月別アーカイブ: 2006年11月

森の中の黒い影

※本日も定刻通りらじおです。21時前くらいになったらこのページの右側にあるアイコンが「ON AIR」って表示にかわりますよ。そしたらクリックだ。
おねーさんですごきげんよう。
生物クエなどをやってみております。
別に3人目のジークフリートさんのはずが一人目と再会しただけだったり(倉庫番が34で同じだった)、南米周辺で海事してみたらおもいのほか手強くてへこんでたりしているわけではありません。
へこんでないもん。
ジークさんに別れを告げてほかの防火持ちさん(たしかランスロットさん)を拾ってきました。
そのあと、なんか見たことないクエだしということで、上記のクエをぶら下げてサントメまで来たんですがね。
なにやら、赤道付近に巨人が出るんだそうな。真っ黒な。
へぇ。
サントメに着いたので聞き込みを開始します。
よっぽど怖いのであろう
ほうほう。
んで、それってどこにいるん。
「サントメの対岸付近に、黒い大型生物の群れがいるそうだ以下略」
・・・(゜∇゜)
サントメの対岸付近?
アフリカ西岸地図より
逃げすぎだろ。
#発見物が何かって?それはあなたの目で確かめてくださいなっ

続きを読む

もうかさめ

もうかさめー
もうかさめー
もうかさめってなにかなー?
はいっ
ネズミザメです!
はい正解!
えーわたくし西友練馬駅前店におきましてモウカサメを発見いたしました!
サメというと普通、ブヨブヨしててまずいとか(ってよく聞く)、アンモニア臭がするとか、変わった人じゃないと食べない魚というイメージがございます。
あたしも食べたことのないサカナでした。
グルメツアーのベンゲラ交換品がホホジロザメだったこととかけているのだろうか。やるな西友。
で。
厚みのある切り身が3枚入って358円。ええええやすいいいい
そしてあんまり売れてなさそうな在庫。
そらそうだ。
みた感じすごくまずそうな色をしているのです。
灰色がかった、うすいピンク色の切り身。
358円。
むむ。
宮城県気仙沼産。つまりフカヒレの残りだ。
あたくしじーちゃんばーちゃんの家が気仙沼にあるもので、気仙沼つながりと言うことでトライ!
ラムを仕掛けて当たった(うちはラム肉常備になりました)西友を信じるわよ。
うーんしかしまずそう・・・・。
いちおうモウカサメでいろいろぐぐります。
(あちこちのブログで異常に安いと表現されまくっているのがおもしろい)
けっこうアクが出るとな。
ソテーでうまいとな。
トマトで煮てもいけるとな。ほうほう。
パックをあけてにおいを嗅いでみると、世に言うアンモニア臭はない。アンモニア臭の元になる血の処理はちゃんとしたってことなのかな。まずそうなことにはかわりありませんが。
トマトで煮るなら、あく抜きしたいなあということでまず水煮。たしかに濃い灰色のアクがどかどか出る。うわーなんだこのサカナ。ゲテモノなんじゃないのか。
あるていどさっくり茹でたところでキッチンペーパーにおいて、フライパンにオリーブオイルと鷹の爪、にんにくをおとして香りを付けます。
ここでソテーになる予定の一枚も水煮しちゃっていたことが発覚。2と3の見分けもつかないのかおねーさん。気を取り直して粉ふって焼いてみます。
味は塩と胡椒。
さく。
む。
サバみたいなブリみたいなぱさぱさ系。味は評判通り非常に淡泊。臭みもクセもない。
えーこれうまいじゃーんあたし天才じゃーん!
と、夢中になって一枚食べてしまい(それも台所で)、写真を取り損ねました。
気分がよくなってきたのでそのままトマト煮にトライ。さっき水煮した切り身をゴロゴロ切って、タマネギと塩胡椒で軽く炒めます。
オレガノディルその他ハーブどーん!
ちょっと熱加えたらトマト缶どーん!
あとは弱火で放置です。
む。
こっちもうまーい!
サカナ自体が淡泊なので、強めに味付けしてあげる方がよいかもしれません。
あといちおう最終捕食者であるサメさんが相手なので、週に一度程度たべるのが目安でございます。1時間で2枚食べちゃったあたしが何を言うのか。
残った一枚はラップして冷凍庫へ。これは平べったいからソテーにして食べよう。
ちなみにトマト煮も夢中になって食べてしまい(それも台所で)、写真を取り損ねました。
なにやってるんだか。
どうやら秋のサカナらしいです。古くは里芋と煮たりしたんだそうな。
サメに食われてばかりでもなんですし、見かけたらご賞味あれ。

