FF14ちゃんの野望展望

4亀の記事読んだ?FF14ちゃんの。
あらゆる要素を再構築して目指すのは最高のMMORPG。「新生FINAL FANTASY XIV」開発の意図と新コンテンツについて吉田直樹氏に聞いた

あたしは既に、よっぽどのことでもなければSQUARE ENIXに払う金は持ちあわせない人間になりましたのでプレイする日は来ないと思っています。ヨメが興味津々なので不確実ですけど。
田中弘道さんの後釜についた吉田直樹さんがインタビューされとるわけですが、記事全体を通してややお手盛り感のあるトーンを差っ引いても、さすがにこれはなーと。

引用禁止なので詳しくはあっち見てください。
なんか大事にしているポイントがあるんですという話をしていらっさる。

最高の
ゲームプレイ
ストーリー
グラフィックス

を提供するんだと。
んでさらに

プレイヤーのコミュニティが強力に形成されることで、FF14ちゃんは完成するんだよ!

的なぶちあげから記事が始まります。
4亀か吉田さんのどちらか、もしくは両方のお脳が心配になります。
こんな書き出しで続き読む人いるのか?
いきなりコレはない。記者も制止したらいいのに。

さすがに言ってもないことを書くわけにもいかないでしょうから、発言そのものは吉田さんのものなのだとしますとね、職位的にこういうことを言って回るのが仕事なんだというのは分かるんですが、

言ってることがいちいちおっさんくさいんだよ。昭和か。

こんな巨大なプロジェクト回す役に付く人なんだからそうとう優れた人なんだろうとは思うんだけどなあ。残念感が凄いなあ。

とかいいつつ、実は後半からは読める記事になってきます。前半はジャブというか準備運動というかんじ。ラジオ体操と考えると昭和臭はさもありなんと思える。
あたし記事の冒頭を読んだとき、ボッコボコにこき下ろすつもりで書き始めたんです。が、後半読める内容になって、よろけているというのが正直なところ。
リーダーがどんだけまともでも、すげーセンスあっても、駄目な兵隊抱えてるんじゃどうにもならんわけで、その意味でスクエニにまともな開発者いるのかという不安を払底するのはそうとうに高いハードルでしょうし、吉田さんもそれをわかっているはずではありますが、この人なら何とかしちゃうかもしれんよという期待を持たせてくれる内容ではあると思います。
掲げた看板と店の品揃えが一致するとは限りませんが、いちプレイヤーの視点から乖離していない感があるなとは思いました。
かつてSQUAREを解散から救った最後の夢が、あまりにも巨体になった自身を傾かせることになりました。
そりゃー次の一手は気になりますよ、あたしでも。

個人的には14というもはや不吉極まりないナンバリングを捨てて、15なりZなり違う記号つけて売ったほうがいいんじゃないのって思うんですけどね。
ファイナルファンタジー・ゼーット。
ゼーーット。
これは売れる間違いない。

こんな記事もある。これは4亀じゃなくてcnet。
ソフトウェア開発プロジェクトを蝕む10の典型的な過ち
斯様にも、大きなプロジェクトを進めるというのは大きな困難との対峙を避けられないということではあるわけで、そういうプロジェクトを進める人材や知見の蓄積があるからこそ大きなとこは凄いんですよという文脈になるんだけども、理想的には。
理想的にはね。
難しいよね。

あと関係ないしどうでもいい話ではあるんだけど、スクエニがゲームタイトル毎に作るWebサイトのUIの酷さはなんとかしたほうがいい。見る気なくすもん。
おしゃれな何かを演出したいんだという意図は伝わるんですが、さっと見たいコンテンツを探すのに苦労させられるとか意味がわからないよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です