カテゴリー別アーカイブ: スープ

スープジャーでお弁当生活

スープジャー使ってるんですよ。
結構前から使ってまして、はて、いつから使ってたのかなーと思って、わざわざ自分のツイートを追っかけてたんですが、


2013年の11月からだって。えーとつまり、約5ヶ月使ってるってことなのね。

当時は本に書いてある作り方を正直に実践してましたが、最近は鍋でスープをまるっと作ってしまい、それを2つのスープジャーに注いでフタするという流れになっています。二人分のスープの調味を別々にするのがめんどくさかったんだよ。
※我が家では、あたしが自分のとヨメのお弁当スープを作っています。ヨメは寝ています。

この5ヶ月のうち、平日のお昼ごはんを外食したのはたぶん5回以下です。ほぼ毎日スープを作ってかばんに入れて出勤していますし、土日でも朝起きてスープを作っておくとかやることがあります。
これだけヘビロテし続けている道具もなかなかありませぬ。
同僚からはよく続くねーなんて言われますが、奴らは自分でこさえたスープが旨いことの喜びを理解していないのです。
とにかく満足度というか幸福感というか、尋常でないです。
2000円のお高いランチもいいですけど、あたしこのスープとおにぎり一個orパン一個で十分幸せです。
こないだ晴れた週末は、早起きして作っておいたスープと、道中買ったおにぎりを持って、ピクニックに行きました。大したお金かかってないのにとても贅沢なひとときでありました。

・肉(牛豚鶏たまに羊)
・たまねぎ
・長ねぎ
・にんじん
・おくら
・じゃがいも
・キャベツ
・トマト
・大根

このへんの材料をテキトウに放り込み茹でて、コンソメ、塩、トマトピューレ、味噌とかで味付けをします。味噌の時は豚肉にし、あぶらげや麸を入れます。
肉は週末に茹でておいたり、焼いておいたりすることもあります。加熱の際にでる油をキッチンペーパーで吸い取ってやるとヘルシーな感じ。かなり違います。

おねーさんのチョイスはこれ

この手の道具も各社いろいろ出してますが、例よって熱心なリサーチをした結果、サーモスを選びました。

ひゃー価格下がってるー。安くなったなあ。

こいつらを実際に購入して使っています。あたし用に左側の大きいやつ、ヨメ用に真ん中の小さいやつ。この黄色はひじょうに色が良いです。
あと、右側のはこのジャーを入れるポーチ。かばんのなかに入れるので、このポーチでフタのゆるみを守ります。

購入の決め手は、やはりパッキンです。毎日分解して洗うので、バラバラにしやすいかどうか、取り扱いが楽かどうかを、店舗でえんえん見比べてから買ってきました。

コスト?

ジャーそのもの大した値段じゃない上、自宅で切れっ端の野菜とかを放り込むわけで、材料費もたかが知れています。一日あたり100円くらいかな、たぶん。
だいたい、この5ヶ月間の勤務日数は100日くらい。渋谷(勤務地)のお昼代の平均って800円くらいですかね。
8万円。材料費で100円ずつかかってたとして、差額7万。
もう、こんだけ浮いてます。

野菜くずで黄金のスープストック

どうも。ネカマで兼業主婦っぽいあたくしです。
かねてから、玉ねぎのちょっと硬さのある外側の一枚、キャベツの芯、人参の上の方、とか、とかとか、ああいうのを捨ててしまうことにストレスや罪悪感を感じておりました。
あいつら食えるのに。
モヤモヤしてても何なので、そういった切れ端が出るたびにタッパーへ詰め込み、冷凍庫で保管することにしました。
週末にたっぷりのお湯と、ほんの少しの塩でひらすら茹でます。
塩は、塩が入ってるとわからない程度。

使う材料でかなり色や香りは変わりますが、金色~銅色くらいのきれいなスープが手に入ります。
たぶん30分位茹でれば十分なのでしょうけれども、あたしはひたすら1時間以上茹でてました。
茹で上がったらシノワに野菜ごとあけて、こします。
シノワ?

こういうやつ。あたしはクリスマスプレゼントでヨメに買ってもらいました。
金網タイプとパンチメタルのタイプとがありますが、こいつに野菜くずを詰め込んでギューギュー押して水分を抜くなどに使います。購入ご検討の際は、パンチメタルのタイプをおすすめします。穴が少ないぶん、水分抜けるのには時間かかりますけどね。

こいつを作る際は、玉ねぎとキャベツがキモだと感じております。特にキャベツの葉っぱや芯、あいつらは捨てちゃいかん。
こいつをとっておき、スープもののベースに使うんであります。
もうね、まるっきり、味変わるの。出汁ってだいじだね。