簡単なの用意してやったから」
的佇まいのなんともご親切なクエストが用意されておるわけです。
ゴリゴリ強気だった姿勢が軟化してきたつうことはなにかね、接続者数減ってるのかね。
FF11を手本にしたとしか思えない変な日々の積み重ねアイテム実装とかに疲れた人たちが消えてるんでしょう。おねーさんがおもうに「猟団の自動解散」とかいう誰得システムを殺さないで放置してるのが問題なんじゃないのと思うんですけどね。帰る場所をさくさく消して回ってんだから帰ってくるわけないじゃんね。んで末期症状のお約束、重課金オンラインだ。

んでそんなわけだから鬼憑鉄をあつめてんの。鬼神シリーズつくんのよ。何で使うんだったかはよく覚えてないが、対ルコ用ハンマー装備とかで多分使うんだよ。性能そのものが極めて優秀で、何探すにもぽんぽん引っかかってくる。特に腕。
じゃあつくるか、ラージャン大嫌いだが仕方ない、位に思ってたんです。
鬼憑鉄は毎日「凄腕防具!鉄と骨の極意」をやる。顎ばっかり出てくる。気のせい。
ティガは苦手だけどまだ話の通じる相手なので大丈夫、尖爪と鋭牙ねハイハイ、とおもいきやこれが集まらない。全然でないわけじゃないしイメージ的にポンポン集まる(だって爪と牙ですよ)と思ってたんですが手こずります。結構な数の要求されてるんですが。
調べます。

轟竜の尖爪 via 狩リブ海
基本報酬10%*1
部位破壊20%
剥ぎ取り17%

轟竜の鋭牙 via 狩リブ海
基本報酬10%*1
部位破壊15%
落とし物5%

出るなあコレなら。
いつものあれか、妙に引きが悪いというだけの話か。
困るんですけど。これ4部位作ろうとしてるんですけど。
できればガンナー用に腕も作ろうと思ってるんですけど;;

焼いたパンが翌日固い

先日、わりと高得点の出来であると自負したパンをですね、ヨメがお弁当に持ってったんですね。
朝あっためて、バター塗って、黒ごまペースト塗って持たせたの。
どんなもんだかなあと思っていたんですが、彼女の帰宅後にパンの感想を聞いてみますと、
「あれ?と思うくらい固かったー」
オブラートに包んだ表現をしないあたり、察するにかなりの固さだったようです。
これはいかん、ということで調べてみます。
同じ内容で悩んでる人が山ほどいたことにまず唖然。こりゃ解決の目処がつくのは早そう。

で、大体わかりました。

焼いたパンは冷めきる前に袋詰めする

なるほどこれかー。勘違いしてた。冷め切ってから袋にいれるものだとばかり思ってた。
そういえばーと思いだしたんだよ。
パン屋さんで焼きたてを買うじゃない。袋に入れてくれたりするけど、パンがまだわずかに熱持ってて、袋の中が蒸気で曇ったりするんだよ。
「この蒸気でパンがべちゃっとしたらやだなあ」
って思ってたんですよ、今まで。
逆だった。これが正解だった。あたしが冷めるまで放置してたのは、つまり、パンの水分をひたすらに失わせることをしてたのね。そりゃーかわいて堅くもなるよねー。

焼きあがったら5分冷まして、タッパーや袋に詰めちゃうのがよいとのこと。
気をつけよう。

低温で長時間焼いてると水分が抜ける

オーブンレンジで焼いてる以上は、ある程度そういうもんだと思うほかないのかもしれないなー。
水分が抜ける分を補うってのが可能なのかは考えたい。

もともと水分少ない

Q: 全体に固くてボリュームがでないのはなぜでしょう?
A: 水不足の場合。水が少ないと生地が固くなり、伸展性がなくなります。生地の固さは耳たぶぐらいと言われていますが、実際にはもう少し柔らかめに仕上げたほうがいいでしょう。それには水をやや多めにすることです。

よくあるご質問@日本製粉

うわー。耳たぶって。うちのは水そのものも足りてなかったー。

小麦粉がそもそものところ、どのくらいまで水分を許容するのか(形を保つ程度のかたさを保てるか)を知らずに今までやってました。粉と水を少しずつムダにするかもだけど、どのくらいの比率までOKなのかを見極める実験とかするといいかもしれないな。

ほか参考にした記事

まず、吸水ですが、砂糖分が10%以下の生地の場合、粉に対して68%前後が適切です。
小麦粉の重量が書いていませんが、250g仕込みでしょうか?(砂糖は25g、塩5g見当で考えますと)この場合、水は170gが適正な量といえます。
卵や牛乳は水と総量で置き換えるのではなく、簡単な計算で80%の水分と置き換えると良いでしょう。

手作りパンが硬い理由はなんですか?

