月別アーカイブ: 2007年10月

初音ミクが見せる、シャロンアップルのような未来

初音ミクを購入してしまったおねーさんです。
血迷ったのは確かですけど言い訳できません。
もうなんとでも言ってください。わああああん
マシンボイスというと、
「18階デス」
「ゴ利用アリガトウゴザイマシタ」
みたいなのを連想するけれど、だいぶ変わってきましたね。ね。
さて。
掲題のシャロン・アップルというのはマクロスプラスって映画にでてきた、バーチャルアイドルみたいなのの名前です。
滅多なことでアニメを見ないあたくしがなんでこんなのを知っているかというと、
「別格だから見ておけ」
っていわれて、半ば無理矢理アニオタの友達に見せられたことがあるの。こいつのチョイスは間違ってなかったね。
話はあんまり覚えてないけれど、ストーリーの背景や設定、そして音楽はとても良かった記憶があります。
暇だったら見てみて頂戴。音楽はとてもイイヨ。DOLと同じく菅野よう子の仕事らしい。
そしてこの「音楽」、映画のサントラに近いものなんですが、シャロン・アップルという名義ででています。
映画に出てきたバーチャルアイドルのアルバムという位置づけなのね。にくいなあ。
くわしくはWikipediaあたりで
で。
このシャロン・アップルは、ストーリーのヒロインの声をサンプリングして、さらに疑似人格入れてなんていう存在で、いろんな角度からヒロインの存在そのものを脅かしていくのだけれど、このストーリーの経緯に似たものを感じさせる出来事が、初音ミクという商品の開発の際にもあったようで興味深かった。
当初は、歌手をターゲットに「この商品の素材になってください」みたいな交渉をしていたらしいのね。そうとう難航したらしい。自分のクローンをつくられるようでいやだ、なんていう声もあったとか。
ITMediaに記事があります
この感覚は歌手独特、声優独特のものがあるんだろうなと思う。声もやっぱり自分の一部であることに間違いなくて、自分じゃない自分の声が他人の手から作り出される、ある種の居心地の悪さを肌で感じるんだろうなというような。
シャロン・アップルは、映画では人々を陶酔させる疑似人格でした。
巷の一部をにぎわせている初音ミクはそこまですごいものではないのだけれど、一般の人のところにまで(半)人工の音声が「楽器」として下りてきたことは特筆すべき点なのだと思います(ほんとはもっと以前からこういう商品がでてはいたんだけど、ここまで大騒ぎになるほど売れるケースというのはなかった)。
なんで前からある類の商品がここにきて?というくだりは、Youtubeやニコニコが地盤を整えた、絶妙のタイミングだったと評する人が多い。これには同感。タイミングってあるよね。
かなり外れるけど、むかし浜崎ナントカの歌を聴いたときに覚えた感覚に似てもいました。
「あーこいつは歌手じゃなくて楽器だわ」みたいな。好きな人サーセン。
相当に音をいじっているであろうことはわかったけれど、それにしてもシンセの音との相性が良くて、楽器だと感じたのね。ナニを歌っているかとかはいっさい興味がなかったし、ファンになるとかいうのは全然なかったけれど。
楽器のような肉声があって、肉声にほど近い楽器としての声があって。
さいきんじゃ歌手なんて声でりゃいいんだっていわれる世の中じゃないですか。声が出さえすれば機械でゴリゴリやって、メイクもSFXバリにやって完璧なアイドルの一丁上がり。こういう時代にいるんだなあ、て。
さて初音ミク、発売から一月半経過して、なんだっていまさらこんなことを書いているのかという気にもなりはするのですけれど、備忘みたいなもんなんだよ付き合わせてごめんよ。
きっと題名の二つのキーワードで記事書いてる人ゴマンといるよね。
マクロスの世界は別としても、あの世界に描かれた時代近づきつつあるんだという実感を、多くの人が共有しているのじゃないかと、思う。
じりじりとそれは到来しようとしていて、まさかとおもっていた未来の幕開けに立ち会えちゃうんじゃないかという期待のようなものとか。

