カテゴリー別アーカイブ: 台所ホビー

ホットサンドを作った

こんかいも会心の買い物をしてしまった。
ご無沙汰しております。仕事忙しすぎて枯れそうになりつつも日々をサバイブしております。
休日は沼サンドを作ったりしてるのですけど、ふとホットサンドも作ってみたくなりました。

さしあたり、ホットサンドってなんだっけという方のために、こんなリンクを用意しておきました。

おかえりなさい。夜中に見た人はご愁傷様としか言いようがない。

ホットサンドというと、大昔、実家にあった電気式のあれを思い出します。
イメージ的にはこういうやつ。

あたしはどうも、電熱器っていうんですかね、電気で熱を作る機械に対しての信頼感が薄くて、過熱からの火事コンボとか、スイッチ入れっぱで居眠りしての火事コンボとかをむやみに怖がる性分です。
うちにも電気ポットはあるよ。ある。あれは数少ない例外。なんで例外なのかはわからんけども。
どの製品も安全対策は死ぬほどしてあると思うので、あたしが無知ゆえのことです。上で例にあげたTESCOMはあたくしの信頼厚い日本の家電メーカーです。ツインバードとか山善とかと並ぶ、低価格家電を得意とするよい会社。ブレンダー選びの時にも、候補に上がったりしています。
なので、単にこのみの問題ではあります。

前置きが長くなったので途中の細かい話をすっ飛ばすことにする。
ホットサンドは食べたいが電熱器具は怖いなーと思いつつAmazon見てましたら、フライパンがあるじゃないですか。
改めて考えてみれば、フライパンが先にあったんじゃないの、そりゃそうだ、とも思ったんですけど、案外気づかないもので。
まずはあたしが買ったこいつを見てほしい。

これを選んだ理由は

  • 直火で使う金物
  • 安い
  • 丁番が外れてバラバラに洗える
  • 安い
  • 挟んでコンロに乗せるだけの単機能
  • 安い
  • 電気式であふれたチーズの掃除をする想像したら萎えすぎる
  • 安い
  • パンの上下がしっかり接着されてくれる必要はない
  • 安い
  • パンの耳周辺が潰されないタイプ

というあたりです。最後が重要。
この辺は好みですが、あたしホットサンドで嫌いな部分があって。なんかパンの耳あたりが潰れて硬いでしょ。あまつさえ「パンの耳は切り落として焼け」とかある。
あたしゃ、パンの耳を捨てるなんて正気ですかと言いたい。
パンの耳を捨てるなんて正気ですか。
ええ。
で、そういうホットサンドはあたし的にダメなので、出たら食べるけどあたしは作りたくないので、パンの耳を捨てなくていいやつにしたというわけです。
まさかブログでパンの耳について暑苦しく語る日が来るとは思わなかった。

これがこないだ届き、ためしにクロックムッシュみたいなのつくろうよ、つうて、パン焼いて食べたのがつい先程のことです。
あまりにもうまかったので、これは自慢しなければいけないということで急遽キーボードを叩いています。
それではわたしの自慢を聞いてください。どうぞ。

買ってきたフライパンをまずは軽く洗い、ティッシュに含ませたオリーブ油で表面を拭く。パン焼くときはこれをやるやらないで大きな違いが出るとあたしは思っている。
で、マーガリン(バター出すの面倒臭がった)を塗ってスライスチーズを一枚、細かめに切って超軽く炒めたベーコンをスライスチーズの上にこんもりのせる。

パン
マーガリン
炒めた細切れベーコン
チーズ
マーガリン
パン

こういうかんじ。写真あったらいいんだけど、食うのに夢中でそんな余裕なかったごめん。びっくりするほどうまくてさ。

で、上の重ねたアレコレを、フライパンのもう一方のフライパン(鉄板部分2個あるじゃん、それの上の方)でばちんと、しめる、わけよ。ギュッと押さえないとダメだから。
んで焼くわけだが、ぎゅっとしたまま焼くために、取っ手部分に金具がついてる。適度な圧でしっかりと押さえつけておいてくれる。
弱火、片面、2分。ひっくり返して2分。1分半でもいいかも。この辺は好み。具にしっかりと熱を通すことを考えると、極力弱火が良かろうと思います。
こんなもんかなとひっくり返し、金具を外してパンの焼け色を見て、OKだったら包丁で切り分ける。飢える我が家のケモノ2匹(あたし含む)がかぶりつくと。

