テーマ変えてみた

日がな一日CSSいじくり回すだけのむやみな勢いが昔は備わっていたのですが、もはやそんな気にもなれません。デザイン変更ってめんどくさい。
とか言ってるうちにCSSもどんどん機能がややこしくなってきて、理解がおっつきません。
引用のとこのスタイルがちょっと気に入らない。なんとかしたいお。

暖家の魔性のパン

DANKE(暖家)って名前の、有名店だったらしいですがパン屋さんを近所で見つけました。
今までもその店に気づくチャンスは割とあったはずで、このへんに住んで3年経過してるんですが、まったく認識していませんでした。自分でパンを焼くようになったことでパンへの興味が出てきたのでありましょう。
あたしの焼く、へたっぴパンを食べさせてばかりのかわいそうなヨメのため、久々の本物のパンを食べさせるために、お店に入ります。
なんすかね、パン屋のあの芳香つうのはこう、人間の警戒心とかすべて粉々にしますね。
あーうまそうー(´∀`)みたいな、もうダメです。ちょっと「見てみる」つもりが「さてなに買おうかな」になってしまう。近隣の住人の皆様は毎日コレに耐えて米粒とか蕎麦とか食べるわけ?どんだけ忍耐力あんだよ。慣れるの?

クロワッサン、ハイジの白パン(あちこちでよく見かけますねコレ)、レーズンパン、コッペパンを買って帰還。
コレ買ったタイミングがココス?だかで腹いっぱいお昼食べた直後だったもので、こいつらを食べるのは翌日以降。
お腹いっぱいでうまいもん食べても美味しさわからないもの。
で、翌朝。
レーズンパン(ヨメのチョイス)とコッペパン(あたしのチョイス)を暖め、二人で食べてみます。
レーズンパンはヨメの好み通りだったらしく大興奮しております。もっちりして美味しかった。
あたしが選んだのはコッペパンです。べつにコッペパン好きな訳じゃないです。ヨメが好きなパンだというのを昔から聞いていたので買ってみたのでした。
#食べちゃったので写真はございませーん
“暖家の魔性のパン” の続きを読む

シードルを仕込む

そう、酵母でパンを作るのは時期尚早と判断し、手を止めたあたくしでございますよ。
が、よくよく考えればこっちはおまけで、自宅で酵母を育てることに興味を持ったきっかけは自家製シードルを作ってる人々のブログ記事を読んだことにあったのでした。
そうだった。
そして、パンの種は一向にふくらまなかったが、酵母ビンを開けた時の香りはまさに酒。葡萄酒ですら顔をしかめるヨメに嗅がせますと同じ顔をしたので間違いありません。アルコール発酵しています。
で、今度は酒を育てることにしました。
使うのは、パンでこそ失敗したもののリンゴをたっぷり食わせた酵母のみなさん。
#酒税法うんたらかんたらにつきアルコール度数は1%以下でうんたらかんたら。

まずはりんご100%のジュースを買ってきます。近所で売ってなかったので少し歩いてヨーカドーまで。
りんご100%ジュースくらいどこにでもあるだろと思ってましたが、そうでもありませんでした。多少高くても100%がいい、なんていう客は少ないということの良い証左です。30でも10でも無果汁でも安いりんごジュースがあればそれでいいんだと。だから第三のビールとかいろいろ変なものでも売れるんですなー。
#昔聞いた話じゃ、クイーンズ伊勢丹とかの高級スーパーでは高い順に売れるらしいので、客層によって購買行動はまったく別物になるのかもね。

が、こっちは酒を造るのであります。リンゴと砂糖水を合わせた何かで造るわけにはいかない。100じゃなきゃ困る。さらに香料なしのものを探しましたがさすがに無理がありました、そのへんは妥協。初戦だしこだわりすぎなのもいけません。
意気揚々とりんごジュースの瓶を持って帰り、ジュース少しを小瓶に移し、酵母液と混ぜあわせます。そんで放置。
保温器みたいなしゃれたものを持っていない我が家ですが、なんとかいい感じの場所を見つけてそこでぬくぬくと育てます。
数日後にビンを振りますと、蓋の隙間からシュワ!キタコレ。瓶内の泡の勢いも素晴らしい。
ビンが破裂しないように圧だけ抜いてやり、また数日放置。泡の勢いは未だ元気。そして瓶の底には白いオリが沈んでいます。増えておる。これは成功の予感。。。
これを、元のりんごジュースのビンに戻して、放置。

