カテゴリー別アーカイブ: WitchDoctor

まさかのDiablo3ふっき?

最近の趣味は算数の問題を読んで居眠りすることと、艦これです。

こないだ同僚と喋ってて、この人がいまさら
「Diablo3面白そうだな」
とかいうわけです。いや、え、今ですか。まあ今頃はもはや狂信者の面々のみが残るピュアな世界になってる頃ですしそういう意味ではとても楽しそうではありますが、今か。
まーでもたしかに半端で終わってる(InfernoのAct2途中で終わってます)ので、今さらちょっとやってみるのもいいかー。
「このへったくそwwwww雑魚がwwwwww」
とか偉そうに言うには、操作のカンを取り戻す必要がございます。
もはやホコリかぶってるNostromoに火を入れるべくキーコンフィグし(昔書いた記事が役に立った!)、Diablo3に急遽復帰。
後日記事を書く予定ではありますが、あたくしiPhone4を所有していたものの紛失しまして、Authenticator使えないじゃんと震撼いたしましたが、そこは生活の知恵で難なくクリア。

あいかわらず酷い見た目のWitchDoctorに再会。懐かしさを味わいつつ、LV60のくせにNightmareのAct1を徘徊してみます。もう操作を指が覚えてません。1~4のキーをドカンと押してイナゴを吹くという動きしかできない。
あれまてよ現役の時もそういう挙動しかしてない気がする。

さくさくっとスケルトンキングを倒し、Infの骨ランを始めてみます。復帰してやることが骨ランというのも残念な感じがしますが、ともあれ何度かやった感じ、Eliteの特性がかなり穏やかになったという印象を受けました。
かつては、とくに中距離を保ちたいあたしにはMortarが絶望的な相性の悪さだったんですが、ちょっと立ち位置を調整して懐に入ってあげれば問題なく戦えるように!
延々やってると、たまに手も足も出ない編成のみなさんが湧いたりすることもあったけど遭遇しない。Invulnerable Minions出ないなーと思ったら、Out of Time共々1.0.4で削除されてたのね。
Arcane Enchantedプラス足止めとかは未だにおっかないものの、何とかなる感がかなりあって遊びやすくなってました。

あらら。非常にいいですね。
勢い余ってPubで人足を揃え、寄生状態でAct2突破。ベリアルさん20秒ちょいくらいで死亡。インフレすなぁ。

ゾロ目武器を拾う

今年はジロ・デ・イタリア→ツール・ド・フランス→倫敦五輪→ブエルタ・エスパーニャとTV見てばっかりです。
いっそがしいぬー

たまにゾロ目の武器のスクリーンショットが上がると、見入ってたあたくし。
なんかいいじゃんね。

とおもってたらでた!やったー!
66,666goldで売りに出してますが売れる気配は全然ないね。

先日、両手武器に活路を見出そうかと言ってたんだけれども、結局一振り買って試すことにしました。
こうやってちょいちょい買い物するから一級品に手が出せず、故に伸び悩むというサイクル。

200Kくらいで買ったんだったと思います。
Damage/Int/has Socketだけ見て購入。Procとか欲しいがそういうのは贅沢なので考えない。
ASが0.95ですのでもうほんとに酷いです。LoHでの回復が全く間に合わず死ぬという事故の件数も増えました。おすすめできない。
おすすめできないが、Damageが980~1369であるというのは確かに凄まじいものがあります。タフな相手に対してはだいぶ戦えるようになったと思う。逆に、Act1のField of Miseryあたりにいるカエルとか相手は辛くなりました。

全然関係ないですが、レジレジと念仏のように呟いて装備を揃えていたら、HPが17Kとかいう世界に入ってしまいました。Vit軽視しすぎ+ソケット開いてなさすぎ。

イナゴビルド

自他共に認めるかどうかは別にして(人目につかないところで遊んでますし)イナゴ馬鹿一代を標榜しておる都合上、パネルからイナゴの外れる機会がまずございません。
ここまでくると意固地というか要らんこだわりな気もしてるんですが、仮に外してもHauntいれるよねということで、基本あたしはDoTでがんばるという姿勢でいるわけです。
有利不利とかそういうのはわかんないす。どうでもいい。
「フハハじわじわ弱っておるわ―」みたいなクラウザーさん風なアレで遊んでいます。

