野菜くずで黄金のスープストック

どうも。ネカマで兼業主婦っぽいあたくしです。
かねてから、玉ねぎのちょっと硬さのある外側の一枚、キャベツの芯、人参の上の方、とか、とかとか、ああいうのを捨ててしまうことにストレスや罪悪感を感じておりました。
あいつら食えるのに。
モヤモヤしてても何なので、そういった切れ端が出るたびにタッパーへ詰め込み、冷凍庫で保管することにしました。
週末にたっぷりのお湯と、ほんの少しの塩でひらすら茹でます。
塩は、塩が入ってるとわからない程度。

使う材料でかなり色や香りは変わりますが、金色~銅色くらいのきれいなスープが手に入ります。
たぶん30分位茹でれば十分なのでしょうけれども、あたしはひたすら1時間以上茹でてました。
茹で上がったらシノワに野菜ごとあけて、こします。
シノワ?

こういうやつ。あたしはクリスマスプレゼントでヨメに買ってもらいました。
金網タイプとパンチメタルのタイプとがありますが、こいつに野菜くずを詰め込んでギューギュー押して水分を抜くなどに使います。購入ご検討の際は、パンチメタルのタイプをおすすめします。穴が少ないぶん、水分抜けるのには時間かかりますけどね。

こいつを作る際は、玉ねぎとキャベツがキモだと感じております。特にキャベツの葉っぱや芯、あいつらは捨てちゃいかん。
こいつをとっておき、スープもののベースに使うんであります。
もうね、まるっきり、味変わるの。出汁ってだいじだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です