で、これがいま放置中なわけです。
もうどんなことになってくれるか楽しみで仕方なく、またこんだけ大きなビン(1リットルくらい)で作るということは、きっと膨大なオリの生産にも期待ができそう。
うまく出来たらたまりませんな。
これでたくさんオリができたら、こいつをパンに持って行くとかも企んでおります。
ビンの中の泡立ちが落ち着いてきたら、小瓶に分けて、二次発酵用の果糖(プライミングシュガーっていうらしい)をするという手順が待っています。

酸素があってもなくても生きることができ、酸素の有無で振る舞いを変えるというこの菌の特性は、調べれば調べるほど面白いものです。
コナこねて焼けばパンだと思ってましたが、なかなかどうして、科学ですよ。

アルコール1%うんたらかんたら:
アルコール度数1%未満しか作ってはいかんという酒税法のあり方には疑問を覚えますが今はコレがルール。仕方ない。
二次大戦中の大増税の際の負の遺産が、なんだって21世紀においてまで生き残っておるのか。一般家庭での酒造用の米を作付けする農家も出てくるかもよ。雇用創出じゃないの。ね。
無意味な規制でしめ上げるのやめて、あたしが家庭で蒸留酒作ってもOKくらいのかんじにして欲しいです!

ヨメの挙動を眺める日記

寝る前に
「水やりしたー?」
「あげてなかったー」
「枯れるわよー」
「そんなー(´・ω・`)」
というやり取りを日常的にしております。主客は入れ替わることもあります。
UOのガーデニングが生活に溶け込んでおります。
ヨメはDespice辺りをウロウロし、未踏の航路?だかで使えるようになる、でかい船購入のための貯金をしているようです。おそらく一般のプレイヤーさんだとさっくり買える金額なんですが、こらえ性も敏捷度も不足気味な人のことですので、時間がかかっています。
エティンと土エレ相手に大立ち回りした後は楽天とヤフオクを眺め、日々少しずつ操作の上達を感じていると威張り、そしてそのへんにすっ転がってケータイいじり。
一方のあたしは水やりをし、Skyrim Nexusを眺めDragonPornを眺めやっとこSKYRIMを起動しちょろちょろ遊んで寝るというサイクルです。
食後にパン焼くとかそういうことでもなければ、我が家の風景はこんな感じ。
ヨメいわく、WitchDoctorが強化されたらしいとか何とか言うので、調べ物再開かなあ。
英語を見る機会にはなるかな。ぜんぜん身につかないけれど。

誕生日だった

19さいになりました^^
こんごもおねーさんブログをよろしくー!
てーれってー

宇多田ヒカルさんと友達のかりんちゃんもおめでとう!

JAY WILSON resigned from D3 project.

パンのことばっか書いてるブログですが、閲覧者の大半はいまだにDiablo3の記事を探しに来ているというのがうちの実情でありまして、極めて色んな意味で書き手と読み手のマッチング性の欠落を認識しており申し訳ないと思う次第であります。

うちのブログでやや閲覧数が多いのが[訳]JAY WILSONの真実って記事なんですが、この記事がやっとこ過去のものというか大した意味も持たなくなる日が来たようです。

4亀の記事です。
Blizzardのジェイ・ウィルソン氏が「Diablo III」のゲームディレクターを退任へ。最新パッチ「1.0.7」開発スケジュールに影響なし via 4gamer

ほー?
なんで?ビジネス的には成功してるんじゃないの?Diabloシリーズのファンから多少、強い調子での非難は受けているけど。

背景

とおもいきや、
Access Accepted第356回:「Diablo III」のゲームディレクターが投稿した一通の謝罪文 via 4gamer
こんな記事も。
あれれれ。あたしアンテナ低くてこの話今知ったんですけど(半年遅れ!)、決定的にこれで嫌われちゃったという可能性もあるのかなあ。というかDiabloシリーズの生みの親に言っちゃったら致命傷になるわなあ。
ちなみにこの謝罪文云々の記事で一番笑ったのは