Kiting

Kitingとは凧揚げのこと。こんな辺鄙なとこまで来て文字眺めてる人ならご存知かとは思います。モンスターが凧だ。
ついでに辞書サイトで調べると「空手形振出し」とか恐ろしい意味もあるんだそうで、即座にダメージを振り出してくれないあたりが実に実に空手形であるよホホホと言わんばかりでございます。
で、あたくしはつい最近まで、自分の理想の戦い方のイメージを実戦に繋げられないでいました。原因がビルドなのか装備なのか操作なのかも判然とせず、もやもやしておったわけです。
その過程でそびえ立つ●●のよーな記事が量産されましたがそんなのを読むのに付き合わされた皆様はまことにご愁傷様です。あたし悩んでたのよ。

言い切っちゃうがイナゴはKitingのためのスキルです。というかDoTつうのはだいたいにおいてそうだ。遠くの敵にかけてこっちに到着するまでに溶けてなくなるなら良し、未だ居るようだったら逃げる。またかけて離れる。溶ける。
そういう流れです。
これをスムーズに実現できるスキルの選択をせねばならんかったにも関わらず、当てずっぽうに「Horrify?つかえん!」とかやってたと。使えんのはあたしだったと。
ちなみにBlizzardはKitingを「つまらない遊び方」と断じているので、とどめを刺される可能性が常にあるというスリルもお楽しみいただけます。Enrageとかまさにそれだよね。

イナゴKitingで使えるスキルを整理する

メインの火力は当然我らがLowcast Swarmです。2ナゴマナゴ火ナゴどれでもよろしい。個人的にはマナゴ大好きなんですが火ナゴの登場が多いです。イナゴにスロウ効果のRuneあったら、たとえ-5%であっても迷いなく使ってるでしょうね。
イナゴ吹いたら逃げる、障害物の周りをぐるぐる回って敵がバターになるのを待つ。おわり。

#この記事に限ったことじゃないので度々これを書くのもいい加減なんだかなですが、あたしの記事は鵜呑みにしてよい類のものではございません。酷い目にあっても知りませんのでそのへんは御斟酌くださいよー。
#またあのJKは出まかせの法螺吹いておるのかくらいが精神衛生上よろしい。

重視したいポイントはこのあたり。

  1. 移動制限
    • Grasp
    • Fetish
    • ガルガンつぁん
    • Wall of Zonbies
  2. 脱出方法
    • Spirit Walk
    • Spirit Vessel
  3. 回復方法
    • Soul Harvest
    • Hex
    • Spirit Walk

移動制限の項にPet(s)が入っているのは、囮だからです。足を止めてもらうのです。Petsにターゲットが移った状態であれば安全に戦況の推移を見る余裕もシュシュシュの余裕もできますね。
シュシュシュにしても、Numbing Dart/Snake to the Faceで移動制限の補助ができますし、クモにもMedusa SpidersなるRuneがあります。
普段使いにも耐えるスキル/Runeでないと意味が無いので、このへんはアレコレ試す必要がありそうです。でも傾向としては固まった。
クモはFAST相手でもちゃんと噛めるかどうかがキモかな。Procスキルある人は捗るかもしれない。

あたしは好みでガルガンつぁんとか出してますが、移動制限こそが最重要になるわけで、Grasp入れるほうがはるかにマシであろうと思います。Pet溶けて再使用1分後よりも、Grasp6秒ごとのほうがはるかに使い勝手に優れます。
ターゲットを取ってくれるという事実が大きいんですけどね。
ちょっと試した感じでしかないので前言撤回するかもですが、女王蜘蛛投げとくと火力補助にはなかなかいいかもしれんと思いました。タゲは取ってくれませんが、Fetishがちょいちょいいる間は何とかなってる気がします。

