i読書

i読書
Androidでもあるのかどうかは知らないけど、i読書なるiPhoneアプリを入れました。iPhoneあぷりとはいってもiPadなんかでも使えるようなのでアレですけど。

普段、行き帰りの電車などでは本を読んだり2chのまとめサイト眺めたりしています。
座れれば本も読めるのだけど立ってるとスペースの関係上そうもいかない。
加えて、電波状況が非常に悪い界隈というのが数箇所あって、Webの記事を眺めるのでも不便が多いのが現状です。
で、これだ。
青空文庫の書籍をダウンロードしておいて見られるというのは別段目新しいことではないんですが、ヨメが太宰好きでありまして、すでに紙の本2冊持っているのに「青空文庫のアプリで85円だったからアプリ買っちゃったー」とか言ってんのもう見てらんない。
見てられるか否かはともかく、そうか青空文庫という手があったかということでAppStoreを眺めた結果、掲題のi読書をインストロールしたという次第です。
蔵書数がコレほどまでになっているとは知りませんで、かたっぱしから書籍をダウンロードして読んでます。
子供の頃から気になってた(けど買う強い動機ときっかけを失っていた)阿Q正伝とか、北大路魯山人のいろんなのとか。
坂口安吾の文章があんなに面白いもんだとは知らなかった。
織田信長がすごい面白かった。さんざん良い感じに話が進んでいった挙句「未完」とかなんの冗談かとは思いましたが。
つうわけで、しばらくのあいだは通勤時間の楽しみはこれになりそうです。

富田倫生さん、あなたのおかげで、こんな便利な時代になりました。

※青空文庫についてみたいなことはいまさら書かない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です