イナゴビルド

自他共に認めるかどうかは別にして(人目につかないところで遊んでますし)イナゴ馬鹿一代を標榜しておる都合上、パネルからイナゴの外れる機会がまずございません。
ここまでくると意固地というか要らんこだわりな気もしてるんですが、仮に外してもHauntいれるよねということで、基本あたしはDoTでがんばるという姿勢でいるわけです。
有利不利とかそういうのはわかんないす。どうでもいい。
「フハハじわじわ弱っておるわ―」みたいなクラウザーさん風なアレで遊んでいます。

Kiting

Kitingとは凧揚げのこと。こんな辺鄙なとこまで来て文字眺めてる人ならご存知かとは思います。モンスターが凧だ。
ついでに辞書サイトで調べると「空手形振出し」とか恐ろしい意味もあるんだそうで、即座にダメージを振り出してくれないあたりが実に実に空手形であるよホホホと言わんばかりでございます。
で、あたくしはつい最近まで、自分の理想の戦い方のイメージを実戦に繋げられないでいました。原因がビルドなのか装備なのか操作なのかも判然とせず、もやもやしておったわけです。
その過程でそびえ立つ●●のよーな記事が量産されましたがそんなのを読むのに付き合わされた皆様はまことにご愁傷様です。あたし悩んでたのよ。

言い切っちゃうがイナゴはKitingのためのスキルです。というかDoTつうのはだいたいにおいてそうだ。遠くの敵にかけてこっちに到着するまでに溶けてなくなるなら良し、未だ居るようだったら逃げる。またかけて離れる。溶ける。
そういう流れです。
これをスムーズに実現できるスキルの選択をせねばならんかったにも関わらず、当てずっぽうに「Horrify?つかえん!」とかやってたと。使えんのはあたしだったと。
ちなみにBlizzardはKitingを「つまらない遊び方」と断じているので、とどめを刺される可能性が常にあるというスリルもお楽しみいただけます。Enrageとかまさにそれだよね。

イナゴKitingで使えるスキルを整理する

メインの火力は当然我らがLowcast Swarmです。2ナゴマナゴ火ナゴどれでもよろしい。個人的にはマナゴ大好きなんですが火ナゴの登場が多いです。イナゴにスロウ効果のRuneあったら、たとえ-5%であっても迷いなく使ってるでしょうね。
イナゴ吹いたら逃げる、障害物の周りをぐるぐる回って敵がバターになるのを待つ。おわり。

#この記事に限ったことじゃないので度々これを書くのもいい加減なんだかなですが、あたしの記事は鵜呑みにしてよい類のものではございません。酷い目にあっても知りませんのでそのへんは御斟酌くださいよー。
#またあのJKは出まかせの法螺吹いておるのかくらいが精神衛生上よろしい。

重視したいポイントはこのあたり。

  1. 移動制限
    • Grasp
    • Fetish
    • ガルガンつぁん
    • Wall of Zonbies
  2. 脱出方法
    • Spirit Walk
    • Spirit Vessel
  3. 回復方法
    • Soul Harvest
    • Hex
    • Spirit Walk

移動制限の項にPet(s)が入っているのは、囮だからです。足を止めてもらうのです。Petsにターゲットが移った状態であれば安全に戦況の推移を見る余裕もシュシュシュの余裕もできますね。
シュシュシュにしても、Numbing Dart/Snake to the Faceで移動制限の補助ができますし、クモにもMedusa SpidersなるRuneがあります。
普段使いにも耐えるスキル/Runeでないと意味が無いので、このへんはアレコレ試す必要がありそうです。でも傾向としては固まった。
クモはFAST相手でもちゃんと噛めるかどうかがキモかな。Procスキルある人は捗るかもしれない。