あたし水足りてなかったんだなーということを痛感しております。

おからクッキー

おからはまだまだ余っているので、後日ハンバーグであるとか色々なものに化ける予定。

だったんですが、みーんなクッキーに化けました。好評だったためであります。
cookie
しかしながら焼成に失敗し、かたーいにがーいクッキーになっちゃった……。
ううむ無念。
捲土重来を期すべくスーパーにいき、前回は気にも留めなかった大豆の値段を見ますと、
250g 259円
前回作った感じですと500gは使いそうです。
つまりだいたい二丁作るのに500円を超えるという話になります。
やめやめ。そんな高い豆腐になっちゃうなんてやっとれん。
木枠買ったのもったいなかったなー。
楽しいからいいじゃんというのはあるんですけど、それなりには安上がりにしたいです。

大豆価格の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

アメリカが大凶作なんだってさ。
爆上げじゃん。そりゃ高いわ。
ジョニーとかああいうとこもきっと大変なんであろう。そりゃ男前にもなるしズゴックにもなるって話だよ。

ふろふき大根を作る

圧力鍋は、オーブンレンジほどの登場回数こそないものの、我が家における地位の向上を着実に果たしております。
我が家における地位向上とは、
「ね、こんだけ美味しいのが簡単にできちゃうから便利だよね!」
というあたしの呼びかけをヨメが肯定してくれるかどうかという点にかかっています。評価を定着させるのが大変に困難な挑戦を日々やっておるわけです。そう、あたしはキッチンファイター。

こんどは大根を買ってきて、昆布やひとつまみの塩、とぎ汁ないので米をともに放り込み、ふろふき大根を作りました。
活力鍋は圧力を逃がす弁を「オモリ」というパーツが担う仕組みになってるんですが、このオモリがスチーム的なアレでシュ、シュ、と動き出したら火を弱めて2分、そんで火を止めて放置。圧力鍋のこの「シュー」と怖がる向きがいらっさいますが、それ逆だから。効果音的にビクッとするのはわかるが、加熱中であるにもかかわらずこれがシュー言わなくなったら、そのときが危ないんだからね!わかってねそのへん!
そんな一方で味噌だれを作ります。
こっちはいつもの材料を適当にアレします。味噌酒みりん+すりゴマと砂糖入れて混ぜて、ちょっと煮詰めて終わり。この味噌がうますぎて精神の平衡を失いかける勢い。あたし天才なのかもしれん。

こいつらはのちほど食卓に上がり、ヨメの高評価をいただく運びになりました。気に入ったみたい。
出来上がりもなんというか居酒屋っぽいというか、ちゃんとしたお店で出てくる感じになっちゃった。
大根ゆでて味噌つけただけなんですが、見栄えがして大変によろしゅうございます。これはまたつくろう。

好きな武器

Skyrimではメイン弓でした。時点で幻惑魔法。
Diablo3ではWitchDoctorでした。馬場とかありえんかった。
接触する前に敵を倒すということを、あたくしは至上としておるわけです。
斯様な具合でございますので、MHFでも最初は弓を使ってました。相手が龍だろうと蟹だろうとお構いなしに弓を背負ってました。
初心者時代の話とはいえ、これはいわゆる地雷です。
「ハンマーとかのほうがいいよ^^;」
「あたし弓がすきなんで!」
そんな会話もしたでしょう。痛すぎる。きっとあたしはクエに参加してはいるけど、倒したのは他の人という風景が山ほどあったことでしょう。
そんなあたしも、目を覚ます日がやってきます。

弓を捨てる気になったのはMHFからPSPでやるほう(MHP2とかそういうの)に手をつけたときのことでした。
弓の扱いもいつもどおり順調で、三角ボタンをピューンとやれば飛ぶ鳥も一矢で落とすぜと意気揚々、よくわからんながら作ったレウス装備に身を固めて雪山へ。
多分スキルは、ついてても攻撃UP【中】とかそういう程度でありましょう。
その時はじめてティガレックスというやつを目にし、その異様な風体にまずビビり、飛びかかってくるところを「そうは言っても一撃じゃ死なないだろ」とナメてそのまま矢を放ち、一撃で死に、あまりのショックに呆けたことがございます。
あんな怖い顔したのを相手にする上、噛まれたら一発で死ぬとか無理すぎる。
以降、あたしは「盾が持ててガード能力のある武器」を探し始め、片手を数分やって投げ、ランス/ガンスを持ちはじめ、そして歩く遅さと変な回避方法に絶望していたわけであります。
あまりに絶望するあまり2chあたりに人生相談したほどです。
#回答は「慣れろ」でした

