月別アーカイブ: 2008年4月

どうでもいいことにっき

音楽の趣味の変遷が、さいきんすごいことになっています。もともとミーハーなんだけども。
テクノとかそれ風なのはたぶん死ぬまで好きなのね。EnigmaもDeepForestもKayaProjectもPaulVanDykもAirもMondoGrossoもCocteauTwinsも。
BGMにいいのないかなーなんて探し始めると、ボサノバだタンゴだってヘンに食指が伸びます。
ジャズは良く分かんないのでジャケ買いしています。
ヘンなのかけてて、聴いてる人から反応あるのは楽しい。へーこのひとこんなの聴くんだーみたいな。
capsuleつうユニットがあって、中田ヤスタカのなんですけど、このひとがプロデュースしてるPerfumeってアイドルみたいなのがあんのね。たまにかけてると思うんだけども。
いつ買ったか分かんないPerfumeのCDかけてて思ったんだけど、歌無しの方がいいのね。
みたいな。
#capsuleは歌があっても大変にマトモです。
しかし声にあんなエフェクトかけちゃって(それ自体は凄く好き)、ライブとかどうしてるんだろう。目の前で生身の人間が歌ってるのにエフェクトかけてたらそれはそれで気味が悪いわけだし。
DVDで見る限り、Perfumeのライブパフォーマンスはええとその、なかったことにしました。CDがいちばん。

あましょっぱからい

ゆっかさんのオミヤゲで、奇妙なお菓子をいただきました。
元祖カリーどら焼き。
なんじゃそら。元祖って。
竹隆庵 岡埜という、(調べた限りは)至極まともな和菓子屋さん。
カリーどら焼き。
なんなんだ。
表には福神漬け入りとか書いてあるわけ。
原材料を見ると大根とかナスとか書いてあるわけよ。
・・・おねーさん理解不能です。
たべてみる。
あま しょっぱ からい。
工工エエェェ(´Д`)ェェエエ工工
まずいかうまいか、それはあなたにチャンスがあったら確かめてみてください。
にぎやかしのお土産としてはとてもよさそう。
こういうものだと思って食べるならアリだとおもう。
ごちそうさまでした!
#ちなみに写真を撮れば良かったと思ったのは食べたあとのことなので、画像はナシ。

物欲にまけたにっき

ぶえなすのーちぇす。おねーさんです。
案件の面接に出かけた帰り、うららかな池袋の午後。
まっすぐ戻るつもりが、気づくとビックカメラにおりました。
あれれ。
まずキーボードを手に取り、気に入った感触のものをひとつゲット。
さらに8ポートの1Gbitスイッチをゲット。5ポートのは持ってるんだけどもう口が足りないのねん。
で、PC切り替え器なるものをげーっと!これを買いに来たのでした。
音楽取り込み用/造船用PCと、こないだこさえたファイルサーバのモニタ・キーボード・マウスを共用するための秘密兵器なのです。
モニタをもう一枚用意するとなると数万円の出費は免れない。でもサーバの画面なんてそうそう眺めるものじゃない。かといってモニタのケーブルを差し替える作業もなんかどんくさいし、そもそも誤ってピン折ったら泣くに泣けない。
そこでこれですよ。
ボタン押すと、画面も操作系もぴこっと切り替わってくれるのです。
うぇぇこりゃべんり……。
なにやらCTRLを二回押して切り替えるようなものもあるらしいのですけど、あたしは本体のボタンをポチするやつを選びました。
誤操作で切り替わったらカチンと来そうなので(-_-;
あれ、と思ったときに、ちょっと手を伸ばせばサーバ側の画面も確認できるのはとても便利。
たまたまX-windowなんちゃらもいれてあるので、つれづれなる時などに遊ぶにもいいしね。
しかしなんだ、なんであたしはナンカのついでにすぐキーボードを買っちゃうんだ。

らじお環境+新PCセットアップ

おねーさんです。
いやー。昨日のバザー凄かったよセビリアの。
行儀がよいなり
なんか始まる前には9番館前に行列できてたり。
売り子もぎっしり
あうれあの裁縫キチガイことElzaさんの用意した色とりどりの服をみんなでバザーしてきました。
ナポ5や七海やパラドール、はたまたリスボンの花屋さんとかとかお手伝いさんも来ていて、Elzaさんの人脈の広さをかいま見たひとときでもありました。
1時間半ほど騒ぎに騒いでオヒラキ。
実に、170M売り上げたとのことでございます。ひええ。
で、一方のおねーさんちのPC環境。
なんとかディレクトリの共有ができ、日中はiTunesに音楽を取り込んでおりました。
おおむね復活ヽ(`Д´)ノ
とはいえ、ライブラリ全体で4000曲くらい?聴かない曲がたくさんあったんだと考えることにして一段落させます。
iTunes操作用のPC(こくとうさん)で音楽を取り込みライブラリを共有、ラジオ用のノートPC(ばいおさん)からライブラリが見えるように設定して、ばいおさんで再生してみます。
流れた!
よしよし、これで安泰。今週木曜日はなんとかなる模様。
いっぺんに色々なことを勉強できたこの数週間でありました。