パンに物を挟んで2分ずつ焼くという大変シンプルな工程です。気をつける要素は何もない。火から目を離すなよという程度。
パンをギュッとして焼くことで、トーストとは全く違う食感のパンになるんですね。さくっと焼けた薄い表面が大変に香ばしいし、中でとろけるチーズが犯罪的に美味いし、ベーコンはベーコンで、ハムと間違って買ったとは思えない出来だしで、いろいろと素晴らしい。
明日は沼サンドをこいつで作ろうということになっております。
また外食に行く理由が一個減ってしまった。

「もうドトールのクロックムッシュ食べに行かなくてもいいね」
と嫁が言ったので、11月7日はホットサンド記念日。

そうそう、キャンプ行く人が好んで買うみたいな話もちょいちょい見かけました。テントはって寝て、朝飯がホットサンドなんて素敵だわね。

余談もう一つ。あたしの買った上のタイプでも、パンの外周に水で溶いた小麦粉や、溶き卵を塗ってあげることで、ピシっと閉じられるそうな。これなら固くなんないし、試してみようと思います。

今年は梅酒じゃなくて梅シロップ

去年の梅酒がまるっと一瓶残ってます。作ったうちの半分も飲めてないと。
梅酒がスイスイ減るのはこれからのシーズンですので、秋にはかなりの目減りをしていることでありましょう。

そんな私、もう基本的にはお酒飲まない生活になりました。20年飲み続けて20年負け続けていたので勝ち目がないというのは、すでに多分どっかに書いたと思うけど、家でも極まれにうすーい梅酒を飲む程度。
うん、酒じゃなくていいんじゃないのコレ。

もうアルコール分が不要だ。味と香りがあれば用を満たす。

と気づいたので、今年は梅酒でなく梅シロップをつくろうと決めておりました。気づくのに2年かかりました。
作り方はそのへんググるまでもなく、梅と氷砂糖を交互に容器に放り込み、放置して終わりというもの。かんたん。
梅酒の酒抜きというか、そんなのだ。
アルコールがないぶん、油断すると発酵が始まってしまうご褒美もあるらしいので、扱いには気をつけたい。
当初は、梅と砂糖が接触してるくらいでエキス取り出せるのかよと疑問だったんですが、つけ始めて2日で容器の下部には蜜状の液体がたまり、入れた青梅もあちこち黄色くなっています。
恐るべし浸透圧。これは期待できる。
たまに瓶を見に行っては、蜜状の液体が全体に回るようにクルクル回したりしてですね、できあがる日を楽しみにしたいと思います。
糖度が下がってアレが始まるとどうなってしまうのだろう。そっちも実験してみましょうか。

ペットの乳酸菌に新ネタ投下

今でも割と頻繁に、ミードについて調べている方の訪問があるようでございます。
お探しの記事はこのへんかもしれません。
だいぶ前の記事ですけど、この時に飼い始めた菌の皆さんは、いまでも我が家に住んでおります。

かつてはリンゴや葡萄の房を食べさせていた我が家のペット(世間では酵母とか乳酸菌とかいうようです)のみなさんですが、最近はもっぱら水飴や蜂蜜を与えられて生きています。
昔のほうが待遇良かったよね。

ふと思い立って、買い物のついでに買ってきたのはポンジュース。
値段とは関係なく、なんとなく贅沢をしている気分になってしまう飲み物の一つです。あたし大好きなのよ。
今回はペットにこいつを食べさせてみようと思います。気温も上がってきたことだし、いい勢いで食べるんじゃないかしら。
ニンゲンのわたくしも一口だけ頂きます。ああ美味い。

最初のうちは大人しくしてましたが、急激な変化は4日目から始まりました。
それはもう爆発的と言っていい勢いで菌が増えていくのです。
むろん一個一個は見えないのですけれど、炭酸の出かたで勢力拡大がどれほどかははかることができます。

