また引っ越す

ちょっとまえにYewの森の中に新居を構えたばかりですが、ソウルフォージをうまいこと視界から追いやってさらにいい具合にしようとなりますと、自宅11*15の横11マスというのがちょっと重たく響きます。
微妙に足りない。2、せめて1マス。いろいろせこい手を駆使して家を建ててみていったんは落ち着いたんですが、こんどは鉢植えがあふれ始めました。
よくありすぎる光景です。
今の家の建築からまだ1週間経過しておらず、まだ家の建築そのものは実行できません。下見の散歩に出かけましょう。
#建築の実行はできなくても家のゴースト出すまでは可能です

銀行近くなんて素敵よねとうろうろしてみます。ブリタニアの数ある銀行のうちでも独特の固有名で呼ばれるEmpath Abbey。みんなどんな意味なのかは知らなくてもエンパスアビーエンパスアビー言いますね。
が、これは銀行の名前じゃなくて修道院の名前です。病院にあるATMみたいなもんで、銀行はおまけなので気をつけたいところ。
で、このEmpathAbbeyの北側がひろーく空いてるんですよ。ガード圏内で建築不可かなとは思いつつも建築ツールWクリック。なるほど建たない。圏内なのでだめです判定なんですが、この圏内判定が意外と北方向に広く、どこから建築可能なのかを調べていくとがんがん北上することになります。
#昔は建築OKの判定だった時代もあるので、このエリア内に建っている家もあるにはあります。

この勢いで海沿いをどんどん歩いていくと、妙に広いところに出ました。
海沿い。時代が時代でなければ、フェルッカでなければ人気の出ていたであろうスポットです。
建築ツールを覗き込みます。適当にカーソルおいてタワーが建つ土地です。詳細に調べてみると17*11でいけるようです。
東西に広いのは好み。むむ。ここは候補地としてはいいのではないか。キープですここはキープ。お気に入りの羊牧場から遠ざかるのは寂しいけれども、海近くはいい。
リアルでは大昔からウォーターフロント大嫌いなんですけどね。

後日:某週末

建築制限期間も明け、週末で余裕もある状態で建築ツール持って再び森を北上します。
新しい家を建てるのです。
と、道中、妙に開けた空き地を発見します。道中というか徒歩10秒くらい。海沿いでも銀行近くでもないけど羊牧場徒歩1秒。
建築ツールWクリック。余裕の18*18のゴーストが出現です。
改めて位置合わせをして、建築実行。
まさかのご近所引越しと相成りました。なんで前に家建てた時、ここに気付かなかったんだろう。なんか建っててちょうど腐ったのかなあ。
かくして、移動魔法一切なしのゆうゆうと歩いて引越し作業になりました。
18*18は想定外の外です。これは持て余す。どうしたものか。
結局なんとなくの家の形を整えるのに一日がかりでした。

#トラメル側見てみるとみっしりといろいろ建ってるエリアだった。見逃してたんだろなー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です