常軌を逸した週末

だいぶ前のこと。
交易スイッチの入った(あたしはたまにこういう現象があります)しゃふさんは、週末に突如インド航路の連続運転を開始し、金曜の夜から日曜の夜にかけて都合6回のインド往復を敢行するという暴挙に出たことがありました。
(行き:セビリア発インド周辺港 帰り:ザンジバル-ヴェネツィア経由セビリア行き)
その最後は復路。喜望峰を抜けて北西45度に舵を向けたまま寝落ち、気づいたらアゾレス諸島近くで白旗状態。ログを見たらなんと幽霊船がブレーキをかけてくださっていたという、幸とも不幸とも判断しがたいレアなエンディングでございました。地図で航路を調べたところ、ストップしなかったら間違いなくグリーンランドに刺さっていたでしょう。親切な幽霊船の乗組員各位には感謝しております。
われながら馬鹿だなーとは思うんですけどね。
で。
またスイッチ入っちゃった(ノ∀`)


週末のスタートはやはり金曜日。
「みんなが楽しそうに副官の話で盛り上がってるのに一人だけインドとかアリエナイ」帰還の理由が子供じみてます。
サファイアかなんかをつんで一路ヨーロッパへ。
セビリア着。サファイアをちょっと高めで放り込んで、クエストのためにヴェネツィアへ。
副官を雇うため、のんびりとアレクサンドリア、イスタンブールなどをうろうろしていると、イベリア周辺で起きている異変の噂を耳にします。
「セビリア周辺の宝石の在庫がほとんど消えた」ナニソレ。
セビに戻ってきたらさっき置いたサファイアがもう売れてました。
母上、バブルです。
レベルキャップがあがった事により、猛然と交易レベルを上げている人がいるらしいとの情報も入ってきます。そういうことですか。
供給しようじゃありませんか。サファイアを、ルビーを、猫目石を、ダイヤを。
この顛末を聞いてスイッチの入っちゃったヘリングと共に、インド連続ツアー開催。
無論、自分のレベル上げなんてものは後回し。なにしろ何でも売れるんですから……商機を逃す商人になんの値打ちがございましょう!
商会員の一人の曰く「船首像のためにキープしておいた珊瑚が10Kで売れた」。
商館の所在地はセビリアです。珊瑚なら隣のマラガで売ってます。それを商館においている商会員もどうかと思いますが、それを買う人のほうが斜め上であることは言うまでもありません。
バブル?そんなかわいいものじゃない。
これは 非 常 事 態 です。
じきに、猛然とレベルを上げているのが誰かの情報が入ってきます。
オッケー。任せなさい、持ってきますとも。吹っかけますけど。
結局このバブルはインド航路3周目くらいで終焉したような(ご当人様の交易LVが60になったため)。ゴチになりました。この稼ぎはまたソコトラに突っ込んできます。
が、困ったことに交易スイッチが切れません。ツアー継続です。
海賊を避け、できうる限りの時短と手間の軽減を行いつつ、再びインド航路。
いいですよバカって言っても。
前回の、周航6セットの最後が寝落ちだった敗因は疲労でした。自分で宝石を売って尚且つヴェネツィアまでカテ4(22枚)を拾いに行くのは無理があります。そもそもの原因がバカさ加減にあるのはわかってるけどそれは言うな。
基本、商館置き。カテ4のクエもリスボン行きの金5個輸送のもの(16枚)に切り替え。
だいぶ楽になりますね。順調なら1ターン3時間で往復できる計算です。前回は4時間以内に収めることが不可能でしたから。
都合、9セット+アフリカ航路(ダイヤ積んで折り返し)2。かな。実は正確な数字覚えてない。
これは(比較的に)楽ー!途中、商会のほうで打合せとかを挟んでいるから(さすがにこの間は完全に航行停止)、これを抜いたらもう1セットやっていたでありましょう愚かだから。
ソコトラに突っ込んでがくんと減っていた資金ですけど、それなりに持ち返して参りました。
投資は愛だ!たぶん!
最後のほうはバカ値で置いた不良在庫を自分消化する羽目になりましたけれど、おかげさんで副官カーラさんのレベルもバカなことに(LV6/16/5)なりました。ご苦労様です。
ひたすら積んで置いて積んで置いての週末でした。こういう時間の使いかたってどうなんだ。まあたまにはいいか。
今週からはまた平常運転に戻そうと思います。
さすがにこんなことが滅多にあるわけではないので……。