発酵の過程で液体は炭酸を含みます。ゆえにコーラのペットボトル(高圧に耐えるいいボトルです)で育ててたんですが、夜に寝て朝起きて開栓、仕事から帰ってきて開栓、びっくりするくらいの炭酸ガスを算出します。
蜂蜜よりは果糖が好きなんだろうか。たんに糖分の濃度が塩梅良かったのかしら。
とにもかくにも凄まじい勢いで液中の糖分を食い尽くしていきます。見かねて蜂蜜を補給しちゃうくらい(本末転倒な気はする)。

こやつらが蹂躙し尽くした液体を少し味見してみます。
すっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっぱい。
いつもとおなじく、見事に糖分だけを選んで食べているご様子。
液体にはみかん色が残っちゃうので他の用途には供しにくいんですが、またいろんなご飯を食べさせてみようと思います。
かわいいやつらであります。

アオハタのジャム

(末尾に追記:2015-04-24)

55ジャムが好きでよく買っています。
あるひ、ヨメがいちごジャム、あたしがあんずジャムをパンに塗っておりました。
ふとしたきっかけでビンのラベルを見ますと、製造者アオハタ、販売者キューピーとある。
アヲハタ – Wikipedia
なんと兄弟会社だった。なるほど。
で、気になったのはそこでない。

ビンの底の突起のなぞ

Q ジャム瓶の上部にある小さな突起は何ですか?
A 点字です。アヲハタ55ジャムの瓶上部に「アヲハタ」「ジャム」という点字を入れています。目の不自由な方でも安心して使えることを目ざして、ユニバーサルデザインの観点から入れました。
引用元:よくお寄せいただくご質問|キユーピー

ビンの側面に点字があることは以前から知ってはいて、中身ごとに違うビンをちゃんと用意するなんてすごいねーと思ってたんですが、瓶の底にもなにやら突起がある。イチゴとアンズ、ほかにも家にあるアヲハタの空き瓶(ジャム作ったとき用とかにストックしてるやつ)の瓶の底を見比べますと、それぞれ違う。
こりゃいったいなんだ。これも点字の一種なんだろうか。

ううむ、きっと管理用のなにかなんだとおもうけど、なんだろう。
製造年月日とかが順当ではあるけど、問い合わせてみよう。
(というわけで問い合わせ中)

アヲハタのラインナップも豊富っぽいということに気づき、アマゾン見てたらすごいの売ってた。

450g。2160円。ひとビンにイチゴ60個とか書いてある。
60個というと2160円でも安いんじゃない?しかし贅沢品っぽい佇まい。いいなーこれ。

お返事きた(2015-04-24追記)

アヲハタに問い合わせた例の件ですが、「キューピーお客様相談室」から神速でお返事頂戴してました。
翌営業日の昼前。早い。
あちらのご担当さん曰く「瓶を製造する際の金型の番号」なんだそうでございます。
なるほど、こっちは内容物でなくて、器そのものを表現している項目なのね。
もし問題のある容器が見つかった場合に、どの金型から出たビンかというのをトレースするための取り組みなのでありましょう。
ビン不良でした?いやーわかんねっす、とは決してしないということなんだなあ。こういうところまでしっかり管理するものなんだね。
大変に興味深いことでございます。
興味本位の問い合わせ出会ったにもかかわらず、丁寧に対応いただいてしまい、恐縮しきりでございました。
以上、追記でした。

実はシャトルシェフを買っていました

結論:買い。

保温鍋というジャンルには強い興味を持ってました。
ほっとくと煮込みが終わる?火の番をしなくていい?なんだそれは夢のようではないか。

なかにはタイマー付きだの、電気で加熱するだのというのもあるけれど、シャトルシェフがいい。
鍋自体の熱を閉じ込めるというアイディアが気に入ったのと、電熱は金かかるから避けたかった。電気ストーブとかティファールのケトルとか、けっこうな電気食うんですよ。四六時中電源入ってるパソコンを先に何とかしないと説得力ないんですけれども。
そもそも、なんぼ安全と言われても、電熱調理させてる状態で寝るの怖いよ。ストーブつけっぱなしで寝る奴いないだろ。

