黒閣下

黒閣下(balron)といえば、あれは幾星霜、T2Aエリアの蛇城(蜘蛛城?)地下だったか、あのへんに大勢で遠足に出かけた時に見かけたあいつです。
戦士はHit&Awayを駆使して延々切り結んで何とか勝つみたいな話を聞いたことがあるくらいで、基本、触ったら死ぬよ近づいちゃあかんよと言われて育ちました。
あたしは聞き分けのいい子なので近づかないで育ったというわけです。
つまりなんだ、戦ったことないんだよ。
触ったら死ぬんだから戦ったら負けるでしょうが。
おねーさんです。

たまーに、用も無くイルシェナーのカオスゲートに出てみることがあるんです。
Hide状態のままで都合がいいので、はー恐ろしいところじゃわーと震えながらしばし荒れた風景を眺め、改めてほかのゲートを目指す、というのがテンプレ動作です。

が、

  • hiryuさんがお気に入りになってるし強気
  • ツキウルフやカッパと戦うのに飽きた
  • さりとてダンジョンまだ怖くない?

といった背景もあって、カオスゲート周辺でガーゴイルとハーピー相手に喧嘩してみようと出かけてみました。ちょっと北上すると黒閣下がいらっしゃるのは存じております。名前見えることあるしね。
いくら石造とはいえガーゴイルやハーピーなんのその。ちょっと無双を楽しんだあとで
「そういえばデーモンテンプルの閣下は余裕だった。黒閣下はどうなのか」
と出来心。
最悪自分は走って逃げれば、と考えているあたりはヤブテイマーの本領であります。
飛竜が割と耐えられるようなら何とかする時間もございましょう。
北上します。

歩くこと数分、でもないか、わりとすぐのあたりに黒い翼が見えます。
「the Slayer」
でましたメタリックな名前。おねーさん初対戦です。
タゲられたので即PM。名誉のなんちゃらやる余裕ありません。
all kill
Discordance
怖いので結局フルセット入れました。びびってます。
結果あっけなく勝利。あら。これ黒閣下が弱いんじゃなくて飛竜が強いのか?Discordanceまではやりすぎだったのかも。
これで調子に乗って戦士で来ると屍を晒すハメになることはわかっています。以前のあたしではないのです。
ともあれ勝ちは勝ちだということでルート。してる途中で次が湧いて心拍数が急上昇。サイクル早いんですね。
さすがにParagonが出てきちゃったらどうかわかりませんが、普通のだったらいけちゃうんですなー
あまりに呆気なかったもんだから、拍子抜けです。

これでまたすこし、世界が広がりました。
もはやメインキャラはテイマーなのではないかという勢いです。

こういうとこで拾ってきたマジックアイテムは、ほぼぜんぶガーゴイルさんの手に渡り、”容器内全抽出”されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です