造船はつしごと

前略リジャール様
セビ4、いつもお世話になっております。
わたくしことおねーさん、カリカットにて商用クリッパー強化のお仕事をいただくことがかないました。
苦しい言い訳になりますが、このお仕事のお話がある10分ほど前に、R12達成して舞い上がっていたせいもあるのだと思います。
「たしかクリッパー強化はR15あればできたはず」
造船所の親父さんをみますと、特殊造船のボタンが出ておりませんでした。
副官は船医、ノコ装備、職業は船大工。R12+3でR15は満たしています。
セビ4を見るとR15とありますが、ボタンは表示されません。
「りじゃwwwwwwwwwwwwデータ間違ってるじゃねえかwww仕事受けちゃったよwwwwwwうぇwwwwwwwwww」
と嫌な汗が出る中、ねんのため商会の造船屋さんに相談をしましたところ、
「投資してないんじゃない?」
……2Mほどの投資を行いましたあと、造船所にて再び確認。
はたして、特殊造船のボタンは出ておりました。
間違っていたのはあたしの脳の方でした。
疑ってごめんなさい。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
かしこ
#こんな造船屋に未来はあるのか!

乙鯖V2(グルメレースアフリカ変)

ヨーロッパの玄関口から、世界の果てまで――
その優れた航海術で、幸運の風と、幸運の波に愛された、
稀代の航海者のいるワールドは――
【Zephyros】ワールド!
「アフリカグルメレース」は、【Zephyros】ワールドの優勝です!

・・・いやー。盛り上がったね今回。
1次チェックを1位通過して、またいけちゃうか?なんて思いきや、
2次で3位に転落、
最終チェックでここから2位に這い上がり、
見事に決めた逆転劇。狙ってできるものじゃないだけに、この展開はとてもおもしろかった!
田舎鯖万歳ヽ(`Д´)ノ
稀代の航海者の方、ほんとにおつかれさまでした。ありやとあんした。
モロッコ西岸で、別の係のNPCがいるとも知らずに2分ものロスを背負うスタートから始まり、細かく重なるビハインド。焦るあたくし。噛む舌。手には汗。
モロッコ西岸→セビリア商館区から銀行横NPC、たっぷりチーズを選んでマディラへ。
そうそうに行き先情報(アルギン・ラスパルマス)が入ってきていたので「港の向きはどっちが有利か」という点のみでラスパルマスを選択。
ラスパルマスを通過したあと、危うくアビジャンに入りそうになるも艦隊メンバーtokiさんの指摘で無事サンジョルジュへ。前回(バルセロナと間違えてバレンシア入港)と同じミスをするところでした(-_-;
サンジョで出た問題は、レース前の事前調査が見事にビンゴ(Paradresにはってあったやつね)。エグシスープの問題がでたと聞いたときはPCのこっち側でガッツポーズでしたw
そしてアフリカ南南西岸へ。上陸寸前の23:01、にトップグループがゴールしたとのアナウンスが!はええええ
ここも事前のチェックでNPCの位置を把握しておいたのが効きました。難なくNPCを見つけて通過!
残り6分少々、さーケープいくぞと言うところでNPC「ナミブ盗賊団」に襲われる我が艦隊ヽ(`Д´)ノ
時間がないのよおおとかでパニってるところをたくさんの方にお見せしてしまいました。
うちが襲われるちょっと前にやなぽんとこが襲われてるのを実況したのがよくなかったのかもしれません(-_-;
もうほんとに人の波をかき分ける勢いでケープのゴール地点へ。
やっとこさっとこゴール!
この時点で23:09とかそんなくらい。けっこう厳しいタイミングだったものの、結果を出すことができました。
あたくしは前回同様、
「TOP下10分以内を目指す」
というシンプルなテーマで望んだわけですが、なんとかかんとか達成。
ほっとしたー・・・。
あまりに慌てていて、景品をもらっていたことにも気づかないような有様でしたが。
あたしはともかく、ラジオを聞いていた方々は無事に10分以内のゴールできましたでしょうか。役に立ってるといいんだけど無駄に振り回したかも。
このドタバタの最中、しゃべりにしゃべり続けたもんだから、結果発表のあとしばらくは呆けておりました。あんがいパワー使うのだわ。
突然ゲリラ的に放送やっちゃった上になにやらアチコチで宣伝されて、瞬間風速でリスナ100人を超えるような大変なことになっておりました。クオリティーのアレな放送でほんとスマセン。長期的に見て改善の見込みはあまりないですが勘弁してください。
一つ一つレスポンスできませんでしたが、情報をくれたたくさんの方々に感謝。
いつものIRCの面々にも。あとセビ4のりじゃるんにも。
そして、あんな超ダメな放送を聞いてくださった、あなたにも。
また、よろしくお願いします。次回もきっとダメですけど。