シャトルシェフにしてみました、なんて言ったものの、実はあたしが買ったのではありませぬ。
ヨメが買いました。
あたしの誕生日プレゼントです。わーい。いいだろう。

このオレンジ色は実に温かみのある色で、気に入っています。
去年はアカシアの皿とおたまでした。そういう生活雑貨とかを欲しがるので、呆れられています。
圧力鍋は、ヨメ氏が「よくわかんないけど怖い音出すし爆発しそう」と怯えて近寄らないため、同じような機能を期待できるものが欲しかった。
買って以降、ちょいちょい使ってみたので感想を並べておこうと思います。

大抵の人はわかってると思うが、一応使い方も書いておく。
この可愛らしいガワの中にステンレスの鍋がはいってる。熱伝導が大変に優秀で、底は厚くなってて非常につくりが良いです。これだけでも気に入っちゃった。
使い方は簡単で、内鍋をシャトルシェフから取り出し、材料を放り込んでコンロで加熱したあと、シャトルシェフの中にセットして数時間放置するというもの。厳密には違うけど魔法瓶の中で調理させてるようなかんじよ。熱が逃げにくいので、余熱を使っての加熱をし続けられるというアイディア。
頭いいなー。当然、余熱調理中はコンロが空く。コンセントも占拠しない。その辺に置いとくだけでいい。
なにより、一切の事故の起きる余地がないから、その場を離れても、出かけても、寝ても、怖くない。


筑前煮みたいなもの:相性★★★★★
コンロで加熱するとどうしても材料を揺らすから、煮崩れがあるじゃない。シャトルシェフでやるとエッジがピシっとしたままの煮物ができあがる。
煮てないのかと思っちゃうくらいだけど、ちゃんとできてる。一日で二日目の煮物ができる。
材料は極端に大きなごろごろじゃなければ、味ちゃんと染みる。

豚の角煮:相性★★★☆☆
水やお茶で下茹でしたあとで、味付け整えて加熱しました。
加熱後にセットして数時間、を2セットほど。保温中は密閉されているため、中の水分が飛ばない。味薄いなーって感じる。煮詰める工程が別途必要になった。
ホロホロでなくプリプリというかんじ。プリプリゆえか、味のしみるスピードは非常に遅かった。
圧力鍋で作る方に軍配が上がるかなー。これは仕組みからくる違いが出る部分で、圧力鍋は高温高圧で肉の組織を壊すから、味が染みやすくなるんでないか。たぶん。
圧力鍋で下茹でして、シャトルシェフでのんびり煮こむのが最強なのではないかと考えています。次回はそうする。
調味の感覚がだいぶ違うということはあるけど、煮物が大変に美味しくできる鍋であることは、強調しておきたい。
豚の角煮のときに、いっしょに煮ていた大根はすばらしい味のしみかたを見せていました。

甘酒:相性★★★☆☆
だいたいぼんやりと保温できるということでトライ。いやー菌の相手は難しい!美味しくできる余地は十二分にあるけど、いまのとこ2回作って二回とも微妙な出来です。これはシャトルシェフに問題があるんじゃなくて、保温時間や、材料によるところが大きい。
甘酒は買うほうが安い。しかしそうではないのだ。自分ちで菌に米を食わせることが大事なのであります。
アイディアがあるので、また試す。

シチュー:★★★★★
ガチ。ヨメが作ってたんだけど、16時に仕込んで、20時位に出来上がってる感じ。
すね肉がプリプリしつつ柔らかく、ひじょうに美味しかった。シャトルシェフ買うならぜひ作ったほうがいい。


まとめ

見張らなくていいこと、火災の心配がないことが最大の利点。エコ(ロジー?ノミー?)とかは正直二の次ですけど、ほっとくと勝手に美味しくなるというのがきわめて良いです。優れた商品だと思う。そんなに高いものじゃないしね。
あたしは加熱の際、本体にも熱湯を一回くぐらせて、容器全体が熱い状態で内鍋を入れたりしています。
せっかくの余熱調理なのに、鍋の熱がシャトルシェフに移って失われちゃうのがもったいない。
そんな、熱にケチという変な人をお楽しみいただけますよ。

梅酒を漬けました

去年は6月に入ってから慌てて漬けたんですが、今年は違います。青梅の入荷がまだだが氷砂糖とでかいガラス瓶が並び始めた頃から注意を向け、週末になったら近所のスーパー「オーカワ(ホントは違う名前です)」へ行こうと決めておりました。
5月の終わりごろにオーカワへ。今年のぶんの梅を仕入れてまいりました。

