IAS(Increase Attack speed)のNerfを考える

攻撃スピード上昇のModですね。
誰も彼もがIAS欲しがるから気に入らないというわけで、こんどはAttackSpeed上昇効果を修正する運びであるとか何とか。1.0.3あたりで。
本家フォーラムは悲しみに満ちています。さすがにこれはわかる。振り速くなったぜすげえだろってわかりやすいもん。強まってるなー俺みたいな実感得やすいじゃん。シュシュシュ・シュシュシュがシュシュシュシュシュシュ「voodoo plz」あ、はいすいまえん。
(´・ω・`)

あたしのことはともかくスイング速いのは人気高いわけです。
当たり前だわみんなこれ目指すのなんて普通だわ。しかしそんなのNeeeeerf。
ほんと容赦無いなBashiok。間違いなく恨み買ってますよあなた。
なんでみんなが欲しがると魅力を下げる調整で対応するのか、今ひとつポリシーが伝わってこない。
少なくとも「まあそういうことなら納得せざるを得ないかな~」みたいなコメントをするタイプでない。

「なぜそこの修正を先に着手しているのか」
「より深刻な不具合である(とプレイヤーが感じている)こちらが後回しなのはなぜ?」
「神速で選択肢潰しといて他試せってどゆこと?」
ふーしーぎーよーねー

「たくさんの選択肢が絶妙なバランスで成り立っている」
「どれを選んでもいいけど、それぞれ魅力的で困る」
つうのが理想であって、思い出補正やら焦らされ色眼鏡やらで曇った皆さん(あたし含む)の目には、そのへんきっちりバランス取ってくるはず!だってブリザードさんだもの!的な期待が極めて大きいわけです。そこにかかってる係数、尋常じゃないからね。
が、俺達のブリザードがこんな対応をするはずがないみたいな反応やら修正内容やらが連発されておるので、違和感をぬぐいきれずに、起き抜け最悪で目覚め始めている人がいますよというのがここ最近のストーリーなのだと思っとります。

実際のブリザードさんは毎回に脳に虫湧いてるかと思うような修正を連発し、その後なんとか意図の分かる良修正を稀にすることで信者を増やす、狙ってるかは知りませんがこんな商売でいままでやってきておる企業なわけです。つまり普通のゲーム屋です。大きな流れからしますといつものクオリティーではあるんです。
いつもはあたくしその騒ぎを遠くから眺めて「たいへんじゃのー」と言ってればよかったんですが、今回は渦中です。ごちゃごちゃしてる時期にちょうどプレイヤーです。事情が違います。
「Dia1からやってたけどもういいわDia3やめるは」みたいな人は常に一定数いる上、その大半は多少吹かしていたりしますので、ユーザの動向がどうなっているのかは、あたしからはわかりません。
が、当事者の目線でこれらの修正やらコメントやらを目にするというのは、ああなるほど冷静さを欠く人が現れるのもこれは無理ないなと思わされます。
立場が違うとこうも見える風景が違うんですねー。
さしあたりJayWilsonは屈強なホモのおっさんに襲われて地獄に落ちるべき。
冷静さ?
こちとら渦中だこのやろう^^

IASが魅力を失ったら次の何かに皆さん群がるわけですが、するとその次の何かもNerfになるのでありましょうか。LoH(Life on Hit)とかはターゲットにされてそうじゃないのみたいな話ありますね。
もうこれあげないよ、その次に群がる、それもだめだよ、その次に群がる、それも以下略
永久に続きます、どちらかがやめるまで。
食わせて満足させとけばおとなしかったものを下手につつく。こうなる。
あげく「だってみんなが欲しがるから」というのは、ちとコミュニティーマネージャーの言葉としては幼稚に過ぎます。

「そんな修正したら馬場最強じゃ無くなるだろWDの強化はよせ」
みたいなベクトルはありだとおもうんですけど。ステマ。

ちょこっとずつ、他のステータスの値打ちを上げるような修正か周知をしてけばいいんじゃないかと思うんですけどね。とはいえこれもステータスのインフレを呼ぶので単純な話ではない。Diabloってステータスインフレゲーではありますけど。
キリのない問題なので、こういうのはメタに考える必要があります。
一方「今のユーザなんぞ有料テスター以上の何者でもなく、今後数年間のあいだ社員を養う土壌づくりをしているのである」という観点で眺めますと、いまプレイヤーが文句を言っているアレコレは必ずしも悪手と言い切れるかわかりません。
もうちょっと他のタイミングで試すほうが良かったんじゃないのと思わなくも無いですし、そもそも性能にしろInferno入の進行云々にしろ絞るなり閉じるなりしとけばよかったんですが、全部丸出しにしといてから
「それ都合悪いんでダメってことにするわーお前らが悪いんでー」
っていうのは、その態度は、ないよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です