執拗に批判を繰り返すゲーマーを“トロール”と呼ぶことがあるが,

というくだり。
トロールww非常によく分かるw

本人はなんと言ってるか

なんとなーく読んだ:
(STICKY) SEVEN YEARS IN SANCTUARY(ジェイ・ウィルソンが退任のコメントを書いています)
エキサイト翻訳様とおしてザーッと読んで終わり。長いので訳すのはどっか英語得意なサイトがやるでしょう。
そもそもあそこの色使いがアレで、フォーラムとか見ると目にしましまが焼きつくんだよ。
ああしましまだ。つらい。

後任未定のDiablo3の明日はどっちだ

どっかのリビングデッドみたいに、イチから作りなおすとかをすることはなくていいし、次に来る人が優秀だといいですなー。
#大きな基盤できてるから、穏やかな性格の人が入れば済むんじゃないかな。
彼自身の手腕かは知らんけど、いちおうこんだけのセールス生み出して、いまだにフォーラムが超ガヤガヤして、パンのことばっか書いてるあたしんとこへ、毎日ひっきりなしに検索で到着する田舎もんが山ほどいることを考えると、ジェイ・ウィルソン個人の仕事そのものとしてはよくやったんだと思うんですけどね。

「Diablo IIIは発売から6週間で1000万本のセールス」なんだそうです。タイトルの七光り的セールスがあったことは疑いようもない事実だとしてもです。

きっとこういうアレでは、
「JWが優秀じゃなくてもチームが優秀ならうんたらかんたら」
「Diabloというタイトルへの期待度がうんたらかんたら」
といった話も聞こえてきましょうが、馬鹿かとあたしはいいたい。そういうの全部ひっくるめて、少なくとも表面上うまくいっててセールスも出てたら、それはリーダーの功績としていいんだよ。
(仮に)彼の経歴がアレでも、(仮に)性格や発言がクソでも、プロジェクトを成功に導いたのは事実ですし、その一点を以って彼は優秀なプロデューサーであったと言えます。
#たとえば優秀なスポーツ選手や素晴らしい歌手が、同時にいい人である必要をあたしは感じていません。武道家とかは人格者であってほしいとは思いますが。同様に、プロデューサーとしての彼がDiabloシリーズの生みの親に対して敬意を持っていようといなかろうと、ゲームをプレイすること自体にそれは関係ないとあたしは考えています。

そもそもBlizzard Northの元メンバーがほぼいないとかいう異常な風景でプロジェクトが進んでいる事自体に寒気を覚えなければいかんのは相変わらずで、戻ってくることはないだろうし、その元Northの皆さんが手がけているタイトルもなんだか微妙な感じなので、もうほんとDiabloの系譜はいまの鰤さんとこに期待をする他ないわけであります。
ちなみにSouthはRTSかなんかが得意な人々だったはずで、同じ会社名貼っつけてますが毛色が違います。
思い出した時にやって、あーやっぱおもしれえなあーって言えるようになってて欲しいものです。
おつかれっしたJW。あたしもJWのポストに寄せられたコメントで覚えた英語でアレしとこう。
Jay, Best of luck in the future.

DEVELOPMENT HELLのボスどうすんの?

活力鍋が届いた

年末に発見したアサヒ軽金属工業の福袋。
25,000円でアレコレ詰め合わせのどうのこうのというアレなんですが、これで活力鍋を注文いたしました。
それが昨年末のいつだったか、暮れの頃だったかと思います。
やっと到着しました。待ちかねたわ。

今回注文したのは「活力鍋(L)福袋」というやつで、Lなので一番大きい容量5.5リットルの鍋です。
器は大きくても、実際は鍋の半分とかまでしかモノを入れちゃダメなのね。なので余裕のあるものを買いました。
#内容物が跳ねたりして蒸気の逃げ道塞ぐと事故になっちゃうため、容器内に余裕をもたせる必要がありんす。

とにかくアサヒ軽金属の製品で言われるのは「物は良い。しかし高い」という一言につきます。実際高い。
あたしが今回買った鍋、単品で26,900円という代物。これが25,000円でオマケも付くんだったらいうことないわけです。
これの購入を年単位で迷っている人は星の数ほどいるでありましょう。物はいいらしいけど高すぎる。物はいいらしいけど高すぎる。これ唱えて何年経ったことか。
うちの場合はちょうどボーナスっぽいものをいただけて、PC新調するはずだったんですがヒヨってるうちにセールを見つけちゃったという流れです。なのでこれのために貯金してたとかいうわけではありません。こないだ買ったぶんた(オーブンレンジ)も同様です。PC新調は遠のきました。