役に立たないスキル

Horrify/MassConはお役御免です。
きっと使えるはずなのにあたしが馬鹿だから使いこなせない、というループからやっと脱出できました。
そもそもあたしのやり方にHorrifyを持ってくるほうが間違っとったのです。
これはスキルの性質というよりは単純に「効果時間」の問題です。4秒稼いだからその間に殲滅とかそういう戦い方じゃない。Kiteはもっともっと時間のかかる戦い方だから効果が薄いんだと。
なるほど違和感しかなかったわけだ。なるほどなー。
その場を離れちゃう都合上、踏みとどまらなければ意味のないBBVも相性良くない。
用途的には囮役ではあるもののゾンビ犬はもはや冗談の域なので考慮に入れません。

得意なシーン

広い踏破済みエリア内での戦闘。とくに障害物が多めが捗る。数匹~大量の雑魚敵やらEliteのパックやら。足の遅い連中は大吉。

苦手なシーン

得意なシーンの真逆が苦手。一本道やワンルームダンジョンのElite戦。3分以内に溶かし切れないHPを持つ相手などはムリ。戦い方か装備かやるゲームを変えるべき。
Kiteできないシチュエーションでの強敵相手は、なんというかまあ詰むよね。拾ったガラクタ鑑定してAH眺めに行こうぜって話。
イナゴは敵が多ければ多いほどMana効率が良くなるスキルですので、単品相手は効果が薄いです。が、単品だったらたいていHexで処理できるので問題にはなりません。
Hex入れてない?知らんがな。
Vortex+Wallerとか相当イライラしますが、これはKiteに限らずイライラするので話題に上げる必要も無いですね。むしろ距離とれていれば逃走経路の用意はまだ楽な方でしょうからマシかも。

どうする?

8秒ごとには接敵の必要がいちおうあるということ。
イナゴ吹いて逃げてシュシュシュで片付かない敵というか、Enrageタイマー鳴っちゃう手合いにはまったく不向き。火力上げて出なおすほかない。
生まれつき俊足+FASTついたPackは地獄を見ますね。逃げてる最中あんまり噛まれないことを前提にしているので、自分よりはるかに足の速い相手に出くわしたら覚悟決めるかLEAVE GAME押します。
が、これはそもそも「Kitingできる相手」と戦うという前提が崩壊しています。
そういう敵見かけたら回れ右するべきであるというのが結論です。頑張らない無理しない。

戦闘にいちいち時間が掛かるというのも欠点ではありましょうが、あたしにとっては大したデメリットでないのでとくに考慮していないということも、蛇足ながら付け加えておきますよ。

装備品で重視したいもの

  • Move Speed
  • LoH
  • Crit(rate/damage)
  • Proc(Chance on Hit)
  • Damage(DPSでなく)

Move Speedは大事ですね。いちばん大事。でも足でしか確保できず最大12%。よってSpritWalkでぽんぽん距離を作るサイクルになります。
なかなか確保できない項目ですが、あったら捗るであろうと思います。

LoH/Critはあったら嬉しい程度?あたしが恩恵感じてないだけかもしれない。アレばあったで確実に嬉しいですね。
あとは当たった時に混乱するとか足止まるとかそういう系のAffix。かき集めても各種最大10%くらいしか発動率を挙げられませんが、チリツモではあると思う。

ASに依存しない固定Tickを主砲に据えるので、一発の大きい武器が捗ります。
地味に「振り返ってシュシュシュ」のときにASが響くため、Damageばっかり重視してAS0.9とかの担いじゃうと、余裕もって振り返ったはずなのに殴られるという事態に陥ります。
あたしです。

理論上の最大値(effects)