弓持ってティガ行って一撃で死ぬというインパクトがなければ、ランスみたいな変態操作をする武器を持つ日は来なかっただろうと思います。もっとも、実はこれ装備がそもそものガンであって、レウス装備だから龍耐性マイナスなんですよね。そりゃ死ぬわ。
耐性についての知識などまるでありませんでしたので、ティガレックスというのは怖いやつだと強く強く己の心に刷り込むことになりました。Youtubeやニコニコあたりの動画サイトでひたすら回避ランサー/ガンサーの動画を見続け、何とか使えるようになってきたよというのがここ最近。長い道のりだった。
#クック先生の尻尾は避けられません

新モーション

ウラシマが記事書いてるので「新」というのは普通の人にとって既に新ではなくふつうのこととして溶け込んでいるのであろうと察せられますが、MHFで武器の振り方などが追加になったり変わったりしてるんですな。
あたしが普段使う武器はランス/ガンス/ハンマー/弓/ヘビィにほぼ限られ、何が何でも尻尾を切らねばならぬ(ベルQの尻尾)とか、クエスト上の縛り(メモヴォル)とか、そういう事情があるときにだけ大剣だの太刀だの片手だの、そういうつまらない武器が登場するといった具合です。

で、いろんな武器を振り回して各種モンスターにぶっ飛ばされ続けておりますと、たまーに変なモーションを目にするわけです。
見慣れないこの動きは一体なんだ。
ヨメはあたしよりも幾分か詳しいので、新モーションが追加になっているのであると教えてくれました。秘伝書何とかとはべつにそういうのついてるのね。
あたしは秘伝書の一つ目としてランスを選択したわけですが、4回突けてウホホこれははかどるウホホとやりつつ、タメ斬りみたいな動作をおりまぜて遊んでいます。
が、こいつはMHP3のカウンターと雰囲気がかぶって見えるわけです。
故にあたしは出しちゃいけない所でついつい”カウンターのつもりで”ため切りを出す変な癖がついてしまい、なぜそこでダメージを食らうのか、とヨメから詰められたりするわけです。
一方、嵐の型で使えるようになった前進しつつシールドバッシュは、どうも性能はとてもいいみたいですが使いこなせていません。即座に出すと言うよりは、予備動作を見た上で、はいはいわかってたそうくるのわかってたよードン的な使い方をするものなのでありましょう。
あちこちでマヌケなタイミングにバッシュをし、たいてい空振りをし、その後ぶっとばされています。
通常営業です。

いくつかの武器で新モーションをためしましたが、いちばん気に入ってるのはハンマーです。
あのコミカルな動作いいですね。マンガっぽい。モンハンはああいう馬鹿馬鹿しいところが残ってないといかんよ。
打球を指差すようなポーズを最後にとるのが大好き。空振りでも。

#狩人祭は負けました

備忘:神座でボウガン装備

あたしがライトボウガンを担ぐときは大抵「気楽な用事」のときに限られるので、あたしにとってボウガンとは基本的にヘビィを指します。
超速射?持ってない。

MHSX2 装備クリップ ガンナー(女)

武器スロットなし
アイルーのネコミミF   (他)  Lv7   66  ●  装填珠G
神座・覇【胸当て】         Lv7   85  ●● 加散珠G, 加散珠G
ロークFガード           Lv7   85  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
神座・覇【腰当て】         Lv7   81  ●● 剛力珠, 剛力珠
ギザミUレギンス         Lv7   53  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
プーギー服なし

防御値:370 スロット:■0□0●11○0 火:8 水:11 雷:15 氷:5 龍:11

超高級耳栓,攻撃力UP【大】,見切り+3,麻痺無効,餓狼+2
火事場力+2,装填速度+2,反動軽減+1,散弾LV1追加

適当にアレしてるので見つけたらポイポイメモします。
手持ちのでそれっぽいのを作ろうという趣向です。神座はかわいいので作ろうと思い立ちましたが、部位破壊1枠素材をよく使うので手間取りますね。
反動軽減1とかなめてんのかという話ですしあたしもそう思いますが、毒麻痺がお亡くなりになったという話なので、もう撃つ機会もあるまいよ。

反動:中を担いで、拡散や徹甲榴弾を撃たなければ(ふつう持たない)反動なしですよ。問題ない。なーんも問題ない。

続きを読む