続きを読む

セビコレ

おおあわてでアジアから舞い戻って参加してきました。
ニコニコ動画の有料アカウントとってしまって、いまさらニコニコにはまっていました。たのしい。
ほんとこの週末はニコニコ見っぱなしだったと言っても過言でないくらい。
まあそれはいいや。
ほんとにたくさんの人出があって、にぎやかでした。
セビリアのあちこちで、珍しい服に着飾った紳士淑女がダチョウもかくやの勢いでかけずり回る様は圧巻の一言でございました。
いい服着てるんだから優雅にいきなさいよそういうところで地がでるんだよw
人のこと言えた義理じゃございませんけれども。
イベント後半、噴水のあたりで数十人が一斉に踊るなんていう催しもありました。
実はあのあたりはなんの打ち合わせもなかったので、宴会担当とかいわれて音頭取りになったときは、急にボールがきた柳沢みたいになっておりました。
あんまり記憶がないです(-_-;
さきほどログを見返してみると、恐ろしい量の「○○は踊った」の合間に、異常なテンションの自分の叫び声があれこれまじっていて微妙な気分です。非常に微妙な気分です。
しらふだったんですけどね……。
ともあれ、大騒ぎにつきあって頂いた皆様、あらためてお礼申し上げます。ありがとうございました!

続きを読む

乙鯖イスパニアの皆様へ

おねーさんです。
日頃からしょーもない言動しょーもないらじおしょーもない日記を垂れ流して申し訳ありません。
申し訳ないと言っておきながらなんですが、ほんとはあまり申し訳ないと思っていません。
おねーさんです。
たいそうちっぽけで少し大切なお知らせが、乙鯖イスパの皆様にございます。
公式BBSにもそのうち書こうと思っているのですけれど、こんなコトを考えています。
ありきたりなことで、意外性も何もないけれど。
■イスパの交流会復活:超ユル編
「なんだ勝手に仕切屋きどりか」くらいは言われそうなんですが、まずはやってみたいなと思って。
べつだん大変なことをやろうとも思っていないし、そもそも大変なコトなんてしたくないからいいの。
むかし一時期やっていた、たまにどっかにポイと集まっておしゃべりしようぜみたいなことをしよう、という話なのです。
場所はたぶんセビリア。教会でも王宮でもトメんちでもいいや。
時間はたぶん週末の夜。金曜はあたしが帰ってくるの遅いので、土曜日か日曜日がいいな。
やるときは少し前にBBSに書きますから、用事ないなーってひとはぜひきてください。
大海戦とかLiveイベントとかどっかのバザーとか、週末にイベントがかぶった場合はナシで。
特に知り合いナカナカできないし飛び込むの勇気がいるんだよねって言う人、きてくれると嬉しいです。
投資とか海戦とかバザーとか、そういう大がかりなイベントもいいんだけど、たいへんなんだよね。毎度毎度やろうというのはさすがに勇気がいる。手ぶらできて、くだらないおしゃべりしたり、色々集まってる顔眺めたりだけでもいいかなと。
先に釘じゃないけど、来る人の心配事になりそうなことをならべておきます。
・内輪のノリとかは避けたいです。そういうのが目的じゃないので。
・なんか押しつけるとかはまずないです。
・投資しに行こうぜみたいなノリが第一ではないです。
・行ってみたら商会勧誘大会でしたという風景は全く望んでいません。
・ただ商会勧誘フェアは面白そうかなって展望はあります。展望だけです。
・できる限りくだらない、程度の低いかんじでやろうと思います。
・未来永劫続けますとかだとあたしの気が遠のくので、まずは第5回くらいまでやってみようと思います。
ふだんのあたしの言動をご存じの(そう多くはない)方々は腑に落ちると思うんですが、なによりもあたし自身が大変じゃないことを前提にしています。
派手に打ち上げてしぼむなんていうのは星の数。さすがに5回ならなんとかなるだろという線です。
すごいリーダーシップとか期待されてもあたしそういう器ではないので、こういうゆるーいかんじでひとつ。
どうかな。
#だっ誰もこなくたって泣かないんだからっ