能力値とアーマレジ書いて終わりかとおもいきや続くんだよ。
三回シリーズの三回目です。
付加効果まわり。
むしろここからが本番といってもいい。

LifeRegen、ManaRegen、Thorns、LoH、LifeStealなどなど。効果によってはAffixの付く部位が決まっているものもあります(Legendary等は例外らし)。
アイテムを見るときには、その部位にしかつかないAffixを重視するか否かを考慮しないとですね。
さらっと言ってますがあたしは知らなかったので気をつけたい。

Damage+

単純にダメージが増える系。値や付加部位はさまざまです。

Damage +%:
武器にのみ付与されます。
よって極めて単純。1H2Hに関わらず50%が最大値であると。

Elemental Damage:

Arcane / Cold / Fire / Lightning / Poison / Holy あたりかな、属性ダメージ付加。
Physicalは無い気がする。それって単に物理ダメージですよね的に。
こいつも武器にのみ付与。Coldを除く各属性は667が最高値。Coldのみ399が最高となってます。
なんでColdだけ約半分なん?移動阻害とかなんかあんのかなー

Minimum/Maximum Damage:

よくみかけます。
Ring / Amuletにのみ付加され、最高値はそれぞれ27。
よって理論上の最高値はMin/Maxともに81
RubyでいうとFlawless Square並かな。パッとしない。
ハズレですかね、これついちゃったら。

Life on Hit

付加される部位はWeapon / Amulet / Ringのみ。Offhandにはつかないぽ。
ゆえに、WDさんにおかれましては
Weapon(959)+Amulet(959)+Ring(479*2)で、2876が最大値。
GEMで付加できるLoHの値をどう捉えるかは人それぞれですが、Radiant Star Amesistを武器に入れると+600で合計3476となります。ここまでいったらEnrage timerもそよ風でありましょうなー。
※AmesistのLoH値はグレードごとに凄い伸び方します
※Rubyは序盤以降空気

Life after each Kill

付加される部位はLoHと同じWeapon / Amulet / Ring。
Weapon(2878)+Amulet(2878)+Ring(1439*2)で、8634が最高値。
ヒドラや女王グモのなんちゃらがあった頃に比べると地位低下?

Life Steal

付加される部位はWeapon / Mighty Belt(BB装備)のみで、それぞれ最高3%。へええ。
というわけでWDだと最高3%です。へー知らなかった。
元々そんなに積み上げられないってことですね。

Attack Speed

Nerfされてもみんな大好きASI/IAS。
これが付くのはWeapon / Offhand / Gloves / Amulet / Ringの4部位で、
Weapon(11)+Offhand(15)+Gloves(9)+Amulet(9)+Ring(9*2)となり、最大値は62%。
※武器と防具とで計算の仕方違う気がしたので、最大値に関しては自信無いです。
※Offhandの15ってQuiverのことだよねきっと。Mojoでも15つくんかいな。

Critical Hit Chance

武器には付与されないということを今知りました。
どうりで見かけないわけだ。

部位
Helm 6
VoodooMask 4.5
Gloves 10
Bracer 6
Offhand 8.5
Shield 10
Ring 4.5
Amulet 8.5

Helm/Mask、Offhand/Shieldと選択肢色々ありますが、もう面倒なのでVoodooMask+Mojo(Offhand)という頭で行きますよ。
すると最高は46.5となります。アレこんなもんなんだ?
こんなもんと言いつつも、こんだけの数字積み上げるのは相当なこととは思いますけれども。

Critical Hit Damage

エメラルド相場だけおかしなことになってますね最近。単に人気なのか仕手なのか知りませんがえらいことです。
Weapon / Gloves / Ring / Amulet にのみ付与で、最大285%

部位
Weapon 100%
Gloves 50%
Amulet 65%
Ring 35%

コレにプラスして、武器スロットにRadiant StarのEmeraldを放り込むと更に+100%で、なんと385%となるわけです。
えらいことです。

Thorns

武器以外に付与。
ダメージ反射にはロマンがありますね。あたし優雅に殴られるだけの余裕ないので、軽視せざるを得ない状況ではありますけれども。

部位
Helm 1454
Voodoo Mask 1454
Chest 2544
Shoulder 2544
Bracer 1454
Gloves 1454
Belt 2544
Pants 1454
Boots 1454
Shield 2544
Offhand 1544
Amulet 2544
Ring 1454