圧力鍋と活力鍋の違い:
活力鍋とはメーカーのつけた製品名なので、これはいわゆる圧力鍋であります。
注目したい点は、一般の圧力鍋に比べて、鍋の中にかけられる圧力がはるかに高い点。詳しくはあちこち見てちょうだい。あたしがここに書くにしてもどっかのコピペにしかならないので意味ない。
鍋内部で2.44気圧とか超怖いわけですが、こんだけの圧かけて煮炊きしたらそりゃえらいことになるわな。
なんで高い気圧がいるのかに関して調べていて感心したんですが、日本で扱う食材は硬いものが多いから、これだけの気圧をかける利点があるんだということのようです。とくに玄米。海外製品が0.9気圧しかないとかは、肉と野菜ならそのくらいで十分なんだということなのかもしれません。

うちは高圧を出せるからこれにしたというよりは、圧力鍋を怖がるヨメに理由がありました。
フライパンでパーンのちょっと頭おかしいCMや怪しいチラシのおかげさんで、あの企業のイメージが良かったのです。日本製だしねというのもありますが、アサヒ軽金属の鍋なら買ってもOKという許可が出たためこいつを買ったというかんじです。しょうもない理由ではありますが、一見怖い製品ですので「信じられる」「信じる気になれる」ってあたりはバカにできんかなと思います。

アサヒ軽金属工業
活力鍋(圧力鍋)購入のお勧めとレシピ研究
圧力鍋の気圧に関する記述
ようつべ

うまく焼けたが痛恨のミス

再び黒糖ロールに挑戦。
こんかいは糖分をぐっと減らして試します。また、バターも減量します。

黒糖40g+砂糖20g(前回から黒糖-20gと蜂蜜削減、砂糖+10g)
バター20g(前回から-10g)
インスタントコーヒーの粉を微量に追加
こんなかんじ。

そもそもバターロールのレシピを基準に考えてるから、油分てんこ盛りにしがちなんだ。ここは改めたい。
で、これがなんというか、生地のまとまりがよく、こねてる最中から「これはいいものだ…」感がありました。
そして日々の研究の反映をするべく、
一次発酵と二次発酵をそれぞれ長めにとってみます。
普段と明らかに違いが出たのは二次発酵で、もういつもより断然ふくらんでるわけですよ。半端でない。
こりゃいけるわ、素晴らしいパンになるわと邪悪に笑いつつ焼成。普段の190℃で焼くところを180℃、焼成時間を15→18分としてみます。

20130113pan
形が不細工なのはいつものことなので気にしない。
色味が濃くなってますがコーヒー効果でしょう。色の具合はいい感じです。
今回は9分割にしました。一個食べた後なので一個分減ってますがこの膨らみよう。日本よこれがパンだとか言いたいところです。

天板に張り付いてしまいパン壊すはめに

ふわっふわなんです。ふわっふわ。ふわふわ具合は今まででたぶん最高か2番目。すばらしい。
そのぶん柔らかくて、天板から剥がせませんでした。こんなところでこけるとは思ってなかった。焼成時間に問題があるか、天板に塗った油が少なすぎたというところかと思います。
素直にクッキングシートを敷こうと思います。
なにやら何度も使えるシートが売ってるらしいので、試してみる予定です。
いい出来のパンが焼けていただけに、返す返すも悔やまれます。

味自体は、甘さはこれで十分だねといえる感じです。もう少し減らせる余地はありそう。
あと今回はドリュールを少し変えました。いつもは溶き卵+水ですが、卵を全量使っちゃったせいもあって、砂糖を溶かした牛乳を塗りました。これは水加えなくてもいいかも。ツヤは出なかった。
意外ですがみりんもいけるらしい。
メイラード反応つうのが起こるならなんでもいいのだな。

ドリュールを用意する際、卵に塩を加えるのが不思議だったんですが、以下の説明で納得しました。
お菓子の事です。ドリュール(塗黄身)について教えて下さい。よろしくお願いいた…
勉強になるなあ。

割れたり割れなかったりする

最近あたしの調べ物は、おもにSkyrimとそのMod、パン、オーブン料理レシピ、活力鍋でのレシピ、たまにUOという感じになっています。
職業プログラマですが家に帰ると完全にそんなの欠片も思い出さない生活です。
あたしハッカーの素養ないや。ギークになんのは諦めよう。

