いまさらEI(知性評価)の重要性を知る

おねーさんです。
たぶんコレについては今昔関係ない話だと思うんですが、
EIが0.0のときの魔法の威力は本来の3割である
ということをついさっき知りました。
mjd

パラリシャン・魔法の頁から引用

◎詠唱者の知性評価スキル値によるボーナス:
○詠唱者の知性評価スキル値が低いと魔法ダメージは下がり、高いと魔法ダメージは上がり、詠唱者の知性評価スキル値と魔法ダメージの大きさは、詠唱者の知性評価スキル値1単位で正比例的に上昇します。
○おおよそで言えば、詠唱者の知性評価スキル値が0で0.3倍、50で0.75倍、80で1倍、100で1.2倍、105で1.25倍、110で1.3倍、115で1.35倍、120で1.4倍ほどになります。
○詠唱者の知性評価スキル値による魔法ダメージのボーナス計算式は以下のようになります。
○<調整ダメージ×(30+(9×知性評価スキル値÷10))>÷100
○「調整ダメージ」は、前述の、基礎ダメージに詠唱者のINTによるボーナス、詠唱者の書写スキル値によるボーナス、詠唱者の呪文ダメージ増加マジック効果によるボーナスがプラスされた後のダメージです。

EIなしでMagery持つっつうのは、魔法での攻撃はしませんくらいの腹積もりが必要だったのね。
移動/回復/召喚/インビジはまんまあるわけで、それでもMageryの全方位性が陰るわけではないけれども。
INTや書写がそれほど大きく寄与しないというのも同時に知りました。
威力に影響するよというのは知ってたんですが、ここまで大きいとは思わなんだ。
へー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です