Offhandの箇所が情報元によって値ちがうんです。Maximum stats for every item slot@diablo3RMTでは、OffhandとRingが979となってる。
最大値のどっちが正しいのか、AHで検索してみようと思います。980以上のがあれば1454なんだろう。
合計値はともかく最大値は押さえとかないと記事の意味無いですからね。
Mask+Mojo装備の場合、2万前後になるようです。
Helth Globeを落とさないと意味が無いという分なのか、数字はかなり大きいものになっていますね。

Life Regen / Mana Regen

ワンパンで沈むのでない限り、LoHと並んで真のスタミナを支えるのがリジェネ系統。
LoHとかと並べて書くほうがいいのかもしんないんですがHP/MPのリジェネ値を一緒に並べてみます。
Lifeは武器以外に付与されます。
ManaはWeapon / Offhand / VoodooMask に付与されます。
この都合上、WDさんがHelmではなくMaskかぶることには大変重要な意味があるわけですね。

部位 Life Mana
Weapon 14
Offhand 11
Helm 342
VoodooMask 234 11
Shoulders 342
Chest 599
Gloves 342
Bracer 342
Belt 342
Pants 342
Boots 342
Shield 342
Amulet 410
Ring 234

Manaの側は最大でもたったの36。いかに貴重かってことですよ。
穴あいててInt/Vitついててマナ回復もあれもこれもついてるVoodooMaskなんてそうそう見つかんないですけどね。

えーと

まだまだあるけど、あたしが興味ある範囲はこのへんまでなんだ。
Proc系というのか、Chance on Hitあたりのも興味はあるんだけど、もとの表見るほうが話が早い。
一見良さげなアイテムについた数字がほんとうにいいのか悪いのかを見極めるのは相当な慣れというか知識の定着を要求されますが、飽きる頃には覚えてると思うんだよね。
骨董品とかとは違って数字で全て良し悪しが計れるので、分かりやすいっちゃ分かりやすい世界ですね。

#たまに、こういうアイテムの性能の数字を全部マスクしたゲームがあってもいいんじゃないかとは思う。昔のUOのPetみたいな。

鰤の中の人の場合

pcgamer.comで、Blizzardの中の人が使ってるビルドの紹介が。

上級エンジニアのホーさんがWDのビルドに触れています。

Witch Doctor build: Henry Ho, Senior Software Engineer

I love the Zombie Bears, both for the awesome factor and the crazy amounts of AoE damage it does. The Vision Quest passive, of course, is what makes this build viable. The four perpetual cooldown skills I chose are Soul Harvest, Hex, Fetish Army, and Zombie Dogs. Soul Harvest gives me bonus Intellect (damage) so that my gear can be slightly more defense-based, rather than DPS-based. Hex is great for taking an elite out of the action for short amounts of time. Although Fetish Army and Zombie Dogs are weak in damage and survivability, they prove useful distractions for the enemy mobs, enabling my Zombie Bears to rush all over them.

Both Soul Harvest and Hex are runed to heal me, as the WD is generally pretty weak on defense. Fetish Army is runed for shorter cooldown, because the original 120 sec cooldown is unnecessarily long (especially compared to my other skills’ cooldowns). And Zombie Dogs have Final Gift, a small chance to spawn a health globe when they die. This works because I expect them to spawn and die very often. With my gear totaling +15000 Life per health globe, every globe is essentially a full heal.