環境つくっているのです

はろうおねーさんです。
だいたいログインしててもセビリア迅速木下で路頭に迷ってる人RPの日々なんですが、
こんなふうになってる図(0413更新)
こんなことやっているのです。
やっているというか、この状態にするための作業とか。
あとiPodから曲吸い出してPCに戻すだとか。
Yami-Podというツールを見つけたので、へんてこなファイル名にならない状態でiPodからの吸い出しもできてほっとしております。これで2850曲くらいがサルベージできたかんじ。
4000曲くらいが闇に消えました。うあああ。
うああ。
#たぶん木曜(っていうか今日か)もBGMないぽ
どうでもいいことですけどタコ足配線すぎて恐ろしいです。

お客さんはバカなのである

タイトルだけ見るとものすごく挑発的なタイトルですが、中身は穏やかにいきます。
おねーさんです。
ちなみに備忘なのでいつも通り自分用の記事です。
一般に商品開発とか検討をやるときというのは、ある程度まとまった時間を、その思考や検証のために延々と費やすことになります。
そりゃそうですよね。どうやったらいいものになるか、どうやったらターゲットに受け入れてもらえるか、考えますもんね。
もっと便利に、もっと高機能に、もっともっともっと。
で。
いざ発売・リリースとかの頃、担当者さんはどうなるかというと、一応世界一その商品に詳しい人になっています(いるはず)。
検討に検討を、議論に議論を重ねたわけです。あまたの選択肢や制約の中から「これだ!」というひとつを選んで進むわけです。
誰よりもその商品の良さ(っていうのは場合にもよるか)を知っていておかしくない。
……ここで足元をよく見ていないと、変なことで怒ることになったりもいたします。
お客さんはそれに対して別に思い入れなんてないし、隅々まで良さを知ってるわけでもない。上辺の印象で、おおまかに買うか買わないかを決める。
みたいな。
うわー当たり前のことをえらそうに書いてバカみたいだよー
いやバカなんだけどそれは横に置いておきたいのよー
「何で伝わらないんだろう。こんなにいい物できたのに」
担当者さん、終電ですよ。
売り方が悪いとかあるかもしれないけれど、お客さんはあなたほど商品のことを知らないんですよ。また、知ろうとする生き物ではないんです。
そしてそれは知らせて分かってもらう類のものではなかったりもするんですよ。
細かいことには気づいてくれないし、ましてや気の利いた機能なんかのっけてたって使わない人がほとんどだし、そのくせ妙なところで「ここ気に入らない」とかblogに書いてくれるんです。
「これ半年使ってるけどさ、この機能いまさら気づいたわ。まじべんりーまじでー」
半年後かよ!いいえ、そういうものなのです。
iPod。
未曾有の販売台数を誇るデジものの怪物です。いまやウォークマンなどという単語は昔日のものと成り果てました。哀れソニー。さらばソニー。
で、iPodをですよ、優れた操作性とか大容量とかあれやこれや、そんなコトを気にして買ったのは全体の何パーセントだったでしょう。
ほとんどの人(あたしを含む)は、白くてかわいくてオシャレ、ボタン少なくて使うの簡単そう、そんなとこですよ購買理由。
Appleは第一印象(だけとは言わないけど)で勝利できることをよく知っている企業ですね。
逆に「ドコモに移転ゼロ」なんてみょうちくりんなキャンペーン張ってるDocomoさんみてくださいよ。あんな自虐的な販促生まれてはじめてみたわ。
なんか色々できるっぽいけど、わぁそれってすごい!とかオシャレ!とか思った人がどれくらいいましたかね。
安いっす、とか、おしゃれっす、とか、いわゆるキャッチーな部分でしか、たいていの人は見てくれないのです。
機械がかっこいいとかね。
そういう人達に物を売ろうとしていたのに、自分だけが詳しくなっちゃったもんだから、詳しくない人の気持ちを忘れちゃったのね。
物を売る売らないとかだけじゃなく、たとえば自分よりなにかに詳しくない人を見下す傾向があるケースなんかも、これの仲間なんじゃないかしら。
なんてことを考えたりする日もあるのでございました。
同時にいろんな視点を得るのは、とても難しいのね。でも同時にソレはやり方があって、やり方を知っている人には大変なことではないのね。
やり方というか、それって生き方なのではないかなあとか思ったりもするのですけれど。