で、パン。今日も明日も明後日もパンだよ。
どーも巷では、パンが割れて困る/割れなくて困るという話をちょいちょいみかけます。
どっちかにしろよと言いたいところだが、どうも割れて困る箇所と困らない箇所があるようです。
困るのは底割れというもので、パンの底に裂け目ができちゃうやつ。自身では経験ないけども、写真を見るとけっこうぎょっとする。
パン内部に大きな空洞ができちゃうのはあった。これも明確に失敗パンなので何とかしたいのは確かです。
いっぽうの困らないのはクープというもので、フランスパンの表面に裂け目みたいなのがあるな?あれのことみたいだどうも。裂け目作る用の道具まであんの。
クープのほうは見栄えがするから良いのか、機能的に優れた何かがあるのか、よくわからない。上部に裂け目を作っておくことで、焼成時の膨張の逃げ場を作ってあげてるんだろう。

底割れというのはたしかに困るが、あたしがリアルに困っているのはバターロールみたいな、巻いた生地が裂けて盛り上がることなわけです。あたしが焼いたパンはほぼ全てこうなってる。
裂けなかった例外はパン用ミックス使った時なので、配合にミスがあるんだろうなあ、くらいに考えておりました。
気になる点なのでちらちら調べ物をしていると、底割れについて質問しているヤフー知恵遅れの記事を発見。ここにあった回答にヒントが。

・生地が硬い。
・ミキシングが足りない(生地がつながっていない)。
・一次発酵をとりすぎている。
・二次発酵が足りない(特にバターロール)
・成型が強い(バターロール・クロワッサンなど)
・鉄板に塗る油脂が少ない(滑らない)
・薄力粉・中力粉の量が多い

バターロールで巻いた生地が跳ね上がったら、発酵に関するところ。
鉄板との縁での裂けであれば、ミキシング(長さか油脂を入れるタイミング)に関係するところあたりから直して見てください。

神がいた。
これは検証する価値がある。
二次発酵が足りないと仮定して、普段やっているレシピをつかい、二次発酵の時間を変えてみよう。過発酵を怖がりすぎてたかも。
材料の配合、生地のこね時間や温度、発酵時間、焼成温度と時間など、パンを焼くプロセスにおいてはたくさんのパラメータがあり、これらをうまいこと最適化していくことで、いつかうまいパンを安定して焼けるようになるんでしょうね。

他にも参考になりそうなリンク:
パン屋くらのパン教室 パンの空洞について
ヤフー知恵遅れ 食パンの成形が上手に出来ず切って見ると大きな空洞が出来て見栄えが悪く・・いつ…

スムーズじゃないスムージーを作る

ブレンダーのことをミキサーと言っていた頃からこっち、あのへんの道具の選定を始めてもうけっこう経つんですが、ブレンダーの購入はまだ済んでおりません。
クイジナート買うつもりは固まったんだけど、寒い季節になっちゃったからニーズがどうしても。
で、こないだヨーグルトを半額で買ってきたので、こいつでなんかデザート作ろうということになりました。
冷凍庫にブルーベリーさんがいたはずです。
こいつをざらざらと器に出し、ブラウンのハンドブレンダーを突っ込んで撹拌します。しばらくわんわんやってるとシャーベット状のブルーベリーのペーストができてきます。コレ、この手順でシャーベットも作れちゃうじゃないか。夏にまたやろう。
でも今回はシャーベットではなくスムージー。途中でヨーグルさん投入。甘みを少し足したいので蜂蜜もわずかに投入。ブルーベリーを贅沢に投入しすぎたようで、アサイードリンクみたいな色のブルーベリー+ヨーグルトのおやつが完成しました。
粉砕係がハンドブレンダーさんなので、粒はやや荒い感じです。ザラッとした部分が残るのも好みなので今回はこれで供します。
1月の話です。
うまいうまいつめたいと食べて、すっかり冷えて、風呂に入って寝ました。
ただでさえ寒いのに何やってんでしょうね。

新型のはブレードのカバー部分が金属になったんですなー
ほんとこいつは使い勝手が凄まじくて、いい買い物をしたと思ってます。

もともとは石鹸用に買ったんですけどね。