が。
のっけから、残念ながら買うべきリカーを間違え、メルシャンの変な茶色いのを買ってしまいました……。なんだこれは。痛恨の極み。
なんで香料だのカラメル色素だのいれんだよ、バカじゃないのか。ほんとに君ら酒屋かね。センス疑うわ。
商品写真探したけどちょっとめんどくさくなったので、店頭にてお買い上げの際は気をつけていただきたい。いや美味いのかもしれないけど、余計なもの入れられてたっていうのががっくりくるのよね。
来年の梅に期待だなー、と、遠い目をする今日このごろであります。

今の時期に楽しめる贅沢シェーク

昔に、ハネジューメロンの安さと美味さに開眼して以来、我が家ではGWくらいから定常的にハネジューメロンの在庫を切らさないようにし始めます。

こいつを八等分くらいにして皮を取り、テキトウに細かく切って容器に入れ、冷凍庫へ。
いい感じに凍ったあとで適当な量を取り出し、ヨーグルト、少しの牛乳、ほんの少しのはちみつを加えて、

こいつだ。こいつでガーやって粉砕、その後かわいいグラスなどに放り込んで飲み干す。

暑いじゃん。午後とかさ。
そういうときにこの、味わい優しくさわやかな感じの、単純極まりないシェークを飲んで、こめかみを抑えつつ涼を取るというのがいいんですよ。
大抵の暑い土日には、我が家はコレです。
ハネジューメロンがスーパーから姿を消すと、あたしはシーズンが終わったことを悲しみつつ、やがて来たる夏への備えに、思いを馳せるのであります。

きなこねじりをつくる

どうも。スイーツ()です。
土日に一個づつお菓子作りをやってみました。

最近巷でちょっとはやっとるきなこねじり。
あれは駄菓子だ。駄菓子屋さんでおいてたシロモノだ。
ということは簡単に作れるものに違いない。つくろう。
あたしのロジックはだいたいこういう感じに作られます。メシやカシにかぎらず、おおよそこの流れをたどります。
きなこと何を混ぜるんだろう。甘いんだから砂糖かな。水飴かもしれん。
ざーっと調べますとだいたいそういう感じ。
水飴使うのか。あたし水飴買うのはじめて!わくわくします。

クックパッドでだいたいを調べて、制作に着手。
きなこに水飴と蜂蜜をまぜて練ります終わり的なレシピですが、
Cpicon ココア&きなこねじりあめ by おかつぎ
(上のリンクはクックパッドです)こんなのをみつけたので、ココアとお茶の粉も用意してみます。

ひたすらまぜてこねてこねてを繰り返すこと20分。
kinako
できた。

次の日は洋菓子。
手持ちの粉とかをテキトウに混ぜ、あまりにテキトウだったのでベタついたりまとまらなかったりしました。計量だいじ。
scone
チョコ味のマフィン……スコーン?
なんか半端な、もそっとした焼き菓子。
もそもそしたのを作りたかったので良い感じです。お茶にあう。
ヨメも大喜びなのであります。

ブレンダーを積極的に使う

今日はブレンダーの話。
寒い時期はポタージュを作るときなんかに稼働するくらいでおとなしくしています。やはり季節性の強い道具ではあります。もうじきあったかくなるので、ジュースの季節です。ハネジューメロンも買ってきました。

特に使い始めの道具は、そんなに使わなくても良くないですかというくらいに、意識的に使うようにしています。
クイジナートを買ったのは先般、書き散らしたとおり。
で、どんな按配かを記しておきます。
特筆すべき事項もいくつか。

すっげーうるさい

綿密に調査したつもりでしたが、想定以上にうるさくてちょっと笑います。いろいろ機械見たつもりなんですが、静かな自分ちで見るのと店頭やらでみるのとはかなり感覚が違います。
少なくともブラウンのハンドブレンダーとかとはもう、ぜんぜんクラスが違います。掃除機よりうるさい?うるさいね。何に匹敵するかなあ、家の真横通られた時の選挙カーかDQNバイク?これはさすがにあっちのほうがうるさいか。
これは、それなりの威力を期待する以上はそれなりの騒音を甘受する必要があるということを示しています。

