えらいひとがだめにしているばかりではない

じつはたまーにMHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)つうのもやってんですけどね、カプコンの開発トップがカプコン辞めたってんでちょっと記事を読んでみたりしたわけです。
稲船敬二氏は,何を思い,何を考え,何を目指してカプコンを辞めていくのか。渦中の氏に直撃インタビュー(4Gamer)
イナフネさんってあんまりいいイメージはないんですけど、だからいうことが間違ってるとかいうことはないわけで、一読してみました。
あたしロックマンとかまったく興味ないので、ダレットワールドとか意味の分からんもの作ってたたんだ人だなとかそういうイメージしかなかったわけですが、興味深いインタビュー。4Gamerたまにはマトモなこと訊けるじゃん。アスキーみたいな提灯野郎どもの集まりになるんだろうと思ってたんだけど、意外なところで骨あるトコ見せた感が。
言ってることは非常によく分かるものでした。いくつか棚に上げてることもあるんだろうけど、それがあったとしても天晴れなのではないかと思います。
んで時期を同じくして
Yahoo! JAPANを退職しました(翻訳)
とかとか。おーうおーう病巣はいたるところにあるわね。
ポールグレアムが少し前に書いた
[翻訳][ポール・グレアム]ポール・グレアム「Yahooに起きてしまったこと」(lionfan)
なんかもそう。
あたしが見てきた、いろーんな会社の人たちもそうだった。
例外は数えるほどしかなかった。
なんで彼らが色あせてばかり見えたのか、なんで彼らが、当初の思いつきは光り輝いていたのに、わざわざ曇らせて濁らせて物を作り続けていくのか、本当に不思議なことばっかり起きるなこの世界はと思ったものでした。
ユーザ視点がどうとかマーケがどうとかそういう次元じゃないとこで、皆さん力をあわせてダメなもん作ってる。
おまけに当事者の皆さん、そんなつもりないの。喜劇だ。
ふざけんなつまんねーやくにたたねー物つくるのにあたし呼んだってんならあたしにだって考えはあんぞって喧嘩して回ったこともあるハト派のおねーさん。今後も喧嘩はしていくでしょう。折れないでいたいなと思うね。
いいものをいいかんじでお届けできるエンジニアが会社が、ふえるといいんだけどな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です