そしてセビリアでバザーる

ああん、軍ジベってなんて綺麗な子なんでしょう。
ウフフ。
とか酔っている間にも時計の針は進みます。新型船に乗れるようになったことで海事モチベーションが急騰していたのですけれど、さっさと帰らないとバザー開始に遅刻してしまいます。
この時点で実は売り物を何も持っていなかったあたくし、ホルムズあたりに寄ってぺルシアンドレスを大量購入。見た目かわいく、回避+1という実用も備えた逸品。
んでカリカットで適当に宝石と胡椒を積んで、さっさと帰路に。
あ。
コレで帰ると普通だ。
それってダメな気が。
ザンジバルで普通にヴェネツィア行き象牙クエを受けたあと、向かうはジンバブエ遺跡。
売り物の足しにしようということでディンカの指輪腕輪を掘っちゃおうという算段です。
もともと出る率がいいのかあたしがついてるのか知りませんけど、さくさくと指輪5コ腕輪3コだかを掘り出して一路ヨーロッパ。1時間と掘ってない気がします。
ヴェネツィアでクエを達成し、クエも受けずにUターン。
途中、地中海北岸の港周辺を流しながらバザーの告知をシャウトしながら戻ります。
19:30くらいにセビリア入港。
なんか見事にむだのないタイムラインです。
事前の準備を何もしなかった割には、セビリアは大変な人出でありました。
自分用のディンカ指を間違って売っちゃったりもしましたが、なんとか仕入れたぶんは完売。
人によってはドーティ14着売り切ったとかアフロ55個売り切ったとか、どうも正気とは思えない話も。売るほうも買うほうも、いるとこにはいるもんだわ。
次回以降の課題も色々見つかりましたけれど、バザー自体は成功といえたんじゃないかしら。どこかの話ではセビリアの人口が400人超えていたとかいないとか。
事後、閑散としたバザー会場の隅で、フレの奥方様と聖飢魔IIの妙にコアなチャットを延々したあと、残った商会員と一緒に、商館で記念撮影なぞいたしました。
うん、なかなか楽しかった。
お越しいただいた皆さん、出店してくださった皆さん、ありがとうございました!
次がいつになるかわかんないけど、またやりたいね。


そしてセビリアでバザーる」への4件のフィードバック

  1. でら

    バザーお疲れ様でした。
    船見ました、素敵な色でした。
    なんていうかミスターユニバースとかに出てくるワセリン塗りたくってテカテカな感じの日焼けした肌みたいな色でした。
    ステキな色でした。

  2. sparksmonkey

    初めまして、大商戦RSSより拝見させていただいてます。
    私も大航海に関する少し変わった趣旨のBLOGを持っていまして、もし良ければリンクさせていただきたいのですが( ̄▽ ̄)
    URLは http://inner-universe.seesa…
    になります。是非お越しください^^

  3. オッサンの相方

    あの日は深夜に突然のTELL、失礼しました。
    まさか海であんなコアなお話ができるとは!と、ちょっと感動してしまいましたw
    東地中海からほっとんどでない私ですが、何かの御用で東方面にお越しの際は、是非商館を覗きに来てやって下さいまし。なぜかいたりしますので♪

コメントは停止中です。