日経エンタ ゲーム検定やってみた

+++ ゲーム検定 成績発表 +++
あなたの総合得点は57点  全国平均 53点
全国順位(11月25日 0時現在)
25727位(72069人中)
--ジャンル別得点表------------
            0_________50__________100%
ハードウェア       ■■■■■■■■■■
ゲームシステム&テクニック■■■■■■■■■■■
キャラクター       ■■■■■■■■■■■■
ビジネス         ■■■■■■■■■■■
雑学           ■■■■■■■■■■■■
--------------------------
--講評---------------------
あなたは「ゲーム大臣」
これだけの知識があれば、たいていのゲーム好きの人間とは楽しく会話ができるはず。しかし、この先、もっと深く広い知識を得ることで、世界はさらに広がるだろう。
貴方がもっとも詳しいゲームのジャンル:
   キャラクター
   雑学
貴方がもっとも詳しいゲームの年代:
   90年代前半を中心としたゲーム発展期
   90年代後半から現在にかけての熟成期
--------------------------
エンタ検定実施中!
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/game/
ううむ。
みなさんもおひまならどうぞ。
けっこうむつかしー。
てきとうに選んだ選択肢が当たってるであろうコトも加味すると、じっさいはもっと低いかも。

北欧重ガレーの乗り心地は?

インド海事、一段落つきました。
内訳:
・積み荷強奪オボエタ
・LV52にナッタ
・造船R11にナッタ
・ジークフリートさんがオールCダッタ
一路セビリアへ。
やっぱほら戦列艦作りたいじゃない。(戦列艦はR14で造れる船です。R11+ブースト3)
地中海をうろうろして、次回のインド籠りに必要な物資の補充をしていたそのときでした。
「しゃふさん北重ガレーつくるってシャウトあるよ」
こっそり万能なんとかラムを作っていたりしたあたくし、北欧重ガレーほしかったのであります。イングランドやネーデルラントの知り合いあんまいないんだよなあと弱っていたところに天お声。
飛びつくわけですよ。
格安で作っていただけました。嬉しいなー
ランサさんその節はお世話になりました。乗る前じつは不安だったりもしたんですが、かなりいい船です。お気に入りになりました(゜∇゜)
というわけで、さっそく本日試し斬り!
お?
おいしゃふ何付けてんだお前。
そうなのです。
とれました。
グリフォンもほしいので引き続き籠る予定。
そっちもよこせの図
うーれーしーいーなー