上記で言ってるビルドはつまりこう。全箇所埋まってないですが、話の中で触れられてないので空きになってます。

じつは訳そうとしたんだけど、熊ビルドじゃんコレ。モチベーションダウン。
一行目で読む気失せるとは思わなかったわー

Hexとかは回復にセットしてます~くらいのことしか言ってない。
実用に堪えるのはわかるんだけど、そういうのを期待して読もうとしてんじゃなかったもんだから拍子抜けしちゃいました。
もうちっと奇をてらったこと書いてくるのかと思ったのよ。つまんないの。

#他のクラスの箇所は見てもないので何書いてあるか知らない

WDのLoH活用

なんの考証もせずスレのコピペとな。

[973]名無しさん 7/6(金)21:09 4xY7RxV60(3)
>>971
カエルのクセで連射しまくってマナ詰みしたw
単純に吸う効率も相当たかいっぽいね

[974]名無しさん 7/6(金)21:26 ID:0
acidのダメってstackしないからloh目的だと効率悪くね?

[977]名無しさん 7/6(金)22:41 Xk6TsyVg0(5)
>>974
LOHは発動した場合の効果率がスキルごとに違って
Acid Rainは全スキルでも段違いの性能がある

たとえばFireBatsは総じて1ヒットあたり3割前後の効果率なのに対して
有名なカエル雨は降ってくる小さいカエル一匹につき50%の効果があり
しかもそれがスタックするので時間あたりに得られる効果が高い

ところがAcidRainだけなぜか中心部に230%の効果率があるという破格の性能で
イニシャルゲロのみならず残った沼の継続ダメージにも各自判定があるので
LOHに関してだけいえばぶっちぎりに強い

ほおおおおおおおおおおお
雨蛙も酸雨もご無沙汰なあたくし(使い始めるとMana足りない)ですが、一考するに値する情報ですね。
あーだからゲロTankビルドが話題になることが多かったのかー
しかし酷いネーミングのビルドですよね。

理論上の最大値(Armor/Resist)

Armor値は少々ややこしい。
装備品の素のArmorに加え、+armorというAffixが存在しますね。
また、AmuletやRingはそのもの自体が防御力をもってはいないが、Affixで防御力が付加されることがあります(AffixとしてのArmorは武器を除く全部位に付きます)。
Helmの箇所は、Voodoo Maskとコンパチです。基本性能そのものは全体的にHelmのほうが上ですが、Voodoo MaskにしかつかないAffixがある等の部分で差別化が図られています。
装備品そのもののarmor値とAffixによるarmor値は、全て合算された上でDamageReductionの計算に乗せられます。
参考:Diablo III Combat Mechanics Compendium 2.2 Damage Reduction

part base affix
Helm 457 397
Voodoo Mask 414 397
Shoulder 406 265
Chest 457 397
Bracer 253 265
Gloves 355 265
Belt 305 397
Pants 457 397
Boots 355 265
Shield 1159 397
Amulet 0 397
Ring 0 265

+armorがない場合の最大値は、
Helmの場合
305+355+253+457+355+457+457+406で3045
VoodooMaskの場合
305+355+253+457+355+414+457+406で3002
んで更に、あんま無いでしょうがMojoじゃなくて盾を持つという場合は、
Helm:4204 Mask:4161
このあたりが素の防御力(の最大値)になると。
いやー盾は大きいなー。Blockもあるしねー。

更にAffixの+armorを加算していきます。
ないないづくしのありえない計算にありえない数を重ねるんで夢ばっかり広がりますが、設計上の最大値としては、盾抜きで+3178。盾を入れると+3575。
上の計算結果に加算しますと、
Helm:7779 Mask:7736
になると。

試算

Armor値をどこまであげたらいいんじゃというインスタントな問いへのインスタントな回答を得るには、どんくらいのダメージカットで満足するのかを知る必要があります。
自分LV60敵LV63として、おおまかにですが、DamageReducionごとのArmor値を表にしてみました。

DR30% 1400
DR40% 2100
DR50% 3200
DR60% 4800
DR70% 7500
DR80% 12700
DR90% 28500

こんな感じ。
Armor値がDamage Reduction70%を達成するのが7500辺りです。
上の試算でArmor値7779というのを出してますが、あんなありえない例を並べてやっとDR70%。
道は険しいということですね。