稼働時間長い

あたしは種とかを粉砕するつもりはないですけど、葉っぱとかが細かーくなっててくれるのが理想です。
ちょっと回したくらいでは完全には刻みきれないので、2分かそこらは回すかなあ。
ブレードもモーターも強力ですが、奴らが切らずとも最初からある程度小さいほうが、機械の負担が減ります。なぜ機械の負担を減らすために人間が負担をするのか疑問もございますが、大きなまま突っ込んで、えんえん回すよりかはマシなことがあります。
連続でスイッチを入れっぱなしにしていい時間はせいぜい1分~3分です。効率よく粉砕させるためにはどうしたらいいか、頭の使いどころではあります。

地味にチョッパーユニット超便利

期待してなかったので驚いたことが、おまけ的についてたチョッパーのキット。
大量の玉ねぎをみじん切りにしたいとか、いまでも「包丁で切るほうが早いんでは」と躊躇することがないではないですが、実際やってみるとホント一瞬で終わるわけで、インパクトございます。
ミートソースとか作る時って色んな物をみじん切りにするわけですが、全部の材料を順番に放り込んでいけば、下ごしらえが終わってしまいます。

スープジャーでお弁当生活

スープジャー使ってるんですよ。
結構前から使ってまして、はて、いつから使ってたのかなーと思って、わざわざ自分のツイートを追っかけてたんですが、


2013年の11月からだって。えーとつまり、約5ヶ月使ってるってことなのね。

当時は本に書いてある作り方を正直に実践してましたが、最近は鍋でスープをまるっと作ってしまい、それを2つのスープジャーに注いでフタするという流れになっています。二人分のスープの調味を別々にするのがめんどくさかったんだよ。
※我が家では、あたしが自分のとヨメのお弁当スープを作っています。ヨメは寝ています。

この5ヶ月のうち、平日のお昼ごはんを外食したのはたぶん5回以下です。ほぼ毎日スープを作ってかばんに入れて出勤していますし、土日でも朝起きてスープを作っておくとかやることがあります。
これだけヘビロテし続けている道具もなかなかありませぬ。
同僚からはよく続くねーなんて言われますが、奴らは自分でこさえたスープが旨いことの喜びを理解していないのです。
とにかく満足度というか幸福感というか、尋常でないです。
2000円のお高いランチもいいですけど、あたしこのスープとおにぎり一個orパン一個で十分幸せです。
こないだ晴れた週末は、早起きして作っておいたスープと、道中買ったおにぎりを持って、ピクニックに行きました。大したお金かかってないのにとても贅沢なひとときでありました。

・肉(牛豚鶏たまに羊)
・たまねぎ
・長ねぎ
・にんじん
・おくら
・じゃがいも
・キャベツ
・トマト
・大根

このへんの材料をテキトウに放り込み茹でて、コンソメ、塩、トマトピューレ、味噌とかで味付けをします。味噌の時は豚肉にし、あぶらげや麸を入れます。
肉は週末に茹でておいたり、焼いておいたりすることもあります。加熱の際にでる油をキッチンペーパーで吸い取ってやるとヘルシーな感じ。かなり違います。

おねーさんのチョイスはこれ

この手の道具も各社いろいろ出してますが、例よって熱心なリサーチをした結果、サーモスを選びました。

ひゃー価格下がってるー。安くなったなあ。

こいつらを実際に購入して使っています。あたし用に左側の大きいやつ、ヨメ用に真ん中の小さいやつ。この黄色はひじょうに色が良いです。
あと、右側のはこのジャーを入れるポーチ。かばんのなかに入れるので、このポーチでフタのゆるみを守ります。

購入の決め手は、やはりパッキンです。毎日分解して洗うので、バラバラにしやすいかどうか、取り扱いが楽かどうかを、店舗でえんえん見比べてから買ってきました。

コスト?

ジャーそのもの大した値段じゃない上、自宅で切れっ端の野菜とかを放り込むわけで、材料費もたかが知れています。一日あたり100円くらいかな、たぶん。
だいたい、この5ヶ月間の勤務日数は100日くらい。渋谷(勤務地)のお昼代の平均って800円くらいですかね。
8万円。材料費で100円ずつかかってたとして、差額7万。
もう、こんだけ浮いてます。