続きを読む

おねーさんin地中海食い倒レース

ロンドン出航所前で待機
一部で戦犯呼ばわりされているおねーさんですごきげんよう。
AときいたのでAとラジオで言ったらそれが実は大間違いだったという驚愕のスタートを切ったレースでした。
他のサーバでも同様の事例があったとか何とか。みんなやることは同じなんですね。
いやあ、ハプニングっていいスパイスですよね。
そこのひと石投げるのやめてください痛いです
昨日はちょうどらじおの日でしたので、レース開催1時間前から定刻通りの放送をしておりました。
テンションあがっててカミカミでした。すません。
IRC,TELLいろんなルートで飛び込んでくる情報をさばきつつおしゃべりし通しで、
まにあった!
ゴール!
Σ(゜∇゜)
って途中の写真ないよ!
……それどころじゃありませんでした(-_-;
しゃべってTELLとかの情報見てログ読み返して船の操作して、さらにSSのキー押すとか無理。ほんと無理。
あんだけバタバタしながら、トップ下10分以内に間に合ったのは僥倖というか奇跡というか。
景品の脱力具合はかなりよかった。下手に役立つアイテムじゃなくて、こういう感じのがいいね。
レース中、アテネ前の嵐に見事にはまった某たろーさんも日記書いていたのでリンクします。
セビリアのあちこちでぶたさんの姿を見かけるかもしれません。
さー次回も乙鯖一位通過できるかなー?

続きを読む

インド海事ときどき嵐

ときどきどころかしょっちゅうな訳ですが、海事中。
こないだのオスマン艦隊なんちゃら・・・じゃなくて、ロードス島沖海戦でしたっけ、何を思ったかあのイベント前に剣士への転職をしちゃっていた、海自担当のとぱさん(Topazさん)。ろくに交易しない交易商から、はれて脳筋職くに舞い戻ったわけでございます。わーい。
大海戦のお手伝いにも行かず、宝石貴金属がいかなる相場の時にも微動だにせず、中南米にも行かず、
ひたすら海事。れれるあげ。
まだしばらく欧州へは戻りません。
毎日のようにあちこちをヒラヒラ動くジーベックを見られて、けっこう幸せ。
※お手伝いとかはさしてあたくし人材として求められてないのでそもそもお呼びじゃないんですけど

続きを読む

酉の市にいってきました

#ほんじつもラジオやります。21時から~
おそれいりやのきしぼじん
上司が熊手を返しにいくというので、くっついて入谷までいってきました。
恐れ入谷の鬼子母神、の浅草鷲(おおとり)神社におねーさん後輪!!11!!
あたくし実はお祭りというのが大変に好きな人種でございまして、もうあの提灯やら人ごみやらを目にするだけでこう、なんというかもう、血が騒ぐのでございます。
電車に揺られて延々数十分、営団日比谷線の入谷駅を下りてまた延々数十分の道のりの果てに、
実物見ると圧巻なのだ
きーーたーーーお祭りのあの空気!
うさんくさい出店のかずかず!そして大小様々の熊手を手にした人人人。
うちの会社はすでに熊手の購入は済ませていたとのことで、めでたいことこの上ない一本締めにありつくことはかないませんでしたが、それでもお祭りの空気を胸いっぱいに吸い込むことはかないました。まんぞく。
こんなとこでも
案の定この札下げてる出店はバカ売れ。
出店では怪しいトルコ人がやってるケバブ買ってきました。
どのくらい怪しいかって、一個(\500)買って5000円渡してるのに、500円玉6個のお釣りがきちゃうくらい怪しいわけです。その脇にいた妙にノリのいいニーサンが4500円にして返してくれはしましたが。
ちなみに4500円のうち3000円分は500円玉でした。
財布が重たいなり。