で、なんぼあれば自分が耐え切ることができるのかというポイントとの相談になります。
90%ならArmor値28500(ムリw)、60%あればいいというならArmor値4000持ってこいと。
上の理論上の最大値であるところの7779あれば、71.18%のダメージカットを期待できることになりますね。
※この値には彼我のLVの影響が大きいので、LV60の敵相手だったら結果はかなり違います。

Resist

All(全属性)と、Arcane / Cold / Fire / Lightning / Physical / Poisonの各属性それぞれ。Allとそれ以外とでは上限違います。

part all ele
Helm 80 60
Voodoo Mask 70 50
Shoulder 80 60
Chest 80 60
Bracer 80 60
Gloves 80 60
Belt 80 60
Pants 80 60
Boots 80 60
Shield 80 60
Amulet 70 50
Ring 70 50

All:
Helmの場合
80+80+80+80+80+80+80+80+70+70で780
VoodooMaskの場合
70+80+80+80+80+80+80+80+70+70で770

Ele:
Helmの場合
60+60+60+60+60+60+60+60+50+50で580
VoodooMaskの場合
50+60+60+60+60+60+60+60+50+50で570

となってます。
で、実際の利用の際の扱いは?
レジは合算してからアレします。よって、全身でAll:150/Ele:60(Fire)持ってたとすると、150+60で210として計算します。

レジストがいくつあるとどのくらいDRできるのか表。
レジ700くらいは目指したいところだなー。贅沢かな。

Resist DR
0 0.0%
100 24.1%
200 38.8%
300 48.8%
400 55.9%
500 61.3%
600 65.6%
700 69.0%
800 71.7%
900 74.1%

Armorもそうですがこういった数値は、低い値からの立ち上がりにはものすごく効く構図になっています。
「レジなんてどうでもいい」と思ってた人がInfernoでサンドバッグになり、涙ながらにレジもの集め。よくわかりますというか、つまりそれは先日のあたしです。
で、こういったシチュエーションは投じた値から得られるバックがとても大きいため、「これからはレジなんや!」と突っ走ると。コストパフォーマンスの曲がり角を過ぎたことにも気付かず突撃した挙句再びサンドバッグになり涙目になり、なにか次のstatに目覚めるのでありましょう。

また長くなった。
もう少しこのシリーズ続きます。
以下次号。

理論上の最大値(status)

それはそうと、武器だのなんだの色んなガラクタを拾い集めつつも、それがどんだけの位置にある品なのかを見極めることができていません。
AHハンターちゃんたちならこれは余裕で見についているべき知識ではございますが、うすのろWDをやる程度のあたくしにはそこまでメモリの割当てが。

が、AHで買うにしろ売るにしろ、適正な価格の付け方というものがございます。それを大きく外れれば「ボッタww」or「情報弱者ww」いずれかの評価を世界のどこかからいただくハメになると。
んで今回はそのへんの重みというか温度感とかそういうのを、おねーさんが教えちゃおうというわけだよ(aren’t you thankful?)。
嘘です。知らないし。

※長いんで記事分けます。
※一連の記事の情報元はItem Affix Quick-look Chart。1.0.3以降の値を掲示していると書いてあります。パッチ毎にこの数値はアップデートされていくようです。
※あたしの記事が追随してアップデートされるかはモチベーションと記憶力次第ですが、あたしは実のところ大体の数字感を頭に入れられればいいやというノリでこれ書いてるので、アップデートには。

最小値と最大値とを知る

さしあたり、WitchDoctorのLV60基準の素っ裸と、ゴールドセイントとかも真っ青な完璧装備を得た場合との比較をしてみようと思います。
まずは基点となる、LV60すっぴんのステータス。