あたしは好みでガルガンつぁんとか出してますが、移動制限こそが最重要になるわけで、Grasp入れるほうがはるかにマシであろうと思います。Pet溶けて再使用1分後よりも、Grasp6秒ごとのほうがはるかに使い勝手に優れます。
ターゲットを取ってくれるという事実が大きいんですけどね。
ちょっと試した感じでしかないので前言撤回するかもですが、女王蜘蛛投げとくと火力補助にはなかなかいいかもしれんと思いました。タゲは取ってくれませんが、Fetishがちょいちょいいる間は何とかなってる気がします。

役に立たないスキル

Horrify/MassConはお役御免です。
きっと使えるはずなのにあたしが馬鹿だから使いこなせない、というループからやっと脱出できました。
そもそもあたしのやり方にHorrifyを持ってくるほうが間違っとったのです。
これはスキルの性質というよりは単純に「効果時間」の問題です。4秒稼いだからその間に殲滅とかそういう戦い方じゃない。Kiteはもっともっと時間のかかる戦い方だから効果が薄いんだと。
なるほど違和感しかなかったわけだ。なるほどなー。
その場を離れちゃう都合上、踏みとどまらなければ意味のないBBVも相性良くない。
用途的には囮役ではあるもののゾンビ犬はもはや冗談の域なので考慮に入れません。

得意なシーン

広い踏破済みエリア内での戦闘。とくに障害物が多めが捗る。数匹~大量の雑魚敵やらEliteのパックやら。足の遅い連中は大吉。

苦手なシーン

得意なシーンの真逆が苦手。一本道やワンルームダンジョンのElite戦。3分以内に溶かし切れないHPを持つ相手などはムリ。戦い方か装備かやるゲームを変えるべき。
Kiteできないシチュエーションでの強敵相手は、なんというかまあ詰むよね。拾ったガラクタ鑑定してAH眺めに行こうぜって話。
イナゴは敵が多ければ多いほどMana効率が良くなるスキルですので、単品相手は効果が薄いです。が、単品だったらたいていHexで処理できるので問題にはなりません。
Hex入れてない?知らんがな。
Vortex+Wallerとか相当イライラしますが、これはKiteに限らずイライラするので話題に上げる必要も無いですね。むしろ距離とれていれば逃走経路の用意はまだ楽な方でしょうからマシかも。

どうする?

8秒ごとには接敵の必要がいちおうあるということ。
イナゴ吹いて逃げてシュシュシュで片付かない敵というか、Enrageタイマー鳴っちゃう手合いにはまったく不向き。火力上げて出なおすほかない。
生まれつき俊足+FASTついたPackは地獄を見ますね。逃げてる最中あんまり噛まれないことを前提にしているので、自分よりはるかに足の速い相手に出くわしたら覚悟決めるかLEAVE GAME押します。
が、これはそもそも「Kitingできる相手」と戦うという前提が崩壊しています。
そういう敵見かけたら回れ右するべきであるというのが結論です。頑張らない無理しない。

戦闘にいちいち時間が掛かるというのも欠点ではありましょうが、あたしにとっては大したデメリットでないのでとくに考慮していないということも、蛇足ながら付け加えておきますよ。

装備品で重視したいもの

  • Move Speed
  • LoH
  • Crit(rate/damage)
  • Proc(Chance on Hit)
  • Damage(DPSでなく)

Move Speedは大事ですね。いちばん大事。でも足でしか確保できず最大12%。よってSpritWalkでぽんぽん距離を作るサイクルになります。
なかなか確保できない項目ですが、あったら捗るであろうと思います。

LoH/Critはあったら嬉しい程度?あたしが恩恵感じてないだけかもしれない。アレばあったで確実に嬉しいですね。
あとは当たった時に混乱するとか足止まるとかそういう系のAffix。かき集めても各種最大10%くらいしか発動率を挙げられませんが、チリツモではあると思う。

ASに依存しない固定Tickを主砲に据えるので、一発の大きい武器が捗ります。
地味に「振り返ってシュシュシュ」のときにASが響くため、Damageばっかり重視してAS0.9とかの担いじゃうと、余裕もって振り返ったはずなのに殴られるという事態に陥ります。
あたしです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です