超えた壁はどう見えるか

先日の成功に気を良くし、再び極タイタンへトライ。
何が悪いのかさっぱりわからないながら(せめてあたしが遠因でないことを祈る)、DPSとヒーラーが大量死する案件へと展開する流れになりました。
最後はタンク2とあたし(字)のみがリングに上がっている状態、残りHP32%。むりぽ。
むろんここからのドラマチックな展開があるわけもなくワイプ。
仕切り直し。

超える力なの?

さー2ラウンド目開始。
個々のフワフワした感じがなくなって、キビキビ動くようになるとか、そんなイメージなんでしょうか。
初回の総崩れはどこへやら、さらさらと展開を進め、見事討伐。
あたしが生き残ってたのは、場数が少なすぎてフワフワするどころでなかったんだろう。

一回全滅すると5%のBuffがつくとのことですが、超える力の本質はきっと、空気が引き締まるあたりなんじゃないか。
「やべーやっちゃった気まずい、気をつけよう」的なやつ。
つまり、慣れてきた頃にあたしはポンポンとランスラで落ちボムで死にというのを連発するのかもしれんと。
ありそう。


超えた壁はどう見えるか」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 極蛮神戦の練習のために真蛮神へ通うのは無駄か | おねーさんブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です