Status:
基本部分。
全クラス共通で、メインステータスが187、Vitは等しく127。

stat Base
Str 60
Dex 67
Int 187
Vit 127

ヒヨワじゃのう。
IntがLV60で187であると。SHで5匹吸うと130*5がIntに加算されますので、和田さんはそもそも基礎Intを187~837もっているというわけです。
ちなみに、これら基礎値に関してはWizardもまったく同じです。知らんけど、あちらさんもきっとInt底上げのスキルとかあるんだろう。

で、こっからの底上げがどこまで行くのかを付け足してみます。

stat Base Boost Total
Str 60 3008 3068
Dex 67 3008 3075
Int 187 3008 3195
Vit 127 3008 3135

凄まじい。さすがアイテムゲー。
ご注意いただきたいのは、ここで出ている数字は

  1. これら最大ステータスまみれの防具が出土する可能性については考慮していない
  2. 表の数値にGEMを加味していない

ということです。ありえない例を上げているということです。
ありえないついでですので悪ノリしましょうか。宝石の最高峰、Radiant Star(stat+58)てんこ盛り……例えば3穴胴にRadiant Starのアメジストを3つ放り込むだけで(だけでw)、Vitを+174することが可能です。
この174を大きいと見るかどうかはそれぞれかとは思いますが、底上げの手法があるってことは念頭に入れないといけませぬ。黙々とAmesist/Topaz突っ込むんだとは思いますが。

最終装備を目指すトレハンとは、こういった最高値への漸近をトライし、現実的に可能でかつ意味のあるライン(上げるほど努力に見合わなくなるため)を追求していく行為であるわけです。
ですので、この正気とは思えない仮想最大値を目指すという話ではありません。
現実的で適切な値というのが、最低値から最大値の大きな幅のうちどのへんなのかを見極めることが必要です。
一例ですがArmor値の計算をしてみるという記事があります。上昇曲線がこんなもんというイメージがあるといいのではないかなと。

この表を見る前にSHなしビルドってどうかなと考えていたんですが、

  1. 理論上でもやっとInt3195のWDさんが
  2. さしたる努力もなしに+650する手段を
  3. ほぼ最初から持ってる

と気づく機会になりました。実にRadiant Star換算11個分。
一生外せないわ。
また、引っ掛けそこねて2匹しか吸えませんでしたとか(よくある)のケースがどんだけ罪深いのかということも、よくわかりました。
長くなるので記事を分けます。
以下次号乞うご期待。
いや期待はしなくてよい。

Halls of Agony


骨ランいけるようになったよーやったー
あたしみたいにMF/GFの類が壊滅的になってる人にも向くんでしょうか。

他のアレコレ全部無視して、ひたすらレジを積むことに腐心してみました。道中FASTつきのが少なかったのもあるけど順調に駒を進めます。
Act1をほぼ最初から初めて、スケキンさん通過。蜘蛛女通過。すいすいすいー
Halls of AgonyまできたとこでIllusionist+Morten+etcつきの大柄おじさんにボコられたので今日はここまで。

で、

設計上の最高値きた。
脚はレジ値最高80なのでちょうどMaxです。
わい。
3項目ぜんぶ緑字という完全な上位装備を拾えました。
やったー
それまでがひどすぎたのかー
そうかもー

問題の4枠


どうも。
あれ?


あらららー
空気とかいらない子とか言ってすいませんでした。散々4枠はHorrifyだGraspだと騒いだ挙句、血迷ってガルガンつぁん復帰。
わりといける。ジャンゴーは必須。
ガルガンつぁん+Fetishでターゲットを散らすのに成功しているときは極めて動きやすかった。
FASTやExtraHealthのついてる皆さんは見たら回れ右。あたしの辞書に不退転の文字はないのであります。


今日は順調。装備の刷新もできました。Thornsの値は重視すべきなのか否か。

そして自身初のDPS1000超え武器ゲーット。2Hだけど細かいことはいいんだよ。

本日のもうお前に会いたくないさん。

狭いとこでArcainEncとかほんともうなんなんだと